バストの悩み

柔らかい胸のメリットと作り方
抱き心地のいいバストを目指そう

胸を柔らかくする方法。男性が好きな女性の柔らかいおっぱい(乳)や肌になる!
     

    モチモチの柔らかい胸の作り方

    「私の胸、ハリも弾力もないなぁ…」とコンプレックスを持っている女性は実は多い!お悩み解決バナー

    女性の胸は、サイズ以外にもなにかと悩みの種が尽きません。「しわしわでハリのない胸」「弾力のない硬いバスト」「横に広がってしまったおっぱい」など、女性なら誰でも1つはバストに関して何かしらのコンプレックスを持っています。

    バストのサイズにこだわらないという女性でも、モチモチした柔らかいバストには憧れるということも決して少なくありません。もちろんここでいう柔らかい胸というのは、垂れた胸ではありません。ハリがあり、バストの位置もキープしたまま、かつ触るとふわふわなおっぱいです。

    女性が思う憧れと意味合いは違いますが、男性も『柔らかいおっぱい』に憧れを抱いています。男性目線の場合は憧れを抱いているというより、妄想を抱いているといったほうが近いかもしれません。

    ここでは、女性の胸が固くなる理由、男性が『柔らかいおっぱい』を好む理由や女性が柔らかい胸を手に入れる秘訣を見ていきます。ふわふわのおっぱいが手に入るかどうかは日頃のケア次第です!

    おっぱいが固い理由とは?

    そもそも胸が最初から固いという人でなくても、柔らかかったおっぱいが固くなってしまうことがあります。おっぱいが固くなる原因には以下のようなことが挙げられます。

    困った女性のイラスト
    • 筋肉
    • 血流の滞り
    • こり
    • 冷え
    • 病気

    間違った筋トレ

    たとえば上半身の筋肉をたくさん使用するスポーツの経験があったり、胸の部分の筋トレをしすぎたりすると、おっぱいの下の胸板そのものに筋肉がついてしまって、固くなることがあります。

    美しいバストには適度な大胸筋が必要ですが、間違った筋トレには注意しましょう。

    冷えで胸が固くなる

    冷えで全身の血流が滞ると硬くなりやすい

    その他にも、胸は脂肪でできているため、女性に多い冷え性などを原因として、全身の血流が滞ることで胸が常に冷たく固くなります。バストは9割以上の大部分が脂肪でできていますが、脂肪は冷えやすく温まりにくい特徴があります。

    また人間の体はとがった部分や飛び出た部分が冷えやすいのでよく手足の冷えに悩む方が多いですが、バストも同じく「飛び出た部分」。冷えによって血流やリンパの流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなるうえに酸素や栄養素が届きにくくなるというまさに悪循環。

    冷えた脂肪は弾力が少なく固くなりやすいのでバストが固くなってしまうのです。さらに皮膚の新陳代謝も悪くなるので、皮膚そのものが固くなることもあります。

    こりで胸が固くなる

    胸も肩と同じ!実は、こります。固さはこっているせいかも!?

    こりも柔らかな胸の大敵です。こっていない肩はふわふわ、こっている肩はガチガチ…というのはイメージしやすいと思いますが、胸も肩と同じようにこります

    特に胸が大きい人の場合は胸から肩、首の部分がこりやすいものです。こりというのは筋肉や筋が張り詰めていたり、固まってしまっている状態。胸が張って固くなったりしこりのような硬さを感じる場合は、何かしらの病気が原因となる場合もあります。

    胸を今よりさらに固くしてしまわないためには、筋トレは僧帽筋を中心に適度に取り組む、日頃から冷え取り対策をするなど、今の生活を見直す必要がでてくるかもしれません。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    いままでと触り心地が全然違う?!
    商品を見る
    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェルを購入する
    お風呂上りに彼が一言「美乳だよね。」
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブルを購入する
    形より、乳首の色が気になる!
    商品を見る
    股の黒ずみケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    頑固な黒ずみケアも、お風呂のたった3分?!
    商品を見る
    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)を購入する
    お風呂上りの3分以内に塗るだけ!
    商品を見る

    男性は柔らかい胸が好き?

