ラブタイム中のカップルのイラスト

デリケートゾーンの悩み

女性の陰部の正しいケア、お手入れ方法を紹介! デリケートゾーンケアに関するお悩み特集です。黒ずみ、ニオイ、蒸れ、かゆみなどのデリケートゾーン(あそこ)のお悩みは様々。場所だけになかなか人に相談するのは難しいですよね。正しい対処法もわからず、そのまま我慢しているという人もいるのではないでしょうか?正しいお手入れ方法の情報に辿り着けるように、デリケートゾーンのお悩みをケアする方法を特集しました。

デリケートゾーンの悩み 記事一覧

簡単にできる膣の締まりを良くする方法!あそこの締まりを改善して、ゆるいなんて言わせない!
膣圧と膣の締まりについて

締まりのいい膣の作り方

膣圧トレーニング
膣トレのやり方

名器になって膣でイク方法

膣締めダイエットで成功!骨盤底筋を鍛える筋トレ体操で感度やくびれを作る方法
膣トレでダイエット

骨盤底筋を鍛える筋トレ体操

デリケートゾーン恥垢をしっかり洗える正しい洗い方とは?
デリケートゾーンの洗い方

恥垢をしっかりケアする洗い方

生理の終わりかけ、おりものが気になるとき…正しい膣の洗い方と膣洗浄の方法
正しい膣の洗い方

膣洗浄で生理をすっきり

デリケートゾーン(陰部)の蒸れと臭い…放置できますか?
デリケートゾーンの臭い

陰部のニオイと蒸れ

デリケートゾーンの黒ずみ通販。黒くなる原因と改善方法 デリケートゾーンの悩みを解消しましょう
デリケートゾーンの黒ずみ

彼の前でのヌードに自身を!

黒いあそこを見逃していませんか?あそこの黒ずみと色のケア
あそこの色が黒い

黒くなるの原因と対策

Iライン黒ずみ(Vライン)
Iラインの黒ずみ

黒ずみが目立つ部位のケア

クンニが恥ずかしい
クンニが恥ずかしい

苦手を解消する方法

クンニ嫌いの彼を、クンニ好きにさせる方法
クンニ嫌い

彼をクンニ好きにさせる方法

クンニがおいしい理由とは?しょっぱいクンニを美味しくする方法
クンニはおいしい?

しょっぱい?美味しくする!

愛液の臭い、気になっていませんか?心配…おりものや下着のしみの対策はある?
愛液の臭いやしみ

気になる愛液の臭いの対策

触られるとクリトリスが痛い場合の原因と対策!エッチで強い愛撫や手マンを無くす方法
クリトリス痛い

クリトリスが痛い場合

クリトリスが勃起する!気持ちいいクリ勃起、感度の上げ方!
クリトリスが勃起?

勃起する理由と感度の関係

セックスで下着を脱ごうとしたとき、ためらいが… おりもので、下着をいつも気にしていませんか?
おりもの(オリモノ)

セックス後の臭いや量

もしかして、アソコの臭いに気付いてる…?女性器の匂いについて
あそこの匂い

正しい女性器の匂い対策

Hの前やセックス後の臭いが気になる!中出し後の臭いは精子の匂い?
エッチ前後の臭い

セックスの臭いが気になる

膣痙攣とは?抜けなくなる痛みはあるの?
膣痙攣

膣痙攣に関する内容を記載

女性器(まんこ・あそこ)の形や大きさ、小陰唇のびらびらや大陰唇が大きい
女性器の形や大きさ

女性器の作りに違いはある?

膣できもの・陰部のぶつぶつはニキビ?イボ?症状の原因と予防法・ケア対策
膣(陰部)のできもの

ニキビ?イボ?病気?

膣の構造とは?子宮とも呼ばれる女性生殖器。その長さ・深さ・狭さについて
膣の構造

長さ・形・深さなど

膣の締め方
膣の締め方

気持ちいい膣とは

気になる黒ずみ通販…ワキ・乳首・デリケートゾーン・陰部など、ジャムウでさっぱり
黒ずみ

乳首・ワキ・陰部が黒い

下着の黒ずみ対策
下着の跡と黒ずみ

下着の黒ずみの原因とケア

膣(デリケートゾーン)のかゆみの原因。膣口、膣内、会陰部のかゆみ。
膣(デリケートゾーン)のかゆみ

原因はかぶれ?感染症?

