バストの悩み

胸を大きくする方法!育乳のための食事やマッサージ

公開日: 2015/06/18  最終更新日: 2021/07/13

胸を大きくしたい!育乳のための、食事、エクササイズ、ストレッチ、マッサージ方法など。
     

    胸を大きくしたい!育乳は何から始めればいいの?

    胸を大きくしたいけど、毎日のマッサージが続かない…。
    お悩み解決バナー

    女性のほとんどが一度はチャレンジし、そして多くの方が挫折しているダイエット。初めはエクササイズや食事制限など張り切って頑張ったけれど、なかなか続かない…という経験、ありませんか?

    胸を大きくするのも実は同じで、『この方法でバストが大きくなる!』『これであなたの美乳の仲間入り!』なんて言われている育乳方法はいくらでもあるのですが、結局挫折してしまいます。

    そう、全ては面倒だから…。

    美しいバストを夢見て一念発起して始めたものの、最初は頑張ってみたけどなかなか実感が表れないからすぐにみなさん挫折してしまうんです。

    できればバストアップに実感があるエクササイズやマッサージや食事も、上手に日常生活の中で取り入れていきたいものです。

    そこで、LCでは、無理をしないで出来る胸が大きくなる食事や習慣、育乳マッサージ方法やエクササイズなどを、朝・昼・晩の順番でをまとめてみました!

    胸が大きくなる食事方法:朝食の取り方、選び方

    バストを大きくするには朝の習慣が大切です。朝ご飯を食べる、少し運動をする…そんな習慣を作ると朝から元気に行動が開始できるとともに1日ハツラツとすごせますよね。

    元気に行動開始するためには、まずは朝食。必要な栄養素を摂取する必要があります。その中でも特にいいと言われているのが

    • たんぱく質
    • ビタミン
    • ミネラル

    この3つです。

    しかし闇雲に摂取すればいいという訳ではありません。それぞれ、摂り方や調理法に特徴があるので、それぞれの素材を生かした方法で摂取することがオススメです。

    そして、バストに良い食材同士の相乗効果を狙って、バストアップを図りましょう!

    少食派におススメする胸を育てる朝食

    朝は目覚めが悪いからガッツリと食べられない…そんな小食の方にはビタミンCがいっぱいのフルーツや野菜がお勧め!

    例えばイチゴ、レモン、アセロラ、トマトなどはビタミンが豊富に含まれています。これにヨーグルトをかけたり、ハチミツをかけたり、スムージーなどにしてアレンジをしてみてください。こうすれば効率よくビタミンCを摂取することができますよ♪

    美肌効果でも有名なビタミンC

    ビタミンCにはバストの成長に欠かせないコラーゲンの生成を助ける働きがあります。また、ストレスを溜めることはバストアップの大敵言われていますが、そのストレスを和らげる作用もあるので、朝にビタミンCを取っておけばスッキリと働くことができますね♪

    コラーゲンの生成を助けるビタミンCでバストアップ!美容とともに朝食で気分をチャージ!

    ガッツリ派におススメする胸を育てる朝食

    朝はお腹が空くからガッツリ食べたい…そんな方にはバランスよく食べられる和食がおススメ!

    和食と言えば豆腐とわかめの味噌汁、納豆、お米や玉子焼きや焼き魚などメニューも豊富。毎日組み合わせをアレンジしていただくのがおススメです。

    豊かなバストをつくるために欠かせないたんぱく質

    たんぱく質には女性ホルモンを活発にする働きがあり、理想的なバストの基盤をつくります。特に、女性らしさを応援するイソフラボン(植物性エストロゲン)を含んだ大豆製品は、胸を大きくするには欠かせない食材です!

    またたんぱく質には2種類あり、

    • 動物性
    • 植物性

    とありますが、それぞれ少しずつ働きが違うのでどちらもバランスよく摂取するのがオススメです。

    女性らしさをサポートするイソフラボンで胸が大きくなる!朝食でタンパク質をしっかり摂取!