    男性の大多数が柔らかい胸を好むというのは本当です。男性は弾力とハリのある胸を好むと考える女性にとっては少し意外かもしれません。男性が柔らかい胸を好む理由や真相に迫ってみましょう。

    柔らかい胸の方が触り心地が良さそう

    触り心地の良い柔らかい胸が大好き!と思っている男性は多い

    触り心地のよさそうな柔らかい胸が大好きという男性はかなり多いです。見るからにフワフワでモチモチしている柔らかそうなおっぱいを見ると、男性はおろか女性まで指でつついてみたくなりますよね。

    触り心地がよさそうなものは、その触感がイメージとして湧き上がってくるので触りたくなるのです。梱包材のプチプチ、かわいいモフモフの子猫など、よい触感がイメージできるものにはつい手が伸びてしまいます。

    好きな彼女の胸が触り心地のよさそうな柔らかい胸だったら、この触感に対するイメージと性的な欲求が結びついて、男性は余計に触れたいと思うでしょう。

    男にはない柔らかさがいい

    女性の胸の柔らかさが好きという男性も大勢います。女性の胸のような柔らかい部位やなめらかな柔らかい肌は男性の体にない、女性特有のものだからです。筋肉質で硬い体の男性は、柔らかい肌や体の女性と触れ合ったときに心地よさを実感しますが、女性の柔らかさを象徴する胸に対して、とくに柔らかい肌感を求めています。

    見た目も触感もよい柔らかい乳は、そんな男性の欲求も相まって、男性の強い興味を引くのです。男性はいつまでも柔らかいおっぱいを触っていたいと思っています。

    弾力とハリのある胸も人気

    「弾力のある胸」と「柔らかい胸」を同時に求めていた!?お悩み解決バナー

    柔らかい胸は垂れ下がりそうなイメージがあるので、弾力とハリのある若々しい胸のほうが好きという男性はたくさんいます。この弾力のある胸を求める男性は確かに多いのですが、実は弾力のある胸と柔らかい胸を同時に求めている、という男性がさらにたくさんいます。

    弾力のある胸と柔らかい胸は互いに相反しているように思えますが、男性はとくに深く考えてこの両方を求めているわけではありません。男性が求めているのは、モチモチとした柔らかい胸が好きだけれども、弾力とハリのある若々しい胸であってほしいということです。

    男性が柔らかい胸を好むという真相をまとめると「柔らかい胸が好きだけど、弾力やハリも適度に保って垂れないで欲しい…」というホンネが見えてきます。

    胸を柔らかくする女性のメリット

    胸を柔らかくすることは、その見た目や触感以外にも、さまざまな健康面のメリットを女性にもたらします。胸が柔らかくなることで得られるうれしいメリットを見てみましょう。

    血の巡りの改善が期待できる

    胸を柔らかくすると血行も良くなる!

    胸はリンパや血管が集中していて、血行に大きく影響しています。胸が柔らかくなり血行がよくなると、酸素や栄養素が体中に行き届きやすくなります。バストアップにも期待ができそうです。

    血行が改善すると健康面によい影響がでます。卵巣機能がアップして女性ホルモンが分泌されやすくなったり、代謝がアップして冷え性の解消にもなります。

    一方で、硬い胸は血行が悪くリンパの流れもよくないので、免疫力の低下につながります。免疫力の低下は、さまざまな病気を引き起こす原因になってしまいます。

    肩こりが楽になる

    バストケアによって肩こりが楽になるかも!

