処女の悩み

30代処女に対する印象は?
ロストバージンする方法

30代で処女は重い?引く?高齢処女の印象や卒業する方法
     

    30代で処女の印象は?

    30代処女の印象は?

    『結婚と出産に関する全国調査』という調査によると、男性とのセックス経験がないまま30歳を迎える女性の割合が昨今は増えています。

    「30歳で男性経験がない人は少ないのでは?」「30代で処女だと重いと思われる?」と不安に感じている女性も少なくないでしょう。特定のパートナーがいない知人や友人に具体的な性事情を聞くわけにもいかず、引かれてしまったらどうしようと思い、なおさら「自分だけが未経験かも」と不安が募ってしまいますよね。

    そして、こうした30代処女を、男性はどのように感じているのでしょうか。この先パートナーを見つけたいと考えている女性にとっては、どうしても未来のパートナー候補である男性たちの意見は気になります。ここでは、30代処女の割合や特徴、そして30代処女に対する男性の意見を詳しくご紹介します。

    30代で処女の割合は約3割

    30代処女は増えている!

    近年『30代で処女の女性が増えている』という話を聞いたことはあるでしょうか。実際に約5年おきに実施されている国の『結婚と出産に関する全国調査』という調査では、『経験の有無別未婚者の割合』という項目があり、30代のみならず各年代で未経験の割合が増えているという結果が出ています。

    といっても、実際に何%くらいなのかまで知っている人は少ないかもしれません。そこで前述の国が行っている出生動向基本調査から30代処女の割合を見ていきましょう。

    厚生労働省が行った2015年の出生動向基本調査では、30代女性で性経験がない、いわゆる処女の割合は31.3%にものぼります。

    ほかの年代の処女率はというと、20~24歳女性は46.5%、25歳~29歳女性は32.6%という結果に。これを多いと考えるか、少ないと思うかは個人差がありますが、20代前半では2人に1人、20代後半から30代だと3~4人に1人の割合で処女の方がいると考えると、「思ったよりも周りにいそう」と感じる方は多いのではないでしょうか。

    30代の処女を示す「やらみそ」という言葉をご存じでしょうか?この言葉は、「セックスを経験していない三十路(みそじ)女性」という意味です。芸能人がテレビのバラエティ番組で使ったことから一般に広く知られるようになったといわれていますが、この言葉が広まった背景として、30代で性経験のない方が増えており、それに対する世間の関心が高まっている表れなのかもしれません。

    決して少なくない「処女の30代女性」ですが、そうした女性に対する男性の意見はどのようなものなのでしょうか?ある結婚関連企業が行ったアンケートによると、「アラサー処女をいいと思う」男性は16%、「なんとも思わない」男性は56%という結果でした。

    一方で「面倒だと思う」という男性は28%ほどおり、中には「少し重い」「引く」などといった意見もあります。しかしここには『彼女を満足させられるか不安』という、男性の重圧や繊細さが反映されているとも読み取れます。「気にしない」「むしろよい」などといった肯定的な意見もあるので、女性自身が恥ずかしく感じたり、恋愛に憶病になる必要はないでしょう。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ヌレヌレ・マスカットキッスを購入する
    男性がキスしたいと思う唇を作る美容液
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    ムダ毛処理後のケア、バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープを購入する
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    ナデテ ロゼを購入する
    男性本能をくすぐるヘアパフューム
    商品を見る
    ネムリヒメを購入する
    朝、起きる度に若々しく。夜用美容ジェル
    商品を見る

    30代処女になりやすい人の特徴

    なぜ私はまだ処女なの?

