処女の悩み

40歳で処女だと一生処女なのか?やらよその40代独身の高齢処女の特徴とは

40代の高齢処女の特徴は?独身で一生処女の生き方と独身女性の性について
     
    40代処女
    お悩み解決バナー

    近年、『40代の処女(アラフォー処女)』が増えていると言われています。40歳を迎えての処女(高齢処女)であることや、40代の独身女性の性についてどのように考えているのでしょうか?

    以前に比べて『高齢処女』や『アラフォー独身女性』であることに違和感を覚える人も減っており、処女のまま40歳を迎えた人を呼ぶ「やらよそ」という言葉も浸透しつつあります。一方で、40代で性経験がないことに不安を感じる女性も少なくはありません。このまま一生処女なのではないか、処女を捨てたいなどと考える人もいるようです。

    セックスをするかどうかは個人が自由に選択できること。しかし、いずれ結婚して子どもがほしいと考える場合などには、どうしても焦る気持ちが出てくるかもしれません。

    この記事では、処女で40代を迎える女性の傾向や40代の処女率、これからパートナーを見つける方法、一生処女という生き方などを紹介します。性経験は良い加減な気持ちで済ませることではなく、セックスする必要がなければ一生処女でも問題ありません。ただ、少しでも心配や不安、もしくは「人生で一度は体験してもいいかもしれない」と感じている方はこの記事で解決のヒントを探ってみましょう。

    高齢処女は何歳から?40代処女はどのくらいいる?

    40代処女

    高齢処女と呼ばれる年齢や40代処女の割合について紹介します。

    40代を過ぎたころから、自分が処女のままでいることに不安を覚えてしまう人もいるかもしれません。また好奇心が出てきて「一度くらいは体験してみようかな?」という気持ちになってくる人もいるようです。周りの女性たちはどうなのか、人の性事情も気になります。自分と同じ40代処女はどれくらいいるのか、気になる情報をチェックしてみましょう。

    高齢処女とは

    高齢処女とは文字通り「年齢が高めの処女の女性」を指す言葉です。これまでは30代で性経験のない女性を指すことが多かったのですが、最近では40代の処女女性を指すことも増えてきました。

    「高齢」の示す年齢に厳密な定義はなく、一般論として「性体験が遅めの女性」を指すようです。そのため時代の変化とともに高齢の示す年齢層も変わっていきます。

    40代処女のことを「やらよそ」と言う?

    世間では40代で処女を迎えた女性を「やらよそ」と呼ぶことがあります。やらよそとは「セックスを経験していない四十路(よそじ=40代)」という意味を持つ言葉です。年代によって「やらはた(20代)」「やらみそ(30代)」などと使い分けられ、また処女だけではなく童貞の男性に対しても言われます。

    未婚女性の処女率

    女性の処女率、またはいつ初体験をしているのか、マイエルシーアンケートでは10代~40代までの方へ世代別に「初体験について」の調査を行いました。

    Q1.【女性500名】初体験の年齢について

    500名の女性に初体験の年齢を聞いたところ、「10代」が48.2%ともっとも多く、次いで「20~24歳」が30.8%となっています。40代の回答者は98名で、そのうち初体験の年齢を「10代」と回答したのは57人とおよそ6割。また、今回の調査では40代で「未経験」と答えた方は1名でした。

    一方、30代にターゲットを絞って調査結果を見たところ、135名の回答者のうち約8%の女性が「未経験」と回答しています。この8%の女性たちは、そのまま未経験で40代を迎えると、いわゆる「やらよそ」になるということ。今回の40代回答者に未経験者は少なかったものの、今後一定数の女性が未経験のまま40代を迎える可能性もあると考えられます。

    また、女性の未婚率は年々増えているという声もあります。結婚しない女性が増えている理由を知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

