避妊(コンドーム、ピル)

【産婦人科医監修】ゴムアレルギーでコンドームが使えない!?
ラテックスアレルギーの避妊対策

コンドームがアレルギーで使えない?ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)の避妊について
     

    この記事では、レディース&マタニティクリニック ザ 夙川 の 産婦人科医 高田優子 先生の監修のもと 女性の気になる コンドームアレルギー についてまとめてみました。

    コンドームを使うと蕁麻疹などのアレルギー症状が出てしまう、ゴムアレルギー(ラテックスアレルギー)の女性の多くは、コンドームが使えないのでセックスの避妊に心配を抱えます。さらに、彼にゴムアレルギーのことを伝えると嫌われてしまうのでは?という不安があります。

    そんなアレルギーでラテックスのコンドームが使えない女性のために、アレルギーが起こる原因と対処法についても詳しく解説していきます。また、彼に誤解をされないよう、上手に伝える方法もお話します。

    コンドームのアレルギー(ゴムアレルギー)について

    コンドームを使用したときに蕁麻疹が出る場合は、ラテックス・アレルギーの可能性があります。ラテックス・アレルギーにはどんな特徴があり、どんな人がアレルギーになりやすいのでしょうか?

    ラテックス・アレルギーとは

    コンドームを使うとかゆい…それはゴムアレルギーかも!?
    お悩み解決バナー

    天然ゴム製品を使用したときに起こるアレルギー反応のことをラテックス・アレルギーと言います。蕁麻疹、喘息発作、アナフィラキシーショックといったアレルギー反応が見られます。

    ラテックス・アレルギーの人は、手袋、医療用チューブ(カテーテル)、絆創膏などの医療用具、炊事用手袋、ゴム風船などの日用品を使用したときにもアレルギー反応が現れます。

    コンドームで蕁麻疹が出るのであれば、他の天然ゴム製品を使用したときにもアレルギー反応が現れる可能性は高いので注意する必要があります。

    ラテックス・アレルギーの治療としては、現在のところ疑わしい物質を避けるしか方法がありません。生活の中から天然ゴム製品との接触を完全に避けることができれば、過敏なアレルギー反応が改善されることもあります。

    どんな人がゴムアレルギーになりやすいのか?

    天然ゴム製品に接触する機会が多い人がなりやすい

    ラテックス・アレルギーになりやすいのは、天然ゴム製品に接触する機会が多い人です。

    医療従事、製造業、清掃業、介護業などに従事していている方は、天然ゴム製の手袋を頻繁に着用するためアレルギーになりやすいです。また、医療処置を頻繁に受けている患者もラテックス・アレルギーになるリスクが高いという報告があります。

    アボカド・バナナ・キウイ・クリなどを食べて口の中がかゆくなる、蕁麻疹や腹痛などのアレルギー反応が出る人もラテックス・アレルギーになりやすいです。当然ながら、天然ゴムの製造業従事者もアレルギーになるリスクは高くなっています。

    ラテックス・アレルギーは、まれに血圧低下や意識障害などのアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。最悪の場合、死に至ることもあるので、コンドームを使用して蕁麻疹などのアレルギー反応が出ているのであれば、セックスでのラテックス・コンドームの使用をやめるようにしてください

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    サガミオリジナル001(5個入り)を購入する
    『そのまま』のような感覚!
    商品を見る
    iX(イクス)002(6個入り)を購入する
    ぴったりフィットする柔らかさ
    商品を見る
    サガミオリジナル1000(5個入)を購入する
    肌のぬくもりが瞬時に伝わる
    商品を見る
    サガミオリジナル002 2個入りを購入する
    自然な使用感を実現!
    商品を見る

    ゴムアレルギーの避妊方法

    「ゴムアレルギーでコンドームを使用できない」となっても、避妊する方法がないわけではありません

    女性の場合い、ピル(経口避妊薬)を服用することで避妊をすることはできます。

    ピルによる避妊のメリットには何があるのか、またどんな点に注意すると良いのかみていきましょう。

    ピルによる避妊

    コンドームが使えない時はピルによる避妊を!

