避妊(コンドーム、ピル)

【医師監修】コンドームをつけない彼氏…。避妊しない、ゴム嫌いな理由と対処法

彼が避妊をしてくれない男女のイラスト
     

    避妊しない、コンドームをつけない彼氏の割合

    セックスは、カップルや夫婦には欠かせない大切な時間。お互いの気持ちを確かめ合うのはいいのですが、望まない妊娠は避けたいものです。

    そんな望まない妊娠を防ぎながら、愛し合う時間を楽しむ為には「避妊」は不可欠。中でもコンドームは正しい使い方をすれば、とても手軽で信頼性の高い避妊方法です。

    しかし、そんなコンドームにも一つだけ問題点があります。それはコンドームはそもそも、「男性の協力」が必要不可欠な避妊方法であるという点です。

    日本人男性は「コンドームの使用率が、世界ワースト3位」であるという統計をご存知でしょうか?インドやベトナム、スペインなどが75%程度であるのに対し、なんと日本人のコンドーム使用率は42%なのだそうです。

    使用率は42%?
    お悩み解決バナー

    そんな状況では、今後「コンドームをせず、避妊をしてくれない」相手と出会う可能性もあります。では男性から「コンドームを付けたくない」「生の方が気持ちいい」と言われたら、女性はどうすればいいのでしょうか?

    今回は医師の山下真理子先生の監修のもと、『コンドームをしない彼氏』についての対応策を考えて見ましょう。

    コンドームをしたくない、ゴム嫌いな理由

    なんでコンドームを使わないの?

    「コンドームはつけたくない」「ゴムは嫌い」と言って避妊しないのは、ひどく自分勝手で恰好悪いですが、実際にそのような男性もいるのも事実。膣外射精は避妊法ではないので、コンドームをつけずに生ですることの意味は本人はわかっているはずです。実際に、男性がコンドームをつけたくない理由についてみてみましょう。

    (1)「使わないほうが気持ちいい」という理由

    男性がコンドームを使わない最も多い理由として「使わない方が気持ちいいから」という意見が挙げられます。コンドームを付けずに生でするのと、コンドームをつけてする違いは男性にはある程度はあると思いますが、女性はそこまで違いを感じることはない場合が多いです。

    また、セックスが気持ちいいかどうかはコンドームの有無だけで決まるものではありません。

    本来ならば避妊の大切さ、性感染症が防げる事実などから「気持ちいい」より大切なことだと実感してもらうことが一番です。しかし、そういったキッカケがないと途中からコンドームを使うようになるのは難しいです。

    そこで、「『つけた方が気持ちいいと噂のコンドーム』を使ってみたい」と、彼におねだりしてみるのはいかがでしょうか?女性側にホットジェルがたっぷりついているタイプのコンドームを使うことで、女性は新たな快感を知り、男性も彼女の見たことのない反応を見て「もう一度使ってみようかな」という気持ちになりそうです。

    また、「0.01mm」の世界最薄のコンドームを使ってみるのもおすすめです。「世界一薄いコンドーム、使ったことある?」と聞いてみれば、「どんなものかな?」と好奇心をくすぐられる男性も多そうです。

    (2)「ゴムがきつい」という理由

    コンドームがきつくて痛いという場合があります。コンドームには様々なサイズがありますので、自分のサイズに合ったコンドームを準備することをおすすめします。ペニスのサイズがそこまで違いがないようなら、本音では「生でセックスすると気持ちいい」ということかもしれません。

    (3)「ゴムを付けるのが面倒」という理由

    盛り上がっている中、挿入しようとしてコンドームをつけるのが面倒という男性もいます。

    コンドームをつけるのが面倒という彼氏の場合、女性からつけてあげるのもいいでしょう。ただし、あまりにも手際よく付けてしまうと、違うことを疑わてしまう可能性もあるので、注意してください。

    セックスをする直前に身近に用意して置いておきましょう。いざと言う時、「どこだったっけ…」と、もぞもぞ探して時間を取ってしまうと、ムードを壊してしまうこともあります。枕の下などに用意しておくのもいいでしょう。

    (4)「付けている間に萎えてしまう」という理由

    ラブタイム中、コンドームを付けるのにもたついてしまい、気持ちが冷めてしまう、乾いて痛くなる…という方もいらっしゃいます。そんなラブタイムの雰囲気を維持するためにも、「装着簡単コンドーム」がおすすめです。

    装着のもたつき、さらにしっかりと装着できていないんじゃないか?という不安も、テープを引っ張るだけで、くるくるっと装着出来てしまい、解決してしまいます。これなら、女性でも簡単に彼につけてあげられそうですよね。

