【産婦人科医監修】更年期や閉経後のセックスは?50代のセックス頻度(回数)と性交痛ケア

更年期のセックスの頻度は?50代以降のセックスや適切な回数

セックス・エッチの悩み

更年期障害とセックスの関係性!50代以降の適切な回数や楽しむ工夫

更年期とセックスについて

今回は六本木ヒルズクリニックの産婦人科医師・一倉絵莉子先生の監修のもと、更年期・閉経後の夫婦生活やセックス回数について解説します。

女性の更年期(こうねんき)は、閉経前の5年間と閉経後の5年間を合わせた10年間を指します。日本人の平均閉経年齢は50歳なので、45歳から55歳くらいを更年期と呼ぶことが多いです。閉経前後は生理不順が起こりやすく、更年期障害による体調不良もあいまって、思うようにセックスができないこともあります。

「更年期はセックスをしないほうが良い?」「したい気持ちが自然と減退するのでは?」といった更年期ならではの疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。そんな方の為に、更年期・閉経後のセックス回数、夫婦生活について解説し、更年期からのセックス(性生活)の悩みの解決策をご紹介していきます。

更年期や閉経後でもセックスしている人は多い

閉経前後の更年期や高齢期(閉経を過ぎた女性)は体力の低下や妊娠の可能性が低いことから、「更年期以降の夫婦はセックスをしない」と考えている方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

コンドームメーカーが行ったアンケートによると、日本だと50代以降でも月平均1~2回程度の頻度でセックスしています。

更年期における女性ホルモンの減少で欲求の強弱は移り変わりますが、「セックスをしたい」と感じることは、全くおかしなことではありません。むしろ、閉経後は妊娠の心配がないため、パートナーと心置きなくセックスが楽しめる年代と言えるでしょう。

もちろん、パートナーがいない場合、ストレス解消や新たな刺激を求めて、1人エッチで自分を解放するというのもおすすめです。

【SET】ジャムウ&ラブグッズ 快感でキレイ!スターターセット

感度とデリケートゾーンをまとめてケア!

商品を見る
ラブスライド

濡れにくさのケアに!スルっと滑るような挿入感

商品を見る
ジャムウ・ハーバルソープ

自然派デリケートゾーン用石鹸で、臭い・黒ずみの元を洗い流す!

商品を見る
LCジャムウ・デリケートパック

デリケートゾーンのおりもの汚れを洗い流し、肌をキュッと引き締め!

商品を見る
LCローションバス トロケアウ

ローションのお風呂で楽しく混浴!手軽にスペシャルなラブ浴を

商品を見る

更年期以降のセックスと女性ホルモンの関係

更年期は女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが一気に変化する時期です。実は、女性ホルモンはセックスの意欲と大きな関わりがあるため、ホルモンバランスの変化によって「したい」気持ちの有無や強弱が移り変わる時期でもあるのです。

更年期以降のホルモンの変化に伴うセックスに対する意識の移り変わりや、身体の変化を見ていきましょう。

更年期障害がセックスで軽く済む可能性も?

女性の更年期障害は、閉経に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の低下が影響することはご存知の方も多いでしょう。実際に、一般的な更年期障害の治療ではホルモン補充療法(HRT)によってエストロゲンの不足を補います。

エストロゲンは、元々排卵期に多く分泌されるホルモンで、セックスしたい気持ちと大きな繋がりがあります。

そんな中、直接的な関係性は認められていませんが、パートナーとのセックスを充実させると、更年期障害が軽減する、という説もあるようです。その理由は「セロトニン」というホルモンにあります。

セロトニンは神経伝達物質の1つで、人間が幸福感を感じたときに脳から分泌されるホルモン。別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。セロトニンは女性ホルモンの分泌を増やし、自律神経のバランスを整える効果があります。

愛のあふれたセックスライフを送ることでセロトニンが分泌され、自律神経が支配する内臓や代謝機能の働きも改善されることが期待できます。

もし、更年期にあっても女性がセックスをしたいなら、積極的にして問題ありません。セロトニンの分泌によって、良いサイクルが生まれるかもしれません。

一方で、更年期障害を和らげる目的で嫌々セックスを行っても、セロトニンは十分に分泌されず、あまり意味がないでしょう。セロトニンは好きな人との会話や簡単なスキンシップでも分泌されるので、セックスに限らず夫婦ともに楽しく幸せな時間を過ごすことこそが重要なのです。