女性のお悩み特集 SEXUAL HEALTH CARE
石鹸がしみる

石鹸で洗ったしみる

すそワキガの原因はアポクリン汗腺からでる汗?石鹸で陰部を清潔に保つ対策方法とは
すそわきが用の石鹸

女性のアソコの臭いケア

股の黒ずみに、ガッカリしたことありませんか?股の黒ずみはジャムウ石鹸で今すぐケア!
股の黒ずみ

可愛い下着を楽しめる股へ

お尻の黒ずみ…見られたくない!正しい尻ケアで黒ずみを解消する通販
尻の黒ずみ

彼に見られてもOKなお尻へ

咳やくしゃみで尿漏れ 今日から始める簡単セルフケア方法を紹介
女性の尿漏れ

尿漏れしやす理由と対策

「性病」にかかったらどうするの?性行為で感染する病気
性感染症

性病にかかったらどうする?

【産婦人科医監修】膣マッサージは膣口から膣内をほぐす膣ケア!膣圧にもいい膣内マッサージのやり方
膣マッサージ

膣口から膣内をほぐす膣ケア

名器は作れる?膣(まんこ)にはどんな種類がある?体験談からわかる女性器の特徴!
名器の作り方

気持ちいい女性器の作り方

デリケートゾーンの乾燥の保湿方法!陰部(VIO)の皮がむける時はクリームやオイル…どれがいい?
デリケートゾーンの保湿

乾燥防止の為の保湿方法

デリケートゾーンとは?

デリケートゾーンという言葉は人によって認識が異なることの多い言葉です。

「デリケートゾーンの洗い方」という言葉を聞いた時、外陰部の洗い方を思い浮かべる人もいれば、膣の洗い方を思い浮かべる人もいます。しかし外陰部と膣とでは、洗い方も、必要なケア方法も大きく異なります。デリケートな部位ということもあり、できるなら正しいケアを行なっていきたいものですよね。

より正しい情報を認識するために、デリケートゾーンという言葉が示す場所について詳しく知ってみましょう。

デリケートゾーンの場所

デリケートゾーンとは、女性の性器(陰部)の周辺を指します。別の呼び方で「まんこ」や「あそこ」と呼ばれることもあります。

具体的に言うと、ビキニラインから、股間や肛門のあたりまでが含まれます。脱毛でよく使われるVライン(ビキニライン)、Iライン(陰部のびらびらの両端)、Oライン(アナル周辺)は、全てデリケートゾーンの部位の一つということですね。

デリケートゾーンとは…女性器の構造図

デリケートゾーンは女性器の一部、特に外に露出している外陰部を表す言葉でもあります。外陰部は細かく分けると陰核(クリトリス)、尿道口、膣口、恥丘、小陰唇、大陰唇、会陰、肛門などの部位があります。膣は外陰部ではなく子宮や卵巣と同じ内性器の一部です。小陰唇の内側にある内性器は粘膜なので、特に刺激を受けやすくケアに注意が必要です。

一般にデリケートゾーンというと外陰部(外性器)か膣のどちらか、またはその両方を意味するということを知っておくといいでしょう

沢山の器官をもつ女性器ですが、それぞれの役割や形の疑問については下記で詳しく解説しています。是非参考にしてみてください。

デリケートゾーンの悩みは相談が難しい

デリケートゾーンはとても繊細で敏感な場所なので、ケアが難しく、トラブルが起きやすい場所です。そのため、実は多くの女性がこのデリケートゾーンについて、さまざまなお悩みを抱えています。しかし、デリケートゾーンに悩みがあっても、場所が場所だけに、なかなか同性同士でも話題にはしづらいものです。

デリケートゾーンの話は友人でもなかなか言い出しにくい…

また、デリケートゾーンを見て比較することも難しいので、異常であるかどうかも判断できず、相談せずに1人で悩んでいる人が多いです。そのため、デリケートゾーンの正しいケア方法は、あまり知られていないのが現状のようです。

