バストの悩み

マシュマロバストをつくる!
胸をふわふわに柔らかくする方法

マシュマロバストになるために。胸をふわふわと柔らかくする方法
     

    マシュマロバストになりたい!

    マシュマロバストになるには?お悩み解決バナー

    スタイルの良い人に憧れる女性は多いですが、ただ痩せていて胸やお尻は大きければいい…というわけではありません。特に男性の視点でみると、そこに「女性らしい体」という要素が加わります。

    この男性が思う「女性らしい体」には、ガリガリではない曲線美があり、さらに柔らかさ、触り心地が含まれています。女性特有のあの触ると柔らかそうな肌や、もちもちの感触を嫌いという男性はまずいません。

    特に触り心地でこだわりたいのは、胸の柔らかさ。このふわふわと感じる柔らかさは、実は胸の大きさがすべてではないです。バストが小さくても、柔らかそうな印象の女性はたくさんいます。また、それはぽっちゃりとも違います。

    つまり、胸が小さめだったり筋肉質な体型だったりしても、努力しだいでマシュマロのようにおっぱいを柔らかくすることは可能なのです。

    この記事では、『マシュマロバスト』のそもそもの意味をまずおさえつつ、胸を柔らかくする方法とマシュマロのようなふわふわおっぱいをつくるためのコツについて解説していきます。同時に、マシュマロバストと普通のバストの違いについても詳しく見て行きます!

    マシュマロバストとは?

    そもそもマシュマロバストって?

    『マシュマロバスト』とは、皆さんがご想像する通りお菓子の『マシュマロ』と胸(バスト)が合わさった造語です。

    見た目がふっくらとしていて、触るとふわっと弾力がある。そんなお菓子のマシュマロと同じ魅力を持ったバストを『マシュマロバスト』と呼びますが、具体的にはどのようなバストが該当するのでしょうか?

    見た目からしてふっくら柔らかそうなバスト

    まず、『マシュマロバスト』のわかりやすい基準として、「見た目がやわらかそうかどうか」ということが一番に挙げられます。そもそもマシュマロは見た目にもふわふわでやわらかそうなお菓子。

    あの、マシュマロを連想するほどふわっとした柔らかさを感じさせるバストかどうか、ということが大切なチェックポイントになります。

    形としてはどちらかというと円錐形ではなくおわん型。色は実際のマシュマロと同じように白い方が、印象が近いようです。

    また、デコルテからふわっとした印象のバストの方が、『マシュマロ感』があると感じられるようです。

    本来、胸は柔らかい!

    そしてもう一つの基準は『実際触って柔らかい』ということです。

    ただし、女性のバストは本来、柔らかい脂肪の塊であり、ある程度のサイズ以上であればどの女性でもマシュマロバストの素質があると言えます。

    しかし、ライフスタイルによっては冷え性が悪化したりという理由などで、バストを構成する脂肪が冷えて固まってしまい、その結果としてせっかくの柔らかいバストが弾力を失ってしまう、という場合もあります。

    よく、胸の大きい女性で「バストが重くて肩が凝って仕方がない」という女性がいますが、それはバストの重さのせいだけではなく、本来あるべきバストの弾力性を失ってしまっていて、それが原因で重いと感じる可能性も考えられます。

    そういった胸が硬い印象の方は、マシュマロバストを目指すために、まずはバストの血行を改善する必要があります

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    いままでと触り心地が全然違う?!
    商品を見る
    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェルを購入する
    お風呂上りに彼が一言「美乳だよね。」
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブルを購入する
    形より、乳首の色が気になる!
    商品を見る
    股の黒ずみケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    頑固な黒ずみケアも、お風呂のたった3分?!
    商品を見る
    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)を購入する
    お風呂上りの3分以内に塗るだけ!
    商品を見る

    マシュマロバストに対する男性の本音

    男性はどう思っているの?