    大胸筋と並んでバストを支える役割を持つ小胸筋は、肩関節にもつながっていて肩こりと深い関係があります。胸を柔らかくするバストケアによって小胸筋の緊張がほぐれると、肩こりも楽になります。

    小胸筋は日常生活の中でも自然に使用する筋肉ですが、胸周囲の筋肉の中には、大胸筋や肋間筋といった日常生活であまり使わない筋肉もあります

    これらの胸周辺の筋肉はこったり硬くなると、バストが下垂したり、猫背となって胸や内臓を圧迫するなど、悪影響がでます。また、胸周囲の筋肉は肩周辺の筋肉ともつながっているので、肩こりの原因にもなります。

    姿勢が良くなり美スタイルに


    筋肉のこりをほぐれてスタイルも良くなる!?

    肩甲骨周辺の筋肉が衰えると、肩の位置が前へ突き出した状態、いわゆる猫背となります。猫背は胸を柔らかくするバストケアによって筋肉のこりをほぐすと改善されます。

    猫背が改善されると、ポッコリお腹もなくなり、スッキリとした印象になるでしょう。また、後ろ姿もキレイになり、全体的に見たボディラインが美しくなります

    姿勢が正しくなり、スタイルがよくなれば、プロポーションのよい人でなければ選びづらい、胸元の空いた服なども着られるようになります。きっとファッションも楽しくなりますよ。彼氏の見る目も変わるでしょう。

    柔らかバストお悩みおすすめ記事

    胸を柔らかくするバストケア方法

    柔らかい胸は日頃のバストケアを心掛けることで手に入ります。皆が憧れる柔らかい胸に近づくための秘訣を解説しますので、ぜひ参考としてくださいね。

    マッサージでリンパを流す

    胸が硬くなる理由のひとつとして、胸の血行不良やリンパの滞りが挙げられます。胸周辺をマッサージして筋肉などのこりをほぐしながら、血行やリンパの流れを改善しましょう。マッサージにより血行が改善されると女性ホルモンの分泌が活発になります。

    マッサージは、フワフワでモチモチな柔らかいおっぱいに近づくための第一歩。マッサージの効果を高めるジェルやクリームを体に塗って、準備万端にしてから行いましょう。

    マッサージの手順

    柔らかい胸を目指すステップ1
    STEP1

    二の腕から脇の下へ向かって脂肪を流し込むようにさすり、脇の下をしっかりほぐす

    柔らかい胸を目指すステップ2
    STEP2

    脇の下から胸の外周に沿って両胸の中心点までマッサージする。両胸の中心点のツボをゆっくり3秒間程度押し込む

    柔らかい胸を目指すステップ3
    STEP3

    胸と反対の手でわき腹と背中あたりの脂肪を持って、胸の上部に向かって流し込むようにさする。両手で胸全体を丸く包み込むように持ち上げる

    柔らかい胸を目指すステップ4
    STEP4

    胸の上部から耳下のリンパ筋まで、下から上に向かって引き上げるようにマッサージする

    柔らかい胸を目指すステップ5
    STEP5

    背中の後ろで両手を組む。さらに後方向へ組んだ両手を伸ばしながら顔を上に伸ばす。大きく息を吸い込んで、胸を持ち上げるイメージで胸全体をストレッチ

    【バストマッサージ】憧れの桃バストになる?リンパマッサージを実践! 憧れの桃バストになる?リンパマッサージの方法を図解付きで解説 憧れの桃バストになる?リンパマッサージを実践

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    プエラリア・ハーバル・ジェルは、肌にハリを与える自然由来の『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェル。バストケアやマッサージに最適なプエラリアシリーズの人気商品です。胸のマッサージにこのジェルを使用した女性からは、胸が柔らかくなり、ハリがでたという声も挙がっています。バストケアのマッサージにおすすめの一品です!

