キスの悩み

キスの相性がいいとは?
相性のいいキスに変える方法

相性の良いキスをするカップル
     

    キスの相性は努力次第で変えられる!

    「キスの相性がいい」と思ったことはありますか?彼とのキスが不快とまではいかなくても、なんとなくしっくり来なかったり、キスをしても何も感じなかったり。「もしかして、キスの相性が悪いのかも…」と悩んだりすることはありませんか?

    キスの相性が心配お悩み解決バナー

    キスの相性が悪いからといって、ただそれだけで彼との関係が壊れるわけではありません。でも、やっぱりキスの相性がいい方が、2人の関係は長続きする可能性は高くなりそうです。

    相性がいいなと思えるキスができるようになるために、相性が合わないと感じる原因を探り、さらにお互いが気持ちいいと感じるキスのテクニックを身につけましょう。相手任せではなく、自分自身のキスも変えていく必要もありそうです。

    きっとあなたの努力次第で、キスの相性が何倍にも良くなり満足のいく気持ちのいいキスができるようになりますよ。

    相性がいいキスの特徴

    キスの相性はどのように判断できるのでしょうか?基本的に「相性が良い」というのは、お互いがキスしたときに気持ちがいいと思ったり、幸せを感じたりできている状態です。相性が良い相手とのキスの特徴を3つ紹介します。

    キスをしたいタイミングが一緒

    キスのタイミングが一緒

    突然キスをされて嬉しいと思う時もあれば、キスを拒否してしまう時もあるように、自分がしたくないときのキスには心動かされません。でも、彼がキスするタイミングでいつも「嬉しい」と思えるなら、キスの相性が良い証拠。

    キスをしたいと思うタイミングが一緒ということは、気持ちが高まるタイミングが似ているということ。お互いを求めるタイミングが同じというのは、カップルにとって非常に大切なことです。

    もっとキスしたい!と思う

    「何度もキスしたい」「長時間キスしたい」というように、もっともっとキスしていたいと思うのはキスの相性が良い明かしです。キスをしていて気持ちが落ち着いたり、癒されたり、または何度キスしてもドキドキが止まらないなら、彼とのキスで満足のいく幸福感を得られているのでしょう。

    また、このリラックス効果はキスをすることで分泌される「エンドルフィン」や「オキシトシン」といった脳内ホルモンの影響。彼とのキスが生理的に受け入れられて、体が化学反応を起こしている証拠です。

    キスだけでも気持ち良くなる

    テクニックによっても相性は変わる

    キスだけでとろけるような気分になったり、実際キスだけで濡れてきたりというのは珍しいことではありません。キスだけでも十分気持ち良くなれたり、その後の展開を想像できるのは、キスの相性が良いからでしょう。

    また、上顎のザラザラした部分や舌の付け根の下側部分は性感帯です。キスのテクニックによって、しっかり性感帯を刺激できるとキスだけで快感を感じることができます。お互いのキスのテクニックによっても相性の良さが生まれることを知っておきましょう。

    相性が悪いキスの特徴

    どちらか一方が、もしくはお互いが何かを我慢している状態でのキスでは、相性が合わないと感じてしまうことがあります。また、相性が悪いと思ってしまうキスの中には、思春期に娘が父の匂いを嫌がるのと同じような、遺伝子レベルで解明される相性の悪さがあります。

    そういった生理的な問題や遺伝子レベルの問題なら、おそらくキスの相性だけでなくカップルとしての相性も合わないはず。相手のことが大好きであっても、相性が悪いと感じてしまうキスの原因を4つ紹介します。

    遺伝子レベルでキスが合わない

    遺伝子レベルでキスが合わない

    「キスの相性は、遺伝子レベルで決まる」という話があります。キスは、「バクテリア交換」に必要な行為であり、さらには「自分にとって必要なDNAを持っているかどうか」をキスによって判断していると言います。

    キスをして気持ちいい・感じるというのは、遺伝子レベルで相手との相性がいいということになりますが、その逆に気持ちよくないというのは、遺伝子を嗅ぎ分けて、合わないと伝えている可能性もあります。

    キスの感触が気持ちよくない

    単純にどちらかの唇がカサついていたり、リップケアができていないと、キスをしていても気持ちよさを感じません。キスの相性にはお互いのフィット感が大切なので、触れた時にどちらかの唇がざらっとしていれば、キスの感触が悪く、キスそのものの相性が悪いように感じます。

    キスのタイミングが合わない

    キスをしている間には、唇と唇が触れ合うまでの「キスの間」や、長くキスを続ける際の「呼吸」が入ります。もっとキスをしたいという気持ちのタイミングも含め、キスの間や呼吸が合わないということは、自分の理想としたキスができていない証拠。タイミングを合わせることに思考が持って行かれ、キスに疲れてしまうこともあるでしょう。