更年期は無理にセックスする必要はない

更年期によるエストロゲンの減少が、したい気持ちの低下に繋がる場合もあることをご紹介しました。

しかし、更年期以降セックスが減る理由はそれだけでなく、更年期による体調不良や日常のストレスも大きな要因の1つです。ホルモンバランスの話は置いておいて、体が辛いときに求められても、とてもそんな気分になれないというのは自然なこと。求めてきた相手に対して、「その前に言うことはないの?!」と苛立ちすら覚えてしまうかもしれません。

そのため、更年期が終わり、更年期障害の不調から解放されても、その後も意欲が復活しない方もいます。

一概に「更年期だからセックスしたくなくなる」という訳ではなく、更年期における「したい気持ち」の有無は人それぞれ。減少してきた場合、無理にセックスする必要はありません。しかし、もしストレスで夫婦生活どころではない…という状況であれば、そのストレスの元を取り除き、心置きなく気持ちを開放できると良いですね。

閉経後のセックスの回数(頻度)

「セックスは子孫を残すための行為」と考えている方は、閉経後にセックスから遠ざかってしまうこともよくあります。パートナーの年齢にもよりますが、実際に50代のセックスの頻度は月に1~2回と言われていて、20代、30代の頃に比べると頻度は減る傾向にあります。

しかし、「閉経を迎えたらセックスしない」というのは間違いです。夫婦のセックスは、子どもを産むためだけの行為ではなく、お互いに愛情を感じ合うことができるコミュニケーションなのです。好きなパートナーと肌を直接触れ合わせれば、回数やペースに関係なく幸福感や満足感を感じられ、より充実した日々が送れます。

とはいえ、回数を増やしたいのに増やせない、自分が望む回数よりも求められる回数が多くて辛い…ということがあれば、アイテムを使って解決してみるのも良いでしょう。

その他、閉経とセックスしたい気持ちの関係についてや、閉経後の避妊に関する疑問は下記の記事で詳しく紹介しているので、是非チェックしてみてください。

更年期を迎えた夫婦が感じるセックスの悩み

更年期を迎えた夫婦は比較的、時間や金銭面において、若い頃より余裕が出てきている時期と言えます。しかし、体力や意欲とのバランスが崩れ、年齢の経過とともに膣や男性器の状態も変化し、セックスで多くの悩みを抱えているケースも少なくありません。そんな更年期以降の夫婦生活のお悩みの事例と、悩みをカバーしてくれるアイテムを紹介します。

したくないのに求められる

更年期に入ると、ホルモンの減少から「したい気持ち」が減退するケースもあるため、「セックスをしたくない」という方も少なくないでしょう。ですが、「夫に求められて断るのも悪い」と罪悪感を持ってしまい、しぶしぶ応じるセックスに苦痛に感じている方もいるのではないでしょうか?

セックスはお互いを気持ちよくするためのコミュニケーションなので、このような状況であれば無理にセックスに応じる必要はありません。

ですが、「夫を愛しているし、できれば応えてあげたいけれど、なんとなくセックスをしたくない」と感じている女性は、自分自身の体力と心に余裕がない可能性もあります。そうした可能性があるなら、まずは自身のコンディションを整えて、毎日を楽しむ余裕をつくりましょう。

例えば、女性に必要な栄養素が足りないことも考えられます。女性の栄養バランスをサポートする『ルビアンペルシャザクロエキス』を飲めば、日々の溜め込んだものをスッキリできるかもしれませんよ。

無添加・無香料・無着色 “美味しい”本物ザクロドリンク

ルビアンペルシャザクロエキス

「生命の果実」「女性のシンボル」で重宝された、貴重な黒ザクロのエキスをギュッと凝縮したドリンク。生活もぴちぴちとしてきて、年齢よりも若々しい印象を目指したい!内側から溢れ出る女性らしい色気を取り入れてみたい!という方にオススメのドリンクです。

痛くて入らない(性交痛)

「膣が狭くなって挿入しづらい」「無理に挿入しようとすると痛みがある」など、夫婦生活で性交痛を感じる更年期の女性も多いようです。痛みがあると、夫婦生活自体を苦痛に感じてしまうため、そうした状況にある場合は原因を個々に解決することも大切です。

