アンダーヘアの悩み

Oライン(Oゾーン)の処理
自己処理の難しい肛門周りの正しいケア

Oライン(Oゾーン)処理は?Oラインの自己処理、肛門周りの正しいケア
     

    Oライン(Oゾーン)の処理はする必要あるの?

    Oライン(Oゾーン)の処理、みんなはどうやっているの?お悩み解決バナー

    VラインとIラインに比べ、自己処理が難しいとされるOライン(Oゾーン)。ほかの女性がどのように処理してるのか、気になりますよね。

    肛門周りの部位なので、自分では見えにくい場所。実は多くの人がオーゾーンには「尻毛(けつげ)」と呼ばれる毛が生えています。尻毛が生えた状態だと排泄物が付着しやすいので、剃ったり脱毛したりして処理するのは衛生的にもおすすめです。

    このページでは、Oラインの処理方法について、紹介していきます。

    Oラインとは

    自分で確認しながら処理するのが難しいOラインとは?

    Oラインとは、肛門周りのことで、特に陰毛のことを指す場合があります。VラインやIラインと違い、下着や水着からはみ出す心配があまりない部分ともいえます。カラダの中で最も見えないところに生えていて、ムダ毛が生えていることにも気づかないまま過ごしている方も多いかもしれません。Oラインはとてもデリケートで敏感な部分なので、正しい処理方法で行うことが大切です。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    アンダーヘアケアにおすすめのVライントリマーを購入する
    下着からもうはみ出さない!
    商品を見る
    アンダーヘア処理後のデリケートゾーンケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    デリケートゾーンの臭いの元を洗い流す
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのシナヤカウォッシュを購入する
    アンダーヘアがふわっふわに!
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのアンダースタイル ガイド ナチュラルを購入する
    アンダーヘアの形を自然に整えられる♪
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのIラインシェーバーを購入する
    I・Oラインをスムーズに整える!
    商品を見る

    Oラインの基本的な処理方法

    Oラインは、とてもデリケートな部分なので、医療機関等での脱毛を基本的にはオススメしています。Oラインの周囲は皮膚が入り組んでいるので、自己処理をすると傷つけてしまったり、黒ずみの原因になる可能性があるのです。しかし、プロとはいえ他人に大切な部分を見られるのは、恥ずかしいと思っている人も多いのではないでしょうか。

    Oラインの処理におすすめのIラインシェーバー

    Oラインのセルフケアを行いたい方は、女性器周辺のムダ毛をケアするために開発された『Iラインシェーバー』を使用しましょう。深剃りできない専用刃でできているので、肌を傷つけにくく、安心してケアを行えます。

    Оラインは皮膚が薄く取り扱いが最も難しい部分であるため、自己処理の際はできるだけシェーバーの刃が皮膚に当たらないようにすることが大切になります。より安全な自己処理のためには、クリームやジェルを使用して皮膚のガード対策を十分に行ったうえで処理するのがおすすめです。

    処理をする時は、足の間のやや後方に鏡を置いて、屈伸をするように屈みます。Oラインが確認できたら手元とOラインの位置を確認しながら力を加えず、ゆっくり剃っていきましょう。

    Оライン処理の詳しい手順
    • 1.シャワーや入浴でОラインを清潔にする
    • 2.水分をふき取る
    • 3.鏡の前で足を開きОラインが見える状態にする
    • 4.Оラインを蒸しタオルで約5分温め毛質皮膚を柔らかくする

      (お風呂を上がってからしばらくして処理する場合。お風呂で処理する場合は、改めて柔らかくするケアは不要です)

    • 5.Оラインにクリームやジェルを塗り滑りを良くする
    • 6.ОラインにIラインシェーバーをピッタリあて、毛の流れに沿って優しく処理する
    • 7.Оラインの処理後に付いている剃った毛を洗い流す
    • 8.洗い流した後も、乾燥を防ぐためにジェルやクリームで保湿する

    今回は「Oラインの整え方」について女性150名を対象にアンケートを実施しました。赤裸々なケア事情を集めましたので、日々のケアに役立てて下さいね!

    Iラインシェーバー【NEW】

    Iラインシェーバー【NEW】

    見えない部分までケアされていて、しっかり整っていると自分も彼も嬉しい!清潔感を感じることでオーラルをされる時間が増えたり、思いっきり大胆な姿勢で感じ合うことができるかもしれません。
    初めての方でも簡単にできる定期的なお手入れで、ヌードに磨きをかけていきませんか?