デリケートゾーンのケア、お手入れ方法

デリケートゾーンのかゆみの原因は?女性の手でデリケートゾーンを隠しているイラスト

女性は顔などを基礎化粧品をつかって、何ステップものお手入れをする人も多いです。

デリケートゾーンも顔の肌以上に敏感で繊細な部分。同様に、大切にケアをすることは、トラブルも防げるし美容にもいいことです

とはいえ、デリケートゾーンの正しいお手入れ方法は意外と知らないもの。ここでは、デリケートゾーンのケア方法を4つのステップで解説します。

デリケートゾーンの正しいお手入れ4ステップ

デリケートゾーンケアステップ1洗う
ステップ1|洗う

デリケートゾーンの汚れやニオイの元をなくすためには、正しい洗い方を知っておきましょう。

洗う際には、デリケートゾーンにも使える低刺激のソープ(石鹸)を使うようにしましょう。体を洗うボディソープや石鹸は洗浄力が強く、繊細なデリケートゾーンに使うと洗いすぎになりがちです。

ラブコスメの『ジャムウ・ハーバルソープ』を使ったデリケートゾーンの洗い方は非常にシンプルです。まずシャワーで軽く汚れを洗い流して、次に『ジャムウ・ハーバルソープ』の泡で泡パックをして3分経ったら洗い流すします。簡単な3ステップで、デリケートゾーンのニオイのもととなる汚れを洗い流すことができます。

デリケートゾーンケアステップ2引き締める
ステップ2|肌を引き締める

加齢によって顔の肌のたるみが気になりやすくなるように、デリケートゾーンの肌も自然とたるんできます。引き締めケアを毎日のケアに取り入れることで、キュッとひきしまった若々しいデリケートゾーンに保つことができます。

『ジャムウ・デリケートパック』はデリケートゾーンの引き締めをケアするだけでなく、臭いの元となるデリケートゾーンに付着したおりものを洗い流せるアイテムです。石鹸での洗浄とダブルでケアすることで、よりデリケートゾーンをスッキリと清潔に保てますよ。

デリケートゾーンケアステップ3潤す
ステップ3|潤す

デリケートゾーンの肌は薄く、潤いやハリがなくなりがちな部位。そのため、顔と同じくらい保湿が必要な部位です。特に女性は、加齢とともに女性ホルモンが減少して内側からの潤いが不足しやすくなり、デリケートゾーンが乾燥してしまうこともあるようです。

そんな乾燥を防ぐためのデリケートゾーンのケアには、敏感な陰部にも使用できる保湿液を使いましょう。『LCジャムウ・デリケートエッセンス』は、乾燥しがちな陰部に潤いやハリをプラスできる美容液です。

乾燥の気になる陰部のみずみずしさを保てるので、いつまでも自信の持てるデリケートゾーンでいられそうです。

デリケートゾーンケアステップ4アンダーヘア
ステップ4|アンダーヘア

デリケートゾーンに生えている毛はアンダーヘア(陰毛)と呼ばれます。アンダーヘアの量が増えたり毛が長くなると、雑菌が繁殖する場所が増えて、デリケートゾーンからのにおいの原因となることも。

デリケートゾーンのにおいをきちんと対策するためには、アンダーヘアの処理も行うことが必要です。陰毛のケア方法には、カット・剃る・脱毛などがあります。それぞれの方法がどのような時に適しているかは、是非下記の記事を参考にしてくださいね。

デリケートゾーンで多いトラブルの原因と解決策

デリケートゾーンのニオイが気になるイラスト

デリケートゾーンは、何かと女性の悩みのタネになりがちな部位です。

たとえば、かゆみ、ムレ・におい、黒ずみ汚れなどの肌トラブルに悩む女性がいます。一方で、膣圧・締まり、尿漏れなどの肌トラブルとは違った悩みを抱えている女性もいるようです。

そしてこれらの悩みは、彼とのラブタイムの充実度にも関係してきます。

数ある悩みにどのような原因があって、どうケアしていくのがいいのでしょうか。ここでは、デリケートゾーンに起こりがちな肌トラブルと解決策について紹介します。



かゆみの原因と解決策

デリケートゾーンのかゆみをなんとかしたい女性のイラスト

デリケートゾーンは、さまざまな原因によってかゆみが起こります。おりものや生理にまつわるもののほか、カンジタ膣炎などが原因となることもあります。気になるデリケートゾーンのかゆみの原因は何なのでしょうか?