性交痛とは、セックスで膣への挿入を試みるときや、完全に挿入するときに発生する痛みを指します。この痛みを感じる場所は、主に「膣入口」と「膣奥」の2つに分けられます。

これらの痛みを解決するには膣の伸縮性を良くすることが重要ですが、セックスレスの時期があると、膣は伸縮性を失う傾向にあるのです。膣の伸縮性を良くするには、「潤い」と「練習」がポイントとなります。

膣の潤いは、潤滑ジェルなどで補う方法があります。加えてラブグッズで日ごろから練習しておけば、膣の血行が改善したり、伸縮に慣れて男性器を受け入れやすくなりますので、ぜひ試してみてください。

練習用のラブグッズとしては、『マリンビーンズ』がおすすめです。プニプニした医療用エラストマー素材で作られているので、「久しぶり」の方にもぴったり。Gスポット磨きもできるので、感度アップにも繋がりますよ。

ただし、性交痛は婦人科系の疾患の可能性もあるので、潤いケアをしても違和感がある場合は、婦人科クリニックに相談しましょう。

Gスポット磨きに特化!お久しぶりな方にもおすすめのバイブ

マリンビーンズ

中で感じたい、中イキを経験したい方に。Gスポット・クリトリス・奥の性感帯を同時に刺激するバイブレーター。女性開発者が設計した、女性のためのバイブです。久しぶりの感度磨きを楽しみたい方や、初めてのラブグッズデビューにもおすすめ!

商品おすすめ度価格ポイント商品ページオーガズム体験サイズバッテリーレベル

マリンビーンズ
(5 / 5.0)
¥5,500中イキ体験とGスポット刺激に特化したオリジナル・バイブ。 詳細を見る 全長:24cm
上部:約10cm
直径:約3cm
クリバイブ:約5cm
単4電池×4本使用初級者向け

aib selfcare
(4.5 / 5.0)
¥15,400 ”可愛らしく”をモットーに!女性による女性のための画期的なセルフプレジャーアイテム※PR商品 詳細を見る 商品ページを参照 商品ページを参照 上級者向け
ラブザウルス
(4 / 5.0)
¥4,471のけぞるような快感!スピーディーに気持ち良くなりたい時におすすめ 詳細を見る 全長:約19cm
直径:約3.5c
(最大部)
単4電池×4本使用 中級者向け

ラブデビューシリーズ メシベ
(3 / 5.0)
¥2,900 経験はないけどラブグッズを使って性行為の練習をしたい!そんな時にはコレ! 詳細を見る 全長:約15.8cm
上部:約8.1cm
最大直径:約1.5cm
単4電池×1本使用 未経験者向け
※商品情報は2024年4月1日現在のものを使用

濡れにくくなった

更年期になると、今までほど膣が濡れなくなることがあります。

このような状態で行為すると、前述の性交痛だけでなく、かゆみ・ヒリヒリ感などの不快な症状が出やすくなります。ひどいときは膣内を傷つけてしまう恐れがありますし、スムーズに行為ができずお互いストレスにもなってしまいます。

濡れにくいときは、コスメの力を借りてみてはいかがでしょうか。例えば、潤滑ジェルである『ラブスライド』や、とろとろ遊びもできるローション『LCハーバルローション』などを使えば、膣の潤いをケアすることができます。スムーズな挿入をサポートしてくれるアイテムですので、ぜひ試してみてくださいね。

更年期以降の潤い不足は、コスメでケア!

ラブスライド

更年期で膣内の潤い不足を感じる方におすすめなのが、モイスチャージェル『ラブスライド』。粘度の高い透明なジェルが潤いをプラスし、滑るようなスムーズな挿入をサポートします。挿入前の男性へのマッサージにも!もちろんコンドームの上からでも使用できます。

トロトロ・サラッの新感覚!自然派ラブローション

LCハーバルローション

アロエとハチミツを配合し植物原料を元にした、自然派ラブローション。潤い不足・濡れにくい・感じにくいお悩み対策やマッサージに使用できます。トロトロなのにサラッとした独特の質感。ウォーターベースで使用後のベタつきが気にならず、シャワーで簡単に洗い落とせます。

「したくならない」ことに、寂しさを感じる

更年期を迎えると、ホルモンの減少などから、男女問わずセックスしたい気持ちが減退してしまうケースも少なくありません。中には、全くセックスに興味がなくなってしまう方も。

