愛撫

へその性感帯開発方法!くすぐりや舌によるおへそ責めで感じるコツ

公開日: 2021/10/28  最終更新日: 2021/11/25
へそは立派な性感帯へそ責めを楽しんで性感帯を開発しよう
     

    へそをくすぐられたり、触られたりして、気持ちよくなったという経験をお持ちの方も居るのではないでしょうか。へそには多くのツボや、毛細血管が集まり、触るとくすぐったい敏感な場所です。こちょこちょとされるだけで感じてしまう場所のため、性感帯として開発することも可能です。

    へそを性感帯として開発すれば、パートナーとのラブタイムがより楽しくなるだけではなく、セルフプレジャータイムにも活かせます。新しい可能性を秘めたへそ責めのコツや、へそのケアについてご紹介いたします。

    へそは立派な性感帯!おへそ責めで感じる理由は?

    おへその性感帯について考えるカップルのイラスト
    お悩み解決バナー

    へそは、普段意識することのない部分ですが、開発すれば立派な性感帯になります。しかもイってしまうほどの快楽になるかもしれないと考えると、期待値は高まります。「おへそ責め」について正しい知識を知って、これまでノーマークだったへその可能性を広げていきましょう。

    へそは男女とも感じる性感帯

    ラブタイム中に、へそを舐められてつい反応してしまったという人は多いようです。くすぐられて反応するということは、快感につながる入口ともいえます。へそは開発し甲斐のある隠れ性感帯なのです。

    しかし、その反面、性的な感覚はなく、始めはくすぐったい感覚があるだけの人がほとんどではないでしょうか。そういう方もじっくりと開発することで、徐々に性感帯として気持ちよくなることが可能です。性的快感を得られるようになれば、へそでの一人エッチやへそイキもできるかもしれません

    ムラムラするツボがある?へそが性感帯になる理由

    おへその性感帯について考える女性のイラスト

    へそで性的な快感を覚える、くすぐったいと感じる理由として、皮膚の薄さが関係しています。へそは、生れた時にへその緒を処理する過程で皮膚が重なっているように見えます。しかし、体の中でも特に皮膚が薄い部分なのです。

    わたしたちからみてへその一番奥、へその内側にあるのは内臓を包んでいる腹膜だけなので、外からの刺激が伝わりやすい構造になっています。また、へそには毛細血管が集まっていることもあり、敏感な箇所なのです。

    また、へその両脇に位置する「天枢」は、本来胃腸へのアプローチをするツボ。しかしその刺激は性感帯としても有能で、ムラムラするツボともいわれています。へそへの刺激が天枢にも伝わり、さらなる性的快感が期待できます。

    おへそ責めがしたいへそフェチの男性の心理は?

    胸やお尻といった定番なフェチを持つ男性が多い中で、へそで性的興奮を引き起こす男性は稀と思えるかもしれません。しかしながら、へそが出る水着などのファッションを好むへそフェチ男性もいます。

    普段隠れて見えないへそには、神秘的な魅力と探求心を掻き立てられるものがあるのでしょう。もしかしたら、へそフェチ男性はへそが性感帯であることを本能的に分かっているのかもしれません。無意識にへそ周りを愛撫する男性は、へそフェチ予備軍と考えてもいいでしょう。

    へその性感帯を開発する時のポイント

    へそをやみくもに刺激しても傷つけてしまうだけで、快感につながりません。開発は安全性を考慮し行っていきましょう。へその開発する時のポイントと注意点も知っておくことで安心して性感帯の開発にのぞめます。

    事前におへその中を清潔にする

    おへそのお手入れについて考える女性のイラスト

    へその性感帯を開発する前に、おへその中を清潔にしておきましょう。特にお手入れをしていない状態では、へそのごまやゴミのようなものが見えるはずです。これらの汚れは指で無理矢理とるのではなく、お風呂で丁寧にケアします。

    • 1.へその表面を軽く洗う
    • 2.ベビーオイルやオリーブオイルをつけて10分ほどおく
    • 3.汚れが浮いてきたら綿棒やガーゼで優しく拭きとる

    拭きとりきれない汚れやゴマは無理にとらないようにしましょう。

    へその性感帯開発はやりすぎない

    おへその中を綺麗にしたら、性感帯の開発に入ります。最初はへその周辺を優しく撫で、徐々にマッサージするように触っていきます。まわりからじんわりと責めるイメージです。

    開発する時間は、長くても1日10分程度にしましょう。長時間触り過ぎると、炎症を起こす原因にもなります。フェザータッチで優しく行うのがへその性感帯開発のポイントです。