    その他に育乳のために一緒に食べておきたい朝食

    ミネラルは身体の機能維持に欠かせない栄養素で、しかもバストアップの基本となり筋肉を維持する働きもあります。しかしそんな大切なミネラルは体内で作ることが出来ず、食事で摂取する必要があります。

    しかし塩にミネラルがたくさん含まれているからと言って、ナトリウムを摂取し過ぎると血圧を上げてしまったり、生活習慣に悪影響を与えてしまう可能性があります。

    大切なミネラルですが、ナトリウムだけは、摂り過ぎに注意。塩分の多い食事は控えましょう!

    胸が大きくなる食事方法:昼食の取り方、選び方

    そして、姿勢と同時に行いたい内側のケア、「食事」です。毎日外食で、好きなものばかり食べていては胸に栄養がいかなくなってしまいます。

    活動的なお昼にお勧めなのが、豊かなバストをつくるために欠かせない栄養素「たんぱく質」。たんぱく質が豊富に含まれるお肉(鶏肉)やお魚(マグロ)、チーズや大豆などを使ったお料理は多くのたんぱく質が含まれています。

    また、たんぱく質には「動物性」と「植物性」この2種類があります。お肉やお魚などは動物系ですが、大豆などは植物系になるので、同じたんぱく質でもどちらも偏らないように摂取してください。

    もちろんたんぱく質だけ取ればいいという訳ではありません。育乳にはバランスが取れた食事が重要なので、その他にもビタミンCやミネラルなども一緒に摂取し、食事バストアップをサポートしてきましょう。

    胸を大きくする生活が育乳に!お肉や魚、大豆のたんぱく質の食事メニューを習慣に!

    胸を大きくするためには姿勢と、食事が重要だとお分かりいただけたと思います。バストアップは、何と言っても「継続」が大切です。

    毎日続けるためには「続かないことはしない」ことが重要となります。例えばランチが毎日外食やコンビニならサラダやフルーツを一品足してみたり、お弁当ならおかずの種類を増やしてみるなど、自分に対して「ご褒美」になるような感覚で栄養を取れば楽しく続けることができますよ。

    育乳で最も重要なのはストレスを溜めないことでもあるので、バランスが取れた美味しい食事、楽しい生活を心がけていきましょう!

    胸が大きくなる食事方法:夕食の取り方、選び方

    女性はやっぱり気になるのが「カロリー」です。夜は寝るだけだからガッツリ食べるのが嫌…そんな方にもピッタリなヘルシーで手軽に摂取できる栄養があるんです!

    ボロンは育乳におすすめの栄養素

    ローカロリーでバストアップも期待できる栄養素、それは「ボロン」です。ボロンにはエストロゲンという女性ホルモンの分泌を助け、胸に脂肪を増やす効果があると言われているんです!

    このボロンが多く含まれていると言われている食材が、とろろ昆布、キャベツ、ひじき、わかめ、ハチミツ、りんご、梨、ブドウなどがあげられます。

    お勧めの食事メニュー

    • キャベツ ⇒ 千切りなどのサラダ
    • わかめ ⇒ お味噌汁の中に入れたり、まぜご飯
    • とろろ昆布 ⇒ 味噌汁やうどんなどに汁物に
    • ひじき ⇒ おひたしやまぜごはん

    りんごはデザートに取り入れやすいですし、果物が無ければプレーンヨーグルトにハチミツをいれるのもお勧めです!

    毎日の食事を少しだけ意識すれば簡単に摂取できるので、これなら毎日続けられそうですね。

    もちろんボロン以外にも植物性たんぱく質の大豆や豆乳などと組み合わせをするとより効果的に摂取ができます!

    バストを育てる、たんぱく質&ボロンが一度に摂取できるメニュー

    • キャベツと鶏肉の豆乳煮
    • 魚の昆布〆
    • ロールキャベツ

    なども、栄養が取れ美味しそうですね。
    季節の合わせてお好みの食事を是非工夫してみてください♪

    バストを育てる!無理に食事制限しなくてもレシピの工夫次第で美味しくバストアップを続けよう!

