フェイスケアの悩み

首周りのニキビ・吹き出物の治し方! 首の後ろや顎下のぶつぶつはイボの可能性も

【医師監修】首ニキビの原因や治し方って?首周りやデコルテ付近のポツポツしたできものはニキビ?イボ?毛
     
    首ニキビ
    お悩み解決バナー

    首は、顔に比べると普段のスキンケアをうっかり怠りやすい部分です。いつの間にかできていた首のニキビやぶつぶつなどが気になったことはないでしょうか?首も顔と同じように毛穴があるため、あまりお手入れをしないと肌荒れすることがあります。顎やおでこにニキビができるのと同じように、首のニキビも皮脂の詰まりが原因になって起こります。

    首やデコルテを出すファッションをしたり、髪をかき上げたりしたときに、赤いポツポツが見え隠れすると、鏡を見た時に気分が下がることもあるでしょう。もし首の肌荒れがコンプレックスになると、ヘアスタイルやファッションも心から楽しめなくなるおそれがあるので、普段から丁寧なケアを心掛けることが大切です。

    この記事では、医師の山下真理子先生の監修のもと悩ましい首ニキビの原因や治し方、予防のためにできる対策などを詳しく紹介します。首周りのできものは場合によってはニキビではない場合もあるため、症状の見分け方もチェックしてみてください。

    ニキビを防ぐための日常的な保湿やUVケアは、同時に肌の乾燥やシワやたるみといった老化の予防にもつながります。「年齢は首に表れる」と言うように、首のケアを早くから始めていれば、年齢を重ねても若々しく魅力的に見せることができます。

    ぜひこの機会に首周りの正しいケアを知って、ニキビや乾燥とは無縁の肌を目指していきましょう。

    首にもニキビができる?顎下~首のぶつぶつとは

    首にもニキビができる?顎下~首のぶつぶつとは

    首にぶつぶつができているとどうしても他人の目が気になりますし、自分でも気分の良いものではありません。実は首から顎下にできたぶつぶつの正体は、多くの場合、顔などにできるのと同じニキビなのです。首にも毛穴があり、汗をかいたり皮脂が詰まったりすることによって、肌トラブルが起こる可能性は十分にあります。

    もし顔と同じようなぶつぶつが首にもできていたら、まずはニキビの可能性を検討しましょう。ただしすべての首の肌荒れがニキビとは限らないため、安易な決めつけは避けるべきです。他にどのような原因でぶつぶつができるのかについても知っておき、慎重に見極めましょう。

    ニキビ(ざ瘡)だけじゃない!首のぶつぶつの原因

    ニキビ(ざ瘡)だけじゃない!首のぶつぶつの原因

    ニキビは正式には「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれます。首にぶつぶつができたときにはこのざ瘡…ニキビがもっとも疑わしいですが、なかには違う原因でできる場合もあります。首にぶつぶつができて、ニキビの特徴に当てはまらない場合には、別の肌トラブルの可能性も考えてみましょう。ニキビ(ざ瘡)ではない首のぶつぶつの原因を紹介します。

    首イボ

    首にできるぶつぶつは、首イボの可能性もあります。イボにもいろいろな種類がありますが、特に首イボは年齢が高めの人に出やすい症状です。中高年に多いものの、20代でもできる人はいます。

    首イボは別名アクロコルドンやスキンタッグとも呼ばれ、摩擦刺激や日光によってできるとされています。首や胸元などの皮膚の薄いデリケートな部分に表れやすく、ポツポツと目立ちますが、ニキビとは違って痛みや炎症はないものがほとんどです。赤みや炎症がないしこりの場合には、イボの可能性が高いと言えるでしょう。

    痛みはなく人にうつらないため、美容目的以外では治療の必要はありません。取る場合には切除やレーザー、凍結療法などを用います。

    毛嚢炎・マラセチア毛包炎

    毛嚢炎・マラセチア毛包炎と呼ばれるものも、首や背中にできることがあるぶつぶつの一種です。ニキビとは違ってアクネ菌ではなく「真菌(カビ)」が原因ですが、炎症によって赤みを帯びたり膿を持ったりする点はニキビに似ています。

