バストの悩み

乳首の毛の処理の仕方!抜くのが正解?ちくび周りの乳輪毛の正しいケア方法

公開日: 2021/06/03  最終更新日: 2021/07/15

おっぱいに毛が生えているのは変?ちくびの周りに生える女性の「乳輪毛」の原因とは?
     
    乳首の毛(乳毛)は抜いていいの?
    お悩み解決バナー

    「乳首に毛が生えている…」「乳輪に毛が生えて気になる」など、乳首の毛についてのコンプレックスに思って悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか?

    乳毛、乳輪毛、ちくげなどと呼ばれる乳首・乳輪周りの毛は、見た目も良くなく、生えてくる意味が分からないと思うかもしれません。

    この記事では、乳毛の体における役割や生えてくる理由を解説し、適切な処理方法を解説します。抜く、剃るなどのケア方法のリスクとベターな方法を理解し、綺麗なちくびとバストを保ちましょう。

    女性の乳首に毛が生えているのは変?

    女性は男性よりも体毛の薄い人が多く、乳首や胸の毛が濃い人は少ないように思えるかもしれませんが、女性でも乳毛も体毛の一つとして当たり前に生えます。

    しかし、人から見える部分の毛ではないため、他人の乳首の毛事情までは分からないものです。そのため、乳首に毛が生えている女性にとっては、かなり気にしてしまうもので、「乳毛が生えるなんて、自分だけなのでは?」「おっぱいに毛なんて恥ずかしい」と悩みの種になることもあります。

    乳毛(乳輪毛)とは

    乳毛(乳輪毛)とは

    乳首の周りに生えている毛は、「乳毛」「乳輪毛」「ちくげ」などと呼ばれています。おっぱい全体には生えているのではなく、乳首の周りの乳輪だけに生えていることが一般的です。

    乳首の毛は薄ければ見た目に支障をきたすものではありませんが、女性にとってはコンプレックスに感じる人も多いようです。色白の女性の場合特に乳首周りの黒い毛が目立ちやすいこともありますし、ラブタイムの時に間近で見られると毛穴や剃り残しの短い毛がバレてしまうのではと心配にもなります。

    こうした状況から、乳毛が生えてきたら速やかに処理しているという女性がほとんどなのではないでしょうか。ただし、場所が場所なだけに話題にものぼらず、他の人の乳毛事情を知るチャンスはないのも実情です。

    乳毛の種類

    乳毛には、産毛タイプと剛毛タイプがあります。女性の体毛はふわふわした産毛というイメージを持っている人もいますが、乳毛の場合には太い毛が生えてくる場合もあります。

    太い乳毛は硬く、肌からピンと張り出してしまうこともあり、わりと目立ってしまいます。また、産毛であっても、毛穴がぷっくりとしていて目立つこともあるので気にしている女性も多いです。

    男性の胸毛との違い

    女性の乳毛は男性の胸毛とは違います。体毛としての仕組みや役割には違いはありませんが、生える範囲が異なる毛です。

    男性に生える胸毛は、大体胸部の中央から全体的に生えますが、女性に生える乳毛は、乳首周りしか生えません。範囲の広い胸毛とは違い、乳毛は非常に範囲の狭い場所に生えている毛なのです。

    乳首の毛が生えている女性の割合

    ラブコスメでは男女100名に対して、乳輪周りの毛についてのアンケートを行いました。女性には自分の乳輪周りの毛について、男性には女性の乳輪周りの毛についての本音を聞いています。

    Q.【女性100名】乳輪周りに毛が生えてきたことはありますか?

    女性に対して「乳輪周りに毛が生えてきたことはありますか?」という質問をしたところ、太い毛があると答えた人が37%、産毛は51%という回答結果になりました。つまり、90%近い割合で乳首に毛は生えるということになります。

    また、男性に対しての質問「彼女の乳首に毛が生えていたことはありますか?」では、67%がはいと回答しています。ラブタイムや一緒にお風呂に入るとき、男性も女性の乳毛には気づいているようです。

    Q.【男性100名】彼女の乳輪に毛が生えてきたことはありますか?
    Q.【男性100名】乳首の毛に気づいた時どうしましたか?

