生理の悩み

生理がなかなか終わらない!少量でいつもより長引く、終わらないまま次になる対策!

いつもより長引く生理が止まらない!終わらないまま次の生理になる原因
     
    こんなに生理が長いと不安になる…
    お悩み解決バナー

    生理がなかなか終わらないと不安になったことはありませんか?

    一週間を過ぎても止まらないで長引く生理や、生理が終わらないまま次の生理が来る場合は『過長月経』と呼ばれ、いくつかの原因が考えられます。

    病気の可能性や対処が必要なこともあるため、放置せずに早めになんらかの行動をとることが必要です。経血量には関係なく、終わらない生理には注意しましょう。

    この記事では、生理が終わらない原因と対処法、受診のタイミングについて解説しています。生理の長さには個人差もあるため、過剰に意識する必要はありませんが、一般的な長さや自分のいつもの長さとあまりにもかけ離れた場合には注意が必要です。

    生理が終わらない…もしかして過長月経かも?

    これって過長月経?

    生理が終わらない、一般的な長さよりも長引く場合には、過長月経である可能性があります。生理の長さは一人ひとりの女性によって差があります。しかし、あまりにも一般的な生理期間と差が大きい場合には注意が必要です。

    一般的な生理の長さと過長月経の違い、生理が終わらない過長月経の原因について紹介します。生理が長引いて終わらない場合には、生理の経血の色にも注意が必要です。

    一般的な生理期間の平均

    生理ってどのくらいで終わってる?

    生理が終わらないで不安に思っている人は、まずは一般的な生理期間を知っておきましょう。個々の生理期間には個人差がありますが、生理が長引いているか否かの目安にはなります。

    一般的な生理の期間は基本的に3~7日間続き、平均5日程度で終わります。生理周期は25~38日が正常とされているので、生理から次の生理までの間は少なくとも10日程度あるはずです。次の生理がくるまで生理が終わらないのは平均よりかなり長いと言えるでしょう。

    過長月経とは?8日以上出血する場合は注意

    生理の期間が平均的な長さを超えて、8日以上続いた場合、「過長月経」の扱いとなります。

    8日以上生理が続いたタイミングを婦人科に行く目安としておくと良いでしょう。生理の前に茶色いおりものが出る場合や忙しくて日数があいまいになった場合など、多少のずれが生じることはあるかもしれませんが、「生理の期間がいつもよりちょっと長いな」と感じたら注意が必要です。

    生理が終わらない原因

    生理が長引き終わらない原因としてはさまざまなことが考えられますが、主な原因は女性ホルモンのバランスが乱れです。なんらかの原因で、生理や排卵、子宮内膜を厚くするためのホルモンが正常に分泌されなくなったことが考えられます。

    生理は子宮内膜が剥がれ落ちることで起こりますが、子宮内膜が厚くなり、剥がれにくくなることで生理が長引く可能性があります。内膜は排出されず、ダラダラと少量の経血だけが続く状態です。

    その他の原因としては、病気やストレス、生活習慣の乱れが考えられます。特に更年期はホルモンバランスの乱れが起こりやすいため、30代後半以降の女性は注意しましょう。また、ピルの服用や避妊リングの使用等によって生理の終わりかけのような不正出血が起こることもあります。

    長引く生理が茶色、鮮血によって違いはある?

    経血の色で違いはあるのかな?

    生理中は経血の色を見る機会も増え、その色によって終わりかけか否かを判断する方も多いかもしれません。ただ、長引く生理がずっと鮮血のままだと不安になってしまうこともあるでしょう。

    経血の色が茶色っぽいのは、子宮内に経血が長く残っていたことが主な原因と考えられます。長くとどまっていた血液は茶色に変色しやすく、生理の終わりかけに出るケースが多いです。

    こういった茶色かつ少量という場合には、膣内洗浄ができる専用アイテムで残っている経血をすっきり洗い流せば解決できる場合もあります。

    基本的には茶色の経血が出ても病気ではないことが多いのですが、ダラダラと一定量の出血が続く場合には何色であっても注意が必要です。

    プチシャワー・セペ(6個)

