アンダーヘアの悩み

Vラインのムダ毛処理と脱毛の違い!
理想のビキニラインの作り方

Vラインのムダ毛処理で理想のビキニラインを手に入れたい!
     

    可愛い下着や水着を着ていても、はみだした毛を見つけると慌てるVライン(ビキニライン)のアンダーヘア。そんな不安から解放されたくて『Vライン脱毛』を考えている方も多いのではないでしょうか。

    他の人がどんな脱毛をしているのかを聞きたくても気軽に聞ける問題でもないですし、脱毛するとしても「Vライン脱毛ってどこまで?」「自然に見える形や長さはどれくらい?」「いっそツルツルにした方が楽?」などいろいろと悩んでしまいますよね。

    ここでは、そもそもビキニラインとはどこからどこまでをいうのか、Vライン処理には脱毛の他にどんなお手入れ方法があるのか、脱毛のメリットデメリットなどについて解説しますので是非参考にしてくださいね。

    Vラインってどこからどこまで?

    Vラインとは

    アンダーヘアの領域はVライン・Iライン・Oラインの3つに分かれます。

    Vラインとは

    Vラインとは、下着や水着をつけたとき正面から見てV字に見える逆三角形の部分で、デリケートゾーン上の両サイド、足の付け根の辺りをいいます。Vラインのアンダーヘア処理を怠ると下着や水着をつけた際に、毛がはみ出て目立ちやすい部分。ビキニをつけた際に目立つことから『ビキニライン』と呼ばれることもあります。

    Vラインをきちんと処理することで、お気に入りの下着や水着をつけてもアンダーヘアがはみ出す心配もなく、彼氏とのラブタイムも綺麗なVラインのおかげで思いっきり楽しめるメリットがあります。

    なお、VIOラインの残りの「Iライン」は陰部の両側を、「Oライン」はお尻の穴周辺を指します。Vラインは、OラインやIラインと比べると自分で見やすく自己処理がしやすい部分ではありますが、肌がデリケートな場所なのに毛が太いのできれいに脱毛するのは大変です。早く脱毛したいからといって正しいお手入れをしないと、肌荒れや黒ずみなどのトラブルを起こしてしまうので注意が必要です。

    Vラインの範囲

    腋毛と同じように、日常的にVライン処理をしている人は多いでしょう。しかし、Vラインはどこまでムダ毛処理すればよいのか範囲が分かりにくい部分でもあります。

    Vラインの範囲の定義はサロンにより異なりますが、一般的にVラインの高さは下腹部のアンダーヘアが生えているところまで、下腹部側や股側の横幅は下着で覆われている部分までがVラインの範囲と言われています。

    Vラインの範囲とされる高さや幅は、個々それぞれの体格・体形の違い、Vラインのカットデザイン方法などによりさまざまです。自分の体に合ったVラインの範囲や好みのデザインを知ることがポイントです。

    Vライン処理のメリット

    Vライン処理の最も大きなメリットは、デリケートゾーンを衛生的に保てることです。VIOラインの毛が多いと、排泄物やおりもの、生理時の経血が毛に付着しやすくなってしまいます。このような毛は下着の中でムレやすくなり、不快感や肌荒れ、ニオイなどの原因にもなってしまうことも

    VIOラインの毛に色々なものが付くのを防ぐには、やっぱりお手入れが大切。カットしたり脱毛したりとお手入れをすれば見た目もすっきりしますし、デリケートゾーンを衛生的に保てるのです。

    その他にも沢山のメリットがあります。

    • 下着や水着をつけてもはみ出る毛が気にならない
    • かわいい下着や大胆な水着などを楽しめる
    • 生理中の蒸れや臭いを軽減し、デリケートゾーンを衛生的に保てる
    • 通気性が良くなり、あせもやかぶれなどの肌荒れが軽減する
    • 温泉やプールでは、処理していることで恥ずかしくない
    • ラブタイムでストレスを感じない

    ビキニラインをすっきり整えるのはある程度手間がかかることですが、それ以上に沢山のメリットがあるのです。

    ビキニライン(Vライン)のムダ毛処理、どこまでしてる?

