キスの悩み

上手いキスと下手なキスの違いは?
彼を夢中にさせるうまいキスの仕方

うまいキスの仕方
     

    うまいキスとは?

    キスが上手な人と、下手な人との違いはいったい何でしょうか?ただ唇を重ねるだけでトロけてしまうようなキスもあれば、抱き合ってディープキスをしても何も感じないキスもあります。

    キスが上手な人と、下手な人との違いは?お悩み解決バナー

    たとえキスの仕方がそんなに上手ではなくても、付き合いたてのカップルなら唇を重ねるだけでドキドキしますが、長い付き合いになってくるにつれて、キスがどこかマンネリ化して感じにくくなったりします。

    いつまでもキスするだけでドキドキしてしまう、そんなマンネリ知らずの『うまいキス』をするためには、テクニックを磨くことももちろん重要ですが、実はそれだけでは足りません。

    キスする前の雰囲気づくり、キスの味やニオイ、相手のペースに呼吸を合わせたりと、舌使いなどのテクニック以外の面で、彼とのキスを素敵なものに演出できることはたくさんあります。

    男性がうっとりするような唇をキープするためのケアや、スキンケア、ブレスケアなどの自分磨きもそのひとつ。『うまいキス』で男性をうっとりさせるためには、日頃の努力もとても重要です。

    キスが上手な人と下手な人の違いを知り、『うまいキス』の仕方を覚えれば、思い出に残るようなキスを彼といつでもできるようになれます。そんな素敵なキスをして、いつまでもドキドキする関係でいれるようになりたいですね。

    うまいキスの仕方とは

    思い出に残るような『うまいキス』の仕方とは、いったいどのようなキスなのでしょうか?

    うまいキスの仕方のイラスト

    たとえば、キスが上手だと、それだけで相性が良い相手のように感じ、逆にキスが下手だというだけで人間的な相性すら合わないと感じさせてしまうことがあります。キスはその仕方次第で、相性の良し悪しまで感じさせてしまうこともあります。

    『うまいキス』とは、キスするだけで相性の良さまで感じさせるキスでもあります。そんな『うまいキス』の仕方を具体的に学んでいきましょう!

    キスが上手だと相性もよくなる

    まず、キスにも相性があるのを知っていますか?一説によれば、相手のキスが上手いと感じるかどうかには、お互いの人間的な相性の良し悪しも含まれると言われています。

    相性の良いキスというのは、相手のキスを気持ちいいと感じること。もっとキスしていたいと思うことで強く気持ちが惹かれ、それを「人間的な相性が良いからだ」と思いやすくなります。つまり、気持ち良いキスをすると、心地良さを感じたり、相手のことを好きだという感情が一層高まりやすくなります。

    キスを台無しにする特徴とは?

    キスが上手い相手だと、いつまでもキスしたいと思ってしまいます。そんな相手となら、キスの回数が増えるのは自然な流れです。実際、キスが多いカップルの方が長続きしやすいというデータもあるぐらい。うまいキスは、もっともっと彼から愛されるためにも大切なことです。

    キスが下手だと飽きられる可能性も

    反対に、キスが下手だと、男性から飽きられてしまう可能性もあります。展開の読めるワンパターンなキスばかりだと、ドキドキ感も少なくなり、キスすること自体が億劫になってきてしまうこともあります。

    ワンパターン化してしまったキスだと、彼女をもっと喜ばせたい!もっと新しい一面も見たい…彼のそんな気持ちが薄れていき、倦怠期のきっかけになってしまうかもしれません。

    食事でも、毎回同じものを食べていたら飽きてしまい、それを食べたくなくなってしまうのと同じこと。キスはドキドキや、相手の反応がいつもと違うことが興奮要素となります。

    キスが下手だと飽きられる

    ワンパターンなキスだけではなく、下手なキスは雰囲気も悪くなるので、飽きられるだけではなく関係もぎくしゃくしてしまうことも。彼が下手なキスを我慢しているようなら、そのうちに飽きられてしまうかもしれないので要注意です。

