臭いの悩み

耳の裏が臭い女性は要注意?
耳の臭いの原因や正しい対策方法

耳の臭いについて。耳の後ろの臭いを抑える方法や、耳の中やカス臭いの予防法
     

    彼に気づかれる前にケアしたい耳の臭い

    耳の臭いに気づかれるか心配お悩み解決バナー
    耳の臭い、気になりませんか?あまり話題にならない耳の臭いですが、実際には仕事やプライベートで周りの人たちから耳のニオイについて、どこまで臭っているのか心配になります。ましてや、耳の近くで話をする彼からどう思われているかはとても不安です。

    耳の後ろ(裏)、耳の中、耳カスなど臭いが発生しやすい場所。

    耳の臭いというコンプレックスをお持ちの方は、周囲に気づかれる前になんとかして解消したいと思いますよね。

    まずは、耳の臭いの原因を様々な角度から検証し、臭いの原因を特定させることが大事です。そして、耳の臭いを抑える対策方法や予防する方法を見つけましょう。

    原因がわかれば、耳の臭いを解決するために、どうケアをしたらよいのかが見つかります。耳の臭いを根本的に解決して、においを心配することなく過ごしましょう。

    耳の臭いが発生する原因

    気になる耳の臭いの原因は様々です。一言に『耳が臭う』と言っても、「耳の裏」「耳の中」「耳から出る汁」「耳のカス」など、発生源も多数あるようです。

    主な原因としては、加齢による皮脂の増加、耳の中の垢、耳の後ろをきちんと洗えていないこと、粉瘤ができてしまっている、生まれつき耳の穴に小さな穴が開いている、イヤホンの使用によるカビなどがあります。

    ここでは、臭いの原因について詳しくみていきます。理由がわかれば、その原因に応じた対処法が見つかり、耳の臭いは解決してスッキリするでしょう。

    耳の臭いの原因って何?

    加齢による皮脂の増加

    女性は30代くらいから皮脂の分泌を抑える女性ホルモンが減少し始めるため、皮脂の量が増えます。皮脂の量が増えると、耳から加齢臭が発生し、耳の臭いが強く感じられるようになります。

    加齢臭とは、皮脂腺が酸化し、その中の過酸化脂質と脂肪酸であるパルミトレイン酸が反応して、ノネナールという物質が発生し、それがニオイの元となるのです。

    中高年になると、このパルミトレイン酸が分泌されることで、加齢臭が強く感じられるようになるのです。

    耳の中に垢(カス)が溜まってる

    耳の中には皮脂腺や耳垢腺が集中しています。そして、汗、ごみ、剥がれ落ちた角質などの汚れ、つまり耳垢がたまります。これらの汚れを取り除かないでいると、雑菌が繁殖し、それがニオイの元となります。

    耳垢はこまめに掃除し、雑菌が繁殖して臭いが出ないように心がけましょう。

    また、耳の中に、ワキガの原因でもあるアポクリン汗腺が多い人は、耳の臭いが強くなる傾向にあります。汗をかいたら綿棒やウエットティッシュなどを使ってふくなど、耳の中を清潔に保つよう心がけるとよいでしょう。

    耳の後ろをきちんと洗えていない


    耳の後ろをきちんと洗えってなかった!?

    耳の臭いは耳の中だけではありません。女性としてはショッキングなのですが『耳の後 臭い女性』という検索ワードで検索する男性が一定数いるというデータがあります。

    つまり、女性の耳の後が臭うと感じた時に、その原因などが気になって検索するということなのでしょう。この耳の裏の臭いに、女性自身は案外気付いていない可能性も大きいです。

    耳の後ろの臭いの原因は、単純に洗い忘れが最も有力です。頭や顔はきちんと洗うのに、耳の後ろを洗うのを忘れているか、手を抜いていませんか?