~こんなにたくさん!デリケートゾーンのかゆみの原因~
  • おりものの刺激
  • 生理ナプキンによる刺激
  • STD(性感染症)

おりものの刺激策

まず一つ目の原因として「おりもの」があります。おりものの多い時期には、おりもの自体が酸化して刺激となり、かゆみが起こることがあります。そのため、排卵日前後は生理日とあわせてかゆみがあらわれやすい時期です。

この場合、おりものにふくまれた湿気をある程度吸収してくれる素材のショーツを選ぶことでかゆみを防ぐことができます。またパンティライナーを使用する、デリケートパックで事前に付着しているおりものをスッキリケアするなどの方法も、デリケートゾーンのかゆみ防止に効果があります。

具体的なおりものによるかゆみのケア方法については、下記で詳しく紹介しています。またおりものの変化や、量やにおいについても解説しているので、是非気になる方はチェックしてみてください。

生理ナプキンによる刺激

デリケートゾーンのかゆみの二つ目の原因として「生理ナプキンによる刺激」が挙げられます。生理中は4~5日ほど経血やナプキンに触れた状態になりますので、これらが刺激になってかゆみがあらわれます。

特に、吸水性のよいナプキンを使っていると、肌の水分まで吸い取ってしまうため注意が必要です。ナプキンが貼り付きやすくなって通気性が悪くなり、かゆみやかぶれの原因となることがあります。

また、ナプキンを長時間交換しないのもよくありません。普段なら問題なく使用しているナプキンでも、疲れているときや体調が悪いときは、ナプキンに含まれる化学繊維でアレルギー反応がでて、かゆみやかぶれといった症状が出てしまうこともあります。かゆみのトラブルを防ぐために、ナプキンはこまめに変えるようにしましょう

STD(性感染症)

三つ目にデリケートゾーンのかゆみは、性感染症(STD)が原因であることも。かゆみが症状となる代表的な性感染症には、「カンジタ膣炎」と「性器ヘルペス」があります。

まずは、「カンジタ膣炎」についてです。カンジダ膣炎はSTDとはいっても性感染症でのみ感染する病気というわけではありません。膣内はさまざまな常在菌が存在しますが、セックスをしなくてもストレスやホルモンバランスの変化などによって常在菌のバランスが崩れると、カンジタ菌など悪玉菌が優勢になり炎症を起こします。

カンジタ膣炎の治療方法としては、膣内洗浄や抗真菌剤の膣錠を使用することなどが挙げられます。また予防のためには、通気性のいい下着を着用するなどの日頃のケアも大切です。

次に「性器ヘルペス」ですが、ヘルペスウィルスに感染したことが原因でかかる性感染症です。こちらは性器ヘルペスの感染者との性行為で感染するSTDです。初期症状は軽いかゆみぐらいですが、抵抗力が弱いと再発しやすいので注意が必要です。

性器ヘルペスの治療は、抗ウイルス薬の内服で行われます。性器ヘルペスは、皮膚病ではなく神経のウイルス感染症です。そのため塗り薬ではなく、内服薬と点滴静注薬を使って治療することが多いようです。

なお、デリケートゾーンのかゆみの原因となる性感染症については、下記の記事でも詳細を把握できますよ。

STDはコンドームなどで防ぎ、ムレによるかゆみを防ぐには陰部を清潔に保つことが大切です。清潔に保つための方法として、入浴の際はデリケートゾーンにも使える低刺激の専用ソープで汚れを洗い流すケアをしていきましょう。

そのほか、デリケートゾーンのかゆみの様々な原因や改善策については、下記記事にもまとめてありますので参考にしてください。

デリケートゾーンのムレ・においの原因とお手入れ方法

デリケートゾーンはどうして蒸れたり臭ったりするんだろうと考えている女性イラスト

経血やおりもの

デリケートゾーン周りは、高温多湿な環境のため、ほかの身体の部位にくらべるとムレやにおいがあらわれやすいです。たとえば、経血やおりもののほか、汗や尿などがムレやにおいの原因となっていることもあるでしょう。

これらが原因のデリケートゾーンのムレやにおいを解決するには、ナプキンやおりものシートをこまめに取り替えることが大切。また、着用する肌着やストッキングは通気性のよいものを選びましょう。

またデリケートゾーンのにおいの原因として、すそわきがの可能性も考えられます。陰部にも腋と同じでアポクリン腺があるので、ワキガと同じにおいが出てしまうこともあるかもしれません。

