バストの悩み

バストアップのカギは睡眠時間! 寝ながらバストアップする美容に良い習慣とは

公開日: 2021/07/16  最終更新日: 2021/07/20

バストアップと睡眠時間の関係は?仰向け、うつ伏せなど胸が大きくなる寝方のコツと育乳に良い習慣
     

    バストアップと睡眠時間に深い関係があるのはご存知ですか?バストアップのカギとなるのは、女性ホルモンと成長ホルモン。これらのホルモンの分泌が促される時間帯に寝たり、良質な睡眠をとれるよう工夫したりすれば、寝ながらバストアップが期待できるといわれています。

    この記事では、バストアップのための睡眠習慣や胸が大きくなる寝方をご紹介します。睡眠習慣の改善は、バストアップだけでなく美肌やダイエット、疲労回復にも効果的。おっぱいに負担をかけない寝方も知れば、大きさだけでなく形も理想的なおっぱいに一歩近づけるかもしれません。マッサージや筋トレと合わせて、理想のバストを目指しましょう。

    バストアップと睡眠時間の関係とは?

    一見関係ないように思えるバストアップと睡眠時間。しかし、睡眠はバストアップのカギとなる女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を左右します。これらのホルモンはバストアップだけでなく、美肌や脂肪分解にも効果的。ホルモンと睡眠の関係を知れば、バストアップのために心がけるべき生活習慣が見えてくるのです。

    女性ホルモンの分泌で寝ながらバストアップできる!?

    女性ホルモンの分泌で寝ながらバストアップできる!?
    お悩み解決バナー

    バストを形成するのは、9割の脂肪と1割の乳腺。乳腺が発達すれば、それに比例して脂肪も増えます。つまり、胸を大きくするためには乳腺を発達させなければなりません。この乳腺を発達させるのが、女性ホルモンです。

    女性ホルモンと呼ばれるのは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類。エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた身体をつくり、肌や髪の潤いを守ってくれます。一方でプロゲステロンは、乳腺を発達させたり子宮内膜を整えたりする働きがあります。ふんわりとした綺麗なバスト作りには、この2つのホルモンが欠かせません。

    月経周期によって胸が張ったり、妊娠時に胸が大きくなったりするのも、女性ホルモンによるもの。女性ホルモンの分泌量が増えれば、乳腺の発達によるバストアップだけでなく、ハリつやのある美しいおっぱいになることも期待できます。

    バストアップに必須な女性ホルモン増加のカギとなるのが、良質な睡眠。ホルモン分泌が活発になる時間に良質な睡眠をとれていれば、寝ながらバストアップも夢ではないかもしれません。

    バストの美しさのカギは成長ホルモン

    美しいバストを目指すために女性ホルモンと同じくらい重要なのが、成長ホルモンです。成長ホルモンが必要となるのは、ぐんぐん背が伸びる成長期の子供だけではありません。大人にとって成長ホルモンは、生活習慣病や骨粗しょう症の予防にも関わる大事なものです。

    さらに女性にとって嬉しいのが、成長ホルモンによる美肌効果。寝ている間に分泌される成長ホルモンは、肌のターンオーバーを活性化したり、血行を良くしたりする働きがあります。

    つややかでふっくらとした印象のバストにするためには、バストの大きさだけでなく肌質も大事。成長ホルモンの分泌を促せば、肌質改善も期待できるのです。

    睡眠時間が減るとバストアップや美容の妨げに…

    睡眠時間が減るとバストアップや美容の妨げに…

    睡眠時間の不足や睡眠の質が低下していると、ホルモンバランスが乱れやすくなります。女性ホルモンや成長ホルモンが十分に分泌されていなければ、バストアップだけでなく肌や髪質にまで影響を及ぼします。睡眠と美容は切っても切れない深い関係といえるのです。

    バストアップのためにサプリを飲んだりマッサージ、筋トレを始めたりする方は多いのですが、睡眠習慣にまで目が行かない人も多いでしょう。しかし睡眠時間や質の見直しは、バストアップだけでなく美容や健康にも嬉しい効果が望めます。

