【医師監修】コンドームのコンビニや薬局での買い方!どこで買うのが正解なの?

コンドームの買い方!コンビニや薬局など売り場別のメリットや恥ずかしい時の対策

避妊(コンドーム・ピル)の悩み

【医師監修】コンビニや薬局でのコンドームの買い方!皆はどこで買ってる?恥ずかしい時の対策

コンビニでコンドームを買った経験はあるでしょうか?コンドームはラブタイムの際に使用するものなので、「コンドームを買う=エッチをする」と連想されがちです。そのためコンビニや薬局でレジにコンドームを出すとき、売り場を探してスタッフに尋ねるときなどは、なんだか恥ずかしい気分になってしまうかもしれません。

このように、お店のスタッフやほかのお客さんの目が気になり、コンドームの買い方に迷ったり買うのを恥ずかしく思ったりしたことのある方は少なくないもの。とはいえ、いざコンドームが必要になったときにコンビニや薬局以外だとどこで購入できるのか、よくわからないということもあるでしょう。

今回は医師の山下真理子先生の監修のもと、コンビニや薬局などコンドームの買い方別のメリット・デメリット、恥ずかしい気持ちを減らすための対策などを解説します。コンドームにもいろいろなメーカーやブランドがあり、売っている場所によってラインナップは異なるため、コンドーム購入時のコスパや値段の差、好みなどに応じて選んでみましょう。

コンドームはどこで買える?みんなはどこで買う?

コンドームは、コンビニやドラッグストアなどさまざまなお店に売っていますが、ほかのカップルの方々はどこで買っているのでしょうか?どこでも買えるといえば買えますが、お店によっては店員の目が気になったり、どこに置いてあるか売り場がわかりにくかったりするかもしれません。

ここでは世間の人はコンドームをどこで買うのか、女性が買うときに困ることなどを紹介します。

コンドームを買うのが恥ずかしい…女性が買うときに困ること

女性がコンドームを自分で買うときに困るのが、「周囲の目が気になって恥ずかしい」ということでしょう。自分で買った経験がある女性のなかには、普段の買い物では感じないような抵抗感、羞恥心があったという人も多いかもしれません。

【女性に質問】コンドームを買うのが恥ずかしいと感じたことがありますか?(2020年8月マイエルシーアンケート/ 【女性100名】コンドームの購入について)

ラブコスメでは、女性100人にコンドームの購入についてアンケートを実施。その回答では、コンドームを買うのが恥ずかしいと感じたことがある女性は、全体の85%ほどとなりました。

また「普段コンドームの用意は自分とパートナーどちらが行っていますか?」では相手が買ってくれている方が68%と優勢ですが、残りの女性は自分で用意しているようです。

また、男性も女性がコンドームを用意してくれることに対して嬉しく感じることの方が多いので、ぜひ積極的に準備をしてみてください。

コンドームが売っている場所

コンドームを買える場所は多く、身近なお店でも見つけられます。主なコンドームを売っている場所としては、コンビニエンスストアや薬局、ネット通販が挙げられるでしょう。

コンビニや薬局はお店のスタッフと対面で買わなければいけませんが、通販なら誰にも会うことなく購入可能です。ラブグッズを多数扱うラブコスメでも、いろいろなコンドームを取り扱っています。ラブコスメをはじめとしたネット通販なら、いくつものラインナップから気になる商品をじっくりと選べるのもメリットでしょう。

ただし急遽コンドームが必要になった場合、すぐに手に入るコンビニや薬局などが便利です。

コンビニや薬局でのコンドームの売り場はどこ?

いざ必要になったときでも簡単に買いに行けるコンビニや薬局ですが、コンドームは小さな箱に入って売られていることが多いため、お店の中を探しても見つかりにくいこともあります。とはいえ店員さんに直接コンドームの場所を尋ねるのも、恥ずかしい気がするかもしれません。

店頭で迷わないように、事前にある程度の陳列場所を把握しておきましょう。お店ごとの基本的なコンドーム売り場のポジションを知っておけば、さりげなく手にとることができて安心です。

コンビニ:男性用消耗品コーナーの近く

24時間営業のことも多く、街のあちこちで見かけるコンビニは、コンドーム含めさまざまな商品が手に入る便利な存在です。一方、そのぶん商品の陳列棚がびっしり詰まっていて、コンドームが探しにくいこともあるでしょう。陳列場所を訪ねたくても、店のスタッフはレジ付近にしかいないことも多くあります。