    耳の後ろは、皮脂腺も汗腺も多いので、皮脂の分泌量が多く、加齢臭の原因が潜んでいる箇所なのです。そのため、雑菌が繁殖しやすく、臭いを放つ箇所ですので、顔や頭を洗うのと同じように、常に意識的に耳の後ろも洗って清潔を保つよう心がけることが臭いを絶つポイントです。

    また、頭を洗った時に、耳の後ろの汚れやシャンプーをすすぎ残してしまうと、雑菌が増えて臭いを放つようになります。特に耳の後ろは、皮脂腺、汗腺が集中しているので、汗をかきやすく、汚れも溜まりやすいのです。毎日の入浴はもちろんのことですが、髪の毛を洗う時に耳の後ろも洗う習慣をつけておくといいですね。

    また汗をかいた後は、濡れタオルやデオドランド用ティッシュで拭くのも臭いを抑えるのに効果的です。

    粉瘤ができてしまっている

    耳に粉瘤ができてしまっている場合、それも耳の臭いの原因になります。粉瘤とは、皮下のできものです。別名、アテロームともよばれています。

    正常な皮膚の中にのう胞という袋ができ、その袋の中に角質や皮脂などの老廃物がたまったもので、押すと白か黄色のドロドロした臭い膿が出ます。毛穴が皮脂で詰まってしまうため、粉瘤の中で常在菌が皮脂を分解して悪臭を放つようになるのです。

    粉瘤ができる原因は現在のところ不明ですが、放置していても問題はありません。ただし、ばい菌が入って腫れたり膿が出るようであれば、治療した方がよいでしょう。また、潰すと、ばい菌が入り、腫れが悪化する可能性があるため、潰してはいけません

    生まれつき耳の穴に小さな穴が開いている

    稀なケースですが、生まれつき耳の穴に小さな穴が開いている「先天性耳瘻孔」という病気があります。特に日常生活において問題ないケースもあれば、穴に膿が溜まると痛くなったり、臭いのきつい膿や脂肪のようなものが出てきて悪臭を放つようになることもありますので、耳鼻科や形成外科で適切な治療を受ける必要があります。

    ご自分でこの膿を拭き取る人もいますが、耳瘻孔が菌に感染して化膿することもありますので、自分で判断せず、医師に相談しましょう

    悪化すると治療が難しくなることもありますし、何よりも耳の病気が臭いの原因となっておりますので、根本的な解決法としては、やはり治療が一番です。

    イヤホンの使用によるカビ

    耳の臭いはイヤホンを使用しすぎても起こります。長時間イヤホンを使用していると、「外耳道真菌症」という耳にカビが生える病気になることがあります。

    外耳道とは、耳の穴から鼓膜までのことです。長時間イヤホンを使っていると、外耳道の中が蒸れて、カビが繁殖しやすくなるのです。その結果、外耳道のカビが繁殖した「外耳道真菌症」になり、耳の痛みを感じたり、耳がつまった感じになったりします。

    また、耳に炎症箇所があると、そこに耳垢などがつまって、難聴になることもありますので、長時間イヤホンの使用は避けましょう

    遺伝性の原因

    遺伝的に耳の垢が臭いやすい人もいます。俗に「ワキガ」と呼ばれる『腋臭症』の人は、脇のアポクリン腺という汗腺が活発です。個人差はありますが、脇と同様耳の中のアポクリン腺も活発で、耳垢が湿っており、臭いが強い人が多いともいわれています。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ジャムウ・ハーバルソープを購入する
    頑固な黒ずみケアもたった3分?!
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブルを購入する
    もっちり泡で黒ずみを集中ケア!
    商品を見る
    ジャムウ・ビューティーバブル
    たまった角質や素肌の汚れをスッキリ!
    商品を見る
    デリケートウェットを購入する
    臭いの元をさっとふき取れる!
    商品を見る
    LCジャムウ・ハーバルロール
    サッと塗るだけ、1日中サラサラ
    商品を見る

    自分の耳の臭いを確認する方法

    自分の耳の臭いを確認するには?お悩み解決バナー

    耳の臭いを解決するためには、まずご自分の耳の臭いを確認するとよいでしょう。耳の臭いを確認することによって、臭いの原因がわかり、予防法や解決法を見つけやすくなります。