    未婚の女性が増えている理由についてはこちら

    40代で処女(高齢処女)の女性に見られる特徴

    40代で処女の女性には、一般的に以下のような傾向が見られます。

    これらの特徴は、異性との出会いやセックスから遠のかせる原因にもなりやすいようです。異性との出会いやスキンシップ以上の楽しみがあるのは素敵なことですが、恋愛にたいして好奇心があるもののチャンスを掴みづらい原因になっているなら苦労する場面もあるでしょう。

    以下5つの項目に思い当たる節がないか、まずはチェックしてみてください。

    過去の恋愛で苦い経験がある

    過去の恋愛で苦い経験がある

    40代で処女を迎える女性は、過去の恋愛でつらい経験を持っていると場合があります。過去の恋愛でダメージを受けたため、それ以来、恋愛に対する恐怖や男性への不信感を抱いてしまっているパターンです。

    また、過去の恋人との性的な行為で怖い思いをした、嫌なことをされてトラウマになっている人も少なくありません。いざ初セックス、という時に怖い思いをしたために最後までできず、そのまま恋愛全般から足が遠のき40代を迎えるという人もいます。

    いずれのパターンも前向きではない理由で処女を続けていると言えますが、40代処女にはこうしたつらい過去を持っている女性が一定数いるものです。

    恋愛に対して受け身

    恋愛に対して受け身で奥手、こちらからアプローチすることに抵抗があるのも、40代処女の女性に多い特徴です。経験がないために何をして良いかわからない、そもそも「男性からアプローチしてほしい」と思っているなど、理由や考えはいろいろあります。理由はともかく、恋愛に対して受け身なために出会いや恋愛のチャンスがなかなかなかったパターンです。

    恋愛に対する向き合い方は、家庭環境や教育、子ども時代~学生時代の友達の傾向に影響されるケースがあります。父親が強い家庭や真面目な家庭に育った、友達もみんな恋愛に奥手で受け身だった場合など、「女性が恋愛に積極的ではいけない」といった考えに囚われているのかもしれません。

    仕事や趣味のほうが楽しいと感じる

    仕事や趣味など、異性との付き合い以上に楽しいものが多い女性も、処女のまま40代を迎えやすい傾向にあります。女性ばかりの職場や異性との出会いがない趣味だと、なおさら恋愛のチャンスは少ないでしょう。とはいえ夢中になれることがほかにあるため、出会いや交際がなくても不自由を感じることはあまりありません。

    自分を満たしてくれる友人や趣味があるのは、とても素晴らしいことです。恋愛自体に興味がないのであればこのままで問題はありません。しかしもしこの先恋愛を…と考えているのであれば今のままだとチャンスは少なくなりそうです。

    平日は仕事で忙しい、休日も自分の趣味でスケジュールがいっぱいでは、あなたに興味を持つ異性がいても誘いをかけにくくなってしまいます。

    性行為に対して悪い印象を持っている

    高齢処女の共通点として、性行為に対してネガティブな印象を持っていることも挙げられます。家庭環境や年長者からの教えなどによって、性行為は悪いこと・恥ずかしいこと・後ろめたいことだと感じて、異性や性行為を遠ざけてしまうタイプです。

    デキ婚や結婚前のセックスは悪いことのように思えて、チャンスがあってもつい拒絶してしまいます。また、処女喪失の痛みや妊娠のリスクなどに対して恐怖と不安を抱いている人も少なくありません。

    やりたくない性行為をする必要はないのですが、性行為は実際「悪いもの」ではありません。いくつかのリスクはありますが、本来幸福感を感じ合える愛情のコミュニケーションです。リスクも正しく知れば、回避できる確率はぐっと高まります。

    漠然と「怖い」「不安」という気持ちを抱えているのであれば、リスクについて詳しく知ってみるのもいいかもしれません。

    理想の男性像のハードルが高い

    理想の男性像のハードルが高すぎて、現実の男性が太刀打ちできないことも、40代で処女の女性に多く見られる特徴です。「白馬に乗った王子様」までは夢見ていなくとも、「年収はこれくらい」「ルックスはこんな感じ」と具体的な理想を掲げ、理想に合わない男性はシャットアウトしてしまいます。理想自体が高いあまり、現実と乖離してしまっているタイプです。