    女性にとって憧れの『マシュマロバスト』ですが、男性にとって『マシュマロバスト』とはどのようなイメージなのでしょうか。なかなか聞けない男性の胸の柔らかさについての本音について見ていきましょう。

    柔らかいバストが好きな男性が多数

    男性に理想のバストの形についてたずねると、「弾力性よりも柔らかさをもとめる」という声が多く、ふわふわのマシュマロバストがいかに男性から愛されているか、ということがうかがえます。

    ちなみに、男性がバストに柔らかさをもとめるのには心理学的な裏付けがあります。男性が生まれてはじめて接するのは母親です。出産後の女性は授乳のためにバストが柔らかくなっていく傾向があり、結果として男性の深層心理に「柔らかいおっぱい=自分にとって心地良いもの」というイメージが定着したと考えられます。

    ただし、バストへの思い入れは男性によってさまざまであり、柔らかいおっぱいが好きだという男性もいれば、ハリと弾力性のあるバストに惹かれるという男性も少なくありません

    性格もふんわりしているように見える

    見た目が性格に与える影響は意外と大きく、男性から見ると「マシュマロバストの女性は性格も穏やかでやわらかい」というイメージが根強くあるようです。

    マシュマロバストの女性は、全体的に柔らかそうな印象であることが多いため、接している時の印象もどちらかといえばやわらかく、話していてもトゲトゲした感じを受けないため、男性にとっても良いイメージにつながりやすいのかもしれません。

    ぽっちゃりした女性というイメージも

    マシュマロバストの女性はぽっちゃりしていて可愛い、とこたえる男性も多いようです。実際には、バストだけが大きくなるケースも少なくはなく、マシュマロバストだからといって必ずしもぽっちゃり体型ではありません

    しかし、男性にとってはどうやら、「マシュマロバストの女性は全身が柔らかいのではないか」というイメージがあり、ぽっちゃりと感じてしまうのかもしれません。

    一方、女性にとって「ぽっちゃり」という言葉は意外とイメージが悪いようで、たとえば彼氏や旦那さんから「最近ぽっちゃりしてきたね」などと言われると太っている、といわれているような気がして気分が悪い、という女性も多いといいます。バストの柔らかさとぽっちゃりは別々のものです。

    マシュマロバストにならない原因

    マシュマロバストにならない原因は?お悩み解決バナー

    女性にとっても男性にとっても人気の高い『マシュマロバスト』ですが、残念ながら、誰もが無条件にマシュマロバストを手に入れられるわけではありません

    「努力しているのになかなかマシュマロバストにならない!」という女性のために、まずはバストがやわらかくならない理由について深掘りしていきましょう。

    年齢が若い

    一般的に若い女性はどちらかというと「ハリ」がつよく、いわゆる「マシュマロ」のようなふわっと感を感じにくいバストです。しかし若い女性でももちろんマシュマロのような質感に近づけることは可能で、そのためには肌の触り心地ケアが大きなポイントです。

    素肌をふわっとした質感にサポートする美容ジェルで、バストの肌触りをケアしていきましょう。

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    プエラリアハーバルジェル

    肌にツルスベ感やハリを与え、ムダ毛処理後のチクチク防止効果にも期待できるLCオリジナルボディジェル。『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合し、プエラリアミリフィカに多く含まれる女性ホルモンと同じ働きをするといわれるイソフラボンの影響で、肌にツヤを与えてさらに滑らかにします。ノンパラベン・無香料・無着色だから肌にも優しく、敏感なバストケア用として使用すればプルプルツヤツヤな理想のマシュマロバストが期待できます。

    商品を使った人の感想

    「彼氏に褒められて満足」

    「プエラリアハーバルジェル」でバストマッサージを始めてから、肌がプルプルして柔らかくなったような感じがしていました。彼氏にも柔らかくなった?と触られることが多くなり「ずっと触っていたい柔らかくて気持ちよくて可愛い」と褒められて満足です。ずっと使い続けてもっと自分磨きをしたいです。

