アンダーヘアの悩み

ツルツルの『ハイジニーナ』とは?
そのメリットやデメリット

ハイジニーナとは?アンダーヘアをツルツルにするメリットとデメリット
     

    この記事では女性が気になる「ハイジニーナ」の疑問や詳細を、女医の髙橋怜奈先生監修の元まとめてみました。

    ハイジニーナは「衛生(hygiene)」が語源である通り、デリケートゾーンを衛生的に保つアンダーヘアの状態の一つ。アンダーヘアを全て処理し、ツルツルの無毛にすることを言います。別名では、「パイパン」と呼ばれることもあり、これは麻雀の白牌のようにまっさらな様子からきていると言われています。

    かゆみやにおい、蒸れなど、女性はデリケートゾーンの悩みが多いもの。そんなデリケートゾーンの悩みの解消法として注目されているのがハイジニーナ脱毛。海外から拡がり、日本でもアンダーヘアをツルツルにするハイジニーナの女性が増えています。今回は、そんなハイジニーナ(パイパン)のメリットやデメリットを紹介していきます。

    意外と知らない、ハイジニーナとは?

    ハイジニーナとは具体的にどのようなものなのでしょう。注目されている理由とともに紹介します。

    ハイジニーナとは

    海外セレブや日本の芸能人も取り入れているハイジニーナとは?

    V・I・Oの毛をすべて処理し、陰部をツルツルの無毛状態(パイパンとも言われます)にすることを言います。「ハイジニーナ」は、「衛生」を意味する「hygiene(ハイジーン)」から造られた言葉で、その名の通り、衛生的なメリットからもハイジニーナにする女性が増えています。

    脱毛エステのメニューには「ハイジニーナ脱毛」や「VIO脱毛」と書かれていますが、厳密に言うとこのふたつは異なります。ハイジニーナ脱毛はまったくの無毛状態を言いますが、VIO脱毛の場合は、陰部の毛を減らしたり整えたりする場合も含めています。

    デリケートゾーンのVIOについて

    ハイジニーナが注目される理由

    ハイジニーナが広まってきた理由は、見た目の美しさを求める女性が増えてきたこと背景にありそう

    ハイジニーナが広まった背景には、やはり女性のアンダーヘアの悩みがあります。下着や水着からはみ出したら恥ずかしい…という悩みも女性ならでは。衛生面だけでなく、ツルツルとした見た目的な美しさを求める女性が増えてきたと考えられます。

    また、海外セレブの間でハイジニーナが流行しているとメディアで紹介され、美意識の高さの象徴というイメージがついたのも、注目された理由のひとつでしょう。

    アンダーヘアの悩みからハイジニーナ脱毛を考えてみる

    ハイジニーナでアンダーヘアの悩みを解決できる?

    ハイジニーナを望む女性がアンダーヘアの悩みを抱えているケースが多いです。女性に多く見られる下の毛の悩みには次のようなものがあります。

    におい・かゆみの原因になる

    アンダーヘアが濃いと下着の中が蒸れやすくなります。蒸れた陰部は、湿気が大好きな雑菌が繁殖しやすくなり、雑菌が繁殖すると、かゆみやにおいが生じるようになります。また、陰毛に尿や経血がこびりつくと、これもにおいの原因になります。

    下着や水着になるときの不安

    陰部の毛が多い女性の場合、下着や水着のわきから毛がはみ出すことがあります。はみ出している毛を剃るなど自分でケアすることでカバーはできますが、デートや水場で遊ぶ際にケアを忘れたら最悪です。はみ出した毛を誰かに見られてしまうことは避けたいものの、こまめなアンダーヘアのケアにうんざりしている女性も多いのではないでしょうか。

    SEXのときの彼の反応が気になる

    楽しいはずの彼とのSEX。でも、「毛が多くて舐めにくい」「毛がゴワゴワで触ると痛い」なんて言われたら、気分も台無しです。男性は不満を口にする人ばかりではないので、「本当は毛の多さのことをどう思ってるのかしら…」と不安に感じている女性も多いのではないでしょうか。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    アンダーヘアケアにおすすめのVライントリマーを購入する
    下着からもうはみ出さない!
    商品を見る
    アンダーヘア処理後のデリケートゾーンケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    デリケートゾーンの臭いの元を洗い流す
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのシナヤカウォッシュを購入する
    アンダーヘアがふわっふわに!
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのアンダースタイル ガイド ナチュラルを購入する
    アンダーヘアの形を自然に整えられる♪
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのIラインシェーバーを購入する
    I・Oラインをスムーズに整える!
    商品を見る

    やっぱりハイジニーナ脱毛にすべき?メリット・デメリットをチェック

    流行のハイジニーナとは?どうしようか迷う…メリット・デメリットは?

