アンダーヘアの悩み

アンダーヘアに白髪が生える原因とは?
生えてきてしまったときの処理方法

アンダーヘア(陰毛)に白髪が生える理由と。下の毛の白髪の処理方法
     
    どうして白髪が生えてしまうの?
    お悩み解決バナー

    この記事では、順天堂大学医学部附属静岡病院の 産婦人科医 小林徹 先生の監修のもと女性の気になるアンダーヘアの白髪についてまとめています。

    アンダーヘアに光るものが混じっている!と思ったら白髪だった!という経験はありませんか?それまで白髪が1本もない方から見たら、「え!?どうして陰毛に白髪が生えているの?」と気になってしまいますよね。

    数本ならまだしも、ぽつぽつ生えてきてしまった場合は見栄えも気になります。どう対処したらいいのか?そもそも、アンダーヘアに白髪が生えてしまうのはどんな原因からなのか?この記事で分かりやすく解説いたします。

    最後まで読むことで、今アンダーヘアに白髪がある方におすすめのケア方法、アンダーヘアに白髪が生えてきてしまったときの対処方法をマスターできますので参考にしてくださいね。

    アンダーヘアの白髪は病気?一般的に何歳くらいから?

    若くてもアンダーヘアに白髪が生える?

    「アンダーヘアに白髪が生えるのは50代とか60代になってからじゃないの!?」

    陰毛に白髪が生えているのを確認した女性からは、このような声が聞こえてきそうです。アンダーヘアに急に白髪が生えるとどうしても驚いてしまいますよね。

    実際のところ、女性の陰毛に白髪が生えるのは、平均で何歳くらいからなのでしょうか?一般的にアンダーヘアに白髪が生えるのは、30代後半~40代の年齢になった頃といわれています。

    ただし陰毛に白髪が生える時期には個人差があります。10代や20代でアンダーヘアに白髪が生える人もいれば、40代以降でも陰毛は黒一色という人もいます。

    アンダーヘアの白髪は病気ではない

    よく白髪がアンダーヘア部分に生えてきたら病気だと思われる方もいるようですが、白髪には病気との相関性はまったくありません。主に、なんらかの理由で髪の毛の色素(メラニン)を作る部分の機能が下がってしまうことが原因と言われています。白髪が生えてきたら安易に病気と思わず、落ち着いて対処しましょう。

    妊娠後に白髪が生えやすい!?

    妊娠出産後は特に白髪が生えやすいと言われています。主な理由として妊娠や出産という時期はホルモン量が大きく変化することで、自律神経のバランスが乱れること。また出産に備えて栄養を赤ちゃんへ供給しているため、母体が栄養不足になりやすく、特に末端の細胞まで栄養が行き届かずに白髪に繋がってしまうこともあります。

    アンダーヘアの白髪の原因

    たまたま陰毛を確認したら、アンダーヘアに白髪が混じっていた。普段アンダーヘアをジッと観察する機会はないので、このように「いつの間にか陰毛に白髪が生えていた」という女性がほとんどなのではないでしょうか。

    アンダーヘアに白髪が生えていると、「何が原因で白髪が生えたんだろう?」と気になってしまいますよね。実は陰毛に白髪が生えるのは、メラニンという髪の毛の黒い部分を作る色素が不足していることが原因とされています。

    栄養不足やストレスが原因で、メラニン色素に影響が出てしまい、結果としてアンダーヘアに白髪が生えてしまうというメカニズムですね。では陰毛のメラニンが不足するのは、どのような原因があるからなのでしょうか。

    ここからは、アンダーヘアの白髪の原因を解説していきます。

    1.栄養不足

    栄養を理解する女性

    アンダーヘアに白髪を作らないためには、メラニンを作るメラニン細胞(メラノサイト)に必要な栄養が補給されることが重要です。メラニンを作る原料となるチロシンというアミノ酸を積極的に摂るようにしましょう。チロシンはチーズなどの乳製品、納豆やみそなどの大豆製品、バナナやアボカドなどの果物に多く含まれています。

    また血行不良などもメラノサイトの栄養不足に繋がります。運動や入浴など、定期的に血行を良くするよう生活習慣を見直してみましょう。

    2.ストレス、自律神経の乱れ

    ストレスが溜まる女性

    前章でもお伝えした通り、ストレスやホルモンバランスの乱れは直接メラノサイトに影響を及ぼしたり、細胞へ栄養を運ぶための血行にも影響します。暴飲暴食や睡眠不足など、生活のリズムが不規則になることで白髪は生えやすくなるでしょう。仕事やプライベートでの過労、人間関係などの不安や悩みによるストレスがある方は白髪の処理よりもまず、そちらを見直した方が良いかもしれません。