    また、見た目もニキビとよく似ているため、素人目にはどちらか判断がつかないこともあるでしょう。ニキビは顔周辺に多く、毛嚢炎・マラセチア毛包炎は胸や背中に多いことから、部位を診断の参考にするケースもあります。

    治療方法は、真菌に効く抗真菌剤の塗り薬を使うのが一般的です。通常のニキビ薬は効かないため、ニキビ薬を使って治りが悪いときは毛嚢炎・マラセチア毛包炎を疑ったほうが良いかもしれません。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    LCジャムウ・スカルプクレンザー
    髪や頭皮の臭い、べたつき、フケに
    商品を見る
    バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    LCジャムウ・クレンジングクリームを購入する
    自然派の成分のクレンジング
    商品を見る
    本草絵巻 しろつやびじん 薩摩みかんを購入する
    顔を洗い流した瞬間感じる“スゴイ!この透明感”
    商品を見る
    LCジャムウ・スカルプ クリームバストリートメント
    頭皮から毛先まで…しっとり潤いで包み込む
    商品を見る

    首のニキビ(ざ瘡)の原因とは

    首のニキビ(ざ瘡)の原因とは

    首ニキビは、服の襟がすれるときやネックレスが当たったときなど、ちょっとした瞬間に痛みが生じてつらいものです。そんな痛くて不快な首ニキビの原因は、どんなことにあるのでしょうか?首にできたニキビも、顔のようなほかの部位のニキビと同じ原因が関係しているようです。

    原因1:顔ニキビと同じ「皮脂詰まり」

    ニキビは、基本的には多くの場合「皮脂詰まり」が大元の原因です。「(1)毛穴が汚れで詰まる」「(2)皮脂がたまる」「(3)細菌が繁殖する」という流れで、炎症が起こります。

    人の体には毛穴や皮脂腺が多くあり、それぞれの部位によってその数は異なります。じつは、おでこなどと同じく首は体のなかでも皮脂腺が多い部位。そのぶん皮脂詰まりによるニキビリスクは高いのです。また、首の後ろなどは自分で見えないため、皮脂詰まりが始まっても気づかずにケアが遅れやすい場所でもあります。

    原因2:乾燥や不衛生な環境

    首周りは衣類などで隠されていないことが多く、外的な刺激や汚れなどに晒されやすい部位です。乾燥した空気や汚れに触れるせいで、ニキビが繰り返しできる場合もあるでしょう。ニキビは皮脂腺の詰まりが関係していますが、乾燥のせいで皮膚が硬くなると詰まりも起こりやすくなります。

    また、汚れに細菌が繁殖するのもニキビの原因です。首周りは皮脂の分泌も比較的多いうえに、自分から見えにくく、しっかり洗えていないこともあります。コートやジャケットの襟、マフラーなど、頻繁に洗濯しない衣類に触れる機会も多めです。ヘアケア剤なども、汚れと同じように首の肌を刺激するリスクとなりかねません。

    他にも枕カバーについた汗や汚れがニキビの原因になっていることもあるので、毎日取り換えて洗濯しておきましょう。

    原因3:髪の毛やリンスなどで刺激を受けやすい

    女性にとって首周りや顎下は髪の毛先、リンスなどが触れやすく、肌荒れを起こしやすい位置でもあります。 伸ばした髪の毛先が頻繁に皮膚に触れることが刺激となり、角質が過剰に溜まってしまってニキビの原因になってしまうのです。

    また、リンスやコンディショナーを使うときにも、首に成分が付着して刺激を与えることがあります。しっかりと洗い流しているつもりでも落とし切れていない人は多く、残った成分が雑菌の繁殖の原因となるでしょう。

