臭いの悩み

部屋の生ゴミ臭の対策!生ゴミの臭いを消す方法

生ゴミの匂いの消臭対策。台所やゴミ箱の生ごみ臭を消す方法。
     

    部屋の生ゴミの臭い、どうやって対策している?

    生ゴミの臭いってどうやって消すの? お悩み解決バナー

    快適な生活をおくるために欠かせない『臭い』対策。特に自炊を行う生活をしている女性は、調理後に発生する『生ゴミの臭い』に悩まされることが多いのではないでしょうか。

    ゴミ箱の中にきちんと捨てていても、生ゴミの臭いは部屋全体に充満することがあります。

    また、特に臭いがきつくなりがちな玄関や、ベッドの臭いも、実は生ゴミの臭いが布や壁に染み付いて臭いが発生しているケースが多いのです。

    部屋の臭いは、普段生活している自分では気づきにくいため、特に念入りにケアをする必要があります。

    人を呼んだ際に不衛生な印象を持たれ、幻滅されてしまうことがないように、日ごろから生ゴミの臭い対策をしましょう。

    生ゴミから臭いが出る原因

    生ゴミってどうしてにおうの?

    そもそも、生ゴミからなぜ嫌な臭いが発生するか知っていますか?臭い対策を行うため、まずは生ゴミの臭いの原因を知っておきましょう。

    生ゴミが菌の餌になるため

    嫌な臭いが発生する原因は、です。菌は有機物と水分を餌として増殖します。野菜くずなどの生ゴミはそれ自体がまさに有機物で、菌にとって絶好の餌となります。

    そのため、生ゴミの量が多いほど菌の量も増え、臭いの原因となりやすいのです。生ゴミの嫌な臭いの対策を行うには、原因となる菌を繁殖させないようにする必要があります。

    ゴミ箱の中の酸素が少ないため

    生ゴミの臭いを発生させる菌は、嫌気性菌(けんきせいきん)に分類されます。嫌気性菌とは、酸素の少ない場所を好み、特に密封されたゴミ箱の中で繁殖しやすい特徴を持ちます。

    そのため、蓋付きのゴミ箱に捨てた生ゴミで菌が繁殖し、ゴミ箱を開けるたびに嫌な臭いが部屋に広がってしまうのです。

    また、嫌気性菌は温度が高い方が繁殖しやすく、特に夏場に生ゴミの臭いがきつくなります。

    ゴミ箱内は湿度がこもりやすいため

    臭いの元の菌は繁殖に水分を必要とします。湿度が高くなると菌の動きが活性化され、繁殖スピードも上がります。

    特に気温・湿度ともに高い夏場は、ゴミ箱内の温度・湿度ともに高くなりがちで、菌にとって繁殖しやすい環境が整います。それによって嫌な臭いが強くなってしまいます。

    これが、夏場に生ゴミの臭いを感じやすい原因です。

    生ゴミには水分が豊富に含まれているため

    菌の繁殖には有機物と水分が必要とご紹介しましたが、生ゴミ自体に水分が多いことも菌が繁殖しやすい原因です。水分があると菌が長生きできる環境が整うことにもなります。

    生ゴミが水分のある場所に長く放置されると、菌の出す臭いも強くなってしまいます。シンクに生ゴミをためておくことはやめ、こまめに捨てるようにしましょう。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    グリーンミスティを購入する
    消臭キープのバイオミスト!
    商品を見る
    ピュアウォーターph12を購入する
    シュッ!と水本来の力で汚れを落とす
    商品を見る
    ピュアウォーターph12【200ml/大サイズ】
    大容量であらゆる汚れを幅広くケア!
    商品を見る
    【SET】グリーンミスティ&ピュアウォーターph12
    今までのお掃除の常識を覆すかも!?
    商品を見る
    デリケートウェットを購入する
    臭いの元をさっとふき取れる!
    商品を見る

    生ゴミの臭いをすぐに消す方法

    生ゴミ臭をすぐに消すには?

    ゴミの日まで日にちがあるのに、気づいたら生ゴミから嫌な臭いがしていて部屋に充満している…、なんてこともありますよね。

    すでに生ゴミの臭いが発生してしまっている場合、どのようにして臭いを消せば良いのでしょうか。ここでは、生ゴミの臭いをすぐに消したいときに役立つ、具体的な方法を6つご紹介します。

    アロマオイルを垂らす

    手持ちのアロマオイルを生ゴミに垂らすことで、嫌な臭いを軽減させることができます。

    アロマオイル自体には消臭効果はありませんが、自然の香りであるアロマオイルの香りを加えると悪臭を軽減させる効果が期待できます。

    アロマオイルの種類はどんなものでも構いませんが、ラベンダーやミント系のオイルであれば、抗菌作用があるので特におすすめです。

    お酢と水を混ぜてスプレーする

    すぐに消臭をしたい場合、自宅にある「お酢」を使う方法があります。お酢には、酸味を感じさせる酢酸という成分が入っています。この酢酸には、消臭効果があるため、生ゴミの臭いを中和してくれる作用があります。

    お酢と水を混ぜたものを、キッチンペーパーに含ませて臭いが気になる部分を拭いたり、ボトルに詰め替えて生ゴミに直接スプレーをかけると良いでしょう。手軽にできる臭い対策の方法の一つです。

    上から重曹を振りかける


    生ゴミには上から重曹を振りかけよう!