    胸が大きくなる方法:育乳ストレッチ!

    いろいろと胸を大きくするのに効果のある朝食について紹介してきましたが、実は栄養素をとるだけでバストアップに繋がるとは言い切れません。

    栄養素は過剰摂取もNGですし、タイミングも重要です。

    例えば『この栄養素がいい!』からと言って、そればかり食べては栄養のバランスが崩れてしまいますし、『朝食が取れないからせめて夜はしっかりと食べよう…』と深夜に摂取しても、身体は上手に受け入れてくれないので、バストアップには繋がりにくくなってしまいます。

    だから朝に朝食を取るのはとても合理的で、身体も吸収しやすく、代謝も上げてくれるので効率がいいんですね。

    なので実は胸を大きくする育乳エクササイズも朝がおススメなのです!

    軽いエクササイズ(ストレッチ)はバストアップには欠かせません。なぜならバスト付近が固まっていると、成長したくても筋肉が邪魔をして成長できません。

    しかしストレッチで固まった筋肉を伸ばすと、リンパや血行がよくなってカラダがポカポカしてきます。

    朝起きてすぐの代謝量を上げておけば、代謝量が上がっている状態のまま一日を過ごすことができますし、血行が良くなればその分バストにまで栄養が行き渡るので一石二鳥!

    また、バスト周りの筋肉を伸ばす際に一緒に肩甲骨が動けば成長を促すだけではなく、全体の代謝量が上がるので、ダイエットにも繋がります!
    起きたらお布団から出る前にそのままベットで毎日ストレッチ!を習慣にしましょう。

    そこで簡単にできる育乳ストレッチをまとめてみました。

    背中からバストを吊り上げる!

    まずは猫が伸びをするように背中から肩甲骨の筋肉を伸ばしていきましょう。
    写真の状態からお尻を高く持ち上げて20秒キープして下さい。

    猫が伸びをする格好でバストの垂れを防ぐ!朝の数分でできるバストアップのためのストレッチ!
    【背中からバストを吊り上げる方法】
    1.四つ這いになる
    2.両腕を前に伸ばして、お尻を高く上げた状態で保つ(猫が伸びをしているポーズ!)
    ※これで20秒キープ!

    肩甲骨を鍛えることで背中の方からバストを吊り上げて、バストが垂れるのを防ぎます。ま、このポーズでコリをほぐすと、ブラからはみ出るお肉もスッキリしてきますよ♪

    肩甲骨を動かしはみ出し肉を防ぐ

    次に背中の上で腕を引っ張りあうようにして、肩甲骨を重点的にほぐします。腕を引っ張りあうようにしてそのまま10秒キープして下さい。

    肩甲骨のコリもほぐせる!道具なんていらない育乳のためのストレッチ!

    【バストのはみ出し肉を防ぐ方法】
    1.両腕を背中の真ん中で上下に握手をし、そのまま10秒間キープ!
    2.同じことを今度は腕を逆にして行います
    届かない方はタオルを使ってもOK!
    ※左右3回×2セット

    肩甲骨のコリをほぐすことで横に流れがちなお肉を元の位置に戻してくれますよ!

    いかかでしょうか?時間にして3分もないぐらい、しかも道具も何もいりません。これなら続けられそうではありませんか?朝起きてからの習慣にすることで、毎日スッキリしてお布団から出ることもできそうですね。

    バストアップしたいなら食事だけじゃダメ!軽めの運動やストレッチの後にバランスが良い朝食を!

    胸を大きくしたいなら、朝のストレッチで代謝をアップさせた後、バストをイキイキとさせるビタミンやたんぱく質などの栄養をバランスよくしっかり摂る。

    なんだかバストアップを目的としていても、美容やカラダのバランスを整えるためにもよさそうですよね。

    また、一日のスタートが充実することで、毎日がイキイキと楽しくなりそうです。この習慣を続けて、理想のバストと溌剌とした一日を同時に手に入れませんか?