    プエラリア・ハーバル・ジェルは、お風呂上がりやムダ毛処理後のケアなどにも効果的。また、このジェルがもたらすシルクのような肌触りに魅了される男性は数え切れません。

    プエラリアシリーズは、お得な1Lの大容量タイプ、効果の強化された高配合タイプなど、さまざまな商品がリリースされています。お好みの商品を選んでみてください。

    商品を使った人の感想

    とにかくスベスベで、自分で触っていて気持いい!
    プエラリア・ハーバル・ジェル体験談

    「プエラリア・ハーバル・ジェル」の感想を書かせて頂きます♪

    購入理由は、出産後から垂れてしまった胸をケアするため(笑)!元々自信がなかった胸は、出産・授乳後から更に自信がなくなり、ハリのない胸…

    もう旦那以外見せることはないし、この年になって理想のラインになることはないだろうし…と思い、諦めていたんです。

    それでも鏡を見る度にため息が出てしまい(笑)、何とか少しでも取り戻せたら…との思いで購入しました。

    使用して数週間ほどですが、使ってみると、とにかくスベスベ~(笑)!太もものザラザラが気にならなくなり、腕も自分で触っていて気持いい!

    肝心の胸ですが…使ってない頃に比べると、マッサージをしたおかげか柔らかくなり、ハリが出てきた気がします!ブラジャーの使用感も良くなって気分が上がります♪

    旦那は気付いてるのか、気付いても言わないのか…(笑)これは今後も使用していきたいと思います!
    (みいさんさん/39歳/看護師)

    肩周辺のコリをほぐす

    ストレッチで肩周辺のこりをほぐそう!

    ストレッチで肩周辺のこりをほぐして猫背などの悪い姿勢が改善されると、猫背で圧迫されていた胸周辺のこりもほぐれて胸の血行がよくなります。肩周辺のこりをほぐすことで、胸は柔らかく健康になります。

    肩周辺のこりの原因は肩甲骨周辺の筋肉にあります。デスクワークや歩きスマホなど、前かがみの姿勢でいることが習慣化すると、肩甲骨周辺の使用しない筋力が衰えて猫背になります

    前かがみの猫背は、胸を圧迫するためリンパや血液の流れを悪化させます。また、胸周囲の胸筋が衰えるので胸が下垂します。

    肩甲骨を支える筋力が衰えると、本来滑るように動く肩甲骨は体の内側にへばりついたような状態となります。肩甲骨の動きが悪化すれば、肩甲骨周辺にある筋肉の血行も悪くなり、それが肩こりの原因になります。

    悪いことだらけの猫背を改善するには、肩甲骨周辺の筋肉をストレッチなどで積極的に動かして、ほぐすことが重要です。肩甲骨周辺の筋肉が活性化して姿勢がよくなれば、胸の血行がよくなり、下垂した胸が元の位置に戻るなど、よいことがたくさんあります。

    背中の筋肉も引き締まり、胸の脂肪が背中へ流れてしまうのを防止する効果も期待できます。日頃から意識して肩甲骨を動かして、肩甲骨周辺の筋肉のこりをほぐすようにしましょう。猫背などの悪い姿勢にならないことが、胸の柔らかさと健康を守ることになります。

    こまめな水分補給を習慣に

    血行をよくするためこまめに水分補給も

    血行をよくするため、こまめに水分補給しましょう。血行が改善されると、胸の成長に必要な女性ホルモンが分泌されやすくなります。また、体の新陳代謝がよくなるので、肌もキレイになります。

    血行と水には密接な関係があります。人間の体重の約60%を構成するのは水です。水は血液をはじめとする体液として、体中で大切な役割を果たしています。

    体内の水が不足すると血液はドロドロになり、必要な酸素や栄養素を体中へ送る血行も悪化してしまいます。血行の悪化は体調不良を招いてホルモンバランスを崩し、女性ホルモンの分泌を減少させます。

    1日に必要な飲料水は約1.5~2.0Lとされています。水分補給するだけでも胸はもちろん肌にもよい影響がありますので、飲むタイミングを決めて、毎日しっかり水分補給することを心掛けてください。

    乳腺を発達させて胸の脂肪を増やす

    バランスの良い食事などでホルモンバランスを整えて!