    原因4:首回りや後ろのニキビはケアを怠りやすい

    頬やおでこなどの目がつきやすい場所とは違い、首は普段なかなか注目することのないパーツです。特に首の後ろは鏡でも使わないと見えません。そのため日ごろから肌のチェックやスキンケアも怠りやすくなり、ニキビができやすくなります。首の後ろは汚れやすいにも関わらずケアされにくい環境で、より一層ニキビのリスクが高いと言えるでしょう。

    首周りのニキビの対策や治し方

    首周りのニキビの対策や治し方

    首周りのニキビが気になったら、痕として残ってしまう前にケアしておくことが大切です。また、ニキビができている間は特に首周りを清潔に保ったり、刺激から守ってあげたりするよう気を付けてみてください。首周りのニキビを改善するための正しい対策や治し方を紹介します。難しいことはないので思い立ったらすぐに実行してみましょう。

    対策1:膿がある赤ニキビは皮膚科に行く

    ニキビで皮膚科に行くのは、決して大げさなことではありません。早く治すためにも、そして治ったあとにニキビ跡などを残さないためにも皮膚科を利用しましょう。特に膿がある赤ニキビは、ニキビが進行しているサインで跡も残りやすい状態です。炎症を起こしていて目立ち、痛みも出やすいので、早めに対処する必要があります。

    皮膚科であれば医師が適切な処置を施し、現状を最善、最短の方法でケアできるでしょう。一度ニキビ跡になってしまうと、きれいに消えるまでには時間と手間がかかるため、「ニキビ程度で皮膚科に行くのは迷惑かも」などと躊躇する必要はありません。

    対策2:小さい白ニキビは清潔を保って保湿

    白ニキビは、ニキビの始まりです。まだ炎症もひどくないため痛みや腫れ、赤みもありませんが、皮脂が詰まった部分がポツンと見えています。

    白く小さくぷっくりしているのが気になって、詰まった皮脂を自力で絞り出そうとする人もいるでしょう。しかし、間違った方法でケアを行うと炎症を悪化させる恐れもあるためおすすめしません。無理に潰すのではなく、優しく洗って清潔に保ち、保湿することが大切です。

    対策3:こまめに枕カバーを洗う

    首周りから顎下にかけてのニキビ対策としては、肌に直接触れる衣類や寝具の衛生面もポイントです。特に枕カバーはこまめに洗い、肌に枕の汚れを付着させないようにしましょう。汗をかかない季節でも、見えない汚れがたまっている恐れがあります。枕カバーを毎日洗うのが難しい場合、枕にタオルを巻いて毎日交換する方法でもOKです。

    対策4:ネックレスなどで首周りに刺激を与えない

    首周りのニキビは、その部分に頻繁に刺激が加わることで痛みが出ることもあり、悪化のリスクも高まります。たとえばネックレスやスカーフなどのおしゃれグッズも、首に刺激を与える原因になりかねません。ニキビがあるときはできる限り控えるようにしましょう。また、ハイネックのトップスも肌に摩擦刺激を与える可能性があります。

    対策5:髪の毛先が首に触れる長さの場合、結ぶ

    長い髪の毛が首に触れることで、刺激となってニキビを悪化させる恐れおあります。髪を伸ばしている人は、首に髪が触れないように結んでおくようにしましょう。また、ダウンスタイルにするならスタイリング剤や流さないトリートメントなどは控えめにするか、刺激を与える成分が少ないものを選ぶのがベターです。

    対策6:とにかく触らない!

    ニキビができている状態では、部位に関わらず「とにかく触らないこと」が大切です。顔の周りや首などは無意識につい触れてしまいそうですが、グッと我慢しましょう。シャワー・洗顔の際も、手やタオルでこすらないように優しい扱いを意識してみてください。

    首ニキビを作らない、予防におすすめの生活習慣とは?