    ピルで避妊(バースコントロール)は十分に可能です。アレルギーでコンドームが使えない場合でも、低用量ピルを正しく服用すれば避妊ができます。ピルを使う避妊法の1年間の失敗率は0.3%です。

    コンドームの場合は正しい使い方をしていた場合でも失敗率は2%ですので、より確実に避妊したいと思うのであればピルのほうが効果的と言えます。

    低用量ピルを毎日1回服用すると、排卵が抑制され子宮内膜の増殖も抑えることができるので、バースコントロールを自分自身ですることができます。

    ゴムを使えない人がいるのと同じで、ピルは飲める人と飲めない人がいるので、婦人科で医師の診察をまず受ける必要があります。必要に応じて検査があり、問題なければピルを処方してもらうことができます。

    ゴムアレルギーで注意すべきは性感染症

    ピルは性感染症に対して効果がないので注意!

    ゴムアレルギーでコンドームが使えないときのピルは、コンドームよりも高い避妊効果があり、正しく服用していれば100%に近い確率で避妊をすることができます。ただし、コンドームと違ってピルには性感染症に対しては全く効果がないので、性感染症を予防するためにはコンドームを使う必要があります。

    性感染症にはクラミジア・ヘルペス・淋病・トリコモナス・尖圭コンジローム・エイズ・梅毒などありますが、ほとんどの場合はコンドームを使うことで防ぐことができます。

    クラミジアや淋病にかかると、子宮や卵管に炎症が起こり、放置しておくと不妊症の原因になることがあります。ヘルペスや尖圭コンジロームは母子感染の危険性もある性感染症です。

    予防をしておかないと、性感染症が母親からお腹の赤ちゃんに感染する可能性があります。そうなると、流産や死産を引き起こすこともありますし、赤ちゃんが先天性の障害を持つこともあります。

    ゴムアレルギーでもコンドームを使う方法

    蕁麻疹などのアレルギー反応が出ているのに天然ゴム製(ラテックス製)のコンドームを使い続けるというのは、危険なので避けるべきです。

    とはいえ、ゴムアレルギーではあるけれど性感染症の予防という観点から考えると、コンドームを使いたいと考える女性は少なくありません。

    では、ゴムアレルギーの人はどうすれば良いのでしょうか。

    ゴムアレルギー対策にポリウレタン製

    天然ゴム製以外のコンドームも多く流通しています!

    実は、現在流通しているコンドームの中には天然ゴム製でないものもあります。一昔前は天然ゴム製のコンドームが主流でしたが、最近ではポリウレタンなど天然ゴム製以外のコンドームも多く販売されています。

    水溶性ポリウレタン製コンドームは、天然ゴムが使われていないプラスチック製のコンドームなので、アレルギーが出る心配をする必要はありません。

    また、ポリウレタン製コンドームは、天然ゴム製のものと比べて性能が劣っているわけではないので安心して使用することができます。

    ラテックス・アレルギーで天然ゴム製のコンドームを使えないという場合は、まずはポリウレタン製コンドームをおすすめします。

    天然ラテックス製のコンドームの中で薄いといわれる商品が厚さ0.03mm程度であるのに対し、ポリウレタン製コンドームは0.02mmや0.01mmなどひときわ薄い製品が多い点が特徴です。「薄いコンドームを試してみたい」と彼に切り出してみるのもいいでしょう。

    ラテックスアレルギー対策にイソプレンラバー製

    イソプレンラバー製コンドーム『SKYN』

    他にも最近では『イソプレンラバー(ポリイソプレンゴム)』という新しい素材のコンドームも登場しました。このイソプレンラバー(IR)は、名前に「ゴム」「ラバー」と付きますが、ゴムアレルギーの成分を含まない為天然ゴムアレルギーの方も使用できます。

    ポリウレタン製コンドームがゴムより若干固い質感ではあるものの薄くて体温が伝わりやすいという特徴があるのに対し、イソプレンラバー製コンドームはアレルギーは起こらないのにゴムに近い柔らかい質感というのが特徴です。

    ポリウレタン製コンドームは合わなかったという方は、ぜひゴムのいい部分を踏襲したイソプレンラバー製のコンドームを試してみるといいでしょう。

    コンドームアレルギー!?彼に伝えるべき?