すそわきが

すそわきがを解決するお手入れ方法としては、まず汗や皮脂汚れがたまらないようにしっかりとデリケートゾーンを洗うことが大切。そのほか、体臭ケアで使えるデオドラントのスプレーを使ったケアもあります。また、すそわきがの症状が重い人は、医療機関で手術などの治療行為を受けるという選択肢もあります。

デリケートゾーンのにおいの原因の1つである「すそわきが」のケア方法の詳細は、下記記事で見ることができます。

デリケートゾーンのにおいの原因であるおりものなどの分泌液は、「ジャムウ・ハーバルソープ」で泡パックをすることで洗い流すことができます。「ジャムウ・デリケートウェット」を使えば、急なラブタイムの前にもトイレでサッとケアできるので安心です。

そのほか、デリケートゾーンの臭いの原因やケア方法については、下記の記事にもまとめてあります。

【SET】ジャムウ・ハーバルソープ&ジャムウ・デリケートウェット5個

【SET】ジャムウ・ハーバルソープ&ジャムウ・デリケートウェット5個

臭いの元・黒ずみ・おりものの元をスッキリ洗う!品質にこだわって作った自然派石鹸と、お出かけ先で不快感が気になる時はウェットシートが活躍します。自然派由来の成分なので、デリケートな部分にも◎!

アンダーヘア

においやムレの原因の1つに「アンダーヘア」の状態も考えられます。元々女性の身体にあるものなのだから自然にしておくのが一番…と思われる方も多いかもしれません。しかし、アンダーヘアは長すぎたり多すぎたりするとデリケートゾーンが蒸れやすくにおいの元となる雑菌が繁殖しやすい状態になります

もしにおいやムレが気になるのであれば、アンダーヘアが必要以上に多かったり長いということが考えられます。まずはカットしてみて、ムレやにおいが解消されるかを確かめてみることをお勧めします。

【SET】VIOパーフェクトセット

【SET】VIOパーフェクトセット

アンダーヘアケアを始めるならコレ!「Vライン」「Iライン」ヒートカッターはもちろん、アンダーヘアの質感ケア、デリケートゾーンの臭いや黒ずみケアにおススメの「ジャムウ・ハーバルソープ」もセットに♪気付いたときがお手入れどき!綺麗で整ったパーフェクトなVIOへ!

デリケートゾーンの黒ずみの原因とお手入れ方法

デリケートゾーンの黒ずみをなんとかしたい女性のイラスト

デリケートゾーンの黒ずみ

気が付いたら股の付け根や大陰唇などがどんどん暗い印象になっている…。このようなデリケートゾーンの黒ずみの原因は一体何なのでしょうか?

まず考えられる原因が、古い角質の蓄積と下着の締め付けや摩擦で肌を刺激していることです。他には、皮膚のターンオーバーが乱れたり、日常生活でたまったストレスが原因のケースもあるようです。

デリケートゾーンの黒ずみを防止するためには、日頃から肌への摩擦が少ない下着を着用するようにしましょう。また。アンダーヘア(陰毛)を処理するときも、肌に負担があるカミソリなどは使わず、ヒートカッターを使うのがおすすめです。

さらに黒ずみができにくいお手入れ方法として、入浴時には「ジャムウ・ハードバブル」のような黒ずみケアに使えるソープで、古い角質による黒ずみのもとを洗い流しましょう。

デリケートゾーン(陰部、あそこ、まんこ)の黒ずみのケア方法については、下記で紹介する記事を参考にしてください。

Vラインの黒ずみ

また黒ずみの原因とケア方法は、部位によっても変わってきます。

たとえば、股やビキニラインともいわれるVラインは、デリケートゾーン用のソープで継続的に黒ずみケアすることが大切。Vラインの黒ずみケアの方法や、おすすめの石鹸については下記記事にまとめてあります。

Iラインの黒ずみ

次に、小陰唇のびらびらの両側に位置するIラインの黒ずみケアについてです。Iラインの黒ずみの主な原因は、色素沈着です。Iラインに黒ずみができないようにするためには、陰部への摩擦や締め付けが少ない衣服を着用するなどの工夫が必要です。