    ある日、なんとなく入った下着屋さんで、可愛い下着に一目惚れ。身に付けるのを楽しみに購入。届いて、いざ着てみたら…「あれ?こんなはずじゃなかったのに…!」小さめの下着だったので、 ビキニラインのムダ毛がはみ毛状態になってしまい、さらにチクチクと下着に突き刺さり、それが可愛い下着より目立ってしまった!この状況は、Vラインの形や下の毛の長さを処理しなくてはさすがにまずい…。

    また、彼とのHのとき、せっかく可愛い下着をつけてても、ムダ毛処理をしておらず、彼にスカートを脱がされたときに、ハミ毛していて笑われたというようなことも起こってしまうかも。ムードも壊れ、彼のやる気がそこで無くなってしまうかもしれません。

    Vラインのムダ毛が気になるのはどんな時?

    ビキニラインのムダ毛処理で、ドキッとするこんなとき。皆さんは、どうしていますか?ビキニラインのムダ毛は、ワキやひざ下の毛と違って、普段めったに人目に触れないところ。そのため、処理したほうがいいのか、どこまでやっていいものか…。頭の痛い問題ですね。 ビキニラインのムダ毛処理について、女性200人にアンケートを実施しました。

    Q.ビキニラインのムダ毛が気になるのは、どんなときですか?

    ※2014年12月マイエルシー調べ/男性100名

    水着や可愛い下着を着たいとき、彼とHの予定があるとき、という回答が一番多い結果でした。人に見られるとき、急に気になる…!というのが、ビキニラインのムダ毛処理といえそうです。他に、生理中のムレが不快、という回答も、思い当たる方が多いかもしれません。

    Vラインのお手入れの実態調査

    最近は、専門サロンなどで永久脱毛によってすべての毛を処理する人も増えているそうですが、かかる時間やお金を考えると、踏み切れない方も多いのではないでしょうか?また、他人に下半身を見せるということに抵抗があることも。

    永久脱毛までは行かないのですが、ブラジリアンワックスで一時的に脱毛して、Vラインをきれいに処理することも一般的になってきました。一昔前は、下着や水着のラインからはみ出している毛をカミソリで剃ったり、はさみで切ったり、ライター、お線香で焼ききるという自己処理方法が一般的だったようです。

    今は、アンダーヘア専用のヒートカッターなどで手軽に長さや形を整えて、チクチクさせない処理ができます。また、医療レーザー脱毛や光脱毛、ブラジリアンワックスで一度に抜くなど、いろいろな選択肢が増えてきました。そんな昨今、アンダーヘアのお手入れをしている人は、どれぐらい居るのでしょうか?

    Q.アンダーヘアのお手入れをしていますか?

    ※2013年11月マイエルシーアンケート調べ

    半々ぐらいでは?という予想をはるかに超えて、「している」という回答が圧倒的。アンダーヘアのムダ毛をしっかりお手入れをして、下着の中も手を抜かない、という女性が増えているようです。

    男性の理想的ビキニラインとは?

    一方ビキニラインを目にする男性の「理想」はどうなっているのでしょうか?男性100名にも聞いてみましょう。

    Q.あなたの理想の「女性のビキニライン」は?

    ※2013年5月マイエルシー調べ

    半数以上が、「特にこだわらない」と回答しています。これを見る限り、女性が気にしすぎる必要は無いのかな?と思いますが、その次にくる「薄い状態」「まったく無い状態」の合計は37人。それに対して「濃い状態」が5人と少数派と考えれば、濃すぎず、ほどよい薄さのアンダーヘアが、最も理想に近い状態なのかもしれません。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    アンダーヘアケアにおすすめのVライントリマーを購入する
    下着からもうはみ出さない!
    商品を見る
    アンダーヘア処理後のデリケートゾーンケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    デリケートゾーンの臭いの元を洗い流す
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのシナヤカウォッシュを購入する
    アンダーヘアがふわっふわに!
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのアンダースタイル ガイド ナチュラルを購入する
    アンダーヘアの形を自然に整えられる♪
    商品を見る
    アンダーヘアケアにおすすめのIラインシェーバーを購入する
    I・Oラインをスムーズに整える!
    商品を見る

    Vラインの基本的な処理のやり方

    男性意見として「程よく処理していてくれると嬉しい」Vラインですが、処理方法はどのようなものを選べばいいのでしょうか?