    流行のハイジニーナ脱毛ですが、気軽な気持ちでハイジニーナ脱毛をしてしまうと、後々後悔する可能性もあります。ハイジニーナのメリットとデメリットを知っておきましょう。

    ハイジニーナのメリット

    におい、はみ出しなどのアンダーヘアの悩みが軽減!ハイジニーナにするメリットとは

    1.衛生的

    ハイジニーナの1番のメリットが衛生面です。無毛状態になると、蒸れにくくなるだけでなく洗いやすくもなるので、汚れが残りにくく、においの減少にもつながります。

    特に生理中はアンダーヘアに経血が付着し毛がからまったり、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなったりしますが、ハイジニーナ脱毛で無毛状態になれば、蒸れにくい上に生理中でも洗いやすくなります。生理中の気になる臭いの元も洗い流しやすくなるので、不快感を軽減し、デリケートゾーンをいつでも清潔に保てることが大きなメリットです

    2.下着や水着の着こなしが広がる

    ハイジニーナにすることで、アンダーヘアのはみ出しや、突き出し、ふくらみを気にしなくて済むようになりますので、今までそれらを気にして付けることが出来なかった下着や水着など、お洒落の幅が広がります

    3.SEX時の心配がなくなる

    彼とのSEXの時、アンダーヘアの状態は気になるものですが、ハイジニーナにすることで、事前の処理の手間から解放されます。彼との急な予定が入っても処理が出来ていないから泣く泣く諦める…などの心配もなくなります。また、陰毛がないとオーラルがしやすいことから、喜ぶ男性もいるかもしません。

    4.セルフ脱毛のトラブルが減る

    自分でアンダーヘアをカミソリでそったりしていると、細かい傷から雑菌が入ったりして炎症がおきたりすることがあります。ハイジニーナ脱毛をしてしまえば自分で不衛生に処理することがなくなるのでトラブルを減らすことができます。

    ちなみに、ハイジニーナ脱毛をすることにより、デリケートゾーンのにおいが軽減された例もあるようです。毛がなくなったことで洗い残しがなくなったことや蒸れにくくなったことが要因だと思いますが、正しいケアによっても軽減されます。デリケートゾーンのにおい対策について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

    ハイジニーナのデメリット

    一度無毛状態にしてしまうと取り返しのつかないことにも…ハイジニーナ脱毛にするデメリットとは

    1.時間がかかる・痛い

    医療レーザー脱毛や光脱毛(IPL脱毛)について、行うと1度で毛がなくなり生えてこなくなると考えている方もいらっしゃいますが実際は「毛周期」に合わせて何度も行う必要があり、早くとも2年以上の期間が必要になります。何回くらいでツルツルになるか?というと、2か月~3か月に一度サロンに通うので、2年間だと8回~12回くらい通う形になります。しかし2年ではツルツルで無毛という状態には至らず、延長で通う方も多いようです。また、V・I・Oは皮膚が薄くデリケートな部位の為、脱毛時はかなりの痛みが伴います。また、施術時の体勢や見せる事が恥ずかしく感じてしまう方も多いようです。

    さらに脱毛期間中のサロンに行った直後は自然に毛が抜け落ちるのを待つ必要があるため、剃ったりなどの処理ができません。焼け野原のような、毛がチクチクした状態でしばらく過ごす必要があります。

    2.時には恥ずかしく感じることも

    ハイジニーナは毛がまったく無いので陰部が丸出しの状態。温泉などでは人目が気になり恥ずかしいと感じる女性も多いようです。また、男性の反応についても人それぞれ好みがあるのも事実。喜ばれることもあれば、反応が良くないこともある事も知っておいた方がよいでしょう。

    3.元には戻せない

    脱毛は完了してしまったら、元通りに戻すことが出来ません。前述でも記載した通り、一度で全ての毛がなくなるわけではないことから、回数が少ないうちはある程度戻せる可能性はありますが、回数を重ねれば重ねるほど元に戻すことが難しくなります。本当にハイジニーナにしてしまってもいいのか、将来を見据えた判断が必要です。一度Iラインシェーバー等で剃って無毛に近い状態を体験し、不都合が無いようであれば、ハイジニーナにするという方法もあります。

    ハイジニーナ脱毛のやり方

    ハイジニーナ脱毛するには、自分で処理する方法とサロンやクリニックで処理してもらう方法の2通りの方法があります。それぞれの具体的なやり方やメリット・デメリットをお伝えします。