    このように、30代の処女は決して少なくありません。ですが、もちろん20代までに異性とのセックスを経験する女性は多くいるので、「なぜ私はまだ処女なの?」と考えてしまう方もいるでしょう。

    実は、30代処女になりやすい方には、いくつかの特徴があるようです。その理由を紐解いて行動を変えると、案外すぐに新しい出会いに巡り合えるかもしれませんよ。

    今まで男性と接する機会が少なかった

    育ってきた環境や異性との触れ合いがない環境などから、30代になるまで男性と接する機会が少なかったという女性は少なくありません。どのようなケースがあるか、具体例をあげてみましょう。

    例えば、中学・高校・大学と女子校に通っていた方などは、女性ばかりの環境だったために男性と接する機会が少なくなってしまいます。さらに、そのまま女性の多い職場に勤めたりすると、ますますその傾向が強くなってしまい、いつの間にか男性と接することに抵抗を感じるようになってしまうことも。

    このほか、趣味や仕事に熱中するあまり、男性に関心を向ける余裕がなく、そのまま30代になってしまったという女性も少なくありません。夢中になれることがあるのは悪いことではありませんが、男性との出会いにつながるような趣味も沢山あります。そういった趣味を新しく増やしてみるのもいいかもしれません。

    例えば、カラオケサークルなどの音楽系、ボルダリングやスノーボードなどのスポーツ系、お酒が好きなら日本酒やワインのイベントでの出会いも多いと言われていますし、最近ではキャンプ(アウトドア)も盛り上がっています。

    今まで男性と接する機会が少なかった

    理想の男性像と比べてしまう

    昔見たマンガやドラマの男性に恋をしてしまった経験はありませんか?このような理想の男性像や運命的な出会いを追い求めすぎてしまうあまり、現実の男性と常に比較してしまう場合もあります。

    付き合うなら「背の高い人がよい」「収入は多いほうがよい」「車くらいは持っていてほしい」など、理想を求めてしまいがちですが、それをすべて満たす現実の男性は中々存在しないのも現実。

    一方で、たとえいい条件が揃っていたとしても、誰しも欠点は持っているもの。長く付き合っていくならば、「何かしらの欠点があるのは普通なこと」として捉える必要があります。

    まず人と出会った時に理想だけを求めず、その出会いそのものに縁を感じてみてはいかがでしょうか。男女で出会うこと自体が、十分に「運命的」な出会いなのかもしれません。

    自分に自信がない

    最近『自己肯定感が低い』という言葉を耳にしたことがある方もいるかもしれません。生い立ちの環境や、過去のトラウマ的経験によって、自分に自信を持てない人のことを言います。

    『自己肯定感が低い』と、必然的に人とのコミニュケーションに消極的になり、恋愛から遠ざかったり、憶病になりがちです。

    「私なんかが好意を寄せても、きっと相手は嫌だろうな」「こんな自分を、あの人が好きになってくれるはずがない」と思ってしまい、相手からの好意を素直に受け入れられないことも。

    しかし、周りから見ると『必要以上に劣等感を持ちすぎ』と思われていることもあります。自分で自分を低く評価しているだけで、本当に『劣っている』わけではないケースがとても多いのです。

    実家暮らしが長く、両親が厳しい

    環境が原因で「やらみそ」になるケースもあります。たとえば、ずっと実家で暮らしていて一人暮らしの経験がない場合、なかなか男性とのお付き合いがセックスにまで発展しないこともあるでしょう。親の監視のもとに暮らしているので、羽目を外しにくいからなのかもしれません。

    30代処女の男性からの印象

    どう思われてるんだろう?

    30代の処女に対して、男性はどのような印象を抱いているのでしょうか?一般的には「重い」「引く」と思われているのでは?と感じているかもしれません。しかし、アンケート結果では肯定的な意見も少なくありませんでした。その中身をご紹介します。

    真剣に将来を考えられない相手だと重いと感じる

    最初の厚生労働省の統計を見て30代の処女率は「意外と高い」と感じた方も多いかもしれません。メディアや漫画などの影響もあり、実際よりも処女は少ないと思われている空気感が世間にはあり、男性側は女性以上にその感覚を持っているのです。

    珍しいと思うからこそ身構えてしまい、長い間、男性経験がない女性に対して「重い」というイメージを持ってしまうのでしょう。その年齢まで処女でいる女性だと、「大切にしていた処女」「軽く相手にするのは申し訳ない」と思って尻込みしてしまう男性もいるようです。