    Vライン(ビキニライン)の処理方法には大きく分けて主に3つの方法があります。1つがサロンやクリニックでの照射式のVライン脱毛。一度脱毛すると永続的な処理から解放されるため、多くの女性に支持されています。しかし「生えてこなくなる」ということは後悔しても元に戻せないということなので、形などについては十分に検討してから実施するといいでしょう。

    二つ目は照射式以外のVライン脱毛。ブラジリアンワックスやニードル式の脱毛方法です。ブラジリアンワックスはサロンで施術を受けますが、永続的にお手入れから解放されるわけではありません。しかし施術後すぐにツルツルになるというメリットもあるので、すぐにきれいな状態に整えたいという時におすすめです。

    三つめは脱毛以外のVライン処理です。Vラインをケアしたい場合、どうせならば永久脱毛をしてしまおうと考える人も多いかもしれません。しかし、人によっては「脱毛」ではなく「セルフケア」の方が向いている場合があります。

    例えばこの夏、可愛い水着を着こなしたい!と考えた時や、新しくできた彼氏へのエチケットとして、アンダーヘアを整えたいという場合、脱毛はすぐに整えられる方法ではない為、目的をかなえることができません。

    上記の目的を達成するためのケア方法としては、ハサミ、アンダーヘアシェーバー、毛抜き、アンダーヘアヒートカッター、除毛クリームなどがあります。それぞれ「チクチクしてしまう」「埋没毛になりやすい」などのデメリットもありますが、最もトラブルが少なく費用も比較的かからないのが、『アンダーヘアヒートカッター』によるケア方法です。

    アンダーヘアをきれいにしたい⇒脱毛をしよう!と考えるのではなく、まずは自分の目的とライフスタイルから適した方法を探してみるのがいいでしょう。

    Vライン処理する時のデザイン・長さ

    いざVラインの処理をするということになったら、どんなデザインや長さにするかを決める必要があります。Vライン脱毛の場合は、デザインを後から変えるのは難しいので、後悔しないように最初に吟味して決める事が重要です。では、人気のVラインのデザインとはどのようなデザインがあるのでしょうか?

    Vライン脱毛のデザイン(剃り方)

    Vライン脱毛のデザイン(剃り方)

    Vライン脱毛やVラインを剃るときに、どのような形にすればいいのかを迷うかもしれません。アンダーヘアには、人気の形(剃り方)がいくつかあります。その中でもよく選ばれている「ナチュラル」「トライアングル」「オーバル」「ハイジニーナ」の4つのデザインをご紹介します。

    ナチュラルは、もともとのVラインの形をあまり変えずに毛の量を調節して自然な形に整えます。Vライン脱毛の中で男女ともに人気の高いデザインです。きっちりとした角を作らないように処理するのがポイント。いかにも「Vライン処理をしています」という風に見えないのが特徴です。

    トライアングルは幅が広めの逆三角形の形のデザイン。ナチュラルに近く、VIO脱毛の初心者の方におすすめです。下着や水着からはみ出さないようにVラインの生え際を少し整えるだけでも、ごく一般的な下着や水着ならこれで十分かもしれません。トライアングルの大きさを調節できるので、毛の量が多い人や範囲が広い人にも向いています。

    オーバルは卵を縦に立てたような小さめの楕円形に整えます。丸くカーブしたラインが可愛く見えてこちらも人気の高いデザイン。サイドの毛も処理するので下着や水着からもはみ出しません。毛の長さは短めがすっきりしておすすめです。

    ハイジニーナは「清潔な」という意味の言葉で、その名の通り全ての毛を処理してツルツルの状態にします。どんな形の下着や水着でもすっきり着こなすことができるので、思い切ってこのスタイルにする方も。セルフ処理できれいなハイジーナにするのは難しいので、脱毛サロンなどで処理するのがおすすめです。

    他にも海外ではアンダーヘアのデザインのバリエーションが多く、「ハート型」や縦長の細い長方形の「ストラップ」といった個性的な形もあります。

    理想的なVラインの長さ

    Vラインのデザインをご紹介しましたが、毛の長さはどれくらいがベストなのでしょうか?