    3.加齢

    最もアンダーヘアに白髪が生えてくる原因で多いのが加齢です。メラニン色素の合成機能が弱まってくることで、髪の毛やアンダーヘアの本来の色が失われ白髪になってしまいます。20代の頃から若白髪として生えている人もいれば、平均で40代くらいから白髪が生えやすくなると言われています。

    4.病気

    病院に行こうか悩む女性

    一部下記のような病気が影響してアンダーヘアへ白髪が生えてくることもあります。心配な方は病院の受診を受けるようにしましょう。

    • 産後うつや、ストレスによる神経症などのホルモンバランスの乱れによる疾患
    • 貧血など、血液や鉄分不足による疾患
    • 糖尿病や高血圧などの代謝異常疾患

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    Vライントリマー
    下着からもうはみ出さない!
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープ
    デリケートゾーンの臭いの元を洗い流す
    商品を見る
    シナヤカウォッシュ
    アンダーヘアがふわっふわに!
    商品を見る
    アンダースタイル ガイド ナチュラル
    アンダーヘアの形を自然に整えられる♪
    商品を見る
    Iラインシェーバー
    I・Oラインをスムーズに整える!
    商品を見る
    Vライントリマー
    下着からもうはみ出さない!
    商品を見る

    アンダーヘアの白髪を染めることはできる?

    白髪を染めるのは、肌を傷つけてしまう?

    アンダーヘアに白髪が生えたら、「黒染めして隠さないと!」とついつい思ってしまいますね。デリケートゾーンで使える無添加物の肌にやさしいものであれば、アンダーヘアの毛染めも可能です。しかし頭皮よりもデリケートな部位なので、使う際は必要最小限を慎重に塗布するようにしましょう。また毛染めに用いる薬剤のパッチテストを必ず行い、皮膚にかぶれなどが生じないか、確認するようにしましょう。

    一方女性のなかには陰毛の白髪を染める専用のカラーではなく、代わりにヘアカラーを使ってアンダーヘアを染める人もいるようです。

    しかしアンダーヘアは粘膜に近く、非常にデリケートな部位に生えています。そのため刺激の強いヘアカラーなどを使用して陰毛の白髪を染めるのは、肌を傷つけてしまう可能性があるのでおすすめしません。

    とはいえ、アンダーヘアの白髪をそのままにしていては、彼とのラブタイムの時に見せることに抵抗感がある人もいることでしょう。もし陰毛の白髪をなくしたいなら、染める以外の方法で対処することもできます。

    白髪が生えてしまったら?対策方法についてまとめ

    自己処理する女性

    アンダーヘアは極めてデリケートな部分に生えています。そのため一部の肌にやさしい無添加の毛染めでも、陰毛に使う際にはパッチテストなどの準備が欠かせません。

    しかしできるなら、安全かつ手軽にアンダーヘアの白髪を処理したいもの。陰毛の白髪を染める以外の方法で処理するには、どうしたらいいでしょうか?

    アンダーヘアの白髪対策としては、「抜く」「脱毛する」「切る」の3つがあります。最も自分に合ったものを選ぶために、それぞれの対処法の特徴を見てみましょう。

    1.抜く

    アンダーヘアに白髪が生えているといっても、人によって白髪の本数は違うもの。陰毛の白髪が1本~数本程度なら、もっとも手っ取り早い対処法は「抜く」ことです。

    毛抜きやピンセットを使用して、白髪になっているアンダーヘアを抜いてしまいましょう。もちろん陰毛を抜く際には、多少なりとも痛みをガマンすることが必要です。

    「抜く」対処法は、自宅で簡単にセルフケアができたり、準備に時間がかからないというメリットがあります。一方で抜き方によっては埋没毛になる可能性があります。あらかじめホットタオルで温めたり、入浴して毛穴が柔らかくなった状態の時に毛の流れている方向に向けて抜くようにしましょう。

    しかし逆に、陰毛の白髪が片手で数えられないほど多い場合は「抜く」のは避けた方がいいでしょう。なぜなら、陰毛の白髪を1本1本時間をかけて処理するのは大変だからです。

    もし毛抜きで抜くだけだと対処が難しいと思ったら、潔く別の方法でアンダーヘアの白髪を処理しましょう。

    2.脱毛する

    アンダーヘアに生えた白髪を毎回見つけて1本1本処理していくのは非常に大変です。どうせなら、レーザー脱毛でハイジニーナの状態に永久脱毛をして「陰毛の白髪」の悩みから解放されたいという方もいるでしょう。