    「自分で触っても実感できる」

    バストマッサージに使用した実感は、感触が以前よりよくなりました。自分で触っても実感できるほど柔らかくて弾力のある質感になりました。これだけでも十分ですが、バストアップも期待してプエラリアハーバルジェルでマッサージし続けようと思います。

    筋力が衰えている

    やわらかく、見た目も美しいマシュマロバストをキープするためにはまず、筋力トレーニングが不可欠です。バストそのものは脂肪の塊ですが、バストを本来あるべき高さに維持しているのは肩や胸まわりの筋肉であり、このあたりの筋力が衰えるとバストも自然と垂れ下がってしまい、弾力性も失われていきます。

    筋力は加齢とともに衰えていくものですが、若いうちから少しずつ筋力トレーニングを積み重ねることによって筋肉をキープすることができ、いわゆる「垂れ乳」予防にもつながります。

    必要な栄養素が足りていない

    バストも体の一部ですから、毎日の食生活の影響をダイレクトに受けます。バストアップに効果が期待できるとされている栄養素としては、イソフラボン、タンパク質、ホウ素、ビタミンC、ビタミンE、などがあり、普段からこれらの栄養素を積極的に摂取することでマシュマロバストに近づくことができます。

    イソフラボンは豆腐や豆乳などの食品に多く含まれています。また、豆腐には植物性のたんぱく質も豊富に含まれていますので、朝食や夕食で意識的に豆腐、豆乳を摂取するようにしましょう。ホウ素はひじきやきな粉などに多く含まれていますので、基本的には植物性の食生活を心がけたほうがバストの維持には効果的といえるでしょう。

    どうしても不足しがちな栄養素をサプリメントで補うという方法もありますが、サプリにあまり頼りすぎるとかえって栄養バランスをくずしてしまうため注意しましょう。

    姿勢がよくない

    バストが最近垂れてきた……と感じてきたら、普段の姿勢から見直してみましょう。性別を問わず、日本人の多くは猫背になりやすいといわれています。

    猫背になるとどうしても首や肩、胸まわりのリンパや血流が阻害されてしまい、結果としてバストの発育に必要な栄養素が行き渡らなくなります

    また、猫背がクセになるとバストを支える筋肉も必然的に衰えてしまいます。マシュマロバスト作りのための筋力の維持という意味でも、普段から極力猫背をさけ、背筋をきちんと伸ばすように心がけましょう

    睡眠時のブラジャー問題

    窮屈だから寝る時はブラジャーをつけない、という女性は少なくありません。確かに、かつてはブラジャーによって血流が妨げられるため、睡眠時はノーブラのほうがいいとも言われていました。

    ただ、最新の研究ではむしろ夜にブラジャーをつけないことでバストの形が崩れることのほうが問題であるという説が有力になっています。

    柔らかいバストを固定するためにも、ナイトブラなどは活用するといいでしょう。

    ふわふわのマシュマロバストのつくり方

    マシュマロバストの作り方!

    ふわふわのマシュマロバストが好印象につながる理由について詳しく見てきました。ここからはより実践的に、胸を柔らかくする方法、ふわふわのマシュマロバストを手に入れてキープする方法についてご紹介していきます。

    バスト周辺をほぐすストレッチから

    手順1

    壁に片肘の内側を引っ掛け、引っ掛けた手と同じ方の足を前に出す

    手順2

    脇の肉をしっかり掴みバスト側へ息を吐きながらグッと引っ張って伸ばし1分間静止

    手順3

    反対側も同じように行う

    猫背など、バストにとってネガティブな生活習慣を長くつづけていると、どうしてもバストまわりの筋力が凝り固まり、血流の悪化など悪循環を引き起こしてしまいます。それが胸の柔らかさを妨げる要因にもなってしまいます。