    Vラインの毛で人気の長さは2~3cmです。ムレなどが防げて衛生的に良い長さですし、隠したい部分を隠せてちょうどいい長さなのです。2~3cmなら下着や水着からはみ出すこともそれほどないでしょう。

    レーザー脱毛で毛の長さは短くなる?

    レーザー脱毛といえば「毛を生えなくすること」が目的です。このレーザー脱毛を受けると、毛の長さにも効果があるのでしょうか?

    レーザー脱毛は毛根にダメージを与えます。その毛はいったん抜け落ちますし、また生えてきたとしても今までのような太さや長さまで成長しないことが多いようです。SNSなどの口コミでは「毛が細くなり短くなった」といった声も見られました。

    しかし、毛が薄くなったり範囲は狭まったものの、思ったほど短くならずに長さはまだ長くてはみ出してしまうという方もいるようです。もしも脱毛後にまだ「長さが気になる」という場合は、Vライントリマーなどで長さを調節するといいでしょう。

    永久脱毛以外のVライン処理の特徴

    Vライン脱毛というと、真っ先にクリニックの『レーザー脱毛』やエステの『光脱毛』などの、照射式脱毛を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。そして、Vラインをケアするのには高額な費用が必要なのだと、Vラインのケアをあきらめている方もいるかもしれません。

    しかし照射式以外にもVライン脱毛の方法はありますし、『可愛い下着や水着を着こなす』ことが目的であれば、永久脱毛以外の方法でVラインのケアをすることも可能です。照射式の他にどのようなVライン脱毛があるのか、脱毛以外のケアはどうなのか、特徴や価格などを含めてご紹介します。

    ブラジリアンワックス(サロン、自宅)の処理方法

    近年ポピュラーになってきたVライン脱毛の方法一つが『ブラジリアンワックス』です。脱毛したい箇所にワックスを塗って、ワックスをはがすときにVラインの毛を毛根から抜く方法です。シートを張ってはがしていくストリップ(ソフト)ワックスと、シートは使わず固まったワックスごとはがしていくハードワックスの二種類があります。

    自宅でブラジリアンワックスキットを使ってセルフ脱毛する方法と、ブラジリアンワックスサロンでやってもらう2種類の方法があります。ブラジリアンワックスは、ワックスの温度を調整し、しっかり毛が抜ける丁度いい粘度にするのが難しく、サロンでやってもらう人も多いようです。また市販のブラジリアンワックスは使用部位が分かれていることもあり、「腕足用」のブラジリアンワックスではVラインの頑丈な毛は抜けないことがあるので、購入前によく確認しましょう。

    ニードル脱毛(電気脱毛) の処理方法

    ニードル脱毛は、毛を抜いた後に電気の通った針を毛穴に差し込み、永久的に毛が生えないようにする脱毛法です。電気脱毛、針脱毛とも呼ばれ、正式名称は「美容電気脱毛」といいます。日本では医療レーザー脱毛などがポピュラーであまりなじみはありませんが、米国食品医薬品局(FDA)では唯一永久脱毛と認められているなど、海外では比較的浸透している脱毛法です。

    ニードル脱毛の中でも、直流電流を使用する「電気分解法」、高周波電流を使用する「フラッシュ法(高周波法)」、両者を使用する「ブレンド法」の3種類の方法があります。レーザーや光脱毛では対応できない目の周りや乳輪などの施術でよく使われますが、もちろんVラインへの施術も可能です。施術時は毛を抜く痛みはありますが、その瞬間だけで後に残る痛みではありません。1本1本抜いた毛穴に針を差し込むので、毛の本数の分だけ時間がかかります。反対に、減らしたい面積が少ない場合は、ニードル脱毛はおすすめです。

    自己処理(カミソリ、除毛クリーム、ヒートカッター)の処理方法

    Vラインの自己処理は、一般的に身近に揃えやすいカミソリや除毛ワックスなどを利用している人が少なくありません。他にも毛の跡を残さず処理するために毛抜きを使用している方もいますが、お肌のことを考えるとカミソリ・ワックス・毛抜きは刺激が強すぎるためNG!カミソリやワックスは皮膚の表面を削ったりかぶれたりするおそれがあり、毛抜きは毛穴の炎症を起こして埋没毛を発生させる原因になります。