    「アレルギーが出るから、ラテックス製のコンドームは使いたくない」と素直に伝えましょう

    コンドームを使うと必ず蕁麻疹が出る、喘息発作が出るというゴムアレルギー場合は、ラテックス製のコンドームは避けるようにしましょう。

    もしアレルギー反応が出てしまっているのであれば、まずは彼に自分の気持ちや状態を伝えて、どんな解決策があるのか一緒に考えてもらうようにしましょう。

    日本では『リプロダクティブヘルス(性や出産に関して本人の意思が尊重され、自分自身で決めることができる権利のこと)』の大切さがあまり認知されていません。

    そのため、彼の顔色をうかがって自分の気持ちを伝えられない女性も多くいます。しかし、それではリプロダクティブヘルスを自分で放棄してしまうことになってしまいます。

    彼との対等な関係を築くためにも、「アレルギーが出るから、ラテックス製のコンドームは使いたくない」ということははっきりと伝えましょう

    そして、避妊(バースコントロール)の方法としてコンドームが使えない場合は、どんな代替案があるのか話し合うことができます。

    付き合っている段階で性や出産に関して率直に話し合うことができていると、健全なパートナーシップを結婚後も築きやすくなります。

    コンドーム・アレルギーについてのまとめ

    ゴムでアレルギーが出たらポリウレタン製など試してみて!
    お悩み解決バナー

    ラテックス・アレルギーの人の場合は、コンドームを使用したときに蕁麻疹などのアレルギー反応が出ることがあります。ゴムアレルギーで天然ゴム製のコンドームが使えないと悩んでいるなら、ポリウレタン製やイソプレンラバー製などラテックス製以外のコンドームの使用を試してみるようにおすすめします。

    コンドームの素材ごとの特徴と違いについて知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。ゴムアレルギーの人が知りたい「コンドームの素材」のポイントを押さえることができますよ。

    コンドームの素材ごとの違いと特徴についてはこちら

    ジャムウ・ハーバルソープ

    ジャムウ・ハーバルソープ

    泡立てネットなどで立てたふんわり泡を、カラダの気になる部分にのせて、3分間パックするだけ。黒ずみ、ニオイの元を洗い流して素肌をスッキリ爽快ケア。植物由来の成分で作られたハンドメイド石鹸なので、全身にお使い頂ける、優しいボディケア石鹸です。しっかり黒ずみケアを行うことで、自信を持って彼に見せられる体に。

    LCジャムウ・デリケートパック

    LCジャムウ・デリケートパック

    誰かに相談したいけど、なかなか相談できない・・・女性ならではのデリケートな悩み。おりものや臭いの元を洗ってスッキリ、キュッっと引き締め。デイリーケアしてくれる『LCジャムウ・デリケートパック』です。自分の愛液の臭いにショックをうけてしまった・・・!そんなお悩みに答えてくれます!これでクンニも恥ずかしくない!?

    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    アンダーヘアケアが初めて…という方に人気のセットです。Vライントリマーでカットした後は、シナヤカウォッシュでトリートメントパック!女性らしい、ふんわりしなやかな印象のアンダーヘアを目指しましょう♪アンダーヘアケア入門!カット&トリートメントでふわふわヘアに。

    監修:高田優子先生(産婦人科医)
    監修:高田優子先生(産婦人科医)

    東京女子医科大学卒業。東京女子医科大学病院で初期研修した後、東京女子医科大学産婦人科教室に入局し、現在はレディース&マタニティクリニック ザ 夙川にて産婦人科診療を行う。(日本産科婦人科学会専門医)

    ⇒レディース&マタニティクリニック ザ 夙川のサイトはこちら

    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    コンドームのアレルギーについてSNSでチェック

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!