    好きなキスの仕方と違う

    キスの仕方が違う

    フレンチキスやディープキスの他にも、キスにはさまざまな種類があり、人それぞれ好みのキスもあるでしょう。自分の好きな仕方ではないキスをずっとされてしまうと、キスの相性がよくないと感じてしまうこともあります。もしかしたら、最初は相性がよかったと思っていても、いつも同じキスの仕方で刺激がなくなりマンネリ状態になっていることも考えられます。その結果、彼とのキスの相性が悪いと感じてしまっているのかも。

    相性のいいキスをするポイント

    冒頭にも書いてある通り、努力次第であなたも彼も、相性がいいと思えるキスをすることができます。キスをしていて「何かが違う」と思うことなく、幸せな気持ちで満たされるための事前準備とキスのテクニックを押さえておきましょう。

    リップケアをしてキスをしたくなる唇に

    キスをするときは、唇に目が行きやすくなります。彼が思わずキスしたくなる唇や、吸い付くような気持ちよさの唇を作っておくために、毎日のリップケアを始めてみましょう。

    男性の中には、グロスのベタベタさや濃い口紅が苦手な人もいます。そのため、すっぴんの唇に自信をつけることが大切。夜は美容液として使用ができ、日中もひと塗りするだけで濡れたような艶唇に仕上げてくれる保湿効果・美容効果に期待がもてる「キス専用美容液」のヌレヌレ・マスカットキッスがおすすめです。あなたの唇が魅力的になることで、彼がキスに積極的になり、あなたの理想のキスが実現。相性の良いキスに近づけるかもしれません。

    ヌレヌレ・マスカットキッス
    ヌレヌレ・マスカットキッス

    LCラブコスメ開発のヌレヌレシリーズは、植物由来の美容成分をたっぷり配合した「キス専用美容液」です。シリーズ累計166万本を売り上げている秘密は、LCラブコスメが独自に調査を重ね導き出した「香り、気持ち、見た目、感触、テクニック、ムード」の6つを要素を取り入れているから。

    ヌレヌレシリーズ全6種類の中で、男性人気NO.1の香りが「ヌレヌレ・マスカットキッス」です。もぎたてのマスカットから滴るようなみつの甘さが特徴で、心が高ぶる印象的な香りに仕上がっています。気持ちを掻き立てるセクシャル成分も配合。媚薬的な要素としても話題のスクレロカリアビレア油や、フェロモンを意識した香り成分のオスモフェリンにより、興奮感が高まり、キスをした時に2人で気持ちよく感じ合えるように…。

    いつまでもキスをしていたいという「香り」と「気持ち」を高めてくれるセクシャル成分の他にも、ローヤルゼリーやダイズ油など、女性らしく明るい印象をケアする美容液成分が、ひと塗りするだけで濡れたような艶を演出。また、男性が心地よいと感じる粘度がありながら、さっぱりとした付け心地が、キスした瞬間気持ちの良いインパクトを与えて、2人のキスの相性の良さを裏付けてくれます。

    男性がキスしたいと思う唇を、あらゆる角度から研究して誕生した「ヌレヌレ・マスカットキッス」。自分の唇に自信を持って、いろいろなキスを楽しんでみましょう。キスをすることを楽しめれば、自ずと彼とのキスの相性が良いと感じてくるかもしれません。

    キスの最中は呼吸を彼に合わせる

    呼吸を彼に合わせる

    キスの最中の呼吸が合わないと、相性が悪いと感じてしまいやすい。まずは彼に身を委ねてみましょう。彼の呼吸にばかり気を取られているとぎこちなくなってしまうので、彼が息を吸うタイミングを意識してみてください。彼に身を委ねてみると、彼はあなたから信頼されていると感じリードを取れる自信がつくので、より気持ちが高ぶるかもしれません。

    キスのバリエーションを増やす

    彼とのキスのドキドキ感が少ないのも、相性が悪いと感じてしまいやすい原因。キスのバリエーションを増やして、非日常的なシチュエーションで興奮してみましょう。また、さまざまなキスを試して彼とのぴったりのキスの仕方が見つかれば、キスの相性を再確認できるかもしれません。初級編として、遊び感覚やじゃれ合い感覚で楽しめるキスを紹介します。

    【チョコキス・キャンディキス】

    口の中にチョコやキャンディーなど甘い食べ物を入れながらキスをしたり、お互いに甘い物を相手の口に移すキス。バレンタインの日には特に盛り上がり、2人だけの楽しく幸せな時間が過ごせます。

    【スパイダーマンキス】

    相手が寝ているときや、膝枕の状態など、顔の向きが180度逆さまの状態で行うキス。映画スパイダーマンのあの名シーンを知っている2人ならなおさら、スパイダーマンを借りてきて映画デートの口実でこのキスを仕掛ければ、喜ばれること間違いなし!