    ただし、男性に対しての別の質問「乳首の毛に気づいた時どうしましたか?」では、「ケアしてほしい」と伝えたり「ケアしてほしいけれど言わなかった」という方は24%で、最も多かった回答は「特に気にならなかった」が45%となりました。

    気にならないという意見が大半であるものの、気にする男性はある程度いるようです。

    乳毛の役割は?乳輪毛が生える理由

    乳毛は邪魔なムダ毛で、目立つし生えてこないでほしいと思うことも多いでしょう。しかし、本来ムダ毛と呼ばれるものにもきちんとした役割があり、生える理由があります。ここからは体における乳毛の役割などを見ていきましょう。

    乳首の毛の役割

    乳首の毛の役割

    乳首の毛は、体毛の一つとしてヒトの体を守る役割を持っています。乳毛に関わらず、頭髪や体毛は、どれも体をダメージや寒さなどから守るためのものです。

    しかし、衣類に身を包んで暮らす現代人にとって、体毛の効果はほとんど実感できないでしょう。体毛が果たす役割は衣類が果たしており、今のヒトの暮らしではすでに、体毛は役に立たないものといえるかもしれません。

    乳首の毛が生えてくる理由

    乳首から毛が生えてくるのは、そこに毛穴があることと男性ホルモンが働いていることが原因です。人間の体には多数の毛穴があり、その奥では血液から栄養をもらって毛を成長させる組織があります。

    乳毛は、そもそもデリケートな乳首や乳輪を刺激や乾燥から守るためにあります。女性であっても男性ホルモンの影響で濃さや長さなどが変わることがあるため、太い毛が生えることもあるのです。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    LCジャムウ・デリケートパックを購入する
    汚れをすっきり流すデリケートゾーン用パック
    商品を見る
    ヌレヌレ・マスカットキッスを購入する
    男性人気NO.1 キス専用美容液
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープ
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    Iラインシェーバー
    Iラインのムダ毛処理用シェーバー
    商品を見る
    ナデテ ロゼ
    男性本能をくすぐるヘアパフューム
    商品を見る

    乳首の毛(乳輪毛)の処理方法

    いくら役割があるとしても、見た目の美しさを考えると処理しておきたい乳首の毛。乳毛のケア方法にはいくつかありますが、やり方によってはリスクもあります。乳毛を安全に綺麗に処理するためには、正しい方法を選びましょう。

    乳首の毛の処理方法(1)抜く

    乳首の毛は、それほど本数が多くない人もいるため、毛抜きなどで一本ずつ抜いている人もいるかもしれません。しかし、この方法にはデメリット・リスクも多いのでおすすめはできません。

    ~乳首の毛を抜くデメリット~
    • 痛い
    • 毛穴を傷つけ、炎症を起こす
    • 埋没毛の原因になりやすい

    肌トラブルのリスクを抱えているので、乳首の毛はなるべく抜かないようにしましょう。

    乳首の毛の処理方法(2)剃る・切る

    乳首の毛の処理方法(2)剃る・切る

    毛抜きと同様に自宅で手軽にできる方法が、剃ることです。正しく剃れば、肌トラブルのリスクを抑えることが可能です。毛の処理をする際には、電気シェーバーが良いでしょう。カミソリよりも肌に直接刃が当たりにくく、デリケートな乳首周りでも安心して使えます。深剃りはできませんが、カミソリを使い慣れていない人にも簡単です。

    ただし、使い方を誤ると乳首を傷つけてしまう可能性もありますし、剃ることで毛が濃く見えてしまうといったデメリットもあります。

    もし一本だけ長い毛が生えてきて…という場合はヒートカッターなどで「短く切る」という方法もあります。シェービングよりも乳首を傷つけるリスクは少ない方法です。

    Vライントリマー
    Vライントリマー

    もじゃもじゃ、ゴワゴワ、下着からもうはみ出さない!アンダーヘアの先端をサッと丸く焼き切って、ちくちくが気にならない触り心地にするアンダーヘア専用ヒートカッターです。充電式だから持ち歩きやすく、外出先など気になったときに気軽に処理できます。

    Iラインシェーバー
    Iラインシェーバー

    Iラインの気になるムダ毛を剃って整え、ショーツに収まりのいい状態にサポートするシェーバー。見た目も綺麗で、パートナーがオーラルをしやすいIラインを作ります。充電式だから持ち歩きやすく、外出先など気になったときに気軽に処理できます。