    またアンダーヘア専用でない電気シェーバーやトリマーなどの場合は綺麗に処理できる反面、こちらも刺激が強く、処理後に皮膚が赤くなってヒリヒリしてしまうこともあります。

    Vラインの処理には、Vライン専用のアイテムを使って正しい処理方法『LC流アンダーヘアケア方法』を行うことで、皮膚を傷めずに綺麗なVライン処理を自分でも行えます

    ~LC流アンダーヘアケア方法~
    • 1.伸びていたり量の多いアンダーヘアは、入浴前にコームを使ってとかした後、手で軽く引っ張りながら『Vライントリマー』で、好みの形に整える
    • 2.お風呂で処理後の細かい毛を洗い流したら、ふんわりとした質感に仕上げるトリートメント『シナヤカウォッシュ』で1~3分パック
    • 3.古い角質の蓄積で黒ずみになりやすいVラインに『ジャムウ・ハードバブル』で入念に泡パック
    • 4.Vライン周辺の細い産毛はカミソリで優しく剃る
    • 5.『プエラリア・ハーバル・ジェル』で、Vラインを念入りに保湿
    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット
    【SET】アンダーヘアケアはじめてセット

    アンダーヘア専用トリートメントの『シナヤカウォッシュ』とアンダーヘア専用ヒートカッター『Vライントリマー【NEW】』のお得なセット♪
    ゴワゴワの質感はふわふわに、下着から飛び出て気になる長さは、毛先を丸くカットしてスッキリと。いつでも自信の持てるアンダーでいられます。セットで購入すると通常よりお得です!

    プエラリア・ハーバル・ジェル
    プエラリア・ハーバル・ジェル

    恋を叶える「恋ジェル」で、男性が憧れる「離したくない愛されボディ」へ。
    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェルです。ムダ毛処理後のケア、バストマッサージ、保湿がこれ一つでケアできます。

    ジャムウ・ハードバブル
    ジャムウ・ハードバブル

    デリケートゾーンや乳首の黒ずみの元をスッキリ洗う自然派石鹸です。素肌をサッパリさせるパパイヤ果実エキスや皮膚をなめらかにしっとりさせるようオリーブ油を使用。厳選したジャムウハーブの独自のブレンド方法で作られています。

    伸びきったりクルクル縮れたVラインのアンダーヘア処理には『Vライントリマー』を利用すれば、簡単に熱線を利用して優しくカットできます。ヒートカッターなので、毛先を丸くカットすることができ、処理後にチクチクするのを防ぎます。女性らしいふわふわのアンダーヘアで、ラブタイムの際彼にオーラルをしてもらう時も不安にならずに、思いっきり楽しめるはずです。

    Vライントリマー
    Vライントリマー

    もじゃもじゃ、ゴワゴワ、下着からもうはみ出さない!アンダーヘアの先端をサッと丸く焼き切って、ちくちくが気にならない触り心地にするアンダーヘア専用ヒートカッターです。充電式だから持ち歩きやすく、外出先など気になったときに気軽に処理できます。

    特徴別、おすすめVラインのお手入れ方法

    特徴別、おすすめVラインのお手入れ方法

    『医療レーザー脱毛』『光脱毛』『ブラジリアンワックス』『ニードル脱毛』などによるVライン脱毛をはじめ、様々なVラインの手入れの仕方をご紹介しました。これだけ沢山あると、どの方法にしよう?と悩まれる方も多いかもしれません。そんな時は、自分の理想のアンダーヘアのスタイルと、ライフスタイルに合ったものを選んでいくといいでしょう。

    例えばVラインは、IラインやOラインと比べると自分で見やすい位置に生えています。その分、VラインだけのケアはVIO全てのケアに比べて自己処理がしやすいのです。脱毛サロンは予約を取って、その予約に合わせて脱毛サロンに出かけて(生理になったら予約をずらす)、施術をしてもらって、自宅でアフターケアをするという形で、1回の処理に時間が多くかかります。