    自分で処理するハイジニーナ脱毛

    基本のやり方
    • 1.処理する部分の皮膚と毛を蒸しタオルで温める
    • 2.アンダーヘアを1cm程度残してハサミで切る
    • 3-1.毛の流れに沿ってシェーバー・トリマー・カミソリで剃る
    • 3-2.ブラジリアンワックスや除毛クリームを脱毛する部分につける
    • 4.脱毛部分を綺麗に洗ってクリームやジェルなどで保湿する

    上記の基本のやり方は、VIОラインによって方法の違いや粘膜が近くて危険な場所もあります。処理部分に応じた方法で行うことがポイントです。見えづらいI・Оラインは、手鏡などを利用して見ながらすすめるとやりやすいです。

    【メリット】
    • 自分で処理するので、恥ずかしいデリケートゾーンを他人に見られない
    • 自分の好きな時間に好きな場所で処理できる
    • 失敗してもまた生えてくるので何度もやり直せる
    • 安価に処理できる
    【デメリット】
    • 毎日の処理が大変
    • 処理後はチクチクかゆくてストレスになる
    • 剃り口の断面が広いので処理前より生えてきた毛が太く感じる
    • デリケートな部分を傷つけやすく、かぶれや乾燥などの皮膚炎になる場合も
    • 繰り返し処理することで摩擦による黒ずみや埋没毛になる場合も
    • 時間がかかり同じ体勢が疲れる
    • 綺麗に処理できない部分ができてしまう
    • カミソリ処理の場合は毛穴がブツブツ残ってしまう

    サロンやクリニックでのハイジニーナ脱毛

    サロンやクリニックによるハイジニーナ脱毛は、各店舗により方法や回数などもさまざまです。基本的にはシェーバー等で施術の前日~2日前までに自己処理をした状態で、当日レーザーやライトを当ててもらうことになります。薄着シーズンを迎える夏前などは、予約がなかなか取れなくて処理ができない場合もあります。

    【メリット】
    • 処理後がツルツル
    • 処理する度に毛質が薄くなり、量も減ってくる
    • 肌荒れや黒ずみの心配がない
    • 脱毛完了すれば毛が生えてこなくなる(永久脱毛の場合)
    • リラックスした姿勢で行える
    【デメリット】
    • 費用が高額
    • 光脱毛の効果は「半永久」なので完全に毛がなくなるわけではない
    • 予約した時間に訪れないといけない
    • I・Оラインなど、粘膜に近い部分は施術してもらえない場合も
    • デリケートゾーンを他人に見られるので恥ずかしい
    • 施術が痛い
    • 黒ずみが強かったり、皮膚の色が濃い場所や乾燥が激しい場所は、やけどを防ぐため照射を避けられてしまう場合がある
    • サロンによって事前に剃り残しがあると施術してもらえないか追加料金がかかる場合もある(サービスで無料で処理してくれるところもあります。)

    サロンやクリニックではプロが施術してくれるので、お手入れの正しいやり方を教えてもらえたり、サービスが充実していてエステのようなリラックスタイムを過ごせる場所もあります。そして脱毛完了後のツルツル感がずっと続くのは完璧なハイジニーナを目指す人にとっては嬉しいですよね。

    ただ注意しておきたいのは、サロンやクリニックでは、I・Оラインなど粘膜に近い部分は処理してもらえない場合もあるということ。粘膜付近に毛が生えていない人は問題ありませんが、粘膜付近にも毛が生えている場合は自分でI・Оラインの処理をしなくてはならず、処理し忘れると恥ずかしい状態になってしまいます。

    脱毛後の心配ごと

    ハイジニーナ脱毛後に多く見られる心配の原因は、今までアンダーヘアで覆われて目立たなかった皮膚の黒ずみが目立つようになり気になってしまうことです。黒ずみの原因には、皮膚と下着などの摩擦による場合や、ストレスや加齢によるホルモンバランスの崩れ、疲労・睡眠不足などにより皮膚のターンオーバーが乱れて皮膚活性が行われずメラニン色素が沈着してしまう場合が考えられます。

    脱毛後の気になる黒ずみ対策には、皮膚の刺激をできる限り軽減して締め付け感のあるキツイ下着をつけない、過剰な洗浄による摩擦過多を防ぐ、デリケートゾーン専用の石鹸で刺激を与えないことがおすすめです。

    彼もハイジニーナが好き?男性ウケをアンケートで調査!

    では、男性たちはどんなアンダーヘアが好きなのでしょうか。ハイジニーナは男性ウケはどうなのでしょうか?そもそもアンダーヘアを気にしているのかも含め男性の本音を探るべく、ラブコスメでアンケートをとってみました!