    胸は約90%の脂肪と約10%の乳腺からできています。胸は脂肪をつけることで柔らかい胸になりますが、脂肪をつけるためにはまず乳腺を発達させる必要があります。

    理由としては、胸の脂肪は乳腺を守るためにつくものなので、乳腺を発達させることで脂肪が増えるという仕組みになっているためです。卵巣から女性ホルモンが分泌されると乳腺は発達します。その乳腺を守るために脂肪がつくと胸は大きくなります。

    一般的に乳腺の発達は20代中ごろまでと言われている為、早くから乳腺の発達を意識し始めるといいでしょう。ただし20代半ばを超えても、普段から生き生きとしたバストに必要な女性ホルモンがしっかり胸にいきわたるには血流の改善とホルモンバランスを整えることが大切なので、どの年齢の方でも重要なポイントです。

    乳腺を発達させる女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあります。エストロゲンは乳腺を増やし、プロゲステロンは乳腺を発達させるという役割を担っています。

    乳腺を発達させるためには、この2種類の女性ホルモンをバランスよく分泌させることが大切です。不規則な生活習慣やストレスによりホルモンバランスが崩れているという女性は少なくありません。

    まず女性ホルモンが分泌されやすい環境を整えるところからはじめてみましょう。女性ホルモンの分泌を整えるためにはバランスのよい1日3食の食事、質の高い睡眠、適度な運動が大切です。

    ゆったりバスタイムで冷え解消&リラックス

    湯船に浸かってリラックスも大切

    女性の胸は冷えると脂肪が固まり、血行不良を引き起こします。胸が硬くなる上に、胸の成長に必要な栄養も行き渡らないという状態に陥ってしまうので、毎日のバスタイムで胸全体をしっかり温めて血行をよくすることが大切です。

    バスタイムで湯船に浸かってリラックスすることはストレス解消にもなり、ホルモンバランスを整えることにつながります。ホルモンバランスの改善は女性ホルモンの分泌を促すので育乳と美肌効果も期待できます。

    バスタイムは湯船の温度をゆるめの38度ほどにして、15~20分ぐらい浸かるようにしましょう。胸が冷えるのを防ぐため、胸全体が浸かれる程度まで湯船にお湯を溜めます。湯船の中では胸を軽くマッサージするとこりもほぐれるので効果的です。

    長湯が苦手という人は10分を目安に休憩をはさめば問題ありません。注意点としては、温度が熱すぎると肌の負担になるので気をつけてましょう。また、季節によっては汗をかきますので脱水症状に陥らないようにしてください。

    温かいお湯に浸かれば血行がよくなり、夜もよく眠れるようになります。普段シャワーだけで済ませるという人も、湯船に浸かって身体を温める習慣をつけましょう

    柔らかい胸を手に入れて彼氏と幸せな時間を過ごそう

    胸を柔らかくすることは健康やスタイルの向上につながる!お悩み解決バナー

    姿勢を正して、胸の血行やリンパの流れをよくするだけでも胸は柔らかくなります。バストケアは手軽にできることからはじめましょう。胸を柔らかくすることは、そのまま健康やスタイルの向上にもつながっているので、メリットがたくさんあります。

    ビューティーベリー プラス

    ビューティーベリー プラス

    若々しさ、女性らしさ、そしていつまでも「恋愛対象」として見られる印象作りをサポートする『ビューティーベリー プラス』は、美味しく飲むタイプの美容ドリンクです。2種類のコラーゲンやザクロ濃縮果汁など、美容対策としても嬉しい成分をとことん詰め込みました。また、コラーゲン補給をサポートする、スターフルーツやハス、月桃葉のエキスなどもプラスしています。ひと口飲むと、甘酸っぱさを感じ、後味がとても爽やかです。ラズベリーやブルーベリーなどの優しいミックスベリーフレーバーです。

    LCラブサプリ パッションスイッチ

    LCラブサプリ パッションスイッチ

    パッションズ エクストラがパッケージリニューアル!バラの花びらやザクロ、女性に嬉しいハーブを配合しました。大切なパートナーを、ベッドでセクシーに女性らしく魅了させたい!という方にオススメです。女性のためのラブサプリ。彼からセクシーだ…と言われてしまうかも!?