    相手にする時はきちんと承諾をもらう

    おへそを触ってもいいか確認する男性と女性のイラスト

    ラブタイム中にへそ責めをするときは、いきなり触らないようにしましょう。へそは、普段意識していない部分ということもあり、お手入れを怠っている可能性もあります。お手入れをしていないときに、触られたり、なめられたりするのは「汚いから」と気にする人も多いです。また、そのような場所をパートナーに見られるのが恥ずかしいかもしれません。

    おへその性感帯を刺激するへそ責めのやり方

    それでは、具体的なへそ責めのやり方をみていきましょう。責め方を覚えると、パートナーとのラブタイムはもちろん、セルフプレジャータイムに新しい刺激が加わります。ゆっくりと時間をかけてへそ責めをすることで、エッチの濃密度も徐々に上がっていくでしょう。

    指先でへそ周辺をくすぐり、徐々に撫でまわすような動きに変える

    おへそを責める男性と女性のイラスト

    おへそ責めはじわじわと責めるのがポイントです。首筋や胸などを優しく触りながら徐々におへその周りに近づきます

    触るときには、指の腹を使って爪が当たらないように注意しましょう。最初は指先でくすぐったさを感じるように撫でてから、徐々に手のひらを使っていきます。小さな刺激から動きの大きな刺激へと流れるように触れていきましょう。

    へその周りを指圧するように刺激

    おへそを責める男性と女性のイラスト

    撫でる刺激に慣れて来たら、少し指先に力を入れて指圧するように触れていきます。ポイントはへそ自体には触れないことです。人差し指と中指を使い、へその周りを滑らせていきます。このとき、手をピースサインにしておくと、握る力で指先に力が入りやすいです。

    押しながら滑らせたり、トントンとテンポよく押したりしながら刺激を与えましょう。じっくり刺激を与えていくことで、皮膚への摩擦が快感に変わります

    おへその穴を舌先で刺激

    おへそを責める男性と女性のイラスト

    へそ周辺に十分刺激を与えたあとは、いよいよおへその穴を責めていきます。舌先を少し尖らせるようにして、おへその穴を刺激してみましょう。小さい動きで刺激を与えることで、くすぐったさが徐々に快感へと変化していくはずです。

    同時に、乳首やペニスなどの感度が高い部分を刺激すると感度が上がります。感じやすいところを一緒に責めることで、相乗効果が生まれるのです。

    おへその穴にローターをあてる

    おへそ責めにはアイテムを使うのも有効です。特に小さくて細かく振動するローターはおへそ責めとの相性が良いです。皮膚が薄いため、ローターの振動がへそ近くにあるポルチオにも伝わることでイキやすくなります。外からの刺激なのに中イキをする感覚に身体は驚いてしまうことでしょう。

    可愛いのにしっかり刺激『LCピンクローター』

    LCピンクローター

    ラブグッズが初めての方や処女の方にもオススメする使いやすいローター。振動の強さを好みで変えて、手や指とは違った快感を味わえます。丸っこくて可愛い形だから、初めての使用でも違和感がありません。手のひらにおさまる、使いやすいサイズです。振動が強くなるので、下着やタオルの上からでも楽しめます。

    他にも、アイテムを使う場合は、筆やはけを使ったフェザータッチな刺激もおすすめ。焦らしながらへそに刺激を与えることで、ぞくぞくとした快感が得られます。

    へそ責めで性感帯開発を楽しむ時のおすすめアイテム!

    ローターや筆以外にもへその性感帯開発を楽しむアイテムがあります。アイテムを使うとより開発が上手にいくこともあるので、ぜひ取り入れてみましょう。

    また、なかなかお手入れしにくいへそだからこそ、臭いや肌のケアもカバーしてくれるアイテムを使うことで開発に集中できます。敏感でデリケートなへその開発に役立つアイテムを紹介します。

    お腹周りの角質やへその汚れを優しくケアしよう

    へそ周辺は、下着などの衣類のこすれや汗によって垢が溜まりやすくなります。こういった汚れは、お風呂でしっかり洗っても残っている可能性があるのです。だからこそ、古い角質や汚れを優しくケアできる「ジャムウ・ビューティーバブル」がおすすめ。

    ジャムウ・ビューティーバブルは化学香料・保存料・合成界面活性剤などの化学添加物は配合されていません。植物由来の自然派石鹸なので、お肌に優しく保湿ケアも叶います。ピーリング作用もあり、お肌の透明感を上げたい時にもおすすめです。