    また「30歳」というのは一般的に結婚適齢期の境界線のようにもとらえられる年齢。30歳を超えた付き合いはどうしても「結婚」が頭に浮かびやすいのでしょう。女性が思う以上に、男性にとって「結婚」というのは責任感や重みを持つワードなのです。結果として、30代の処女は気軽にデートを誘いにくいとなってしまうのかもしれません。

    女性側の背景や気持ちにもよりますが、「大切に守ってきたわけではなく偶然機会がなかっただけ」とか、「すぐに結婚などは考えていない」など、男性の思いと食い違う部分もあるかもしれません。もし相手が重さを感じていそうだと感じたら、あえてこれまで経験がなかった背景などを話して誤解を解くのも一つの手段です。もちろん、処女だという話はあえてしなくても問題ありません。

    重いと思われてる?

    何かありそうと思ってしまう

    前述のとおり、男性には30代なら80%以上の人は経験済み…くらいのイメージがあります。そのため、実際は何の問題もなくてもなりゆきで30代まで未経験の女性もいるというのに、30歳まで処女でいる女性には、それなりの理由があるのではないかと考えてしまう男性もいるようです。「何かありそう」と思われてしまうと、お互いの距離を縮めるのはかなり難しいですよね。

    これまで男性との経験がないと聞くと、相手はどうしてもその理由を考えてしまいます。「何かあるのでは?」「性格に問題がある?」と思ってしまうこともあるでしょう。

    セックスとなった場合の接し方が分からない

    男女ともにセックスの相手は同年代であるケースが多いもの。30歳前後の男性であれば、やはり20代以降の女性と付き合うケースが多いでしょう。そうなると必然的に「処女とのセックスは久しぶり」となることも多く、どうやるんだっけ?状態になって身構えてしまうこともあるようです。また、20代女性と比べて『性に対して潔癖な考え』もあると思われてしまうので、どう対応すればいいのか分からないという男性も。

    しかしそういった考えが浮かぶうちは、恋愛感情がまだまだ薄いあらわれでもあるかもしれません。この人ともっと親密な関係になりたい、と恋する気持ちが盛り上がれば、そういった考えはどこかに行ってしまうことも多いです。じっくり関係を築いていくことを大切にしていってくださいね。

    結婚相手として考えるならいい

    男性の意見は、マイナスなものばかりではありません!30代女性が処女であることに対して、結婚相手として最高と考える男性もいます。処女が条件の婚活サイトもあるほど、男性は結婚相手の条件として処女をあげることは少なくないのです。また、上でご紹介したアンケートでも「好きな女性がアラサー処女でも関係なく付き合う」という回答が多くあったので、好きになったら処女・非処女は関係ない!という男性が多いといえるでしょう。

    30代処女がパートナーを見つける方法

    どうすればパートナーが見つかるの?

    これまでお話ししたとおり、最近は30代で男性経験のない女性も少なくありません。30代処女は自分だけなのでは?と焦る必要はないのです。処女は『捨てる』ようなものではありません。誰でもいいと考えて初体験をしてしまい後悔しないようにしてくださいね。ここからは、30代の処女がバージンを捧げてもいいと思えるパートナーの見つけ方をご紹介します。

    ロストバージンする方法は「好きな人を作る」

    初体験に限りませんが、セックスする相手に関して、最初の相手はとくに、好きな人と後悔のない体験をすることが大切です。誰でもいいからと焦ってしまうと悲しい思い出になってしまい、その後の恋愛や結婚にも差し支えてしまうことがあります。まずは、この人だと思える好きな相手を作ることから始めましょう。

    未体験であることを、公言する必要はない

    もし未体験であることを男性に知られたくないならば、無理に公言する必要はありません。ただ、処女だとセックスのときに濡れにくいので、潤いを補ってくれる『ジャムウ・シークレットモイスチャー』などを持っておくと安心です。

    まずは「ボディケア」で自信をつけるのも◎

    30代となると色々と体に変化が起こりますよね。せっかくの初体験で男性に引かれないためにも、しっかりとボディケアをしておきませんか?普段からお手入れを欠かさずにいることで、30代ならではのセクシーな色気が出てきます。

    事前準備のためのおすすめのアイテム

    30代のボディケアにおすすめのグッズは?