    Vラインだけケアしたい方はわざわざ予約を取ってサロンに行く方が時間を取られるかもしれません。

    サロンのVライン脱毛がおすすめの人

    Vラインをすべて処理してツルツルにしたい方はサロン脱毛が必要です。自分でVラインだけでなく、見えにくいIラインやOラインも処理するとなると大変です。ほかにも、とにかくセルフケアの手間を減らしたい方や、サロンが近くてさっと通えるという方はサロン脱毛がおすすめです。

    生理不順の人はセルフケアがおすすめ

    ほとんどのサロンでは生理中のVIO脱毛には受け付けていません。生理中はいつも以上に肌が敏感になっていて、肌のトラブルが起きやすく痛みも感じやすいためです。もしも予約した日に生理になってしまったら、サロンに相談してスケジュール変更をしてもらう必要があります。生理不順の方は予約が取りづらくなってしまうのでサロン脱毛には向いていないといえます。

    彼氏と付き合い始めの人もセルフケアがおすすめ

    彼氏と付き合い始めの人もセルフケアがおすすめ

    彼氏は付き合っている彼女のアンダーヘアのケアに対して、どのような希望を持っているのでしょうか。LCラブコスメのアンケートでは「パンツからはみ出ないくらいに整えている」と回答した方が最も多く4割を占めました。

    【男性に質問】アンダーヘアで一番好印象なのはどういう状態ですか?(2015年マイエルシーアンケート調べ)
    男女のイラスト
    • ・何もしていない:13件
    • ・パンツからはみ出ないくらいに整えている:54件
    • ・Oライン、Iラインもきれいに処理されている:33件
    • ・エステで脱毛している:5件
    • ・全て剃っている(ハイジニーナ):13件
    • ・その他:7件

    どうやら、「エステに通って高額をかけてまで処理してほしい」というわけではなく、はみ出ないくらいに程よく処理されていればOKということのようです。好みの脱毛の状態で、ハイジニーナを選択した人もあまり多くありませんでした。 一度サロンで脱毛をしてしまうと元に戻すのは困難であり、アンダーヘアは男性によっては好みもあるので彼氏と付き合い始めの方は、少しずつセルフケアをしながら様子を見るのがいいかもしれません。

    また、ケアの方法によっては不愉快な「チクチク期」問題を抱えてしまうことも。「チクチク期」というのは、サロン脱毛の照射後~自然に抜け落ちるまでの期間のことを言います。脱毛ではレーザーや光を毛根に照射した後、しっかり効果を得るためには剃ったり抜いたりしてはいけません。毛が中途半端に伸びて焼け野原のような見た目になるので、付き合って間もない彼氏に見せるには少し勇気がいるのです。

    また下着を着脱するときなどに自然に抜け落ちることが多いため、ベッドやお風呂場に短いアンダーヘアが落ちていてパートナーが驚くこともあるかもしれません。

    アンダーへアのお役立ち関連記事

    セルフケアは処理後のチクチクに注意

    比較的手間のかからない「シェーバー」と「ハサミ」でのケアですが、どちらも毛の切り口が鋭くチクチクしやすくなります。Vラインのお肌や太ももをチクチク刺激して不愉快ですし、ショーツで隠れていると思っていても表面からツンツンと突き出ていたら見た目も悪いですよね。チクチクするのを避けるには毛先を熱で丸くカットするヒートカッターがおすすめです。

    アンダーへアのお役立ち関連記事

    自分に合った方法を見つけて理想的なビキニライン(Vライン)へ!

    自分に合った方法を見つけて理想的なビキニライン(Vライン)へ!

    いかがでしたか?Vライン脱毛は2年ほどで脱毛完了すれば、いつでも見た目がきれいでおしゃれな下着や水着もすっきり着こなせるようになります。さらに、生理や排泄で毛が汚れにくくなり、ムレ・肌荒れ・ニオイなどを防いでデリケートゾーンを清潔に保てるようになります。

    一方すぐにVラインを整えたい方や、あまり費用をかけたくない方は、セルフケアにチャレンジしてもいいでしょう。『Vライントリマー』であればコンパクトなので、持ち歩いてお誘いに備えるというのもいいかもしれません。

    腕、ワキ、脚と同じように、これから長い付き合いになる、ビキニラインのムダ毛処理。思い切って高額なエステで処理してしまうのも1つの選択肢ですが、自宅で毎日続けやすいお手入れ方法も魅力的な方法の一つです。