また、肌の新陳代謝の低下がIラインの黒ずみの原因になっていることも。この場合は、入浴時にメラニン色素が沈着した古い角質を洗い流すことが大切です

デリケートゾーンのなかでも、Iラインの黒ずみの原因や正しいケア方法については下記記事が参考になります。

MゾーンとYゾーンの黒ずみ

また鼠径部であるMゾーンと、アンダーヘア(陰毛)が生えている箇所全体を指すことが多いYゾーンにも、黒ずみができることがあります。これらのデリケートゾーンも、皮膚が薄く肌への刺激に弱いので、下着の締め付けや摩擦が原因で黒ずみができやすいです。

Mゾーンの黒ずみについては、古い角質を除去して肌のターンオーバーを促すことが効果的。一方で、Yゾーンは下着と常に擦れる部位なので、普段着用している締め付けがきつい下着などを見直すことが大切です。

デリケートゾーンのなかでも、MゾーンとYゾーンの黒ずみの原因とケア方法について知りたい方は、下記記事もご覧ください。

お尻の黒ずみ

最後に、お尻周辺の黒ずみについてです。肛門周辺と違い、お尻は肌面積も多く、摩擦で擦れやすい部位。お尻周辺は椅子に座るなどの圧力や摩擦などが原因で、黒ずみができてしまうことがあります。そのほか、乾燥、ホルモンバランスの乱れ、ニキビやかぶれなども、お尻周辺の黒ずみの原因として考えられます。

お尻の黒ずみが原因の悩みを解消するには、正しい洗い方をするだけでなく、洗った後の保湿をしっかり行って乾燥対策に力を入れる必要があります

なお、お尻の黒ずみの様々な原因やさらに詳しいケアの方法については、下記記事でもまとめてあります。

デリケートゾーンの黒ずみケアでは、汚れのもとを綺麗に洗い流すことが重要です。「ジャムウ・ハードバブル」は、きめ細かい泡でしっかりとパックできるのが特徴。パパイア果実エキスとオリーブ油が、気になる黒ずみを洗い流して、デリケートゾーンを明るい印象にキープできますよ。

黒ずみ集中ケアなら、ジャムウ・ハードバブル

ジャムウ・ハードバブル

黒ずみ集中ケアバージョンのジャムウ石鹸。 「パパイア果実エキス」と「オリーブオイル」を加えたことで更にもっちりとした泡が実現し、洗い上がりもしっとりとなります。特に気になる部分には、もっちり濃厚な泡を乗せて3分間パックを。思わず見入ってしまうような透明感を実感してください。

その他のデリケートゾーンのお悩み原因と解決方法

デリケートゾーンの緩みが気にしている女性イラスト

膣圧・締まり

膣トレなどという言葉が一般化しているように、膣の締まりについてもデリケートゾーンのお悩みの1つです。膣がゆるむと、ラブタイム中の男女の満足度に影響が出る可能性があります

たとえば締まりのいい膣には、男性器と膣壁がしっかりと擦れるため、女性が性的快感を感じやすく、オーガズムにも達しやすいというメリットがあります。一方で男性も、膣がキュッと締まると、ペニスからの性的快感を得やすいのです。

このように、膣圧・膣のゆるみはラブタイムにも大きく影響する悩みです。しかし、膣がゆるんでしまうのはなぜなのでしょうか?

実は膣が緩んでしまう原因は、「骨盤底筋」が衰えているから。「骨盤底筋」は意識して鍛えないと、膣の締め付けはなかなか改善しません。膣圧や膣のゆるさが気になる方は、次のような膣ケアを行いましょう。

〜膣圧・締まりの悩み解消に効果的な膣トレ〜
  • お尻の穴をキュッと締める動きと、力を抜く動きを繰り返す
  • トイレで意識して尿を止めてみる
  • 床に仰向けで寝て、15〜30秒間ほど両足を地面から15cmほど上げるトレーニングを行う

膣を引き締めるには、「骨盤底筋」という筋肉のトレーニングが効果的です。

また肌を引き締めたい女性には、「LCジャムウ・デリケートパック」をあわせて使うという方法もあります。入浴後に簡単に使えて、デリケートゾーンをキュッと引き締められます

さらに膣トレの効果を実感したい方は、「LCインナーボール」も試してみてください。膣内に入れてボールが落ちないように締め付けることで、自分の膣圧を確かめながらトレーニングすることができますよ。

LCジャムウ・デリケートパック

LCジャムウ・デリケートパック

おりものや臭いの元を洗ってスッキリ、キュッっと引き締めます。ラブコスメで不動の人気を誇るジャムウシリーズのデリケートゾーンに使える簡単パック。デリケート部分のおりものや臭いの元を、パックして洗い流すことでサポートします。毎日のデイリーケアで、いざというときも、下着をためらわずに脱げます。

LCインナーボール

LCインナーボール

デリケートゾーンの引き締めが気になるという人を応援する、膣のエクササイズ・グッズです!内側からきゅっきゅっとエクササイズをして、インナーマッスルをケア!ウエストのエクササイズにもなり、憧れのボディラインも目指せます♪女性の美しさを内側から磨いて、パートナーも離れられない魅惑のボディを目指しませんか?

