ダイエットの悩み

半身浴の正しいやり方で老廃物が溜まりにくく、痩せやすい身体を作り体質を改善

ゆっくり汗をかくことで毛穴が開いて老廃物、垢が出てツルツルお肌を期待できます
     

    半身浴で期待できる美肌やダイエット

    お風呂でダイエットお悩み解決バナー

    お風呂、好きですか?日本人のほとんどが、お風呂が好きではないでしょうか?時々、温泉にゆったりとつかりたくなったり・・・。健康に半身浴がよいと言われています。

    特に冷え性の女性は、冷えが血管を収縮させて、血行障害が起こって健康によくありません。血液循環が悪くなると、体中に十分な酸素と栄養素が運ばれません。それどころか、老廃物や炭酸ガスが滞留してなかなか出ていかなくなり、代謝が悪くなります。

    そこでお風呂にはいると・・・

    1)温まることにより、血行がよくなります。
    2)発汗作用により、新陳代謝が高まります。
    3)ストレス解消、リフレッシュ効果があります。

    この3大効果が、美肌&ダイエットにもつながっていきます。

    半身浴の正しいやり方と目安の時間は?

    半身浴のおすすめの方法

    半身浴の基本方法ですが、

    • 体温より少し高い温度(37~40度)のぬるいお湯
    • 胸(みぞおちの辺り)よりも下だけつかる
    • 時間は20分以上

    これが基本方法です。だんだん体の芯から温まってきて、汗が出てきます。熱いお湯に短い時間浸かって時よりも、湯冷めしません。

    設定温度に注意!熱いお湯ではなくぬるま湯

    半身浴に適した温度は37~40℃

    「熱いお湯の大好きな江戸っ子」ですが、その入浴法は健康的ではないのは、周知の事実です。お肉や魚を焼くとき、「強火の近火」で焼くとすぐに表面だけ焦げてしまって、芯は焼けていないことがあるように、お湯があまり熱いと表面だけ温まって、芯まで温まりません。

    そればかりか、熱いお湯につかると血圧が急激に上昇します。そしてお湯から上がると、急激に下がります。心臓の悪い方にはかなりの負担ですし、健康な方でも負担がかかるのは変わりません。また、首まで浸かるのも心臓などの器官に負担をかけます。

    半身浴をはじめると、上半身が寒いという意見もありますが、そのときはお湯をかけるか、バスタオルはおるとか20~30秒間肩までつかってください。そのうち確実に体の芯から温まってきます。

    半身浴ダイエット法

    お風呂での過ごし方お悩み解決バナー

    半身浴は血行がよくなり、発汗による代謝が高まります。これだけでもダイエットに効果的です。さらに効果を考えるのであれば・・・

    お風呂前の簡単なストレッチ

    半身浴中は、お風呂でマッサージ
    (手のひらで気になる部分を、でも1箇所につき10分以上はNGです。)

    十分な水分補給(温かいお茶など)

    半身浴のバスタイムはゆっくり1時間はとりましょう。消化を考えますと食後すぐは避けてください。

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      


    カテゴリー一覧