    バストアップに影響する睡眠時間は何時間?睡眠の質を高める方法とは

    バストアップを目指すには、十分な睡眠時間を確保することが大切です。とはいえ、ただ長時間眠れば良いという訳ではありません。成長ホルモンの分泌が高まる時間帯を知ったうえで良質な睡眠のコツを実践すれば、睡眠の質が高まります。育乳に最適な睡眠時間やコツをご紹介します。

    ホルモン分泌には睡眠の質も大事

    ホルモン分泌には睡眠の質も大事

    バストアップに重要な女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促すための要素は、「質・深さ>時間」です。

    「睡眠時間はとれているはずなのに日中眠い」という方は、睡眠時間は確保できていても深い眠りに入れていない可能性があります。いかにリラックスして質の良い睡眠をとるかが、ホルモン分泌のカギです。

    成長ホルモンの分泌が最大になる夜10時~2時に寝る

    成長ホルモンの分泌が最大になる時間帯は、夜の10時から2時の間といわれています。この時間帯に深いノンレム睡眠に入れるような時間に就寝しましょう。たとえ10時にベッドに入ることが難しい方でも0時頃までに就寝すれば、2時までに一度はノンレム睡眠に入れる計算になります。

    また、成長ホルモンはバストアップだけでなく、疲れの解消や老化進行を抑制する働きもあります。いつもより少し早くベッドに入るだけで、美容だけでなく健康にも良い効果が期待できるのです。

    育乳につながる睡眠時間は7時間

    育乳につながる睡眠時間は7時間

    「バストアップのために最適な睡眠時間は〇時間」という研究結果は、現段階ではありません。しかし、米国の大規模調査では「睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低く長寿」であったという結果が出ています。この7時間を目安として、自分が日中快適に過ごせるベストな睡眠時間を探ってみましょう。

    先の通り、育乳のための睡眠で大切なのは、入眠の時刻ですので、体内リズムを整えて22時~2時の間に就寝することも合わせて取り入れましょう。

    睡眠の質を高めて寝ながらバストアップする方法!

    バストアップのために睡眠時間を十分に確保していても、浅い睡眠ばかりであればホルモン分泌は促進されません。睡眠の質を高めるには、夜だけでなく日中の生活習慣も重要なのです。

    <睡眠の質を高めるための5つのポイント>

    睡眠の質を高める画像
    1.軽い運動の習慣をつける

    日中に身体を動かしていると、生活リズムにメリハリが出るだけでなく、適度な疲労が生じます。自然な眠気で睡眠に入ることができ、良質な睡眠に。普段しっかり運動しているのに眠りづらいと感じている方は、オーバーワークになっているかもしれません。体力や生活リズムに合わせた運動を取り入れましょう。

    睡眠の質を高める画像
    2.決まった時間に健康的な食事をとる

    良質な睡眠のためには、生活リズムを整えることが重要です。生活リズムは朝起きるときから決まるので、朝食をとってみるのもいいでしょう。朝食は身体を覚醒させて生活リズムを整えるだけでなく、睡眠に影響するメラトニンというホルモンの分泌にも関わります。バランスの良い朝食をとれば、約14~16時間後にメラトニンが分泌され、眠気を感じるようになるといわれています。

    睡眠の質を高める画像
    3.寝る2時間前までにお風呂を済ませる

    体内の温度が下がると、人は眠気を感じやすくなります。ベッドに入る頃に自然な眠気を誘発させるためには、寝る2時間前までの入浴が適しています。とはいえ、たとえ就寝の2時間前であっても熱すぎるお風呂はおすすめできません。42℃以上の熱いお風呂に入ると、交感神経が優位な活性状態となってしまいます。良質な睡眠のためには、39~40℃のぬるめのお湯に浸かるのを心がけましょう。

    睡眠の質を高める画像
    4.寝る前1時間はブルーライトを浴びないようにする

    寝る前にスマートフォンやテレビなどのブルーライトを浴びると、眠気を誘発するメラトニンの分泌が抑制されます。ブルーライトによって脳が「昼だ」と錯覚すると入眠しづらいだけでなく、体内時計のズレにもつながります。寝る前のスマホ使用やテレビ鑑賞は避けましょう。

    睡眠の質を高める画像
    5.寝る直前はリラックスするための時間にする

    自然に眠りにつくには、副交感神経優位でリラックスした状態になっている必要があります。寝る前に軽いストレッチやマッサージをすれば、ゆったりした気持ちになれるでしょう。良い香りの香水を寝香水として付けるのも、リラックスタイムにはぴったりです。