    Q1.ラブタイムの時、アンダーヘアは見ますか?

    ※2019年3月マイエルシー調べ

    アンダーヘアはどんなタイプが好きですか?
    男性の多くは、女性のアンダーヘアはしっかり整えている状態が好ましいと回答
    • しっかり整えている状態:36%
    • 特にこだわらない:29%
    • ツルツルの状態:19%
    • 手入れしていない自然な状態:16%

    ハイジニーナ(陰部を無毛状態にすること)はどう思いますか?
    ハイジニーナは男子にとって評判がいい
    • ● パイパンより、適度にアンダーヘアがあるほうがセクシーだと思う。
    • ●全くないのはどうかと思うけど、整えてて清潔感のある感じが良いです。
    • ●清潔感があって良いんじゃないかと
    • ●どうしてやったんだろう、理由の方が気になる
    • ●ツルツルだとクンニがしやすい

    上記の結果から見ると、男性の88%がラブタイムのとき、アンダーヘアに注目しているのがわかりました。ツルツルのハイジニーナの状態が好きと答えた男性は、全体で19%でした。さらに男性のコメントを読んでいると、ハイジニーナについては「全くないのはどうかと思う」「適度にアンダーヘアがあるほうがセクシー」と全く無いよりも整えられた清潔感のあるアンダーヘアが好まれている様子も見られました。

    ハイジニーナを迷っている方におすすめしたい脱毛方法

    ハイジニーナのメリット・デメリットについてご紹介しました。衛生面や美容面からハイジニーナは魅力的ですが、デメリット部分を見てみて、まだハイジニーナ脱毛を行うことに迷いがある女性もいらっしゃるかもしれません。

    デリケートゾーンを快適にするためのアンダーヘアケアは、ハイジニーナ脱毛だけではありません。ハイジニーナ脱毛までは出来ないけど、アンダーヘアケアをケアしたいという方には下記のような方法もオススメです。

    アンダーヘアカット

    まったくの無毛にするのでなく、アンダーヘアをはさみなどでカットしきれいに整えるだけでも、陰部を美しくみせることが可能です。下着や水着のラインからはみ出しそうな部分をカットするだけで、デリケートゾーンの印象は変わります。

    Vライントリマー

    Vライントリマー

    もじゃもじゃ、ゴワゴワ、下着からもうはみ出さない!アンダーヘアの先端をサッと丸く焼き切って、ちくちくが気にならない触り心地にするアンダーヘア専用ヒートカッターです。充電式だから持ち歩きやすく、外出先など気になったときに気軽に処理できます。

    トリートメントで触り心地のよいヘアに

    カットとともに質感のケアもオススメです。毛のゴワゴワ感が気になる人は、アンダーヘア用のトリートメントで質感のケアをしてみるのはいかがでしょうか。毛が柔らかくなることでボリュームも落ち着き、触り心地も良くなるかもしれません。

    シナヤカウォッシュ

    シナヤカウォッシュ

    フワフワさらさらの自信あるアンダーヘアを目指すための、自宅で簡単に出来るアンダーヘア専用トリートメント。
    男女ともに気になっている『質感』にこだわり、ふわふわでしなやかな女性らしい質感を演出します。ポイントは全体的になじませて3分間じっくりとパックすること。毎日のお風呂タイムで続けて使うことで、しっとりフワフワのアンダーヘアへ導きます♪

    まとめ

    女性の悩みの種であるアンダーヘア。下の毛の量が多かったりゴワゴワしたりしていると気になってしまいますが、ハイジニーナにしなくてもお悩み解決は可能です。ハイジニーナにするのはやはり少々勇気がいりますよね。まずは、アンダーヘアカット、トリートメントなどの手頃な方法を試してみてはいかがでしょうか。

    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    アンダーヘア専用トリートメントの『シナヤカウォッシュ』とアンダーヘア専用ヒートカッター『Vライントリマー【NEW】』のお得なセット♪
    ゴワゴワの質感はふわふわに、下着から飛び出て気になる長さは、毛先を丸くカットしてスッキリと。いつでも自信の持てるアンダーでいられます。セットで購入すると通常よりお得です!

    監修:髙橋怜奈 先生(医師)
    監修:髙橋怜奈 先生(医師)

    平成21年東邦大学医学部卒業 平成21年国立国際医療研究センター国府台病院で初期研修 平成23年東邦大学大森病院産婦人科教室入局 平成28年東邦大学大橋病院婦人科で勤務 保有資格 ・日本産科婦人科学会専門医 ・プロボクシングC級ライセンス 女医+(じょいぷらす)所属。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

       
      


    カテゴリー一覧