    プチシャワー・セペ(6個)

    「プチシャワー・セペ 」は、女性のデリケートゾーンの汚れや雑菌を洗い流す為の、使いきりビデです。セペは安心な精製水シャワーでデリケートゾーン内の汚れ、ニオイをスッキリ気分に導きます。デリケートゾーン本来の役割りをサポートします。生理の終わりかけ2〜3日にセペで洗い流せば、気持ちもスッキリします!長びく期間もサッパリ早く感じます。おりものが気になるときや、スポーツや海、プールの後に、病気などで入浴ができないときにもオススメです。

    生理が終わらない原因を症状ごとにチェック!

    原因を知るにはまずセルフチェック!

    生理が終わらない場合には、その原因を知ることが大切です。病院の受診は最も正確な情報が分かる方法ですが、その前に自分で知りたい人はセルフチェックをしてみましょう。

    生理が終わらない原因の中には、ホルモンバランスの問題や更年期、婦人科系の病気が考えられます。まずは思い当たる原因から、改善に取り組むのも良いでしょう。

    ホルモンバランスの乱れによる過長月経の場合

    ホルモンバランスの乱れは、生理が長引いて終わらない時にまず疑うべき原因の一つです。女性のホルモンバランスは、日常生活のちょっとしたことでも乱れることがあり、過度なダイエットや不摂生もきっかけとなります。

    以下のような点に心当たりがある人は要注意です。

    ~生活習慣によって過長月経になりやすい人の特徴~
    • 睡眠不足
    • 過度の食事制限によるダイエット
    • 不規則な生活を送っている
    • 甲状腺に異常が生じている
    • 女性ホルモンの分泌に関わる器官(視床下部、脳下垂体、卵巣など)にトラブルが起こっている

    ホルモンバランスの乱れによる症状は、生理期間の長さだけでなく、下記のようなものがあります。

    ~ホルモンバランスの乱れによって起こりやすい症状~
    • 倦怠感
    • 疲れが取れない
    • ほてり
    • 多汗
    • めまい
    • 貧血 など

    上記のような不快な症状を感じた場合には、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。

    更年期によって少量の出血が長引く場合

    30代後半でも要注意!

    更年期は、閉経前の45~55歳くらいの女性に多く現れる症状です。早い人は「プレ更年期」として30代後半から注意が必要と言われています。

    更年期が来ると、閉経に向けて生理が徐々に不規則になったり回数や量が減ったりしますが、ダラダラと少量の出血が長引くこともあります。それに伴って以下のような不調が現れることもあるため、ただ生理が終わらないのか、それとも更年期の症状なのかを見極める目安としましょう。

    ~更年期によくある症状~
    • 体調不良
    • 倦怠感
    • ほてり
    • 多汗
    • 喉の渇き
    • 手足のしびれ
    • イライラ
    • めまい
    • 動悸 など

    心身にさまざまな不快症状をもたらすのが更年期の特徴です。これは、脳から送られた排卵の指令に卵巣が対応できなくなって起こる症状で、この根本的な理由にもホルモンバランスの乱れが関わっています。

    生理が終わらないまま次の生理が来たら婦人科系の病気かも?

    生理が終わらないまま次の生理が来るなどの生理不順を抱えている場合、婦人科系の病気も疑った方が良いでしょう。特に以下の条件に当てはまる人は注意が必要です。

    ~婦人科系の病気で過長月経になっている可能性がある人~
    • 生理が終わらないまま次の生理が来るなど、月経周期が短い人
    • 家族に婦人科系の病気にかかった人がいる
    • 過去に子宮筋腫などの手術経験がある

    婦人科系の病気が原因で生理が終わらない場合には、以下のような症状が出ることもあります。

    ~婦人科系の病気でよくある症状~
    • 無月経のときがある
    • 生理痛が重い、または年々重くなっている
    • 経血量も多い
    • 不正出血がある
    • 性交痛があり、膣の奥の方が痛い
    • 不妊症 など