    ボディケアを怠らずいつも素敵な自分でいれば、自然と自信を持てるうえ、いざ初セックスとなったときでも安心して彼に体を見せられますよね。ここでは、30代のボディケアにおすすめのグッズを見ていきましょう。

    プエラリアハーバルジェル

    プエラリアハーバルジェル

    出会う前のケアとしておすすめしたいのが、「恋ジェル」という別名を持つ『プエラリア・ハーバルジェル』。
    ふとした時の肌の触れ合いが「離れたくない」「放したくない」という気持ちにつながり、恋に発展することも…。
    ムダ毛処理後のポツポツや、すべすべ・ツルツルの抱きしめたくなる肌の為のケアができます。また、バストマッサージジェルとしてもおススメです。
    プエラリアミリフィカ根エキスなど、こだわりの植物由来成分が、触りたくなる柔肌をサポートします。

    ジャムウ・ハーバルソープ

    ジャムウ・ハーバルソープ

    これまでの処女だったという方の中には、チャンスはあったけれど心と体の準備ができてなくてしり込みしてしまった…という方もいるかもしれません。
    「どんな時にチャンスが訪れても、自信を持って乗っかれるためのケア」も、初体験を目指すなら大切なケアです。
    『ジャムウハーバルソープ』はデリケートゾーンや乳首、脇などの古い角質による黒ずみや臭いの元をすっきりと洗い流し、透明感のある印象をサポートする石鹸。黒ずみや臭いが気になって服を脱ぐのを躊躇してしまう、という方はぜひ今からケアを始めてみてください。
    ひとつひとつが手作りのハンドメイド石けんなので、ぜいたくな気持ちになれる点もうれしいですね。

    ナデテ

    ナデテ

    恋人未満の男女の距離は約1.2m。恋人の距離は50cm…と聞いたことはありますか?
    『ナデテ』は香りの力で男性を恋人の距離まで引き寄せながら、思わずなでたくなるような髪質へと導く、ツヤ髪のための美容液です。ヒマワリ種子エキスが髪のキューティクルをしっかりサポートするほか、シア脂とプルーン種子油が髪の乾燥を防いで潤いを与えてくれるので、色っぽい髪をつくるには欠かせません

    キス専用美容液『ヌレヌレ』

    ナデテ

    ラブタイムの始まりは、やはりキスから。キスしたいという気持ち、そして止められないキスが初めての体験へとつながっていきます。
    キス専用美容液『ヌレヌレ』は、男性がとまらなくなるような、濃厚なキスを求められる唇をサポートします。フェロモンを意識したオスモフェリンの香り成分が男性を刺激して、思わずキスしたくなってしまう唇を演出。リップグロスほどテカテカせず、ほどよくツヤツヤに仕上がるうえ、体験したいキスの雰囲気に合わせて6種類のフレーバーから選べる点も人気です。

    30代処女が一番若いのは『今日』

    今日から違うことをしてみよう!

    30代なのに処女だし…と年齢を気にするならば、とりあえず今と違うことをしてみるのが一番です。『初体験をしたい!』という気持ちがあるのであれば、新しい趣味を始めてみたり、いつもは行かないお店に行ってみたりしてはどうでしょうか?ほんの少しでも環境を変えてみることで、新鮮な出会いがあり、新たな可能性も生まれてくるでしょう。もちろん環境を変えて色々なチャレンジをする中で、自分にとって恋愛やセックスはあまり重要でないと感じたら、別のことを楽しむのもいいでしょう。

    30代処女が一番若いのは、今日の今このときです。まずは一歩踏み出して、「新しい自分」を始めてみてくださいね。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

       
      


    カテゴリー一覧