    首ニキビを作らない、予防におすすめの生活習慣とは?
    お悩み解決バナー

    首ニキビを予防するためには、日ごろからの生活習慣にも気を配っていきましょう。一度ニキビができると治療やスキンケアが大変ですし、他人の目も気になります。首ニキビを作らないための予防法は、習慣にしてしまえばそれほど大変ではありません。毎日のスキンケアから食生活まで気を付けたいことをご紹介します。

    予防1:肌の負担となる過剰なスキンケアに注意

    首のニキビの予防には、普段のスキンケアから注意を払う必要があります。特に注意したいのは、スキンケアのやりすぎです。肌の負担になりそうなケアをしていないか、自分のルーティンを見直してみましょう。

    たくさんの化粧品を使う、スキンケアの工程が多すぎるのは、肌の摩擦を増やします。目安として、工程は多くても化粧水・美容液・オイルまたは乳液の3種類程度に抑えたいものです。また、塗布するときにこすったり強くたたいたりしてもいけません。

    予防2:首ニキビのできやすい箇所は「泡」で優しく洗う

    首にニキビができるのは、きちんと洗えていないことが原因の場合もあります。しかし、しっかり汚れを取りたいあまりに、ボディソープをあまり泡立てずにゴシゴシ洗いするのは肌を傷つけるため厳禁です。また、硬いボディタオルを使うのも角質を傷つける恐れがあります。

    肌を傷つけず、かつ清潔に保つには優しく「泡」で洗うのがポイントです。ラブコスメの本草絵巻「しろつやびじん」は、しっかり汚れを吸着しながら優しく洗える洗顔料。洗浄成分の火山灰シラスがガンコな毛穴汚れをしっかり吸着し毛穴の詰まりを防ぎます。またツバキ種子油配合で保湿も同時に叶うので、肌荒れ予防や改善にぴったりです。

    本草絵巻 しろつやびじん 薩摩みかん

    真っ白な火山灰としっとりとした椿油を配合した火山灰ソープ(シラスバルーン)です。
    ガンコな毛穴汚れを優しくお手入れすることが出来て、太陽が透き通るような明るい素肌を目指せます。さらに、気になる乾燥とともに、しっかり落としたい化粧汚れ、毛穴の詰まりをサッパリと洗えます。

    予防3:脂質が多いものを控える

    脂質の多い食べ物を控えることも、首や顎下のニキビを予防するのに効果的と言えます。脂質の過剰摂取は皮脂分泌のコントロールを行うビタミンB群の大量消費を引き起こし、肌がオイリーへと傾く原因になるためです。

    皮脂の多い状態はニキビをできやすく、悪化させやすくするため、体の内側から皮脂をコントロールしやすい状態を作りましょう。脂質を控えるとともに、皮脂コントロ―ルをしてくれるビタミンB群を積極的に摂るのもおすすめです。

    予防4:トリートメント後に体を洗う

    上述したとおり、首周りはシャンプーやトリートメントが残留しがちです。流したつもりでも成分が残っていることがあるので、お風呂ではまず洗髪・トリートメント、次にボディを洗うよう徹底しましょう。首の後ろは見えにくいぶん、きちんとお湯ですすぐようにします。

    どうしてもトリートメントの前にボディを洗いたいなら、トリートメントを洗い流したあとに首周りだけをもう一度洗ってください。また、体とトリートメントを同時に洗い流すのであれば、洗顔を最後にして、首も一緒に洗うようにするときれいに保てます。

    予防5:頬杖をつかない

    首から顎下は、ついつい手で触れてしまいやすい部分です。手にはたくさんの細菌がついているため、その刺激によってニキビが増えることもあります。何気なくしている頬杖も首ニキビ、顎ニキビの要因です。

    また、頬杖をつくと顔のゆがみを引き起こす恐れもあり、肌のためにも骨格のためにも頬杖は控えたほうが良いでしょう。癖になっていると無意識にやってしまうため、デスクやテーブルに肘をつかない、顔に触れないなど、自分でルールを作って新しい習慣として徹底します。