    家事のテクニックとして、重曹で掃除を行うと汚れが落ちる効果があることが有名です。実は、重曹は生ゴミの臭いの消臭にも効果を発揮します。

    生ゴミは、時間が経って腐り始めると酸性の臭いを発生させますが、アルカリ性の重曹を振りかけると臭いを中和する効果があります。応急処置の方法の一つではありますが、今スグどうにかしたい場合はぜひ試してみてください。

    アルコールスプレーで除菌する

    除菌用のアルコールスプレーを使うことでも、臭いを軽減させることができます。

    エタノールには除菌効果と消臭効果があり、生ゴミのある三角コーナーやゴミ箱にこまめにスプレーするだけで、臭いを軽減させ、発生を抑えることができます。

    アルコールスプレーを使ってテーブルなどを掃除する際には、ついでに生ゴミにもスプレーすると良いでしょう。

    ミョウバン水を生ゴミにかける

    ミョウバンには殺菌効果や消臭効果があります。からだの臭い対策に効果があることでも有名ですが、生ゴミの臭いにも使うことができます。

    お酢と同様、ミョウバンと水を合わせてミョウバン水スプレーを作っておき、臭いが気になった時に、生ゴミに直接かければ臭いを抑えることができます。

    ただし、ゴミ箱に大量にスプレーしてしまうと、ゴミ箱内の湿度をあげて菌を増やす原因にもなりますので、適度に使うようにしましょう。

    市販の消臭スプレーをかける

    確実に消臭したいのであれば、市販の消臭スプレーを常備しておくという方法があります。

    市販の消臭スプレーのほとんどには消臭成分と殺菌成分が含まれており、その中でも、原因となる菌を増やさないため、殺菌力が高い商品を選ぶことをおすすめします。

    殺菌力が高いと聞くと、人体への影響が心配になりますが、消臭スプレーの中には、人体に優しく安心して使える商品もあります。一つ準備しておくと、役立つでしょう。なかでもおすすめの商品を紹介します。

    グリーンミスティ

    グリーンミスティ

    生物酵素(バイオ)で除菌や消臭を行います。人体にも影響がないことがうれしいポイントで、生ゴミなどのキッチンの臭いはもちろんのこと、靴やベッドなどの消臭にも効果的です。おうちデートの際の気になる臭いポイントをすべて消臭することができます。

    部屋から生ゴミから臭いが発生するのを防ぐ対策

    生ゴミ臭が発生するのを防ぐ方法!

    先ほど、すでに生ゴミの臭いが発生している際の消臭方法をご紹介しました。一方で、臭いが発生する前に対策をすることで、より生ゴミの嫌な臭いの発生を減らすことができます。

    ここからは、部屋から生ゴミの臭いの発生を防ぐ対策を確認していきます。

    冷凍庫で凍らせる

    臭いの原因となる菌は、凍らせてしまえば増殖することはありません。密封できる袋などに生ゴミを入れて、冷凍庫で凍らせた状態でゴミに出すようにすると臭いを防ぐことができます。

    温度・湿度ともに高い夏場や、可燃ごみの日まで日にちがあるときなどは、一時的に生ゴミを冷凍してしまうのも手です。野菜くずなどのゴミが出たら、腐敗する前にすぐに冷凍してしまえば、冷凍庫内の衛生環境への問題もないでしょう。

    水気を十分にきってから捨てる

    菌をできるだけ繁殖させないために、水分を十分に切ってから生ゴミを捨てるようにすることが大切です。

    毎回生ゴミの水分をしっかり切ってから捨てれば、菌の繁殖をある程度防ぎ、遅らせることができます。

    完全に臭いを防ぐことはできないかもしれませんが、心がけ一つで臭いを減らすことができるでしょう。

    ゴミ箱の底に炭を設置する


    ゴミ箱には底に炭を置こう!

    市販の脱臭剤に、炭の消臭効果をうたったものが多いように、炭には嫌な臭いを吸着する効果があります。

    この炭の脱臭効果を利用し、ゴミ箱の底に炭を設置しておくことでも、臭い対策ができます。

    臭いを吸収した炭は、通常3日程度で消臭効果がなくなるとされますが、炭をお湯で洗って天日干しすれば、脱臭効果が復活し再度使えるようになります。何度も使えるため、経済的です。

    ゴミ袋の内側に新聞紙を敷く

    新聞紙のインクには消臭効果があることをご存知ですか。古くなった新聞紙をゴミ箱にセットしたゴミ袋の内側に敷くことで、生ゴミの臭いの発生を極力防ぐことが期待できます。

    さらに、新聞紙が生ゴミの水分を吸収するため、菌が増えにくくなるという効果もあります。

    除湿剤を置いておく

    シリカゲルなどの密封された除湿剤をゴミ箱の下に設置します。臭いを発生させる菌を増やさないよう、ゴミ箱の湿度を下げることができます。除湿剤が水分を吸収してくれるので、菌が発生しにくい環境になり生ゴミが腐りにくくなることで、臭いの発生を防ぐことが期待できます。

    一度入れてしまえば、除湿剤の効果がなくなるまでは何もしなくて良いため、手がかからない方法です。

    おすすめできない生ゴミの臭い対策

    間違った生ゴミの臭い対策は?