    さらに他のアイテムをプラスすれば、より理想に近いデリケートゾーンを手に入れることができます。たとえばアンダーヘア用トリートメント「シナヤカウォッシュ」を使えばゴワゴワのアンダーヘアがフワフワに整います。感触が変わるだけでも、ずいぶん印象が違ってくるかもしれません。

    またビキニラインは黒ずみが気になりやすい部位の一つ。アンダーヘアがスッキリしたことにより、よりコントラストが強調されて、気になりやすくなることも。「ジャムウ・ハーバルソープ」などで古い角質をケアすることで、肌本来の美しさへと近づくことができます。

    ジャムウ・ハーバルソープ
    ジャムウ・ハーバルソープ

    黒ずみ、ニオイの元を洗い流して素肌をスッキリ爽快ケア。植物由来の成分で作られたハンドメイド石鹸なので、全身にお使い頂けます。自分に自信がつき、パートナーとのラブタイムがさらに楽しい時間になるでしょう。

    今や、アンダーヘアのお手入れをしている女性が多数派の時代。しなやかで、美しく、上品に整った理想のビキニラインを目指してみませんか?

    Vライン以外のIライン、Oラインなどのムダ毛の処理方法について詳しく知りたい方は、是非『パーツ別のお手入れ方法を紹介!』をご覧くださいね。

    理想のビキニラインについて・体験談
    Vライントリマーに感謝!自分でも思わずニヤつくほどのビキニラインに

    『なんでもっと早く買わなかったんだろう、と。』

    私のアンダーヘアは量も多い上に長さもあり、どうにかしたい…と長年悩んでおりました。かと言ってハサミで切ると処理した後ちくちくするし、痒いしで…。こんなのもう要らない!と剃刀ですべて剃ってしまっていた時期もありました。
    届いたその日に早速使用したのですが、なんでもっと早く買わなかったんだろう、と。長かったアンダーヘアがかなりすっきりしました!これは…かわいいんじゃない?って自分で思ってしまうほど…お手洗いで下着を下ろして視界に入る度ニヤニヤしてしまいます。長いし量も多いしでこんなの要らない!って思ってたアンダーヘアをそんな風に思える日が来るなんて、びっくりすると同時にVライントリマーに感謝です。(みつさん/29歳/医療事務)…続きを読む

    ビキニラインの処理後はシナヤカウォッシュがおすすめ

    『手触りがよく、チクチク感が全くありません』

    以前付き合っていた彼に「これ…どうにかした方がいいと思うよ」と言われて大ショック!エッチも楽しめなくなり、彼とは別れてしまいました。エステで脱毛することも考えましたが、羞恥心があり思い切れず…。
    しかし、最近新しい彼ができて「同じ失敗を繰り返したくない。ダメかもしれないけど、何もしないよりいい。試してみよう」と、シナヤカウォッシュの購入を決意しました。届いてから早速使用してみてビックリ!!本当にアンダーヘアが柔らかくなっているのがわかるんです。Vライントリマーも一緒に購入しましたが、短くカットしたアンダーヘアも手触りがよく、チクチク感が全くありませんでした。(ひよこさん/30歳/会社員)…続きを読む

    Vライントリマー【NEW】
    Vライントリマー【NEW】

    アンダーヘアの下着からのはみ出しやボサボサをしっかり整えて、先端を焼き切って丸くすることで、収まりの良さ、見た目も女性らしいアンダーヘアをサポートするヒートカッター。熱線の温度を二段階調節にし、短時間でケアできます。『はみ出しが気になっていた』『ケア方法を探していた』など、これからお手入れを始める方にもおすすめです。

    シナヤカウォッシュ
    シナヤカウォッシュ

    フワフワさらさらの自信あるアンダーヘアを目指すための、自宅で簡単に出来るアンダーヘア専用トリートメント。
    男女ともに気になっている『質感』にこだわり、ふわふわでしなやかな女性らしい質感を演出します。ポイントは全体的になじませて3分間じっくりとパックすること。毎日のお風呂タイムで続けて使うことで、しっとりフワフワのアンダーヘアへ導きます♪

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    読み物コンテンツでよく検索されるワード<今人気のタグ>

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      


    カテゴリー一覧