    下手なキスの特徴

    うまいキスの仕方を知るためには、下手なキスの特徴を理解しておくことも大事です。

    彼がそっけない

    下手なキスの特徴を理解し、自分に心当たりがないかを確認してみましょう。もし、心当たりがあったら改善できるよいチャンス!自分のダメなところを見直して、キスを上達させましょう。

    【1】歯がぶつかる

    下手なキスの特徴でよく聞くのは、歯がぶつかるというケースです。キスをしたくて、気が焦るばかりに勢いをつけて歯がぶつかってしまうことも。歯がぶつかると、なんとなく気まずくなってムードが台無しに。

    歯がぶつかるキスは、ディープキスのような濃厚なキスのときと考えられます。理由としては、口を十分に開けていないことです。通常、キスは、ライトなところから始まり、様子をみながら濃厚なキスへと変わっていきます。

    歯がぶつかってしまっているイラスト

    タイミングが読めずに濃厚なキスになってしまい、前歯がぶつかってしまうと、一気に気まずい雰囲気に。逆にもっと焦ってしまい、また歯が当たってしまうなんてこともあります。そこで、相手を上手く誘導できるようなテクニックがあれば良いのですが、そんな余裕がある人はそもそもタイミングに失敗はしないはず。

    歯がぶつからないようにうまくキスをするためには、口を堅く閉じずに、軽めに口を開けるように意識しましょう。また、正面からのキスよりも、少し顔を傾けるなどするといいでしょう。

    【2】キスの最中のタイミングが合わない

    相手にキスが上手くないと感じさせてしまう原因には、キスしてからの呼吸が合わない、タイミングが合わないなども影響します。お互いがキスをしたいと思うタイミングが合っていても、いざキスが始まってからのタイミングが合わないと台無しに。

    たとえば顔を傾けるタイミングや、繰り返し唇をつけたり離したりするタイミングもそのひとつ。キスの最中の呼吸がしっかり合っていれば、自然な流れでキスができますが、この呼吸が合っていないと、どこかちぐはぐなキスになってしまいます。

    キスのタイミングが合わないカップル

    キスの最中のいろいろなところでタイミングが合わないと、そもそも相性が悪いのかもと思われてしまいます。キスのはじまりのタイミング、途中で呼吸を合わせるタイミング、キスの終わりのタイミングなどが自然に合う相手とのキスが相性の良さを感じさせます。

    【3】いきなりのディープキス

    キスが下手かどうかというよりも、男性を興ざめさせてしまうことで、残念なキスになってしまうこともあります。いきなりのディープキスをしてしまうのも、人によってもそのひとつ。中には興奮するという人もいますが、やっぱり苦手な男性や、びっくりしてしまう彼氏もいます。

    今まで自分からキスしたことがない彼女が、いきなりディープキスをしてきたら…。嬉しい反面不安になるのも男性心理。中には女性にそこまでリードされるのは気が進まない、という人もいます。

    いきなりディープキスをしてしまう

    雰囲気やタイミングも考えず、がむしゃらに濃厚なディープキスをされたら、せっかくのムードも台無しになります。高まる気持ちや相手を興奮させたいという気持ちが走り過ぎてしまい、相手のペースを考えないのは、どれだけテクニックがあっても『うまいキス』には入りません。

    「情熱的なキス=ディープキス」とは考えずに、相手に好きという気持ちを伝えるには、まずは相手のペースや相手が望むタイミングでキスすることを心がけましょう。

    女性側が押さえたい、うまいキスの仕方

    うまいキスの仕方を知るために、女性が抑えるべきポイントを考えてみましょう。キスが気持ちいい女性だと思われるためには、テクニックやどう仕掛けるかよりも、まずは彼のキスをどう受け止めるかが重要だということを覚えておきましょう。

    ゆっくり丁寧にキス

    【1】とにかくゆっくり

    キスをするときは、気持ちを落ち着かせて焦らずにゆっくり丁寧にキスをするようにしましょう。最初はソフトタッチからはじめるのがコツ。ガチガチに緊張したままでは、うまいキスからは程遠い状態。リラックスをして、一旦彼に身をゆだねてみるとよいでしょう。

    女性が男性に身を委ねることで、男性も落ち着いてキスに集中することができ、徐々に一体感が生まれる効果があります。キスが上手い人は、相手のペースや呼吸を感じることができるので、次に相手がどうしたいかが自然にわかります。