    ですが、やはり一番はコンドームを正しい方法で装着することが大切です。女性だけでなく男性も正しいやり方を知っておくことで、より安心なラブタイムが楽しめるでしょう。

    コンドームの正しい付け方と注意点はこちら

    (5)「信頼して欲しい」という理由

    コンドームをつけずに生でセックスするとき、相手に信頼されているという感情が起こる場合があります。「コンドームを着けると愛が薄れる」ということを言う男性もいますが、「コンドームつけない男性 = 彼女を大切に思っていない」という意見もあります。

    この場合、何が愛にとって正しいのかというよりも、ちゃんと避妊すべきかどうかを考えるといいでしょう。

    私の事も大事にしてほしい

    (6)「安全日だから避妊しない」という理由

    安全日だから避妊をしないという彼氏がいるとしたら、それは間違いです。いくら安全日だからと言っても、妊娠を必ず防げるわけではないため注意が必要です。排卵の日は予測できないのと、精子は3日~7日は生存するので安全日は絶対に妊娠しないということにはならないので、コンドームをつけるようにしましょう。

    コンドームは女性も準備しておく!

    ラブコスメが実施した女性向けのアンケート『自分でコンドームを用意したことはありますか?』では、67.9%の女性が「はい」と答えています。

    その理由は「避妊は女性のたしなみ」「自分の身体に入れる物だからこだわりたい」「彼氏がコンドームを忘れた時のために」など、避妊について積極的に考えている方の意見ばかりでした。

    離任しないリスクを考える

    しかし「いいえ」と答えた方も決して少なくはありません。「自分でレジで買うの恥ずかしい」「家にコンドームがあるなんてやる気満々だと思われて恥ずかしい」はなど、照れがあって用意できないようでした。

    コンドームはインターネットで手軽に購入できるので、実際に購入するのは恥ずかしいことはありません。

    『避妊をしない彼氏』の場合だけではなく、ぜひ自分が好きなコンドームを準備することをチャレンジしましょう。また、コンドームには避妊だけでなく、性病を防ぐためでもあることをぜひ忘れないでおき、積極的に女性が準備していきましょう。

    ピルで避妊する

    彼がどうしてもコンドームをつけない場合、ピル(経口避妊薬)にて避妊することはできます。ピルを飲み忘れなく正しく服用すれば、99.7%もの避妊効果があります。これは、実際にはコンドームの避妊効果以上です。コンドームの避妊率は正しく使えば98%以上と高いのですが、付け方を間違えたり、外れるなどがあった場合に85%以下まで下がります。

    避妊を拒否する彼氏の場合、どうしてもという場合はピルを使うという選択肢も考えておきましょう。

    コンドームをしない彼氏よりも自分自身!

    もっと避妊をポジティブに考えよう!
    お悩み解決バナー

    いかかでしたか?これで彼氏にしっかり避妊をしてもらいつつ、安心してセックスを楽しめるようになりそうですよね。

    また、コンドームをつけない理由別に対策をご紹介しましたが、やはり最も大切なのは女性自身が避妊をポジティブにとらえることではないでしょうか?

    「出来ればゴムはして欲しいけど…」という曖昧で弱気な態度は、「だったら生でしよう…」という男性の気持ちを煽ってしまう可能性があります。

    「避妊していると、心置きなくラブタイムが楽しめて嬉しい」「次はどんなコンドームを使おうかな」 など、自ら避妊を先導する女性には、男性も頼もしさを感じそうです。「ゴムはもっていないの?」「コンドームをつけてくれないの?」という受身の姿勢から、「こんな珍しいコンドームを見つけたの!」「私がつけてあげるね」と積極的に行動してみましょう。

    そうすることで、避妊しない彼自身も、「コンドーム=嫌なもの、ネガティブなもの」という印象が、だんだんと変わってくるのではないでしょうか。

    セックスは二人のコミュニケーションによって良い方向に変えられるものです。最終的には彼も避妊に対して真剣に向き合ってもらえるように、避妊に関する知識を少しづつでも一緒に深められるのが理想と言えます。 下記記事では生セックスのリスクや、もししてしまった場合の対処法も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

    生セックスのリスクと出された場合の対処法はこちら

    監修:山下真理子(医師)
    監修:山下真理子(医師)

    医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。
    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。
    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    コンドームの使用率についてSNSでチェック

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    読み物コンテンツでよく検索されるワード<今人気のタグ>

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!