    生理は終わらずに続くことだけが問題ではありません。出血量や生理痛の強度にも注意が必要です。また、性交痛を感じたり、膣の奥に痛みを感じたりする場合も、婦人科系の病気のサインである可能性があります。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    Vライントリマー
    専用ヒートカッターで簡単お手入れ
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープ
    泡の3分パックでニオイの元を洗い流す
    商品を見る
    プチシャワー・セペ
    汚れや雑菌スッキリ洗い流す!
    商品を見る
    I ラインシェーバー
    彼が喜ぶデリケートゾーンケア
    商品を見る
    シナヤカウォッシュス
    アンダーヘアがふわふわしなやかに
    商品を見る

    いつもより生理が長い、少量の血が止まらないのは病気?

    これって何かの病気…?

    いつもより生理が長いと感じた場合には、具体的にどのような病気の可能性があるのでしょうか?生理が終わらない時に可能性として考えておきたい病気を紹介します。

    状態によっては経過観察になることもありますが、早期発見したい病気もあるので、注意が必要です。

    生理がなかなか終わらない時に考えられる病気

    生理がなかなか終わらない、少量の出血がダラダラと止まらない場合には、大きく分けて4種の病気が考えられます。

    黄体機能不全

    黄体機能不全とは、脳は胃の視床下部や下垂体の機能異常により適切なホルモンが分泌されない病気です。生理周期を短くしたり、不正出血や不妊症を引き起こしたりします。

    子宮内膜症

    子宮内膜症は、子宮内膜組織が子宮以外の卵巣、腹膜などで増殖する病気です。重い生理痛や経血の増加、性交痛などがみられます。治療として薬物療法が取られますが、症状によっては手術療法も行います。

    子宮筋腫

    子宮筋腫は、子宮壁にできる良性腫瘍です。筋肉が異常増殖したもので、悪性ではありません。珍しくはありませんが、貧血や生理痛、月経量の増加や月経以外の出血など、辛い症状が出て不快な病気です。出来た場所によっては症状が出ないこともあります。無症状の場合には治療をせずに見守りますが、症状によっては手術を行うこともあります。閉経を迎えると筋腫は小さくなります。

    子宮系のがん

    子宮体がんや子宮頸がんでも、月経以外の出血が起こり、生理が終わらないような気がすることがあります。性交時の出血や痛み、腰痛や骨盤周りの痛みなどが主な症状です。子宮体がんは初期から症状が出やすいといわれますが、子宮頸がんは自覚症状がないので、気づくのが難しいと言われています。

    生理が終わらないように感じても、それは病気による出血の可能性があります。一時的なら問題ないことも多いですが、貧血を起こす場合や、毎月のように過長月経が続く場合は婦人科に行ってみましょう。

    また、定期検診を受けて異常に気づく前に発見することも大切です。

    生理が終わらなくて婦人科に行くときの準備

    準備しておくと安心!

    生理が終わらなくて婦人科を受診する際には、事前に準備をしておくと問診がスムーズです。あらかじめ伝えるべきことを事前にメモしておきましょう。生理が順調な人も、いざという時のために生理の始まりと終わりの日をスマホのカレンダーなどに控えておくと安心です。

    主に以下の点を医師に伝えられると診察に役立ちます。

    • 出血が増えた時期や長引く頻度
    • 生理出血の状態(鮮血、茶色、レバーのような塊が出る等)
    • 生理周期と期間(直近半年分程度)
    • 他症状があるかどうか

    症状については、婦人科と関係のなさそうでも、気づいたことは細かく伝えることをおすすめします。関係なさそうな症状でも、実は脳や卵巣、子宮の病気に伴って現れている可能性があるためです。

    生理が終わらない時、止める方法や病院に行くタイミングは?