    しかし残念なことに、アンダーヘアの白髪にはレーザー脱毛は効果が薄いようです。レーザー脱毛はメラニンに反応して、毛根に直接ダメージを与える脱毛方法です。しかし白髪にはメラニンがないので、レーザーがうまく反応しないのです。

    それでは、別の脱毛方法はどうでしょうか。アンダーヘアの白髪にも対応できる脱毛方法として、ニードル脱毛とSHR脱毛があります。どちらもアンダーヘアの脱毛に非常に効果がありますが、痛みがあるというデメリットも。

    特にアンダーヘアはデリケートな部位に生えているので、ニードル脱毛体験者のなかには「他の部位よりもはるかに痛かった……」という声も聞きます。

    また、新しく増えた白髪を見つけるたびにニードル脱毛に通うというのもあまり現実的ではありません。アンダーヘアの白髪は生えている部位が特殊ということもあり、脱毛で対処するのはいいやり方ではないようです。

    アンダーヘアの脱毛についてもっと詳しく知りたい時は、下記のページを参考にしてください。

    アンダーヘア脱毛をもっと詳しく!

    3.切る

    アンダーヘアの白髪は抜くのもまずいし、脱毛もいいやり方ではない。こうなると、「陰毛の白髪の対処法はないの?」と思ってしまいますよね。

    できるなら肌トラブルや痛みとは無縁で、誰でも簡単に取り組める方法を知りたいものです。

    もし今すぐアンダーヘアの白髪に対処したいなら、トリマーでカットするのがいいでしょう。たしかに陰毛の長さを切るだけなので、根本的な解決にはなりません。しかしアンダーヘアを短くすることで、白髪を目立たないようにすることが可能です。

    トリマーで陰毛を切る方法なら、毛抜きで地道に抜く必要もありません。また脱毛のように、アンダーヘアの白髪を痛みを我慢しながら対処する必要もないです。

    是非スピーディーに、手軽に対処をしたい時は、トリマーを使って白髪を処理してみてください。

    また白髪になった個所以外も短くカットすることで、デリケートゾーンをもっと快適な状態に保つことができます。メリットや方法について詳しく切りたい時は、下記のページをチェックしてみてくださいね。

    デリケートゾーンを清潔に保つ秘訣は…

    Vライントリマー

    Vライントリマー

    アンダーヘアの下着からのはみ出しやボサボサをしっかり整えて、先端を焼き切って丸くすることで、収まりの良さ、見た目も女性らしいアンダーヘアをサポートするヒートカッター。熱線の温度を二段階調節にし、短時間でケアできます。『はみ出しが気になっていた』『ケア方法を探していた』など、これからお手入れを始める方にもおすすめです。

    アンダーヘアの白髪を増えにくくする対処法はある?

    アンダーヘアの白髪はトリマーでカットすることで、今すぐにでも目立たないようにすることができます。トリマーは簡単に購入できて使いやすいので、急ぎで陰毛の白髪に対処したい女性にもおすすめです。

    しかしあくまでもカットするだけなので、白髪を毛根から根本的に治療しているわけではありません。せっかくアンダーヘアの白髪を処理しても、1ヶ月後はまた目立つ長さまで伸びてしまうでしょう。

    毛抜きで抜いたり、脱毛で対処しづらいアンダーヘアの白髪。対処するには食生活の見直しなど、根本的に解決する対策が必要そうです。

    ここでは、アンダーヘアの白髪が生えてしまう原因をもとに、白髪を増えにくくする方法を紹介します。

    1.食生活を改善する

    栄養バランスに気を付ける女性

    アンダーヘアの白髪は、メラニンが不足していることが主な原因でした。実はこのメラニンは適切な栄養を摂取することで、体内で生成されるはたらきを促進することが可能です。

    陰毛の白髪をなくすには、「ミネラル」と「タンパク質」の2つの栄養素を重点的に摂取しましょう。

    ミネラルは様々な代謝酵素を活性化させるために摂取が必須な栄養素です。特に白髪を作らないためには、メラノサイトを活発にする働きがあるカルシウムや、メラニンを作るための酵素を活性化するを積極的に摂るようにするとよいでしょう。

    <下記のような食材を摂りましょう>

    乳製品、小魚、海藻類、豆類(大豆、納豆、カシューナッツなど)、野菜類(ごぼう、にんにく、パセリなど)、穀類(そば、さつまいも、玄米など)、果物(あんず、プルーンなど)

    髪の主成分であるたんぱく質(ケラチン)も白髪を防ぐために重要な栄養素です。中でもチロシンはメラニン色素の原料のひとつで、これが不足すると髪の毛の色は抜けたまま白髪になってしまいます。