若い頃のように相手に欲情することがなくなってしまい、以前のような情熱的なセックスができなくなると考えると、寂しくなってしまいますよね。「人生の楽しみが1つ減ってしまった」と感じる方もいるようです。

そんな時は「様々な恋愛やセックス」に触れてみるのも良いかもしれません。もしかすると、ドキドキする好みの物に触れていないだけ…という可能性があります。今は、電子書籍などでこっそり官能小説を購入したり、無料のキャンペーンを行っている漫画サイトやアプリもあります。久しぶりに自分の心を動かし、ドキドキさせてくれる作品に出会えるかもしれません。

体調不良が続き夫婦生活に前向きになれない

更年期になると、女性ホルモンの減少によりホルモンバランスが崩れてしまい、体調を崩す方も少なくありません。そのため、「セックスするより寝ていたい」「頭痛や肩こり、だるさがひどくてセックスする気になれない」と、夫婦生活に前向きになれないケースもあるのです。

このような体調不良が続く場合、就寝の2時間前までに、お風呂にゆっくりと浸かってリラックスしてみましょう。適度な温度の入浴は、自律神経を整えてくれます。更年期の不調の多くは、自律神経を整えることで、低下した機能を補うことができると言われているのです。

また、適度なストレッチや有酸素運動などを行い血行を良くする、夫に家事を分担してもらいストレスを軽減するなど、体調と心を整える行動を心がけるとよいでしょう。

イケなくなった

更年期になり、セックスの際「イキにくくなった」「感度が鈍ったような気がする」という人もいます。更年期では性感帯への愛撫を受けても感じ方が鈍くなる症状が出ることがあります。

これは女性ホルモンの減少により、ノルアドレナリンやドーパミンといったホルモンのバランスも変化するためであると考えられています。ノルアドレナリンはやる気や集中力を高め、ドーパミンは快感をもたらします。これらのホルモンが減ると、セックスに集中できなかったり、心から楽しめなかったりする可能性があるのです。

ホルモンの減少に加え、気持ちよく感じる場所が変わった可能性もあります。ですが、年齢とともに感じる場所や触る加減が変わるのは自然なこと。一度、ラブグッズなどを使った1人エッチで、自分が最も感じる場所や加減を確認してみましょう。

イキにくくなったと感じても慌てず、自分の体調が良いときに、リラックスした状態でセックスしてみてくださいね。

夫のEDによりセックス回数が減った

50代以降の男性には、「勃起しにくい」という悩みが起こります。加齢によって勃起(ぼっき)や射精の機能が衰えてしまうのです。

性行為を行うために十分に勃起できない状態をED(勃起不全)と呼びます。EDの原因は陰茎動脈(いんけいどうみゃく)の動脈硬化(どうみゃくこうか)で、加齢だけでなく肥満や高血圧、糖尿病などの生活習慣病から引き起こされます。

EDになってしまうと挿入できなくなるため、セックスをしようというモチベーションも下がってしまうでしょう。しかし挿入や射精による快感を得ることは難しくても、キスや裸で触れ合うことはできます。

セックスは挿入が全てではなく、幸福感や気持ちよさを感じられるコミュニケーションをとることが大切なのです。夫とのセックスでは触れ合いを楽しみ、オーガズムは1人エッチでなど、完全に割り切りるのも良いでしょう。

入浴剤感覚でローション風呂を楽しめる『トロケアウ』などを使い、リラックスして触れ合う時間を定期的にとるのも良いでしょう。また、お互いがOKなら、ラブコスメやラブグッズを使う他、食べられるローション『ラブシロップ』などを使ってオーラルで夫婦生活を楽しむのもおすすめです。

非日常的なローションバスのラブ浴を手軽に体験!