尿漏れの原因と解決策

デリケートゾーンの緩み、産後の尿漏れが気になっている女性イラスト

尿漏れというと高齢女性を思い浮かべる方が多いかもしれません。一方で20代や30代であっても、ちょっとした拍子に起きる尿漏れに悩まされてしまうことがあります。また、くしゃみやせきの度に起きたり、出産後に尿漏れに悩まされたりしている女性は少なくありません。この悩みもデリケートゾーンの悩みの一種です。

尿漏れも膣トレと同じく、骨盤底筋群という尿道括約筋などを含んだ筋肉の緩みが原因です。出産していない女性でも、加齢で骨盤底筋が衰え、尿漏れにつながることもあります。

尿漏れの解決法は、原因が同じ「膣圧(膣のゆるみ)」のケアと一緒です。骨盤底筋を鍛えると、尿漏れだけでなく膣圧・膣の締まりも同時にケアできるのです。

下記の尿漏れ対策のページでは、尿漏れケアの為のトレーニング(ゲーゲル体操など)のほかに尿漏れをタイプ別に分けた原因分析も行っています。是非参考にしてみてくださいね。

ラブタイムの悩みも

ラブタイムでデリケートゾーンが気になっている男女イラスト

デリケートゾーンの黒ずみやにおいはラブタイムの不安につながり、心から楽しめない要因にもなります。では、多くの女性はラブタイム中にデリケートゾーンのどんなことが気になっているのでしょうか?

~これが気になる!セックスとデリケートゾーンの悩み~
  • クンニが恥ずかしい
  • クンニのにおいや味が心配
  • クリトリスの感度(クリトリスが痛い)

たとえば、クンニ中に彼が味を気にしないかな…と気になってしまう女性がいるようです。デリケートゾーンの味については、最初は少し酸っぱく、後々に少し苦味のある味になるのが普通です。

最初に少し酸っぱい味がするのは、平時はデーデルライン桿菌という乳酸菌酸性のはたらきにより、膣内が酸性に保たれているから。一方で後々に少し苦味がある味になるのは、精子を受け入れるためにアルカリ性の愛液が分泌されるからです。

このように、クンニ中の味はちょっと酸っぱい、または少し苦いが一般的。しかし、デリケートゾーン用の美味しいイメージを彷彿とさせるジェルや、甘い味がするシロップを使えば、クンニの味をもっと美味しくすることは可能です。

具体的な方法については、下記記事を参考にしてみてください。

また味だけでなく、クンニ中の彼氏が陰部のにおいを気にしないかな…と不安が先だってあまりしてほしくないという女性もいます。ほかにも、女性器の形や色、愛液の量が原因で「クンニされるのが恥ずかしい…」と感じる女性もいるようです。

とはいえLCラブコスメのアンケートから、女性の90%は彼からクンニされることが好きで、できるなら気持ちよく愛してもらいたいと思っていることがわかっています。クンニの恥ずかしさは、気になる悩み別に適切なケアをすることで克服しましょう。

クンニの恥ずかしさを克服する方法について詳しく知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

さらにクンニを美味しくしたり、においのケアをすることは、「彼がクンニ嫌いで…」と悩んでいる女性にもおすすめです。クンニ嫌いの男性は、心理的になんとなくやりたくない…と思っていることが多いもの。そのため、味やにおいのケアをして、彼がクンニをしたくなる工夫をするのが効果的なのです。

クンニ嫌いの彼をクンニ好きにする方法については、下記の記事で詳しくご紹介しています。

ラブタイム中のデリケートゾーンの悩みと言えば、「感度」についてもあります。彼にセックス中にクリトリスを刺激されても痛いだけで気持ちよく感じられない、これって変な事…?など、悩む女性もいます。