    <下記のような食材を摂りましょう>

    乳製品(チーズ類)、果物(バナナ、アボカド、りんごなど)、魚介類(かつお、まぐろ、たらこなど)、大豆、ナッツ類(アーモンド、大豆、落花生、豆腐など)

    2.ストレスを溜めない生活をおくる

    ストレスを溜めない
    お悩み解決バナー

    「ストレスは万病のもと」という言葉にあるように、過度なストレスは様々な悪影響をもたらしてしまいます。

    たとえばストレスは、メラノサイトというメラニン生成細胞に直接ダメージを与えるはたらきがあります。そのため、過度なストレスはメラニンの生成を妨げて、アンダーヘアの白髪を増やしてしまうのです。

    もしストレスを抱えていると自覚があるなら、生活スタイルを見直す必要があるかもしれません。

    そもそもストレスを感じないように根本解決していくことも大切ですし、ストレスをため込まないように上手く発散していくことも大切です。心身ともに健康的な生活をおくることで、アンダーヘアの白髪も改善していくでしょう。

    3.ジョギング・ヨガなどの運動をする

    アンダーヘアの白髪は主には加齢によるメラニン不足が原因であることが多いです。そのため30代後半から40代の女性になると、陰毛に白髪が生えてしまう人が少なくありません。

    一方で10代や20代でアンダーヘアに白髪生えてしまうこともあるようです。若い年齢でもアンダーヘアに白髪が生えてしまう原因として、血流が悪いということが考えられます。

    血流が悪くなると、メラニン生成細胞に栄養をおくるはたらきが鈍るので、アンダーヘアの白髪が生えやすくなってしまいます。血流の流れを良くするには、ジョギング・ヨガなどの運動がおすすめです。

    運動をすると心拍数が増えて心臓が活発に動くようになるので、体内を循環する血液の流れが良くなります。特にホットヨガやピラティスなら、女性でも取り組みやすいでしょう。

    また運動は気持ちをリフレッシュする効果もあるので、ストレス対策としても効果的です。

    アンダーヘアの白髪の対処法まとめ

    短くカットして目立たないようにケア♪

    アンダーヘアに白髪があると、「見栄えがあまり美しくない」「年齢を感じてショック」という声を聴きます。平均的には30代後半~40代に生え始める方が多いようですが、もちろんそれよりも早い20代から陰毛の白髪に悩んでいる人もいます。

    見栄えを改善したい時は、ごく少ない本数であれば埋没毛に気を付けながら毛抜きで抜くこと、少し数が多くなってきたらVライントリマーでカットして処理することがおススメです。

    アンダーヘアの原因は病気ではなく、加齢やストレス、栄養不足、血行不良が多いようです。既に白くなってしまった毛を元に戻すことはできませんが、少しでもアンダーヘアの白髪の増加を緩やかにしたいと考えるのであれば、ミネラルやタンパク質を摂取する、運動などのリフレッシュ行動をしてみてください。

    ただしアンダーヘアの白髪が一向に改善しない人は、一度病院での診察をお勧めします。

    アンダーヘアの白髪は加齢とともに誰にでも生えるもの。「もう白髪が生えている状態でもいいかな」と自然に思える日までは、短くカットして目立たない状態にするケアを続けていくといいでしょう。

    シナヤカウォッシュ

    シナヤカウォッシュ

    フワフワさらさらの自信あるアンダーヘアを目指すための、自宅で簡単に出来るアンダーヘア専用トリートメント。男女ともに気になっている『質感』にこだわり、ふわふわでしなやかな女性らしい質感を演出します。ポイントは全体的になじませて3分間じっくりとパックすること。毎日のお風呂タイムで続けて使うことで、しっとりフワフワのアンダーヘアへ導きます♪

    Iラインシェーバー

    Iラインシェーバー

    見えない部分までケアされていて、しっかり整っていると自分も彼も嬉しい!清潔感を感じることでオーラルをされる時間が増えたり、思いっきり大胆な姿勢で感じ合うことができるかもしれません。初めての方でも簡単にできる定期的なお手入れで、ヌードに磨きをかけていきませんか?

    監修:小林徹先生(産婦人科医)
    監修:小林徹先生(産婦人科医)

    順天堂大学医学部卒業。順天堂大学医学部附属順天堂医院、東京医療保健公社豊島病院を経て、順天堂大学医学部附属静岡病院に勤務。日本産婦人科学会専門医。⇒順天堂大学医学部附属静岡病院のサイトはこちら
    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

       
      


    カテゴリー一覧