    ジャムウ・ビューティーバブル

    ジャムウ・ビューティーバブル

    顔や体のたまった角質や汚れをスッキリ洗う自然派石鹸。
    自然派のピーリング効果で洗い上がりをピカピカと磨き上げます。

    デリケートなおへそ周りを守って、より感じるローション

    普段あまり触れることがないおへそ周りには「LCハーバルローション」で滑りを良くして優しくマッサージをしてみましょう。おへそ周りに刺激を与えるには、時間をかけた愛撫がカギになります。愛撫している方も、されている方も滑りが良い方が気持ちよさを感じやすくなるはず。

    LCハーバルローションは、アロエとハチミツが配合されているので愛撫の摩擦で乾燥が気になるときにもおすすめです。肌に優しい植物原料なので、ローション自体が初めてでも安心して使用できます。

    LCハーバルローション

    LCハーバルローション

    LCラブコスメが作った、肌に優しいうるおいを与えるアロエのラブローション「LCハーバルローション」は、さらさらぬるっとした使用感が新感覚。全身マッサージや前戯のアイテムとして使用すれば、初エッチの不安がいつの間にか消えて、気持ちいい快感が溢れます。化粧品として開発された「LCハーバルローション」は、使用後の肌もスベスベです。

    へそ責めでニオイが気になるときは美味しい香りで!

    へそは、日常的に洗う習慣のない場所なので、見た目が綺麗になっても、ニオイが気になる人もいるようです。また、へそ責めをされる場合には下半身に顔を近づけるため、性器の臭いが気になってしまうことも考えられます。

    そんなときには「メイクラブリップ・カシスレディ」で不安な部分を美味しく香らせましょう。メイクラブリップ・カシスレディは、気になる臭いを元からカバーするだけでなく、甘美な香りでデリケートゾーンを包んでくれます。食品原料でできているので、パートナーの口に入ってしまっても安心です。

    メイクラブリップ・カシスレディ

    メイクラブリップ・カシスレディ

    オーラルセックスの前にニオイの元をケアして香らせる。さらに、舐められるジャムのように美味しいパフューム!今までにないデリケートパフュームでニオイの元をケアして、オーラルタイムをより清潔に、美味しく楽しく演出していきませんか?突然のお泊まりに備えて、コスメポーチに常備しておいて、ムードが上がってきたらすかさず切り出してみる!というラブサプライズも素敵です。

    ポイントを押さえてへそを性感帯に開発しよう

    おへそを触る男性と女性のイラスト

    普段触れることのないへそが性感帯になるのは驚きだったかもしれません。しかしながら、へその性感帯を開発すれば、それだけで十分な快感を得られるようになります。へそでの一人エッチやへそイキなどができるようになると、パートナーとのラブタイムも一層盛り上がるはず

    まずは、くすぐったさやムラムラする感覚を掴んで、じっくりと性感帯を開発していきましょう。ケアや臭いが気になる時には、専用のアイテムを活用するのもおすすめです。へそは性的快感を得るまでには少し時間がかかるかもしれませんが、少しずつ試してみると、新しい世界が広がるかもしれません。

    Vライントリマー

    Vライントリマー

    もじゃもじゃ、ゴワゴワ、下着からもうはみ出さない!アンダーヘアの先端をサッと丸く焼き切って、ちくちくが気にならない触り心地にするアンダーヘア専用ヒートカッターです。充電式だから持ち歩きやすく、外出先など気になったときに気軽に処理できます。

    プエラリア・ハーバルジェル

    プエラリア・ハーバルジェル

    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したボディジェル。お風呂上りや、シェーバーでのムダ毛処理後のケアなどに塗ってマッサージすると…女性らしいツルツルすべすべのシルクのような肌へ!肌触りだけではなく、女性らしいボディラインを目指すマッサージや、抱き心地のケア、チクチク対策などたった1本ですべてカバー&サポートします。

    デンマ初めての方へ『LCラブデンマ ストロベリーソーダ』

    LCラブデンマ ストロベリーソーダ

    「LCラブデンマ ストロベリーソーダ」は、はじめての電マオナニーの女性でも購入しやすい可愛らしいピンクと水色のデザインで、振動パターンは10×5段階でお好みの強さで快感を得られるラブグッズです。女性の手のひらでも持ちやすいコンパクトサイズで、アイスクリームのように可愛いデザインだから部屋に置いておいても違和感ありません。彼とのセックスでも、もちろんひとりエッチのときでも幸福感を味わえるアイテムです。

    著者:ラブコスメ(LC)夜の保健室 編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。


         
      
    検索