    生理が終わらない時は、止めるためのセルフケアをしたり、病院で診察を受けたり対策をしましょう。まずはセルフケアをし、それでも止まらない場合には、迷うことなく婦人科を受診すべきです。

    生活リズムを整える

    睡眠、食事の管理で生活リズムを整えよう

    生理が終わらない原因としては、ホルモンバランスの乱れが考えられます。そのため、まずは疲れや睡眠不足、ダイエットなどによって乱れたホルモンバランスを整えるために、生活リズムを整えましょう。

    睡眠をたっぷりとるのはもちろん、食生活のリズムや食事内容にも注意して、太りすぎ・やせすぎにもならないようにすることが大切です。

    ストレスの原因を見つけて解消する

    ホルモンバランスの乱れはストレスによることも多いため、ストレス解消を目指しましょう。まずはストレスの原因が何なのかを見つけることから始めて、少しずつストレスから解放されやすい生活の仕方を身に付けます。

    仕事や家庭環境、過度なダイエットなど、その原因が分かったらまずその環境から抜け出すことから始めてみましょう。生理不順自体が悩みになっていることもあるので、安心のために受診することも大切です。忙しすぎや人間関係の悪化など、問題点の中には解決しにくいこともありますが、なくせる悩みや問題から徐々に減らしていきましょう。

    また同時に、ストレス解消できてリラックスにもなる半身浴をしたり、ヨガを取り入れたり、日常にちょっとずつ自分がリフレッシュできる時間を作ることも大切です。

    少しでも不安になったら婦人科を受診する

    婦人科の内診は怖い、痛そうというイメージを持っている女性は多く、医師にデリケートゾーンを見られることに強い抵抗を感じる人もいるでしょう。また、生理が終わらないからといって、婦人科を受診するのを躊躇する女性もいます。

    しかし、それ以上に出血の不安やそれによるストレスを解消できるメリットは大きいです。問題なしと言われるだけで安心できて、ストレスから解放されることもあります。反対に、自分が思ってもみなかった病気が見つかることもあります。

    「まだ大丈夫」と後回しにするよりは、自分の身体のことを思い、少しでも気になったら受診するようにしましょう。

    また、生理痛や性交痛などの悩みも相談できるので、ひとりで抱えていた悩みを解決する良い機会になるかもしれません。婦人科での検査への抵抗を軽減するには、なるべく女医の先生が担当している病院を見つけるのも一つの手です。今はネットで口コミなどもチェックできるので、口コミがいい病院をリサーチするなどしておくと良いでしょう。

    もし事前にデリケートゾーンをケアしておきたいと思うのであれば、「ジャムウ・ハーバルソープ」でデリケートゾーンを洗ったり、アンダーヘアは「Vライントリマー」で整えたりするといいでしょう。

    ジャムウ・ハーバルソープ

    ジャムウ・ハーバルソープ

    泡立てネットなどで立てたふんわり泡を、カラダの気になる部分にのせて、3分間パックするだけ。黒ずみ、ニオイの元を洗い流して素肌をスッキリ爽快ケア。植物由来の成分で作られたハンドメイド石鹸なので、全身にお使い頂ける、優しいボディケア石鹸です。

    Vライントリマー

    Vライントリマー

    アンダーヘアの先端をサッと丸く焼き切って、ちくちくが気にならない触り心地にするアンダーヘア用のヒートカッターです。長さを整え、ショーツに収まりのいい状態にカットできます。長すぎずちょうど良い長さに整えられ、不快感もなし!アンダーヘアの清潔感ある見た目に自信がつきます。また、忙しくても短時間でキレイにお手入れできるので、翌日に急なデートでも焦らず安心です。

    生理終わらない時は早めに婦人科に行こう

    身体からのSOSを受け取ったら病院に行ってみよう!
    お悩み解決バナー

    生理が終わらない原因には、ストレスや病気など、いくつかの原因があり、どれが関係しているかは本人にも分かりません。そのため、生理が終わらない、止まらないまま次の生理を迎えたときは、症状をチェックしたうえで、ためらわずに婦人科の受診をすることが大切です。

    生理が長引く症状を持つ病気には、様子見だけで済む場合もありますが、きちんとした治療が必要な場合もあります。生理が終わらないことは不快なだけでなく、体からのSOSサインだと受け止めて、受診のきっかけにしましょう。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      

    生理の悩み 記事一覧