LCローションバス トロケアウ

お風呂のお湯全部がとろとろのローションになる、ローションバス『トロケアウ』。入浴剤感覚で気軽に楽しめ、お風呂のお湯に入れるだけで簡単にラブ浴が体験できます!オリーブ油配合で、お風呂上がりの素肌もスベスベに。グレープフルーツ果皮油の香りが爽やかに漂います。

甘くて美味しいオーラルに!食べられるラブローション

ラブシロップ(メープル&ナッツ)

体に塗って、垂らして、食べられる、食品原料でできたラブローションです。オーラルのときのニオイや味も気にならない!スイーツ感覚で楽しく気持ちよく感じ合えます。食品としての安全性を重視し、使える原料を慎重に選びながら開発しました。

前向きにセックスを楽しむためのラブコスメ

更年期や閉経後でも出会った当初のように愛し愛されるセックスを楽しみたいけど、年齢的にも体調的にも難しい…。これからご紹介するアイテムなら、そんな悩みを解消できるかもしれません。更年期でも、愛にあふれたセックスを楽しみましょう!

塗ってマッサージすると、ジンジン熱く感じる…新しい快感を!

ラブコスメ リュイール ホット

セックスのときになんとなく違和感や不快感がある方や、「出会った当初のように熱い夜を過ごしたい」という方におすすめ!「媚薬」を意味するハーブ「ダミアナ葉」のエキスを使用したベッド専用ラブコスメです。塗ってマッサージをするとじんわり暖まり、心地よい快感と自然な潤いが。新しい刺激に、トロけるようなオーガズムを体験できるかもしれません。

デリケートゾーン用美容液で、潤い・ハリ・若々しさをケア

LC’Sジャムウ・デリケートエッセンス

年齢を重ねるとともに段々と気になってくる、デリケートゾーンの黒ずみやくすみ。更年期以降の女性にもぴったりなのが、デリケートゾーン用のジェル状美容液『LC’Sジャムウ・デリケートエッセンス』。皮膚の潤いや肌のハリをケアし、瑞々しく若々しい印象のデリケートゾーンを目指します。おりものや汚れを落とした入浴後に使用するのがおすすめです。

更年期以降も工夫を取り入れ、50代からも夫婦生活を楽しもう!

女性は更年期や閉経後にセックスに前向きになることもあるので、したい方は更年期以降も十分に夫婦生活を楽しめます。パートナーと過ごす楽しい時間はリラックス効果も得られますので、50代以降もぜひパートナーとの最高のセックスをしてくださいね。

ただ、50代ならではの性に関する悩みもあるので、1人で悩んでしたい気持ちを無理に抑えたりせず、ラブコスメやラブグッズの力を借りてみてください!

更年期以降の方にもおすすめ!心が繋がるラブテクニックとは?

初めてのポリネシアンセックス~心で繋がるラブタイム~

最近マンネリ気味が気になっていた綾菜。夫から長期休暇がとれたことを聞き、初めてのポリネシアンセックスにチャレンジすることに…。更年期カップルにもおすすめしたい、心が繋がる「ポリネシアンセックス」のやり方を、漫画で分かりやすく解説!

肌フェロモン スリーピングマスク オレンジラベンダー

寝ている間にフェロモン肌に!朝まで吸い付くような質感!

商品を見る
ストッキング用香水 イケナイアシクビ 透明な花園(キャンペーン価格)

色気は足首から香り立つ!?彼を惑わすストッキング用香水

商品を見る
ラブサプリメント マカ不酒議

ディナーデート後も2人一緒に楽しめる!?ウコン抽出物を配合!

商品を見る
プリリーナ プレミアムコーティングジェル チェリー

お尻に塗って、ピカピカ&ツヤツヤをキープ!

商品を見る
マシュマロピーチパイ スクラブ

バストを磨いてピカピカに導くスクラブ

商品を見る
トロケアウ 雨

雨の中、激しく抱き合っているような情熱的なラブ浴を

商品を見る
ラブグッズ買い替え応援
監修:医師 一倉絵莉子先生

日本産科婦人科学会専門医、一般社団法人日本女性医学学会会員。日本大学医学部卒業。川口市立医療センター、北里大学メディカルセンター産婦人科等に勤務。現在は六本木ヒルズクリニックにて診療を行っている。

※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

著者:ラブコスメ(LC)夜の保健室 編集部

会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

ラブコスメ公式HP / Twitter / Instagram / note / アプリ / LINE / Youtube

“今” LINE登録で送料無料クーポンをプレゼント

これ何?話題のラブコスメ シルエットクイズ!

ラブコスメクイズ「スプラッチュ」

【初めてのラブコスメならコレ】あなたにぴったりのアイテムは?

コラム特集

ラブコスメでよく検索される関連ワード

姉妹サイトでよく検索される関連ワード