    バストアップお役立ち関連記事

    胸が大きくなる方法:正しい姿勢(立ち方、座り方)

    お昼は1日の中でも一番アクティブな時間!座ったり、立ったり寝転んだり、様々な姿勢をしています。

    ここでは胸を大きくするためにお勧めな「立ち方と座り方」をご紹介します。

    育乳にお勧めの「立ち姿」の姿勢

    皆さんは自分の正しい姿勢をご存知ですか?自己流でやってもなかなかこれでいいのか分からない…なんて方が多いかと思いますが、そんな時は壁を使うのがお勧めです。

    「言われてみれば猫背だった…」育乳のために習慣にした方がいい立ち姿の姿勢とは?

    かかとを出来るだけ付けて、壁に頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを付けるようにして立ちます。これが正しい姿勢です。

    この姿勢に慣れてきたら、壁から離れ耳からかかとが一直線になっていることを意識してたちましょう。

    育乳にお勧めの「座り方」の姿勢

    気がつくと背もたれにもたれっきり!?胸を多くくしたいなら座る時も姿勢よく!

    正しい座り方は、まず椅子に深く座り、太ももが水平になり、さらに足の裏が全て地面に着くように高さと座る位置を調節します。

    肘をなるべく90度に曲げて机の上で作業し、背もたれに軽くもたれるぐらいの感覚で座ると美しい姿勢となります。

    しかし仕事中は忙しくなってきたり、だんだん時間が経つと意識も薄れてしまいやすいので、クッションなどを使用するのもお勧めです。

    胸が大きくなる方法:お風呂の入り方

    胸を大きくするために、夜に取り入れて欲しいことがあります。それが「入浴」です。バストが垂れてしまったり、小さくしぼんでしまう原因は身体が「冷えて」しまうことも一因だと言われているのです。

    それは身体が冷えると血流、そしてリンパの流れも悪くなるから。そうなるとせっかくバストアップに効果がある栄養素を取っても効率よく胸まで届けることができないんです。

    夜疲れて面倒だからといってお風呂に入らなかったり、シャワーで済ましてしまうのは絶対にしてはいけません。寝る前に冷えていると睡眠も浅くなり、肌のハリも無くなってしまいますし、シャワーは逆に身体を冷やしてしまうのであまり良くはありません。

    効率よく育乳をしたいなら身体の芯が温まるまでゆっくり入浴をしましょう。

    温度は36度~39度ぐらいのぬるめのお湯がお勧め。熱いお湯は肌の油を取り過ぎてしまうので、ちょっとぬるいかな?と感じるぐらいがちょうどいいんです。

    それで20分ほどの時間を目安にリラックスできる方法で入ってください。また、どうしてもぬるいお湯だと身体が温まらない!という方は最後にお風呂から出る5分前に温度を上げ、温まったらすぐに出るようにしましょう。

    入浴後、もっとバストアップ効果を上げたい!という方は、バスト用ジェルを使った簡単バストマッサージをすることでさらなるバストアップが期待できますよ!

    育乳もやるなら楽しみたい!食後の入浴は体を温めて、恋ジェルでバストマッサージ!

    自分の生活スタイルに合わない方法では継続して続けることは難しく、ほとんどの方が途中で挫折してしまいます。

    それでは最初から何もやらなかったことと同じこと。むしろその為に何か器具やDVDを購入していたらとてももったいないですよね。
    だから無理して行う食事制限やエクササイズでなく、日常に簡単に取り入れられるとこからはじめていきましょう!

    食べる量やタイミングなどにも気をつけて効率よく育乳をしてくださいね。

    このページを見た人は
    こちらの商品も購入しています

    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェル。お風呂上りや、シェーバーでのムダ毛処理後のケアなどに塗ってマッサージすると…
    ぷるぷるジェルで、つるすべの触り心地へ。女性らしい肌質をサポートします。

    ピックアップ体験談

    さりげなく私の腕を掴んで「すべすべだね~」と…(みみさん/18歳/学生)
    マッサージでバストアップでき、ハリが出たことです!ずっと小さいことで悩んでいて、彼は「そんなの気にしなくていいよ」と言ってくれていましたが…続きを読む
    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!