一般的に、コンビニのコンドーム売り場は「男性用消耗品コーナー付近」です。ほとんどのコンビニでは、男性用の化粧品類やカミソリなどのそばにコンドームも並んでいます。また、トイレットペーパーやティッシュペーパーなど日用品の棚の近くに置かれていることもあるため付近を探してみてください。

薬局:絆創膏などの衛生用品のコーナー

コンビニほどお店の数も多くなく、営業時間も長くありませんが、薬局・ドラッグストアもコンドームを買うことができます。コンビニに比べると種類が豊富で、コンドームのサイズやメーカーなどにこだわりがある方にはなおのこと便利かもしれません。しかしチェーンのドラッグストアなどは店内が広く、コンドーム売り場を探すのに手間取ることもあります。

一般的に、薬局・ドラッグストアでのコンドーム売り場は「絆創膏などの衛生用品コーナー」です。コンビニ同様、男性用のカミソリや化粧品類の日用品コーナー付近に置かれることもあります。ただし、お店によっては衛生用品コーナーや日用品コーナー自体見つけにくいことがあるため、そこまではスタッフの案内を受けたほうが早いかもしれません。

ラブミルフィーユ ホットタイム(マカロン風コンドーム)

持って可愛い、使うと一緒に…気持ちいい!

商品を見る
LCグッドバリューコンドーム(グッズ用)

コンドームだって可愛いものが欲しい!可愛く安く、お得なグッズ用コン…

商品を見る
グラマラスバタフライ・ホット(12個入り)

つけると温かくて、女性が感じる…!

商品を見る
リラックマコンドーム(ほっとゼリー)

あの人気キャラ、リラックマの可愛いコンドーム登場!あったかゼリー付…

商品を見る
【SET】可愛い!コンドーム2種類 使い分けセット

スイーツのような見た目に持つだけでハッピー♪飾っても可愛い新しいコ…

商品を見る
リビドー ベリーロゼ

男性の衝動のスイッチをON!

商品を見る

コンドームの買い方別!メリット・デメリット

コンドームを買える場所はあちこちにありますが、「どこで買うのが一番良い」とは言いにくく、それぞれ異なるメリットとデメリットを持っています。コンビニや薬局、通販など、それぞれのメリットとデメリットを比較して、そのときの自分にとって一番使いやすい方法を選びましょう。

コンビニで買う場合

コンビニエンスストアでコンドームを買うことには、以下のようなメリットとデメリットが考えられます。

メリット

コンビニで買うメリットは、欲しいときにすぐに手に入る点です。年中無休で24時間営業の店舗が多く、さらに店の数も多いためお出かけ先でも立ち寄りやすいでしょう。コンビニの場合、ラインナップとしてはコンドームの値段が安く、購入するにあたりコスパの良いものが多くあります。また、コンビニオリジナルブランドの商品を取り扱う店もあります。生理用品などと同様に、紙袋に入れて見えないようにしてくれるなど、サービス面も安心です。

デメリット

コンビニは手軽である反面、手にとるときやレジ前で周囲の視線が気になることがあります。店内が狭いと、後続のお客さんに商品を見られそうな気もしそうです。また、置いてある種類が少なく、ゴムアレルギーでラテックス製のコンドームを必要としている方、サイズやコンドームのメーカーなどで選びたい人には合ったものが見つからないかもしれません。

薬局で買う場合

薬局やドラッグストアでコンドームを買うことには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

薬局・ドラッグストアの利点は、品ぞろえが豊富なところです。コンドームも種類やサイズが豊富に揃っていますし、ローション、潤滑剤など、ラブタイムに使うほかのアイテムも一緒に買えます。また、コンビニ同様にレジでは黒い袋や紙袋に入れてくれるなど、サービス面も安心でしょう。

デメリット

薬局・ドラッグストアもやはり、周りの視線は気になります。また、規模やラインナップは店ごとに違い、薬局によって品ぞろえの差も顕著です。夜の時間帯は開いていない店も多いなど、買える時間帯も限られます。

通販で買う場合

通販でコンドームを買うことには次のようなメリットとデメリットが考えられるでしょう。

メリット

通販でコンドームを買う最大のメリットは、周りの人の視線が気にならない点です。自宅にいながらスマホやパソコンから選べて、誰にも知られずに購入できます。配送時も、外からは何が入っているかはわからないようにしてもらえるケースがほとんどです。
また、サイズや質感をじっくり比べて、自分好みのものを自由に揃えられることも通販の良さ。店頭では周りの目が気になってゆっくり選べない人でも、自宅なら気になりません。