    また、これまで処女でいたのだからと、初めての相手に高すぎるハードルを設けることもあります。もちろん相手選びは重要で、軽んじるべきではありません。とはいえ年齢を重ねるうちにハードルを上げていくと、現実の男性のなかに自分の許容できる人は滅多にいなくなってしまいそうです。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ジャムウ・ハーバルソープ
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    LCインナーボール
    膣トレ用インナーボール
    商品を見る
    ラブデビューシリーズ メシベ
    処女でも安心のラブグッズ
    商品を見る
    LCポイントバー ピンクアングル
    可愛いオリジナルディルド
    商品を見る
    Iラインシェーバー
    Iラインのムダ毛処理用シェーバー
    商品を見る
    メイクラブリップ・カシスレディを購入する
    デリケートゾーンのパフューム
    商品を見る

    40代処女の男性からの印象

    40代処女
    お悩み解決バナー

    今後、性行為を経験したいと考えている女性は、そのときの男性からの反応が気になります。「引かれるのでは」「変だと思われないか」など不安を感じる人もいますが、女性の伝え方や向き合い方次第で相手からの印象も変わってきます。

    男性が抱く40代処女への印象や彼との付き合い方のコツを紹介します。

    どう接して良いのか困る

    40代処女との性行為を前にして男性が思うのは、どう接して良いかわからないということ。初体験の女性を相手にして、セックスの時に特別な配慮が必要なのか、どう振る舞うのが正解かわからずに困るという男性もいるようです。扱い方について戸惑いや迷いの気持ちを抱いてしまうのみで、女性が処女であることに対して特に「良い」「悪い」という気持ちはありません。

    この時に自虐的な態度をとってしまうと男性はよりどう返せばいいのか分からなくなってしまうので、シンプルに「今この時が嬉しくて幸せ」という気持ちを伝えるといいでしょう。

    何か理由があるのかと身構えてしまう

    なかには40代処女である背景や理由について想像して、身構えてしまう男性もいます。何かネガティブな背景だったらどうしようと心配に思うほか、偏った考え方や偏った生活をしているのかなど、特別な事情があるのか気になっている場合もあるでしょう。

    この場合には、こちらから理由を教えてあげることで男性の不安は解消されます。

    深い関係になったら結婚を迫られそう

    40代の女性と深い関係になったら結婚を求められるのではないかと、思わず踏みとどまってしまう男性もいます。40代で処女ならば、真面目な性格で性行為も結婚が前提ではないかと冷静に考えるためです。

    女性側が結婚を希望しているなら、これを逆手に取って男性の結婚への真剣度を測ってみても良いかもしれません。交際前に処女であることを伝えれば、良い加減な思いで寄ってくる男性は激減し、真剣な気持ちで交際したがる誠実な男性を絞れそうです。

    処女かどうかはそこまでこだわらない男性も

    男性には、処女かどうかそこまでこだわっていない人も多いものです。「身構えてしまう」というケースも、交際に影響がない理由で処女だった場合には気になりません。処女であることはむしろ嬉しいと感じる男性もいるほどです。

    男性が40代の処女を敬遠する理由は、ほとんど対策によって解消できる問題ばかりなので、処女であることを引け目に感じる必要はないでしょう。

    40代処女がパートナーを見つけるには?

    40代処女

    40代で処女の女性がこれから恋愛を発展させていくには、どのようにパートナーを見つけるのが良いのでしょうか?年齢の若さに決して良し悪しはないものの、なかにはアドバンテージの一つだと考える人もいます。

    実際に、40代になって出会いのチャンスが減ったと感じることもあるかもしれません。しかし、どんな状況・環境でも出会える人は出会えるもの。40代処女の女性が素敵なパートナーと出会うためのヒントを紹介します。

    とにかく出会いを増やす!