しかしデリケートゾーンはその名の通り、デリケートな場所。どんな触り方でもたちまち気持ちよくなれるというわけではありません。デリケートゾーンの性感帯…クリトリスなどで気持ちよくなれる方法について知りたい時は是非下記をご覧ください。

メイクラブリップ・カシスレディ

メイクラブリップ・カシスレディ

デリケートゾーンのニオイの元をカバーし、美味しいイメージに導くデリケートゾーンパフューム。香らせて感じる、オーラルで使う食品原料でできた、食べられるデリケートゾーン用香水です。オーラル前に、サッと塗ることで美味しくエチケットケアができます!パートナーが舐めるのが好きで、いつもニオイなどが気になる方へ♪

ラブシロップ

ラブシロップ

オーラルのときのニオイや味も気にならない。スイーツ感覚で楽しく気持ちよく感じあえる食べられるラブローション!まるでメープルシロップを舐めているような美味しさで、自分もパートナーも今以上に美味しく、気持ちよく感じられます!

もっとデリケートゾーンを知ろう

デリケートゾーンについて考えている女性イラスト

自分の身体の一部であるデリケートゾーン。繊細な場所ということもあり、学校で詳しく習わない部分でもあります

しかしデリケートゾーンの悩みは、そもそも女性器の形などに原因があることも。女性生殖器など、デリケートゾーンや自分の体について、もっと詳しく知っておきましょう。

まず知っておきたいのが、女性器(外性器)の形や構造についてです。外性器は全体でデリケートゾーンとして扱われることも多い場所。

そして外陰部(外性器)の形や、それぞれの部位の大きさなどは人によって千差万別です。たとえば小陰唇のびらびらは、大きすぎや小さすぎが原因で悩みを抱える女性も少なくありません。

小陰唇のびらびらが大きい女性は、大陰唇との間にたまる恥垢も多くなりがち。恥垢がたまりやすい構造の女性器であることが、デリケートゾーンのにおいの根本的な原因になっている可能性があるということですね。

デリケートゾーンの悩み解決や正しいケアをするためには、自分の女性器の形や構造を理解することも大切。是非、下記のページでデリケートゾーンと呼ばれる外性器の形や構造、各部位の特徴などの情報をチェックしてみてください。

また、内性器のなかでも膣だけはデリケートゾーンと呼ばれることがあります。よくデリケートゾーンを洗いすぎるのは、雑菌の侵入を防ぐはたらきが低下するから避けたほうがいいといわれますが、この場合のデリケートゾーンは膣を指しています。

膣も人によって、長さや深さ、狭さや締め付けなどが違うもの。たとえば男性器が入らないほど膣が狭い女性は、ラブタイムの際にローションなどの潤滑剤で滑りをよくするなどの対策が必要です。

この膣の狭さのように、デリケートゾーン(膣)の悩みは場合によってはラブタイムの悩みにもつながっていきます。そのため、彼との楽しいひとときを過ごすためにも、下記記事でデリケートゾーン(膣)の構造や、セックスで入らないときの対処法を知っておくといいでしょう。

デリケートゾーンまとめ

デリケートゾーンの悩みがなくなって笑顔の女性イラスト

デリケートゾーンのお悩みは、多くの女性が抱えているものですが、普段からの丁寧なケアで改善されることも多いです。トラブルでお悩みなら、現在の習慣やデリケートゾーンケアのやり方を見直してみて、正しい対策を行ってみましょう。また、疲れやストレスを溜めないといった、基本的な生活習慣も重要です。

さらに、適切なデリケートゾーンケアをしていてもトラブルが収まらないときや、ほかにも症状があるなど普段と何か様子が違うような場合には注意が必要です。 性感染症(セックスによる感染)など医師による治療が必要になる場合がありますので、1人で悩まずに早めに医療機関に相談してくださいね

そしてデリケートゾーンケアでは、におい・黒ずみ・おりものなど悩み別にケア商品を使っていくのがおすすめ。悩みに対して、ピンポイントで解決できるケア商品を使えば、デリケートゾーンケアを効果的にすることができますよ。

あなたにピッタリのケア商品を見つけて、デリケートゾーンのお手入れを正しいやり方で日々の習慣に取り入れていきましょう。下記から、デリケートゾーンケア商品の特集を見ることができます。

今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>(別サイト)

カテゴリー一覧