    ここでは、ご自分の耳の臭いを確認する方法をいくつか紹介します。

    毎日使っている枕の臭いを嗅ぐ

    眠っている間は、耳の中や裏に皮脂や汗がたまります。それが枕につくため、毎日使っている枕の臭いを嗅いでみると、ご自分の耳の臭いを確認することができます

    もし、枕から父親の加齢臭の様な臭いがする場合は要注意です。耳の裏から発生するニオイは、ジアセチルという成分が原因で、40~50代以降に感じる加齢臭に対して、30~40代から感じるミドル脂臭とよばれるものです。父親の加齢臭のような臭いは、女性にも起こるのです。

    このような臭いをご自分の枕に感じたら、朝に軽くシャワーを浴びるだけでも臭いを抑えることはできますので、試してみてください。

    耳垢の様子をチェックする

    ご自分の耳垢の様子をチェックすることは、ご自分の耳の臭いのタイプを知るのに有効な手段です。耳垢が乾いている場合はそこまで心配する必要はありませんが、湿っていて柔らかい場合は遺伝的にワキガの可能性が高いので、ニオイのケアが必要です。

    臭いチェッカーを利用する

    ご自分の耳の臭いをチェックする方法として、臭いチェッカーを利用するのもよいでしょう。市販で販売されていますし、使い方も簡単です。耳の後ろにかざすだけで、耳の後ろに臭いがないかを簡単に調べることができます。

    オススメなのは、「Kunkun body(R)」という、スマホのアプリと連動して使うものです。いつでも、どこでも簡単にご自分の臭いの程度がわかり、大変便利です。

    耳の臭いをなくす方法

    自分に合った方法で耳の臭いを無くそう!

    気になる耳の臭いはなんとかして、なくしたいものです。その方法をいくつかご紹介しますので、自分に合った方法で試してみるとよいでしょう

    耳の裏を石鹸でよく洗う

    消臭方法は基本的に、まずきれいに洗うことです。臭いの原因となる耳垢を取り除き、お湯でしっかりと汗や汚れ、雑菌を落としてから、石鹸を良く泡立てて耳の裏側を丁寧に洗います。その際に、優しくマッサージするように洗うことがポイントです。

    石鹸で洗ったら、すすぎ残しのないように泡をしっかりと流します。

    昔ながらのハンドメイドによる製法にこだわったデリケートゾーンのケアにも使えるおすすめのジャムウ石鹸は、臭い対策に特におすすめできる石鹸です。

    ジャムウ・ハーバルソープ

    ジャムウ・ハーバルソープ

    黒ずみ、ニオイの元を洗い流して素肌をスッキリ爽快ケア。 植物由来の成分で作られたハンドメイド石鹸なので、全身にお使い頂けます。 自分に自信がつき、パートナーとのラブタイムがさらに楽しい時間になるでしょう。

    商品を使った人の感想
    体験談イラスト1

    『洗った時は匂いはしません。』

    洗った時は匂いはしませんが朝になると匂いがするようになります。匂いが消えるのは一時的だと思います。

    体験談イラスト2

    『気になる匂いが』

    匂いが気にならなくなりました。

    体験談イラスト3

    『いろんな場面で役にたちますね』

    匂いが洗い流されて気にならなくなりました。いろんな場面で役にたちますね。

    耳の裏にデオドラント剤を塗り込む

    耳の裏の汗や汚れを落として清潔にした後は、デオドラント剤を塗るのもオススメです。デオドラント剤には消臭効果や殺菌効果のある成分が含まれています。

    耳の裏に塗り込めるオススメのデオドラント剤をご紹介しましょう。

    ジャムウ・ハーバルロール

    ジャムウ・ハーバルロール

    ワキのニオイの元が気になる、ワキ汗をよくかく方のロールオンタイプの自然派のエチケットケア製品。気になる部分を直接塗ってカバーすることで、爽やかな印象をキープします。

    商品を使った人の感想
    体験談イラスト4

    『ミントの香りでカバー』

    ミントの香りでカバーされていてニオイが気にならず、不快感も気になりません。

    体験談イラスト5

    『つけた時のひんやり感』

    つけた時のひんやり感が心地よく、長続きするので気持ちがいい。

    耳の臭いを予防するには?