    出会いのチャンスが減ったと感じている40代女性がパートナーを探すなら、とにかく自分から積極的に動いて人との交流を増やすことが大切です。出会いのチャンスが増えれば、素敵な人との出会いの確率もアップします。

    また、たくさんの異性に会って話すことで、視野も広がりやすいでしょう。これまで自分が理想としてきた男性像と違うタイプでも魅力を発見したり、意外なタイプとの相性の良さに気づいたりするかもしれません。ただし「誰でも構わないから付き合いたい」とヤケにならないように、まずは相性の良いタイプ、好きなタイプの男性を見極めるところから始めてみてください。

    年下男性を子ども扱いしない

    40代になると男女限らず年下の知り合いが増え、場合によっては恋愛対象になることもあります。一般的に女性は年上男性を好む傾向にありますが、同世代以上の異性は既婚者も多く、選択の範囲が狭まりがちです。そのため40代女性が恋愛するなら、年下男性もターゲットとして意識してみるのも良いでしょう。

    年下男性はどうしてもかわいい対象に見えますが、子ども扱いせずに接してみてください。すると、年下男性からも自分を異性として認識してもらいやすくなります。一度「お母さん」になってしまうとその人の恋愛対象になるのは難しいため、キュートな一面を見せたり頼ったりして、女性として意識させましょう

    大人の色気を磨く

    女性には年齢を重ねたことで演出できる美しさがあり、それは若い女性では出せない強みとなります。これから恋愛のパートナーを見つけたいと思ったら、そうした大人の色気を磨くのも効果的です。

    40代で美しく輝いている女優さんなどをモチベーションにして、肌や髪のお手入れから始めてみましょう。自分の心身に気を遣い、日々美しくあろうと努力することが大人の美しさを引き立てます。

    年下の男性と恋愛をする際には、子ども扱いしないなどの他にもいくつかコツがあります。下記記事で詳しく解説しているので、ぜひ気になる年下男性がいる方は参考にしてみてください。

    年下男性との恋愛のコツについて詳しくはこちら

    40歳で処女の女性は妊娠・出産のリスクも増加

    40代の女性は、妊娠や出産について不安な面もあります。もちろん40代での出産は可能ですが、妊娠しにくくなったり流産リスクが高くなったりするのも事実です。また40代で初産の場合、分娩時間が長くなりやすく帝王切開を行うケースもあります。妊娠高血圧症などの妊娠を起因とする病気のリスクも心配です。

    そのため「いつかは子どもがほしい」という女性は、体の安全を思うと、リミットがあることも頭の片隅に置いておいたほうが良いのかもしれません。生活習慣の見直しなど、妊娠出産につながる体作りをしておくのもおすすめです。

    40代処女の性体験(セックス)に向けた準備

    40代処女

    初めて性体験をする際には、その前に丁寧に準備をしておく必要があります。40代処女の女性の体はスムーズにセックスしにくくなっている可能性もあり、相手の男性に任せるだけでは解決できないこともあります。

    普段から自分の体を自分でケアして、セックスの時に違和感が気になりにくいようにしておくといいでしょう。40代処女の女性がおさえておきたいセックス前の準備について紹介します。

    普段から一人エッチで感度磨き

    これまで性経験がなかった女性は、セックスしている女性よりも感度が低下している場合があります。人の体の感覚は、使わないとどうしても鈍ってしまうものです。そのため日頃から一人エッチをして、感度磨きをしておくことをおすすめします。

    また、40代で初めてする挿入では、年齢を重ねたことで筋肉が柔軟性を失い、痛みを感じやすいかもしれません。痛みを軽減するため、普段から膣口周りをほぐすようにマッサージするのも良いでしょう。

    処女膜が破れてしまうのが気になる…ということであれば、ラブコスメが開発したバイブ「ラブデビューシリーズ メシベ」を使うという方法もあります。これはタンポンサイズの細いバイブなので、いきなり大きなサイズだと痛みを感じそうな方や処女膜が破れる心配をせずにバイブを使いたい方におすすめのアイテムです。