    ゆっくりとキスをするカップル

    とにかく最初は、ゆっくりと落ち着いてキスをすることを意識して、相手の呼吸を掴むこと。音楽のリズムのように相手の呼吸を捉えられるようになれば、相性の良さを感じさせる『うまいキス』になっていきます。

    【2】舌は大きく動かす

    リズムが合ってきたら、次にディープキスに進みます。ディープキスのコツは、舌を大きく動かすことです。はじめは、抵抗がある女性もいるかと思いますが、舌を大きく動かすことを意識してやってみましょう。男性が感じるディープキスになり、その気持ちよさで男性を虜にできる魅力があります。

    彼が舌を入れてきたら、それに必死に応えようと負けじと舌を動かすのではなく、上手に委ねて大きく、ゆっくり舌を動かすように意識してください。あまりディープキスの経験がなかったり自信がなかったりすると、彼の舌の動きと同じようにしなければと焦ってしまう傾向があります。

    舌を遊ばせる感覚でディープキス

    舌の力を抜いて、舌を遊ばせる感覚で大きく動かすのがコツです。上手くできるか不安なら、舌の力を抜いたり入れたりする感覚だけでも練習しておきましょう。あとは激しく絡ませたりせずにゆっくり力を抜いて流れに任せてOK。

    慣れてくると、相手の舌を包み込んだり舐めたりするようなテクニックも、自然にできるようになるでしょう。

    【3】視線の効果

    『うまいキス』だと思われるためには、キスのテクニックだけではなく、キス以外の効果を存分に活用してください。そのひとつとして、視線はとても効果的。目は口ほどにものを言う、というように、言葉少なになるキスの最中でも視線で気持ちをうまく伝えることができます。

    視線で気持ちを伝える

    実際にキスの最中の表情をよく見ていて、そこにセクシーさや、可愛らしさを感じる男性はたくさんいます。男性がドキドキする視線とは、ときどきキスを止めて彼の目をじっと見つめたり、キスの最中に彼の唇を見つめる、キスの終わりがけに上目遣いに彼を見上げるなどの仕草。

    しかし、ガン見したりギラギラしたような目線はNGです。これはテクニックではなく、あくまでも気持ちを伝えるために視線を送るということを忘れないでください。

    キスの最中の視線からは、女性の優しさも伝わりやすくなります。キスの最中に潤んだ目で優しく見つめられたら、彼はあなたを愛おしくてたまらなく感じるはずです。

    【4】彼とのペースを合わせる

    キスが上手いと感じてもらうためには、相手とのペースを合わせることも大事です。彼とキスしそうな予感を感じたら、彼の流れに合わせて動くのがポイント。彼がキスしたそうなら、自分からもさりげなく近づいていくようにしましょう。

    彼とキスのペースを合わせる

    キスのタイミングは、2人のキスのリズムを合わせるように、呼吸のタイミングをあわせるように意識してみてください。このときは、高鳴る気持ちを落ち着かせて、リラックスするように相手の呼吸を感じてみましょう。

    呼吸をあわせる以外にも、彼にペースを合わせるために、ボディタッチを利用するのも手。特に彼の手を握ることで一体感を感じることができ、2人のペースが自然と合いやすくなります。

    うまいキスのための雰囲気作り

    『うまいキス』をするためには、雰囲気作りが重要です。女性にまず求められていることは、舌使いなどのキスのテクニックよりも、いかにうまくその状況をリードできるかということです。

    リードして雰囲気作り

    男性は失敗したくないデリケートな一面があります。あなたがリードしていることを感じさせず、さりげなく相手にキスがしやすい状況を作れる女性になりましょう。

    【1】視線や仕草で彼の気を引く

    キスの雰囲気作りとして、まずは相手の気持ちを惹きつけるような仕草や視線で、相手のハートを鷲掴みにしてしまいましょう。可愛い仕草とともに、近づいたときの香りなども雰囲気づくりのひとつです。

    そして、彼の目や口元をじっと見つめたり、自分の指をぺろっとなめるような仕草はキスを想像させるセクシーな姿。彼をドキッとさせる魅力的な視線や仕草で、うまいキスのための雰囲気作りをしましょう。