    上記のストレッチを行うことでバストまわりを時間をかけてほぐすことができ、胸を柔らかくして、効果的なバストアップにつながります。

    バスト周辺をリンパマッサージ

    手順1

    二の腕→脇の下の順にさする

    手順2

    脇の下→バスト外側→バスト下側→みぞおち辺りの順にさすっていく

    手順3

    バストトップ→デコルテ→耳の下の順にさすっていく

    手順4

    背中の後ろで両手を組んで後ろに引っ張りながら顔を上に上げるようにストレッチして完了

    胸を柔らかくする内回しマッサージ

    手順1

    胸を張って、片方のバストを片手でぐっと掴んでバストを体の中心に寄せるイメージでゆっくりと内回しする

    手順2

    片方につき1分間行う

    肌を痛めたりしないよう、このマッサージでもジェルを使用するのがおすすめです。筋肉をほぐし、血液やリンパの流れを良くした後は、いよいよバストそのもののマッサージによってマシュマロバストを手に入れましょう。

    マシュマロバストをつくる生活習慣

    バストに良い習慣を実践しよう!

    柔らかそうなマシュマロバストを手に入れるためには、毎日の努力が不可欠です。ここでご紹介する「バストに良い生活習慣」をひとつひとつ実践することで、見た目にも美しいマシュマロバストに近づくことができるでしょう。

    毎日湯船に浸かって体をあたためよう

    真夏の忙しい時期だとついつい入浴もシャワーだけで済ませてしまいますが、それはバストにとっては良くありません

    シャワーだけだとどうしても体が充分に温まらず、体温もすぐに下がってしまい、バストを支える脂肪も固まってしまいます。

    真夏であってもきちんと毎日お風呂に入り、湯船にきちんと浸かることで体の芯から温まり、バストを支える脂肪や筋肉をほぐすことにつながります。ふわふわのマシュマロバストを作るポイントは、しっかり体を温めることから開始しましょう。

    バストアップに効果的な食生活を

    ふわふわな胸を作るためのバストアップには、女性ホルモンのはたらきが大きく影響しています。大豆製品に多く含まれるイソフラボンやひじきなどの海藻類に豊富に含まれるホウ素、チーズなどのたんぱく質などを積極的に摂取することで女性ホルモンの補充になり、バストの原材料にもなります

    睡眠時間はしっかり確保


    しっかり寝るように心がけよう!

    「寝る子は育つ」ということわざがあてはまるのは、子どもだけではありません。大人でも睡眠中に多量の成長ホルモンが分泌されており、ホルモンの影響で女性の場合はバストアップが促されると考えられています。

    理想は7時間睡眠を維持することだと医学的には言われており、質の良い睡眠はバストアップ以外にも疲労回復やストレスのリセットなどさまざまな効果をもたらすと考えられています。

    自分に合ったブラジャーを選ぼう

    普段から自分に合わないブラジャーをつけているとバストは知らず知らずのうちに悪影響を受け、マシュマロバストからも遠ざかっていきます。

    ブラジャーは、大きすぎても小さすぎてもいけません。きちんと下着屋さんで採寸してもらったうえで、自分の体型とバストサイズにきっちり合ったブラジャーを身につけることでバストへの負担を最小限におさえることができます。

    睡眠中もバストの形は乱れやすいため、ぜひナイトブラを着用しましょう。

    猫背を改善しよう

    デスクワークや家事に毎日追われていると、どうしても猫背のクセがしみついてしまい、正しい姿勢がわからなくなるものです。

    猫背がつづいてしまうと首や肩のあたりの血流やリンパの流れが悪くなってしまい、バストに必要な栄養や酸素が行き渡らなくなります。それがバストが硬くなる原因になります。

    できれば自分自身で意識して正しい姿勢を維持するのがベストですが、どうしても猫背になってしまう場合には矯正ベルトを活用してみるのも効果的です。

    日々の努力でマシュマロバストは手に入る

    日々の努力でマシュマロバストに!お悩み解決バナー

    バストの形は決して、遺伝や体質だけで決まるものではありません。姿勢の矯正や食生活改善、規則正しい生活習慣によってふわふわの『マシュマロバスト』に近づくことができ、見た目にも美しくバランスの取れたバストを手に入れることができます。