    プエラリア・ハーバル・ジェル
    プエラリア・ハーバル・ジェル

    恋を叶える「恋ジェル」で、男性が憧れる「離したくない愛されボディ」へ。
    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェルです。ムダ毛処理後のケア、バストマッサージ、保湿がこれ一つでケアできます。

    リビドー ピュアシャボン
    リビドー ピュアシャボン

    ベッド専用香水『リビドー ピュアシャボン』は、 ラブタイム直前から終わるまでの時間軸に合わせて、微妙に変化する官能性をお愉しみ頂けます。彼の妄想力を掻き立てる清楚で純粋な香りで嗅覚を刺激し、性衝動を起こすスイッチとして働きます

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ネムリヒメ
    眠っている間の夜用美容ジェル
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    フェロモンボディを購入する
    女性らしい柔らかい肌質に
    商品を見る
    Joli Malice(ジョリマリス)アイピロウ
    ふわふわアイピロウで目隠しエッチ!?
    商品を見る
    リビドーロゼ
    彼の性衝動をONにする
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープ
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る

    胸に良いのは仰向け寝?胸が大きくなる寝方とは

    寝ながらバストアップを目指すには、寝方も重要です。人によって寝やすい体勢は様々。とはいえ、仰向け寝やうつ伏せ寝、横向き寝によって、おっぱいにかかる圧力は異なります。

    胸が大きくなる寝方のコツは、胸の圧迫を避けること。バストアップに最適な寝る姿勢を知って、寝ながらバストアップを目指しましょう。

    うつ伏せ寝は胸が小さくなる!?

    うつ伏せ寝は胸が小さくなる!?

    寝るときの姿勢のなかでも、おっぱいが最も圧迫されるのがうつ伏せ寝です。うつ伏せ寝で胸が小さくなるといわれているのは、自分の体重でバストを圧迫してしまうから。うつ伏せ寝はおっぱいの形が崩れる原因になるだけでなく、おっぱいの脂肪が背中側に流れる可能性もあります。

    また、バストの形をキープするという点では横向き寝も避けたい寝方。おっぱいへの圧力は少ないものの、重力によって片側におっぱいが流れてしまうため、形が崩れる心配があるのです。

    形良くバストアップするためには、出来る限りうつ伏せ寝や横向き寝を避けましょう。

    おっぱいを大きくするには仰向けでバンザイがおすすめ

    胸が大きくなる寝方には、仰向けが適しています。仰向けで寝れば、うつ伏せ寝のようにおっぱいが圧迫される心配はありません。また、横向き寝のように垂れる原因となる重力の影響も受けにくい寝方といえます。

    さらに両手を上げてバンザイのような姿勢で寝れば、バストがぐっと引き上げられます。バストの大きさだけでなく位置も気になっている方は、バンザイの姿勢も試してみましょう。

    ナイトブラは自分に合うものを

    ナイトブラは自分に合うものを
    お悩み解決バナー

    仰向けは、横向き寝やうつ伏せ寝よりもおっぱいへの負担は小さめ。しかし、何も付けない状態であれば、バストの脂肪は左右の脇の方向に流れてしまいます。また、寝返りを防ぐことはできないため、理想の寝方をずっとキープするのは困難です。

    そこで就寝中の胸への負担軽減や形のキープを目指すなら、ナイトブラを試してみるのも一つの手です。

    しかし、ナイトブラのサイズが合っていなければ、血行不良や寝苦しさを感じて浅い睡眠につながってしまう可能性もあります。また、自分に合ったサイズで試しても違和感を覚える人も。その場合は、無理に着ける必要はありません。

    バストアップを目指すなら睡眠時間や睡眠の質も見直そう!

    バストアップには、睡眠時間だけでなく睡眠の質も重要です。一日のなかで睡眠は約3分の1を占めています。この睡眠の質を高めることは、バストアップだけでなく美容や心身の健康への効果も期待できて良いことがたくさん。

    今までバストアップのためにマッサージや筋トレを頑張ってきたのに思うような結果が出ないという方は、睡眠習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!