デメリット

通販でコンドームを買う際には、一緒の家に住んでいる家族やルームメイトが中を開けないように注意する必要があります。夫婦やカップルならまだしも、親や兄弟に見られたときには気まずくなってしまうでしょう。そんな時は、ラブコスメの配送業者営業所留め・コンビニ受け取りなどの方法を使えば、家族にも購入を知られる機会を減らせます。
さらに通販では、配送に時間がかかるため買ってすぐには商品が手に入りません。そのため恋人と会う日に間に合うように事前に購入しておく時間の余裕も必要です。また、送料がかかって割高に感じることもあります。

コンドームを買う時の流れを解説!コンビニや通販での買い方、注意点や工夫

コンドームは男女どちらが準備しても良いものですが、女性が購入する際にはいくつか注意したい点もあります。装着するのは彼なので、男性側への気遣いも必要です。また、恥ずかしいからと通販を利用する際にも落とし穴があるため、お店選びには気を付けましょう。コンドームを購入する際に覚えておきたい注意点を解説します。

事前に彼の好みも聞いておく

ラブタイムは二人で協力して楽しむものであり、コンドームもカップルのどちらが用意しても問題ありません。ただし、サイズやゴム(ラテックス)アレルギーがないかはあらかじめ彼に確認する必要があります。デリケートな部分に触れるものなので、できるだけ心地良く使えるアイテムだと安心です。

特に初めてのラブタイム前にコンドームを買うときは、彼のサイズを知らない、好みを聞きにくいということも起こり得ます。その場合、ホテルデートの際に一緒に買いに行くのもアリでしょう。彼女もラブタイムに積極的なのは男性として嬉しいことですし、避妊について二人でしっかり向き合うことでより良い関係が築けそうです。

コンビニなど店頭で買うときはほかの物と一緒に買う

コンビニや薬局・ドラッグストアなどで女性が一人でコンドームを買うのは、少し気が引けることもあります。そのときには、さりげなくレジに出せるようにほかの商品も一緒に買うのがおすすめです。

雑誌やお菓子の箱など、ある程度大きな商品の下にコンドームを隠して持つなどすれば、ほかのお客さんからの視線は気になりません。また、コンドームを選ぶ姿をほかのお客さんに見られたくない方は、スピーディーに買い物をするために前もって欲しいものの目星をつけておくと良いでしょう。

レジスタッフの目も気になるかもしれませんが、店員さんは全員、仕事として冷静に対応してくれます。いろいろなお客さんを相手にしているため、誰が何を買ったかなどは意識していません。もちろんコンドームを買っていくお客さんにも慣れているため、スタッフの目線を気にして不安になる必要はないでしょう。

中古のフリマサイトやよく知らない通販サイトには注意!

どうしても人の目が気になる、店頭でコンドームを買いにくいという方は、通販サイトが便利です。ただしサイトによっては品質に問題のある商品を掴んでしまうこともあるため、店選びは慎重に行いましょう。特に個人が中古品も扱っているフリマサイトや、口コミのない無名の通販サイトなどは要注意です。

フリマサイトは、業者ではなく個人が商品を管理しているため、消費期限が過ぎている・既に中身が開けられているリスクもゼロではありません。商品がどのような環境で保管されていたのかも心配です。結果、買ったコンドームが使えない、避妊がうまくいかないなどのトラブルの原因にもなりかねないでしょう。

また、通販サイトによっては品質の良くない商品を扱っていたり、品名や中身がわかってしまうような梱包をされたりする可能性もあります。安心してコンドームを購入するのであれば、信頼できるサイト選びが大切です。

コンドームと一緒に準備しておきたい!ラブタイム充実アイテム

彼氏と使うためのコンドームを買うなら、併せてラブタイムをもっと楽しめるようなアイテムも準備してみてはいかがでしょうか?ムードを高めるプラスアルファの要素としてラブグッズを取り入れることで、彼とのラブタイムがワンランクアップするかもしれません。コンドームと一緒に揃えたいラブタイム充実のためのアイテムを紹介します。

挿入時の違和感対策に役立つ潤滑ジェル(潤い補充)

挿入時の違和感が気になる女性は、『ラブスライド』があると安心です。ヌルッと滑るようなスムーズな感覚で、ラブタイムを優しくサポートしてくれます。なめらかなジェルにはセクシャルなハーブも配合されていて、二人の気分をさらに高めてくれそうです。

女性の感じる部分をしっとりと保湿し、スムーズな「滑り」を取り入れることができますし、男性も『滑り』を感じることが出来ます。

挿入時の潤い不足をサポート

ラブスライド

ヌルッと滑るようなスムーズな感覚をサポートするラブコスメ。潤い不足による摩擦での不快感をサポートし、濡れにくい、感じにくいお悩みをケアします。滑るような潤いを感じながら、快感もサポートする特殊な質感。使用中に保湿もするので、美容対策にもピッタリ!前戯だけではなく、挿入での気持ちよさを感じてみたい方にオススメです。

ベッド専用コスメでとろけるようなオーガズムを!