    サプリメントや姿勢矯正ベルトなど、補助アイテムも上手に活用して、無理のないバストアップを心がけましょう。

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    LCラブコスメから販売されている商品で、肌にハリを与える成分として、プエラリアミリフィカ根エキスを配合しています。肌触りの良いふっくらとしたバストに導く商品です。バストはもちろん、全身に使用することができます。また、敏感肌の方にも嬉しい、無香料、無着色でパラベンなどは使用していません。

    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)

    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)

    ムダ毛とバストケアの定番として、LCで大人気の『プエラリア・ハーバル・ジェル』の大容量1リットルタイプがアルミパックで登場です。女性らしいボディラインを目指すマッサージや、抱き心地のケア、チクチク対策などを1つですべてをカバーします。そのため、全身くまなくケアするには大容量の1リットルがぴったり♪

    LCラブサプリ パッションスイッチ

    LCラブサプリ パッションスイッチ

    バラの花びらやザクロ、レッドクローバーなど女性に嬉しいハーブを配合したラブサプリ。大切なパートナーを、ベッドでセクシーに女性らしく魅了させたい!という方にオススメです。飲み続けていると、彼からセクシーだ…と言われてしまうかも!?

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

       
      

    バストの悩み 記事一覧

    簡単なバストアップの方法や確実にバストアップ効果のあった成功体験談をご紹介!
    バストアップの方法

    胸を大きくするメソッド

    きれいなバストの形について。バストの種類や重さで、きれいな胸に近づく作り方
    バストをきれいな形に

    バストの形の種類・重さなど

    バストアップマッサージで効果的なバストアップと育乳のやり方、美胸の作り方!
    バストマッサージ

    回数と正しいやり方

    女性のためのバストアップの筋トレ方法、垂れ対策
    バストアップのための筋トレ

    大胸筋の鍛え方

    バストのための運動…続いてますか?簡単な胸を大きくするエクササイズをご紹介します!
    簡単バストアップ運動

    簡単なエクササイズをご紹介

    バストアップのツボを押す女性。胸のツボ押しの効果で女性ホルモンを増やして胸を大きくする!
    バストのツボ

    バストアップのツボ5つ!

    胸を落さずダイエッ!バストアップの共通点とは?バストアップしながら、痩せても残して小さくならない方法
    胸を落とさずダイエット

    胸を残すバストアップ

    胸のリンパマッサージでバストアップできる?バ胸のマッサージの方法
    胸のリンパマッサージ

    リンパでバストアップ

    2人で始めるバストアップマッサージ
    彼氏とバストアップ

    彼氏の大きくなる揉み方

    胸は揉まれると大きくなるのか?
    胸を揉むと大きくなる?

    セックスで胸を大きくする

    胸が張ると大きくなる?胸の成長痛の原因と発育を促すマッサージ方法
    胸が張ると大きくなる?

    痛みの原因は成長痛…?!

    胸を揺らす
    胸を揺らすと大きくなる?

    小さくなる?大きくなる?

    胸を柔らかくする方法。男性が好きな女性の柔らかいおっぱい(乳)や肌になる!
    柔らかい胸

    おっぱいも肌も柔らかく

    胸の成長はいつまで?バストアップは何歳までできるの?
    胸の成長はいつまで?

    何歳までバストは成長するの

    「バストアップのための食事」のレシピと栄養素、女性ホルモンを増やすおすすめのやり方
    バストアップと食事

    おすすめの食事や栄養は?

    お風呂でバストアップ!胸を大きくする入浴方法とは?
    お風呂でバストアップ

    入浴中が効果的…?!

    胸を大きくしたい!育乳のための、食事、エクササイズ、ストレッチ、マッサージ方法など。
    育乳で胸を大きくする!