    首ニキビのケアでこんな良いこと

    首ニキビのケアでこんな良いこと

    首ニキビをケアしてきれいな首元を保っておくと、相乗効果でいろいろな良いことがあります。自分自身も堂々として毎日を過ごせますし、周りの人の印象もアップしそうです。気になる異性のいる人も、自信を持ってアプローチできるでしょう。首のニキビのケアをすることで予想されるうれしい効果を紹介します。

    マメでしっかりした女性という印象を与えられる

    自分では気づきにくいですが、首周りは他人から目につきやすいパーツの一つです。ケアを怠っていると、知らないうちに周りの人はもちろん魅力的な異性からも、女性としての印象が下がっているかもしれません。反対に、目につきにくい部位だからこそきちんとケアをしていれば、マメでしっかりものの印象を与えられるでしょう。美意識の高い女性として、同性からも感心されそうです。

    うなじの魅力がアップする

    首までしっかりケアをしておくことで、うなじの魅力もアップして、女性としての自信がつきます。パートナーと二人で過ごしているときなども、首筋をアピールしてセクシーな雰囲気を出しやすくなるでしょう。きれいなうなじは男性が魅力を感じる部分。アップスタイルにしたり、髪をかき上げたりして、彼をどきどきさせられます。

    ヘアアレンジやファッションを思いっきり楽しめる

    首周りにニキビがあると隠したくなる人も多いです。首周りを隠せるヘアスタイルとなると、大分バリエーションが限られてしまいます。

    一方でしっかり首周りがケアできている状態ならばヘアアレンジのバリエーションも広がって、いろいろなおしゃれを楽しめるでしょう。うなじの魅力を活かしたポニーテールやお団子ヘアなど、まとめ髪にもチャレンジできます。

    首をアピールしやすいデコルテや首周りの開いた服、浴衣・着物など、ファッションの幅も広がるかもしれません。

    首ニキビのケアでおしゃれをもっと楽しもう!

    首ニキビのケアでおしゃれをもっと楽しもう!

    首ニキビは、顔にできるニキビとは違って目が届きにくいもの。特に首の後ろ、うなじなどはスキンケアもうっかり忘れてしまいやすい部分です。首周りを触ってみて、「何かぶつぶつしてる?」と思ったらケアを始めるサインかもしれません。

    スマホをたくさん触った手でよく頬杖をついてしまう、普段ネックレスの汚れをあまり気にしていないなど、日常の些細なところに原因は潜んでいます。毎日のスキンケアをする時は「首までが顔」と考えて丁寧に洗浄や保湿をしてあげると良いでしょう。首周りのできものが気にならないとおしゃれも思いっきり楽しめますし、ニキビのないつるんとしたお肌は自分の自信にもつながりそうです。

    また透明感のあるうなじは、気になる彼やパートナーへ色気を感じさせることもできるので、一つのチャームポイントとしても磨いていけると素敵です。

    ジャムウ・ビューティーバブル

    ジャムウ・ビューティーバブル

    顔や体のたまった角質や汚れをスッキリ洗う自然派石鹸。自然派のピーリングで洗い上がりをピカピカと磨き上げます。皮膚を保護し、保湿としても注目されているコメ胚芽を使っています。

    プエラリア・ハーバル・ジェル
    プエラリア・ハーバル・ジェル

    恋を叶える「恋ジェル」で、男性が憧れる「離したくない愛されボディ」へ。
    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェルです。ムダ毛処理後のケア、バストマッサージ、保湿がこれ一つでケアできます。

    監修:山下真理子(医師)
    監修:山下真理子(医師)

    医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。
    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      

    フェイスケアの悩み 記事一覧

    年齢とともに気になる毛穴の黒ずみ。意外と知らない正しい洗顔と自分に合ったケア方法
    毛穴の黒ずみの原因と対策

    正しい解消方法とケア方法

    鼻の毛穴の黒ずみの原因は?いちご鼻を解消するケア方法
    鼻の黒ずみの原因と対策

    鼻の黒ずみを解消するには?