    ルビアンペルシャザクロエキス

    ルビアンペルシャザクロエキス

    ペルシャ原産の日本では珍しい黒ザクロを配合した、無添加・無香料・無着色のザクロエキス。古代ペルシャを発祥の地とするザクロは、『生命の果実』、『女性のシンボル』として珍重され、研究されてきました。女性特有のイライラやユウウツ感、さらに周期の問題など。いつまでも、ハツラツと過ごしていきたい女性にオススメです!

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

       
      

    バストの悩み 記事一覧

    簡単なバストアップの方法や確実にバストアップ効果のあった成功体験談をご紹介!
    バストアップの方法

    胸を大きくするメソッド

    きれいなバストの形について。バストの種類や重さで、きれいな胸に近づく作り方
    バストをきれいな形に

    バストの形の種類・重さなど

    バストアップマッサージで効果的なバストアップと育乳のやり方、美胸の作り方!
    バストマッサージ

    回数と正しいやり方

    女性のためのバストアップの筋トレ方法、垂れ対策
    バストアップのための筋トレ

    大胸筋の鍛え方

    バストのための運動…続いてますか?簡単な胸を大きくするエクササイズをご紹介します!
    簡単バストアップ運動

    簡単なエクササイズをご紹介

    バストアップのツボを押す女性。胸のツボ押しの効果で女性ホルモンを増やして胸を大きくする!
    バストのツボ

    バストアップのツボ5つ!

    胸を落さずダイエッ!バストアップの共通点とは?バストアップしながら、痩せても残して小さくならない方法
    胸を落とさずダイエット

    胸を残すバストアップ

    マシュマロバストになるために。胸をふわふわと柔らかくする方法
    マシュマロバスト

    ふわふわの胸にする方法

    胸のリンパマッサージでバストアップできる?バ胸のマッサージの方法
    胸のリンパマッサージ

    リンパでバストアップ

    2人で始めるバストアップマッサージ
    彼氏とバストアップ

    彼氏の大きくなる揉み方

    胸は揉まれると大きくなるのか?
    胸を揉むと大きくなる?

    セックスで胸を大きくする

    胸が張ると大きくなる?胸の成長痛の原因と発育を促すマッサージ方法
    胸が張ると大きくなる?

    痛みの原因は成長痛…?!

    胸を揺らす
    胸を揺らすと大きくなる?

    小さくなる?大きくなる?

    胸の成長はいつまで?バストアップは何歳までできるの?
    胸の成長はいつまで?

    何歳までバストは成長するの

    「バストアップのための食事」のレシピと栄養素、女性ホルモンを増やすおすすめのやり方
    バストアップと食事

    おすすめの食事や栄養は?

    お風呂でバストアップ!胸を大きくする入浴方法とは?
    お風呂でバストアップ

    入浴中が効果的…?!

    胸を大きくしたい!育乳のための、食事、エクササイズ、ストレッチ、マッサージ方法など。
    育乳で胸を大きくする!

    育乳のマッサージや食事

    育乳ブラでバストアップする方法。おすすめ育乳アイテムや補正ブラの選び方や付け方
    育乳ブラ

    育乳ブラの選び方・付け方

    「胸をおおきくしたい」おっぱい体操で大きくするやり方とその効果と注意点
    おっぱい体操でバストアップ

    ふわふわおっぱいを目指す

    産後のバストアップの方法、卒乳後の胸がしぼむ原因と胸を大きくする方法
    産後のバストアップ

    卒乳後でも胸を保つ

    バスト地図
    バストの平均は?