    【2】ボディタッチやスキンシップをする

    相手がキスをしたくなる空気感を作るには、ボディタッチやスキンシップも効果的。いくらキスをしたくても彼女が受け入れてくれるかどうか、男性も常に自信があるわけではありません。キスしても嫌がられない!と、男性に自信を安心感を持ってもらえる空気感を作ることがポイント。

    ボディタッチやスキンシップをするカップル

    手を握ることやハグをすることはキスのきっかけになります。積極的ではない女性でも、あまり気負いしなくてもできるライトなボディタッチはおすすめ。女性から手をつないできたり、ハグされたりするのは男性にドキドキ感を与え、女性もスキンシップを望んでいることがわかるとキスに進むハードルも下がります。

    もし、手を握ることやハグに抵抗があったら、肩に手を乗せるだけでもOKです。ボディタッチやスキンシップをはさんでキスの前にお互いに心の準備をしましょう。

    【3】すぐにキスせずに焦らす

    男性を虜にしたいキスのテクニックにもなる雰囲気づくりには、焦らすという方法もあります。キスしてもいい雰囲気を作っておきながら、すぐにキスをせずに焦らすことで、彼の気持ちをさらに高めさせます。

    人は余裕がなくなればなくなるほど、相手におぼれていくもの。あえて一度避けるなど、キスを焦らして余裕をなくすことで、彼をもっと虜にさせちゃいましょうすることもできます。

    すぐにキスせずに焦らす

    ただし、男性は本当に避けられたと思うと傷つくだけでなくキスしにくくなってしまいます。避けたら必ずすぐに自分からキスをしてあげて安心させてあげて。逆にドキドキして、「我慢できない…!」と、すぐさま「キスしたいモード」にさせることができます。

    キスのバリエーションを知ってもっと上達

    キスと一言で言っても、実はバリエーションはたくさん。キスのバリエーションを知ればもっとキスが楽しめることになります。彼に合う、彼好みのキスを知れば、うまいと感じてもらえる魅力的なキスができます。

    キスのバリエーションを知ってもっと上達

    ~キスの種類とおすすめのカップル~

    ~サーチングキス~
    • 付き合いの長いカップル、日頃から情熱的なキスが多いカップル
    ~スイングキス~
    • ライトなキスが多いカップル、奥手な彼
    ~ピクニックキス~
    • 大人な彼、付き合いの長いカップル
    ~カクテルキス~
    • 付き合いの長いカップル、スキンシップ多めのカップル

    【1】サーチングキス

    サーチングキスとは、英語のサーチ=探すを意味するキスの種類です。唇を重ねながら、自分の舌で相手の歯茎を調べるように舐めるキスです。このキスは、どちらかというと濃厚なキスなので、付き合いはじめのカップルよりも付き合いの長いカップルにおすすめです。

    サーチングキスは、名前の通り探求心をくすぐるキスとなります。そのため、マンネリ気味のカップルがサーチングキスを試せば、いつもと違うキスで盛り上がることになります。そして、日常的に情熱的なキスが多いカップルも、取り入れてみると更にいつもと違う情熱的なキスを味わえます。

    サーチングキスのやり方のイラスト

    【2】スイングキス

    スイングキスとは、相手の下唇を甘噛みして顔を左右に振るキスのこと。下唇をあまり強く噛まずに、軽く噛むのがコツです。顔の振り方も激しく降らずに、ゆるやかな動きで名前の通りスイングしましょう。

    スイングキスのコツは、スイングキスをしながら相手の目を見ながらすることです。スイングキスは、ムードや雰囲気が出るので少し奥手な男性にしたり、普段ライトなキスが多い人におすすめです。

    スイングキスのやり方のイラスト

    【3】ピクニックキス

    ピクニックキスとは、お互いの舌だけを使ってするキスのことです。唇を重ね合わせることなく、お互いの舌を舐めたり左右にスイングしたり、舌だけで刺激を与えあう独特な方法のキスです。