    【ブラインドキス】

    アイマスクや自分の手で相手の目を覆ってするキス。相手の視界を奪うだけで、いつもと違ったシチュエーションを味わえるだけでなく、いつされるんだろう?という思いで心臓がバクバク興奮状態になるでしょう。

    【カクテルキス】

    唇を開いた状態で、相手の唇を吸ったり、舌を噛んだりするキス。唾液交換をしながらカクテルを作るようなイメージです。唾液の中には「テストステロン」という男性ホルモンが含まれていて、興奮を促します。意図的に唾液交換をすることで、お互いが欲情しやすくなるので、本能剥き出しにキスを楽しめるかもしれません。

    彼に相性のいいキスをさせるポイント

    彼とのキスに良い相性を感じるには、あなたの理想に合ったシチュエーションやキスのタイミングであることが重要です。そのためには、あなただけがキスの仕方の研究やリップケアを行うのでなく、彼もキスやリップケアを行うことで効果的。

    あなただけが努力するのでなく、彼も変わってくれるよう促し一緒に努力することで、より一層親密度も深まり、相性の良いキスに繋がるでしょう。上手に彼を自分の理想のキスに引き寄せるためのテクニックをお教えします。

    理想と違うキスを上手に断る

    理想と違うキスは断る

    もしあなたがキスをしたくない雰囲気なのに彼がキスをしてきたら、嫌だと思いながらも彼を傷つけまいとキスに応じてしまうのではないでしょうか?でも、理想のキスをするためには、キスを断る場面もあって良いと思います。嫌な気持ちを持ちながらキスをしても、そのキスに相性を感じることはないからです。

    もちろん拒絶するようにキスを断れば彼はがっかりしてしまうかもしれませんが、「ここでは恥ずかしいから」や「家に帰ってから」など、どんなタイミングでキスをして欲しいか彼に伝えてみましょう。実は、上手な断り方をすれば多くの男性はむしろそんな女性を「カワイイ」と思います。あなたが普段見せない、恥ずかしそうにする姿や焦らす姿勢は男心をくすぐるのです。

    自分からキスをする

    自分から積極的にキスをするお悩み解決バナー

    時には自分の理想の場所やタイミングで、自分からキスをしてみましょう。自分からキスをすることで、彼に自分が良いと思うキスのシチュエーションやタイミングを理解してもらうことができます。最初のうちは、自分からキスがしたいなんて恥ずかしくてなかなか言い出せなかったり、行動に移せない女性もいるかもしれませんが、女性からキスをされて悪い展開になることはほぼないと考えてみてください。

    いつもキスが彼からだけでは、彼も「自分だけが好きなんじゃないか」と不安になっているということも。あなたからのキスによって彼も愛されていることを実感できます。愛情はお互いで伝え合い、幸せを分かち合うことを自信を持って行ってみましょう。

    彼にも口周りのケアをしてもらう

    彼の口周りケアが気になっている場合には、気にしていることが彼にわからないようにさりげなく、彼にリップを渡してみたり、口臭対策のガムを渡してみましょう。もし彼の口周りが気になっていない場合でも、口周りケアをしてもらうことで、これまでよりキスがしっくりくる可能性もあります。

    キスの相性が悪くても努力でカバーできることがある

    彼の性格だったり、彼と一緒にいる居心地だったりが大好きになり付き合いはじめたけれど、彼とのキスの相性が気になっていたあなた。キスの相性は今からでも改善できるので安心して!相性が良いと感じるキスは、お互いが理想のシチュエーション、理想のテクニックやタイミング、そして気持ちの良い唇のフィット感でできます。

    はじめからキスの相性が良いと思っているカップルだって、お互いが好きなキスのシチュエーションやテクニックを知るには時間がかかります。あなたもお互いのことを理解し合える良い機会だと思って、積極的に理想的なキスに取り組んで、彼とのキスの相性の良さを感じてみてください。

    ヌレヌレ6種フレーバー
    ヌレヌレ6種フレーバー

    キス専用美容液のヌレヌレシリーズは、キスしたい唇をキープするコスメ。「彼の方からキスをしてほしい」「付き合った頃のようなドキドキするキスがしたい」「マンネリ知らずの刺激的なキスがしたい」こんな方にオススメの商品です。唇も体も、全て求められる…そんな濃厚なラブタイムを望んでいる方にピッタリ。
    筆タイプでグロスのように使用できますが、ナチュラルな仕上がりにするには指で直接塗るのがオススメ。保湿力も高く荒れた唇を保護しながら、色っぽくキスしたくなる潤った艶やかな唇をキープできます。口紅との併用も可能です。

    キスの相性についてSNSでチェック

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

       
      


    カテゴリー一覧