    ラブデビューシリーズ メシベ

    ラブデビューシリーズ メシベ

    「ラブタイムの経験はないけど、ラブグッズを使ってみたい…」というご要望にお応えタンポンサイズのラブグッズ。未経験の方にも使いやすい直径1.5センチなので、挿入への不安感も薄くなったとお声を多くいただきます。しっかり震えて感じる練習にも便利です!初めてのラブグッズデビューや、ラブタイムの準備にぜひお試しください。

    処女のバイブを使った感度磨きについては是非下記を参考にしてみてください。

    初めてのセックスのときは潤滑ジェルを

    初めてのセックスでは、年齢に限らず緊張や不安のあまり濡れにくくなることがあります。その場合、潤滑ジェルによって潤いのサポートをしてあげましょう。

    ラブコスメのモイスチャージェル「ラブスライド」は、膣に潤いを与えて、スムーズな挿入をサポートしてくれるラブグッズ。年齢が高めの女性によくある「乾きやすい」お悩みにぴったりです。セクシャルなハーブ配合のため女性の快感もサポートでき、初めてでも豊かな時間を過ごせそうです。

    ラブスライド
    ラブスライド

    ヌルッと滑るようなスムーズな感覚をサポートするラブコスメ。潤い不足による摩擦での不快感をサポートし、濡れにくい、感じにくいお悩みをケアします。使用中に保湿もするので、美容対策にもピッタリ。

    その他初めての「入らない」「入りにくい」お悩みの解決方法は下記の記事で特集しています。初体験のチャンスが来そうなとき、初体験に挑む前には是非チェックしてみてください。

    黒ずみケアは今すぐ始めよう

    セックス中は、相手の男性に自分の体を見られることになります。自分の体に自信が持てないと不安や緊張も高まってしまうため、肌磨きをして万全な状態にしておきましょう。

    特に自分で見えにくいデリケートゾーンや太ももの付け根の黒ずみは、直前にケアしようと思ってもなかなか簡単には隠れません。初めてのラブタイムで彼に「きれいだな」という印象を与えるためにも、早めにケアを始めましょう。

    ラブコスメの「ジャムウ・ハードバブル」は、黒ずみ&臭い対策が同時にできるデリケートゾーンソープ。3分泡パックをすることで、パパイア果実エキスがにおいや黒ずみのもとをさっぱりと洗い流してくれます。

    ジャムウ・ハードバブル
    ジャムウ・ハードバブル

    デリケートゾーンや乳首の黒ずみの元をスッキリ洗う自然派石鹸です。素肌をサッパリさせるパパイヤ果実エキスや皮膚をなめらかにしっとりさせるようオリーブ油を使用。厳選したジャムウハーブの独自のブレンド方法で作られています。

    デリケートゾーンの黒ずみケア方法については、是非下記の記事などを参考にしてみてください。

    40代処女は悩みすぎずに前向きな一歩を踏み出そう

    40代処女

    時代の流れとともに40代処女の女性は増えてきています。処女は決して悪いことではなく、自分の考えと真剣に向き合いながら生きてきたうえでの結果であれば、自信を持って良いはずです。

    大切にしてきたからこそ、処女を捨てたいとヤケになって体を許すことなどはせず、後悔のない行動をとりましょう。セックスするもしないも、その人の自由です。

    ただ、もしパートナーや子どもとの生活を望むのであれば、勇気を出して一歩踏み出すことも必要となるでしょう。その場合もきちんと向き合ってくれる誠実な男性を見つけ、お互いの愛を確かめたうえで次の段階へ進むことが大切です。

    監修:一倉絵莉子先生(産婦人科医)
    監修:一倉絵莉子先生(産婦人科医)

    日本大学医学部卒業。川口市立医療センター、北里大学メディカルセンター産婦人科で臨床経験を積み、現在は六本木ヒルズクリニックにて診療を行っている。(日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会会員)

    ⇒六本木ヒルズクリニックのサイトはこちら

    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    読み物コンテンツでよく検索されるワード<今人気のタグ>

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!