    Oラインの処理で気を付けるべきこと

    女性150名にOラインの処理時に注意していることを聞いてみると、

    Oゾーンの自己処理って危険なの?
    • 肌を傷つけないことが大切
    • 剃り残しのないようにする
    • 見えない部分なのでサロンに任せている

    という声が目立ちました。

    Oライン(Oゾーン)は、VラインやIラインの処理と比べて、生えている箇所の範囲が狭いことに加え、カラダの中でも手が届きにくいところなので、自己処理にも限界があるようです。

    Оラインの自己処理をするには、いくつか注意しなくてはならないポイントがあります。ポイントを十分に守れば自己処理もむずかしくありません。

    Оライン自己処理の注意点
    • 1.Оライン処理は必ず鏡を見ながら行う
    • 2.摩擦や炎症の原因になるため、同じ場所に何度も刃を当てない
    • 3.出血した場合は早急に消毒や止血を行う
    • 4.皮膚のむくみや血液量が増す生理中は、炎症を起こしやすいので避ける

    セルフケアをしている方もいますが、自分でやるのが不安な方は専門機関にお任せするのが得策かもしれません。

    Oラインの処理をして良かったこと

    続いて、Oラインのケアで良かったことを聞いてみると

    Oラインの処理で女性は自信がもてる!
    • 優越感や自己満足感を得られる
    • 見られてもはずかしく無くなった
    • Tバックのショーツを履けるようになった

    など、Oラインの処理後にはやって良かったと思う人が多いようでした。

    他人からはあまり見られない場所だからこそ、キレイに整えることで自分の自信に繋がるようです。以前から着たいと思っていた面積の小さい下着もはみだしを心配せずに履けるようになるので、まだOラインのケアをしたことがない方は試してみてくださいね。

    Oラインの処理で困ったことは?

    続いて、Oラインのケアで困ったことを聞いてみると、

    セルフケアは難しい!Oゾーンの自己処理はやめた方がいい?
    • 自分で出来ない
    • 手が届かない

    といった、セルフケアの難しさに不満を持っている方が多い印象でした。

    また、Oラインの処理を自身で行っている人からは

    Oラインの処理はやり方で肌トラブルになる!?
    • 剃り残しの確認がしづらく、処理が甘くなる
    • カミソリで肌を傷つけてしまう
    • ムダ毛が伸びてきたときにチクチクして不快感がある
    • 一度剃ると何回も剃らないといけなくなる

    といった声が目立ちました。

    Oラインはとても敏感で、自分では処理がしにくい部位のため、自己処理がうまくいかない方や手が届かない方は脱毛サロンで処理してもらったほうが良さそうです。もし、セルフケアを行って肌トラブルが発生した場合は、すぐに医師に相談しましょう。

    Oラインの処理後はしっかり保湿ケア

    Oラインの処理後は、見落としがちな保湿ケア対策もしっかりと行いましょう。乾燥がもとで痒みや肌荒れが起こると大変なことに。気になるチクチク感や乾燥による痒み対策には『プエラリア・ハーバル・ジェル』『ジャムウ・デリケートエッセンス』を使って、肌を優しく労わってあげましょう。

    またアンダーヘアがスッキリすると、これまでヘアに覆われていた部分の皮膚が良く見えるようになります。IラインやVラインのケアでもよくあるのですが、ムダ毛が処理されたことで皮膚の黒ずみが目立つような気がする…というお悩みがあります。

    そのため、自分では気付きづらいOラインの周辺の黒ずみも、ムダ毛処理と一緒にケアするのがオススメです。『ジャムウ・ハーバルソープ』で、汚れの元や古い角質を洗い流し、スッキリとした印象を目指しましょう!

    Oゾーンの処理後の保湿ケアはジャムウ・ハーバルソープがおすすめ!

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    無香料・無着色で、パラベン不使用の自然派ジェルで、腕・ワキ・脚・顔・背中・ビキニライン・手・バストなど全身にご利用いただけます。女性らしいボディラインを取り入れたい方、チクチクに悩まされている方、そして男性を引きつけてやまない『シルク肌』を取り入れたいすべての女性にお勧めします。

    LCジャムウ・デリケートエッセンス

    LCジャムウ・デリケートエッセンス

    なめらかな美容液を指にとって、デリケートゾーンへなじませるとしっとり。肌に潤いを与えるニュウコウジュ油やレモン果皮油、ベルガモット果実油などのアロマが溶け合い優雅な気持ちに導きます。うっすらと塗ってそのまま下着を履き、寝ているあいだに健やかな質感へ。若々しさを重ねて『見えない部分の綺麗』をもっと磨きたい方におすすめです。

    ジャムウ・ハーバルソープ

    ジャムウ・ハーバルソープ

    インドネシアで生まれたジャムウの石鹸の使い方は簡単!泡たてネットなどで立てたふんわり泡を、カラダの気になる部分にのせて、3分間パックするだけ。気になる黒ずみの元や、ニオイを洗い流して素肌をスッキリ爽快にケアしてくれます。植物由来の成分で作られた優しい石鹸なので、毎日全身にお使い頂けます。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

       
      


    カテゴリー一覧