燃えるようなラブタイムを体験してみたい方は、女性のための感じるコスメ「ラブコスメリュイールホット」を使ってみると良いでしょう。女性のデリケートな部分に塗るだけで、体の奥のほうから熱く、今まで味わったことのない快感の高まりを感じられるかもしれません。デリケートゾーンが濡れにくいときにも、自然な潤いをサポートできるアイテムです。

ラブコスメリュイールホットは、ダミアナなどのハーブを使用して、女性が優しく感じられるように作られています。なじませた部分をゆっくりとマッサージするだけで、じんじんと火照るような感覚を味わえるでしょう。

敏感な部分が火照り、熱く乱れて…

ラブコスメ リュイール ホット

デリケートゾーンに潤いを感じながらあたたかさを取り入れることにより、情熱的なラブタイムへ導いてくれる商品です。植物素材を中心に配合しつつ、なめらかで美容液のような触り心地を実現しています。どうしようもないほど乱れてしまうような情熱的な時間を過ごしたい方にオススメです。

オーラルやゴムの臭いが苦手なら…

オーラルの際、彼自身の臭いやコンドームのゴム臭が気になるという女性は少なくありません。そんなとき食べられるローション「ラブシロップ」を使えば、気になる臭いがカバーされて、抵抗感なくオーラルを楽しみやすくなるでしょう。

ラブシロップは食品原料で作られていて、スイーツのような甘いフレーバーが特徴です。デリケートゾーンにそっと垂らすだけで、気になる臭いや味を感じることなく、存分に彼を気持ち良くしてあげられます。また、自分の臭いを気にしてクンニリングスを遠慮してしまう女性も、ラブシロップがあれば彼からの愛情を受け入れやすくなりそうです。

とろとろ塗り合って、そのまま舐めたり食べたり…!

ラブシロップ(メープル&ナッツ)

「舐めても安心なラブローションはないの?」という多くの声があり開発されたラブローションです。お互いとろとろにラブシロップを塗り合ったり、舐め合ったりすると興奮度もMAXになることでしょう。
ラブシロップの成分は、サトウカエデなどの樹液を元に作った甘味料です。本物のメープルシロップの味わいなので、パートナーの体をデザート感覚で味わうことができます。

コンドームはコンビニだけでなく通販も上手に利用して

コンドームはコンビニや薬局でも取り扱いがあり、おしゃれなパッケージのものも増えています。とはいえ、やはり女性が店頭で買うのはなかなかハードルが高いもの。その場合には、安心して選べる通販を活用するのも良いでしょう。

通販であれば人目を気にせずじっくりと比較しながら選べるため、サイズ間違いなども避けやすくなります。また、彼と相談しながらラブタイムをより楽しくできそうなプラスアルファのグッズも探すのも楽しそうです。一方、コンビニにはスピードと手軽さというメリットもあります。急ぎでなければ通販、今日明日に必要ならコンビニなど、シチュエーションごとに賢く使い分けてみてはいかがでしょうか。

コンドームの購入後は、正しい装着方法もあらかじめ知っておくことが大切です。 下記記事でNGな使い方とともに解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

監修:医師 山下真理子先生

岡山県出身。2010年京都府立医科大学医学部医学科卒。専門は美容皮膚科。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。 女性誌『anan』『with』『InRed』『AneCan』『姉Ageha』などその他多数のファッション誌や「ミセスマートTV NEO」「ビーバップハイヒール」「やすとも・友近のキメツケ!」などテレビ番組にも数多く出演。

●著書:
『女医から学ぶ あなたの魅力が10倍増すセックス』(2010年 ぶんか社)
『女医が教える 夜のお悩み相談クリニック』(2013年 アドレナライズ )
『女医が教える!彼女を夢中にさせる魔法のセックス』(2016年 インプレス)
など多数。

※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

著者:ラブコスメ(LC)夜の保健室 編集部

会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

ラブコスメ公式HP / Twitter / Instagram / note / アプリ / LINE / Youtube

これ何?話題のラブコスメ シルエットクイズ!

【初めてのラブコスメならコレ】あなたにぴったりのアイテムは?

コラム特集

ラブコスメでよく検索される関連ワード