    ゆっくりとリラックスした状態で行うのがコツで、舌に力を入れてしまうと舌先が硬くなってしまい、時には、つってしまうこともあるので、力を入れないようにしましょう。そして、ピクニックキスはマンネリが気になるカップルや、大人の経験豊かな男性とのキスにおすすめです。

    ピクニックのやり方のイラスト

    【4】カクテルキス

    カクテルキスとは、唇を開いた状態で唇を吸ったり、舌を噛んだり吸ったりするキスのことです。カクテルキスは、唇を開いた状態で好きなように舌や唇を使ってキスをする、本能の赴くままに楽しむのがコツです。

    あまり夢中になりすぎると、お互いの舌や唇を噛み過ぎてしまうこともあります。力加減には十分注意しましょう。そして、カクテルキスは濃厚なキスという印象があるので、新しい刺激がほしい付き合いが長いカップルや、イチャイチャするのが好きな、スキンシップで燃え上がるタイプのカップルにおすすめです。

    カクテルキスのやり方のイラスト

    キスを台無しにする注意点

    せっかくのキスを台無しにしないために、彼をがっかりさせない注意点を覚えておきましょう。キスを上手にリードするためには、キスのNG項目を理解しておくことも大切。うまいキスの仕方というのは、テクニック以前にいつでも準備万端な状態でいることがポイントです。

    ヌレヌレでつやつや唇にお悩み解決バナー

    ポイント1:カサカサの唇

    普段あまり気にしていなかったとしても、キスの時、男性は唇に注目しています。実際、絵英マンチェスター大学で2010年に発表されたデータでは、初対面の男性が女性と話をする際、10秒中7秒間も視線がいくのが唇だということがわかりました。

    つまり、相手の印象を大きく左右する場所だからこそ、セクシーさを感じさせることができるのもまた唇です。さらに、見た目にわからなくても唇を重ねたときにカサカサに荒れていたら、男性のテンションは下がってしまいます。付き合う当初はもちろん、付き合いが長くなるうちに、ついついリップケアを怠りがちになるのはよくないです

    男性にとって、女性らしさを感じてつい唇を重ねたくなるのはふっくらツヤツヤな唇。キスをしたくなる唇を常に意識してケアをしておきましょう。そして、あまり濃いメイクだと、口紅やグロスが付きそう、というのも男性の気になるポイント。ふっくらしてつややかな、思わずキスしたくなる唇を作るためには、キス専用美容液を使用してのリップケアがおすすめです。

    そこでおすすめのキス専用美容液『ヌレヌレ』をご紹介します。

    気持ちいいキスで彼を止まらなくする『ヌレヌレ』
    キス専用美容液『ヌレヌレ』

    LCラブコスメが開発したキス専用美容液です。単なる『キスしたくなる唇』で終わらない、キスを彼に強烈に印象付け、その後の2人の盛り上がりまでを考えた、男性を罠に仕掛けるまったく新しいラブコスメなのです。
    1つ目罠は、その独特の香り。2つめの罠は、サブリミナルなフェロモンの香り。3つ目の罠は記憶。印象的な香りでキスをすると、プルースト現象にて『忘れられないキス』へと変わっていきます。

    ポイント2:いちいちキスの確認をする

    せっかくよいムードでキスをしているのに、いちいちキスの確認をされたら、ムードは台無しになってしまいます。そもそも好きな人にキスをするのに理由は必要ありません。そんなときに質問攻めにされると、男性はうっとおしく感じてしまいます

    キスしていい?なんでキスしたの?といちいち確認されたら、キスすること自体が面倒になってしまうかもしれません。キスしたいタイミングが合うというのも相性が良いと感じさせるひとつのポイントでもあるので、いちいち確認してムードを壊さず、彼のキスしたいサインを見逃さないことが大切です。

    うまいキスの仕方は彼と見つけていくもの

    うまいキスの仕方には、色々なポイントがありますが、決してマニュアルがあるわけではありません。うまいキスをしたい理由は、彼氏との関係をもっとラブラブにしたい!ということ。うまいキスの仕方をみつけて彼との仲をより深めるためには、彼のことをよく理解し、2人にとっての気持ち良いキスを2人でみつけていくことが重要です。

    うまいキスの仕方についてSNSをチェック!

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      


    カテゴリー一覧