    耳の臭いを予防するには、まず臭いの原因である汗や雑菌、汚れをきれいに洗いながすことですが、その上でいくつかよい方法がありますので、ご紹介します。

    耳の臭いの原因の汚れをきれいにしよう

    皮脂の分泌を抑える栄養が含まれた食品を摂取する

    人間の皮脂腺中には40代頃から不飽和脂肪酸のパルミトレイン酸が増え、体内で活性酸素が発生しやすくなります。そのため、過酸化脂質が増加し、加齢臭の原因であるノネナールが作りだされてしまいます

    加齢臭を防ぐには、活性酸素を抑える抗酸化物質を摂取するのが効果的です。抗酸化物質とは、ビタミンEやビタミンC、ポリフェノールなどの栄養素のことです。ビタミンEとCはお互いの働きを助け合うので、この二つの栄養をセットで摂るよう心がけましょう。

    汗をかいたらこまめに拭き取るようにする

    汗をかいた時には、清潔なハンカチやタオルでこまめに拭き取るようにするのが臭い防止に効果的です。汗は雑菌の大好物ですので、臭いの元である雑菌を繁殖させないようにすることが大切です。

    臭いを拭き取ることができるウェットティッシュで、耳の裏を拭くのもいい方法です。持ち運びに便利な、ポケットティッシュサイズの『ジャムウ・デリケートウェット』は、外出先での耳裏のふき取りにもおすすめのアイテムです。

    ジャムウ・デリケートウェット

    定期的に耳の中を掃除する

    耳垢は耳の臭いの原因の一つであるため、定期的に耳の中のお掃除は必要です。しかし、耳垢は放っておいても自然に排出されるものですので、耳掃除は2~3週間に1回程度行えば十分です。頻繁な耳掃除は耳を傷つける恐れがありますので注意が必要です。

    また、耳垢は耳の穴の入り口から1cmほどのところまでしかたまりませんので、鼓膜を傷つけないようにするためにも、耳かきは耳の奥まで入れすぎないように注意しましょう

    耳の中に水をいれないようにする

    耳の中には基本的には水は入らないものですが、もし入浴中やシャワーを浴びる時などに、耳に水が入ってしまった場合は清潔なタオルで拭いてしっかりと乾かしましょう。耳に水が入ってしまうと、炎症を起こしてしまうことがあったり、雑菌が繁殖したりすることがあり、それによって臭いが発生することがあります。

    このような炎症や雑菌の繁殖を抑えるためにも、耳の中に水を入れないようにしましょう。

    気づきにくい耳の臭いに要注意

    耳のケアも見直そう!お悩み解決バナー

    耳の臭いに関して、これまで耳の中の臭いばかり気にしていたけれど実は耳の裏も臭っているかもしれないと感じた方や、反対に耳の中のケアも見直してみようと思った方もいるかもしれません。

    臭いは思いもよらない場所から出ていて、自分よりも他人が先に気づいている可能性が高く、言い出せずにいることも多い問題の一つです。

    この機会に一般的に臭いやすいと言われている部分のケア方法をチェックして、体の臭いケアを見直してみるのもいいかもしれません。全身のニオイケアをして、素敵な匂いで、彼と、もっと心置きなく幸せに過ごしましょう!

    【SET】デリケートウェット 5個セット

    【SET】デリケートウェット 5個セット

    デリケートゾーンの臭いの元や汚れを出先で簡単にケふき取れるウェットシート。 おりものや下着汚れによる不快感をサラッとサポート。

    LC’Sボディ・フレッシュミント

    LC’Sボディ・フレッシュミント

    体から感じる不快感、気になったことはありませんか?そんなときは、爽やかな気持ちを取り入れたいですよね。外側から専用の石鹸で洗ったり、内側から対策するのもポイントです。LCオリジナル!簡単に飲めるリフレッシュサプリメント『LCボディ・フレッシュミント』が便利です。1日4~8粒を目安に飲むと、スーッとほのかな清涼感を感じます。

    LCジャムウ・スカルプクレンザー

    LCジャムウ・スカルプクレンザー

    頭皮の臭いの元をスッキリと洗い流し、健康的な頭皮、毛髪を目指すスカルプアイテム。フケやカユミが気になる方、カラーリングをされている方にもオススメです。

       
      


    カテゴリー一覧