    毛穴の開きの原因は汚れや色素沈着、角化異常から!肌のお手入れは毛穴の開き対策化粧品
    小鼻などの毛穴の開きの原因

    毛穴の開きを防ぐ対策とケア

    厚化粧や隠すメイク、皮脂崩れからサヨナラ!メイク不要の素肌で勝負する透き通る肌とは
    透き通る肌の作り方と

    肌に自信を持てるケア方法

    すっぴんでも肌が綺麗な人と肌を見せられない人。素肌美人が知っているスキンケアの仕方
    素肌美人になる方法

    見せられる人の肌ケアの違い

    肌の整え方や保湿対策で肌のキメが左右する?空気の乾燥や肌の老化で肌のキメが乱れる原因に
    肌のキメが粗い原因とは

    肌のキメが細かい人の対策

    グラビアカメラマンが語る女性の若さとは!?若々しいオーラの秘密
    若々しい顔や肌になるために

    肌や体を綺麗に保つ方法

    若く活発な人は密かに知っている!美容ケアアイテムで老け顔を防いで肌美人に
    老け顔を防ぐために

    素肌をお手入れする方法

    忙しい毎日で日々のスキンケアを怠ってない?化粧崩れ原因を知って正しい防ぎ方と対策方法
    なぜ化粧崩れが起こるのか

    化粧崩れしない方法とは

    男性が気にしている女性の肌荒れと乾燥肌!季節の変化に負けない対策と改善方法
    季節の変化で起こる肌荒れ

    毎日の対策とケア方法

    まつ毛が上がらない… 上向きまつ毛を目指すオススメ方法とは?
    まつ毛の悩み

    まつ毛が上がりにくい…

    まつげ 育毛
    まつげ 育毛

    弱ったまつげをきちんとケア

    女性なのに顔の産毛が濃くて恥ずかしい!産毛が濃くなるのは男性ホルモンの増加が影響?
    顔の産毛が生える原因

    皮膚に負担がないお手入れ

    すべては生活習慣が影響している?目のクマは睡眠不足や疲労、血行不良などが原因
    目の下のクマができる原因

    3種類のクマを解消する方法

    顔が老けた印象に見られる原因は口元のたるみ?微笑み美人が知っているお手入れ方法
    口元のたるみの原因と解消法

    自分でできる簡単なお手入れ

    女性はふっくらプルプルな唇に憧れる!唇の乾燥の原因が分かればお手入れは簡単
    唇が乾燥する原因と対処法

    自宅で気軽にできる簡単ケア

    流行りのコスメで垢抜けメイク術!目元が優しく柔らかく、肌が明るく見えるポイント
    「垢抜けたい」は女性の憧れ

    明るく見える目元のメイク

    石鹸で洗いすぎ?洗わな過ぎ?朝、ある秘密の洗顔方法で、肌が艶やか
    朝の洗顔

    洗顔方法一つで肌艶やかに?

    鼻の角栓を解消するには?
    鼻の角栓

    正しい角栓のケア方法

    大人ニキビの原因とニキビケアにおすすめの石鹸
    大人ニキビの原因

    大人ニキビのケア方法

    背中ニキビのケアにおすすめの石鹸は?口コミ評判をチェック
    背中のニキビ

    背中ニキビの原因とケア方法

    ニキビの種類と症状別の治し方
    ニキビの種類

    症状別のニキビ対策方法

    ビタミン不足が原因でニキビができる理由とニキビのケア方法
    ニキビの原因とケア方法

    ビタミン不足が原因のニキビ

    ストレスニキビの原因とニキビケアにおすすめの石鹸
    ストレスが原因によるニキビ

    ストレスニキビの予防と対策

    ニキビ跡のシミや色素沈着による黒ずみを消す方法
    ニキビ跡のシミや黒ずみの原因と対策

    食生活改善でニキビ跡を予防