    乳首の毛の処理方法(3)除毛クリーム

    除毛クリームは、ムダ毛を溶かすクリームを肌に直に塗って、洗い流し、毛を取り去る方法です。毛を抜くダメージはありませんが、代わりにクリームの刺激が合わないという人はいます。特に乳首周辺の肌は、デリケートなため注意が必要です。

    除毛クリームを使いたい場合には、できるだけ肌に優しい成分のものを選びましょう。また、肌質によって肌トラブルのリスクも変わるため、使ってみたい人はパッチテストして、事前に肌との相性を確認しましょう。

    乳首の毛の処理方法(4)永久脱毛

    定期的なケアが面倒という人は、クリニックで永久脱毛をするという方法もあります。永久脱毛はクリニックでのみ受けられるもので、比較的金額は高めです。しかし、自己処理の必要がなくなり、いつでもツルツルの乳首になることができます。

    永久脱毛をしたい人は、まずはクリニックでカウンセリングを受けてみて、金額や通い方などを十分検討しましょう。

    乳首の毛を処理するときの注意点

    乳毛を処理するときには、安全な方法を選ぶだけでなく、正しいやり方でケアすることが必要です。ムダ毛の処理にはいくつかの注意点があるため、よく理解してから処理をしましょう。

    乳毛ケアの注意点(1)しっかり保湿をする

    乳毛ケアの注意点(1)しっかり保湿をする

    乳首の周りはデリケートで、乾燥もしやすい部分です。そのため、乳毛を剃る場合には、必ず十分な保湿をしましょう。処理をする前には清潔な状態にしてから保湿し、さらに処理し終わってからもたっぷり保湿し、肌を労わってあげることが大切です。

    これは、脱毛サロンや脱毛クリニックでも同様です。脱毛施術を受けた後は、肌が照射の熱ダメージによって乾燥しやすくなっているので、しっかりと保湿を行いましょう。

    お風呂でカミソリを使う際、石けんを潤滑油代わりにするのもNGです。楽だからとついやりがちですが、石けんで剃るのは肌のダメージを高めます。また、お風呂は雑菌が繁殖しやすいため、炎症のリスクもあります。

    乳毛ケアの注意点(2)乳首を傷つけないように注意

    乳毛の処理の際、乳首を傷つけないように慎重に行いましょう。気を付けたいのは、乳首に刃が当たった、除毛クリームを乳頭まで塗ってしまったなどのミスです。

    除毛クリームの刺激は人によっては問題ないこともありますが、カミソリは刃が肌に当たるだけで切れてしまいます。もし家に電気シェーバーが無くカミソリを使う場合は、刃の滑りをよくするためにシェービングジェルを使いましょう。除毛クリームの場合は、塗る範囲に間違いはないかを事前に確認することでミスは防げます。

    乳毛ケアの注意点(3)頻繁に処理しすぎない

    乳毛のケアは、あまり頻繁にしすぎないことも必要です。乳毛以外の体毛も、処理の間隔を空けた方が良いですが、デリケートな乳首周りは特にやりすぎないように注意しましょう。

    乳毛を頻繁に処理していると、肌のダメージが蓄積し、ターンオーバーが乱れる可能性があるためです。

    乳毛のケアは、彼と会う前など、タイミングを見定め、必要のないときには肌をお休みさせてあげましょう。また、それほど多くない、気にならない人は、無理に処理せず自然のままにしておいても良いかもしれません。

    アンケートでも男性は気にしないという人は多かったので、彼の様子を見て処理の頻度を決めても良さそうです。

    乳首周りの毛の処理は安全第一で

    乳首周りの毛の処理は安全第一で
    お悩み解決バナー

    乳毛は、女性でも生えることがあるムダ毛の一種です。範囲も狭く、本数もそれほど多くはありませんが、太い毛が目立つこともあり、気になる女性もいます。乳毛が気になったときには、安全性が高く、やりやすい方法を選んで処理しましょう。頻繁に処理するのではなく、必要なタイミングで行うことで肌ダメージを抑えられます。

    乳毛は気にする女性が多い一方で、彼女の乳毛を気にしない男性も多くいます。そのため、あまり気にしすぎないことも大切です。

    プエラリア・ハーバル・ジェル
    プエラリア・ハーバル・ジェル

    恋を叶える「恋ジェル」で、男性が憧れる「離したくない愛されボディ」へ。
    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェルです。ムダ毛処理後のケア、バストマッサージ、保湿がこれ一つでケアできます。

    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!