    全国地図でみるバストサイズ

    バストアップの効果あり?成功したマッサージ効果や食材や豆乳について
    バストアップ効果あり?

    噂のうち、効果があるのは?

    胸の大きさは遺伝?バストアップは親で決まる?
    胸の大きさは遺伝?

    習慣、食事、ストレスの関係

    胸の谷間、私にはできないの?綺麗な谷間の作り方と谷間セクシーになる方法!
    綺麗な谷間の作り方

    胸元やデコルテのケア

    胸の位置、ブラの場所、バストの高さで見た目年齢の印象が変わる!ブラトップが垂れる?
    胸の位置

    バストの位置が低い

    垂れ乳の改善方法!おっぱいは垂れるの原因と垂れた胸の張りを戻す方法
    垂れた胸を改善する方法

    垂れ乳や垂れたおっぱいケア

    胸が流れる原因と対処。脇肉やハミ肉をブラでバストに戻す脇肉キャッチャーの方法
    脇肉がはみ出る

    脇肉や贅肉、ハミ肉の対処

    理想の胸のサイズとは?大きさ、形、柔らかさはどんなもの?理想の乳首とは?
    理想の胸にする方法

    彼が胸に触れない!

    そげ胸、そげ乳になってバストが老けた胸の印象に!ふっくらバストに戻す方法
    そげ胸、胸が痩せた

    ふっくらバストへ戻し方

    離れ乳(離れ胸)の原因を改善して、魅力的なバストへ
    離れ乳(離れ胸)

    その原因と改善方法

    左右の胸、同じ大きさにしたい!胸の大きさが違う場合のマッサージ方法
    左右非対称の胸

    きれいなバストの磨き方

    胸が小さい 悩み、おっぱいが小さい貧乳コンプレックスの対策や理想のバストの作り方
    胸が小さい

    バストが小さい原因と対策

    胸がしぼむ原因とは?卒乳・生理前など。バストがやせる原因とハリを取り戻す対策
    胸がしぼむ

    胸のハリやブラの隙間を対策

    女の子の悩みを解決!冬の乳首の乾燥、かゆい、カサカサを保湿ジェルでマッサージ
    乳首が乾燥する原因

    透明感の肌を取り戻す対策

    乳首の形の種類をキレイな乳首にする方法!乳首の形が変?長い、大きい、大きくなっている?
    乳首の形

    綺麗な乳首へのケア方法

    乳首が黒い原因は人それぞれ。乳首の色をピンクにする方法と、色素沈着の改善
    乳首の色が気になる

    ピンクの乳首に憧れる

    乳輪の色が黒い、濃い原因。ピンク色にケアする方法
    乳輪の色

    ピンクに保つ方法

    乳輪の黒ずみ、どうにかしたい…3分間の泡パックでバストの黒ずみケア
    乳輪の黒ずみ

    泡パック簡単バストケア!

    乳輪のぶつぶつ何でできたの?乳首にあるモントゴメリー腺とは
    乳輪ぶつぶつ

    モントゴメリー腺の役割

    乳輪の大きさの平均サイズや理想の形。原因と小さくする方法
    乳輪が大きい?

    平均サイズと理想

    乳首が大きい・長いときの対処法。乳首の平均サイズと、乳首肥大が起こる要因について。
    乳首が肥大化

    乳首が平均より大きい?

    胸が大きいから?バストアップしたら肩こりになる?胸と肩こりの話
    胸と肩こり

    胸が大きいと肩がこる?

    ノーブラは楽だけど胸が垂れる?ブラジャーをつけないときの注意点や快適なブラ、ナイトブラの選び方
    ノーブラ

    ノーブラ女子は胸が垂れる?



    カテゴリー一覧