    昔から多くの生ゴミ対策グッズが販売されています。しかし、その中には一人暮らしにはおすすめできない生ゴミの臭い対策方法があります。

    ここからは、おすすめできない臭い対策とその理由を解説します。

    蓋付きのゴミ箱の利用

    蓋付きのゴミ箱は、蓋をすることで、ゴミ箱内が締め切った状態となってしまい、中で菌が繁殖しやすくなります。さらに蓋を開け閉めする際に生ゴミの臭いが部屋に広がりやすいことも難点です。

    どうしても蓋付きのゴミ箱を使いたい場合には、中に必ずビニール袋を設置して、こまめにゴミを捨て、ゴミ箱内の環境を良くするように心がけましょう。

    また、大きなゴミ箱だとたくさんゴミを入れることができるために、特に一人暮らしの場合、中身を捨てる頻度が少なくなります。こういった環境だと生ゴミが腐敗し、菌が繁殖しやすくなりますので、生ゴミを入れるゴミ箱は小さめのものがおすすめです。

    コンポストを使ってゴミを堆肥化する

    コンポストは、生ゴミを微生物の力で堆肥にすることができる装置です。日に当たることで処理が進むため、庭などで使用します。

    しかし、日当たりや水はけが悪い場所で使ったり、生ゴミの中に肉が含まれていると、処理の際に悪臭を放ち、最悪の場合虫が大量に発生することもあるため注意が必要です。

    日当たりが良い広い庭がある家なら別ですが、狭いマンションのベランダなどで利用することはおすすめできません

    三角コーナーを利用しない

    三角コーナーは生ゴミの水切りに便利ですが、臭いが三角コーナー自体に移ることもあります。また、面倒だからといって、三角コーナーに長い間生ゴミをためてしまうと、シンク内の湿気によって、それ自体が嫌な臭いの温床になってしまいます。

    そのため、できるだけ三角コーナーは利用せず、ゴミが出たらしっかりと水を切ってすぐ捨てる習慣を身につけるようにしましょう。

    消臭対策して生ゴミの臭いがない部屋へ

    生ゴミの臭いがない部屋に!

    生ゴミの臭いが得意な人はいません。特に男性は女性に清潔なイメージを持っているため、あなたの部屋に嫌な臭いを感じたら幻滅されてしまう可能性もあります。

    自分ではしっかり処理しているつもりでも、気づかないうちに臭いが蓄積してしまうことがあります。おうちデートの前だけではなく、普段から対策をしておきたいものです。

    生ゴミの臭いは日頃の対策と、正しい処理が大切です。ゴミが出たらしっかり水気を切って捨て、炭や除湿剤を利用しましょう。さらに、少しでも臭いを感じたら、都度アルコールや消臭剤をスプレーするなどして、しっかりと消臭をしましょう。

    ランジェリーパフューム キヨラカマンダリンオレンジ

    ランジェリーパフューム キヨラカマンダリンオレンジ

    こちらは柔軟剤と同シリーズの消臭対策スプレーです。LCラブコスメの人気商品、『ランドリーパフューム マンダリンミスト』をリニューアルし、パワーアップして登場したのが『ランジェリーパフューム キヨラカマンダリンオレンジ』です。洗濯後に洋服やランジェリーに毎日スプレーすることで、嫌な臭いや選択の生渇き臭などをケアして、内側から誘惑する香りに仕上げます。柔軟剤と同様に緑茶エキスの消臭成分を使用しており、スプレーすることでしっかりと臭いの元をケア。さらに温かい癒しの香りのマンダリンオレンジと清潔感あるシャボンの香りがお洋服を包み込みます。180mlで毎日1~2プッシュで約1か月半ご使用頂けます。

    アルカリウォッシュ

    アルカリウォッシュ

    家庭用洗浄剤『アルカリウォッシュ』が登場しました。この洗浄剤は重曹と炭酸塩の中間、セスキ炭酸ソーダから出来ています。環境の負担が少なく、洗濯物、台所、壁、床、オーディオ関連など、あらゆる部分のお掃除に活躍します。弱アルカリ性で、特に洗濯物の皮脂汚れ、血液汚れには一役買いそうです。

    ピュアウォーターph12

    ピュアウォーターph12

    LCラブコスメのオリジナル・クリーナーは合成洗剤や化学薬品を使わずに、水が本来持っている機能を引き出して洗浄する、まったく新しいタイプのクリーナーです。水は有機物から無機物までほとんどの物質を溶解またはイオン化させる性質を持っており、特殊な電気分解によって得られたマイナスイオンを多く持った水を作ることで、汚れを落としたり、除菌作用でカビを防ぐことができます。

    お部屋の臭いでお悩みおすすめ記事

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

       
      


    カテゴリー一覧