    育乳のマッサージや食事

    育乳ブラでバストアップする方法。おすすめ育乳アイテムや補正ブラの選び方や付け方
    育乳ブラ

    育乳ブラの選び方・付け方

    「胸をおおきくしたい」おっぱい体操で大きくするやり方とその効果と注意点
    おっぱい体操でバストアップ

    ふわふわおっぱいを目指す

    産後のバストアップの方法、卒乳後の胸がしぼむ原因と胸を大きくする方法
    産後のバストアップ

    卒乳後でも胸を保つ

    バスト地図
    バストの平均は?

    全国地図でみるバストサイズ

    バストアップの効果あり?成功したマッサージ効果や食材や豆乳について
    バストアップ効果あり?

    噂のうち、効果があるのは?

    胸の大きさは遺伝?バストアップは親で決まる?
    胸の大きさは遺伝?

    習慣、食事、ストレスの関係

    胸の谷間、私にはできないの?綺麗な谷間の作り方と谷間セクシーになる方法!
    綺麗な谷間の作り方

    胸元やデコルテのケア

    胸の位置、ブラの場所、バストの高さで見た目年齢の印象が変わる!ブラトップが垂れる?
    胸の位置

    バストの位置が低い

    垂れ乳の改善方法!おっぱいは垂れるの原因と垂れた胸の張りを戻す方法
    垂れた胸を改善する方法

    垂れ乳や垂れたおっぱいケア

    胸が流れる原因と対処。脇肉やハミ肉をブラでバストに戻す脇肉キャッチャーの方法
    脇肉がはみ出る

    脇肉や贅肉、ハミ肉の対処

    理想の胸のサイズとは?大きさ、形、柔らかさはどんなもの?理想の乳首とは?
    理想の胸にする方法

    彼が胸に触れない!

    そげ胸、そげ乳になってバストが老けた胸の印象に!ふっくらバストに戻す方法
    そげ胸、胸が痩せた

    ふっくらバストへ戻し方

    離れ乳(離れ胸)の原因を改善して、魅力的なバストへ
    離れ乳(離れ胸)

    その原因と改善方法

    左右の胸、同じ大きさにしたい!胸の大きさが違う場合のマッサージ方法
    左右非対称の胸

    きれいなバストの磨き方

    胸が小さい 悩み、おっぱいが小さい貧乳コンプレックスの対策や理想のバストの作り方
    胸が小さい

    バストが小さい原因と対策

    胸がしぼむ原因とは?卒乳・生理前など。バストがやせる原因とハリを取り戻す対策
    胸がしぼむ

    胸のハリやブラの隙間を対策

    女の子の悩みを解決!冬の乳首の乾燥、かゆい、カサカサを保湿ジェルでマッサージ
    乳首が乾燥する原因

    透明感の肌を取り戻す対策

    乳首の形の種類をキレイな乳首にする方法!乳首の形が変?長い、大きい、大きくなっている?
    乳首の形

    綺麗な乳首へのケア方法

    乳首が黒い原因は人それぞれ。乳首の色をピンクにする方法と、色素沈着の改善
    乳首の色が気になる

    ピンクの乳首に憧れる

    乳輪の色が黒い、濃い原因。ピンク色にケアする方法
    乳輪の色

    ピンクに保つ方法

    乳輪の黒ずみ、どうにかしたい…3分間の泡パックでバストの黒ずみケア
    乳輪の黒ずみ

    泡パック簡単バストケア!

    乳輪のぶつぶつ何でできたの?乳首にあるモントゴメリー腺とは
    乳輪ぶつぶつ

    モントゴメリー腺の役割

    乳輪の大きさの平均サイズや理想の形。原因と小さくする方法
    乳輪が大きい?

    平均サイズと理想

    乳首が大きい・長いときの対処法。乳首の平均サイズと、乳首肥大が起こる要因について。
    乳首が肥大化

    乳首が平均より大きい?

    胸が大きいから?バストアップしたら肩こりになる?胸と肩こりの話
    胸と肩こり

    胸が大きいと肩がこる?



    カテゴリー一覧