生理の悩み

【医師監修】閉経後のセックスは膣が濡れない?いつまで避妊が必要なのか

閉経後のセックス(性行為)について。避妊せずに中出ししてもいいの?
     

    閉経すると、セックスできない?性欲も無くなる?

    女性は50歳頃になると、閉経(更年期閉経)を迎えます。閉経する年齢になると、セックスからも自然と遠のく…そう思っていませんか?閉経すると、本当にもうセックスできないのでしょうか。

    閉経するとセックスできなくなる?
    お悩み解決バナー

    女性の閉経は医学的には45~55才くらいに訪れ、閉経すると性欲も無くなり、セックスもしたくなくなるなどあるのでしょうか?今回は医師の山下真理子先生の監修のもと、聞きたくても聞けない、閉経後の女性の性欲とセックスの関係性について解説します。

    閉経(更年期閉経)とは?いつごろになる?

    閉経とセックスの噂について考える前に、まずは「閉経とは何なのか」を知っておく必要があります。「閉経」を迎えると、女性の体には一体どんな変化が起きるのでしょう?

    更年期に訪れる閉経とは

    閉経とは、ひと言で言うと「卵巣の機能が停止した状態」のことです。排卵が起こらず、女性ホルモンが分泌されない。そしてもちろん、生理も来ません。「卵巣機能が停止する」とは、そういう意味です。

    閉経の時期は多くの女性にとって50歳前後ですが、まれに低い年齢でも閉経が訪れることがあります。そのため厳密には更年期になって生理が自然とこなくなることを、更年期閉経と呼びます。

    閉経とは

    年齢が50歳前後になり、生理の来ない状態が1年以上続いた場合、「閉経を迎えた」と考えてよいでしょう。

    ちなみに閉経は、卵子の数が少なくなることで起こるわけですが、閉経後も卵胞には卵子(正確には卵子の素である原始卵胞)がいくつか残っており、まったくのゼロになるわけではありません。

    閉経前にあらわれる症状、閉経の前兆とは

    女性によっては閉経前に心構えをしておきたいという方もいらっしゃるかもしれません。おおよその時期の目安は、閉経前特有の症状としてあらわれます。閉経前は卵巣の機能が衰えることにより、多くの人は生理周期が乱れたりなどの前兆があると言われています。

    ~これが前兆かも!閉経前の変化~
    • 生理周期が短くなる
    • 生理の経血量が少なくなる、または大量に出ることがある
    • 生理期間が短くなる
    • 生理の出血が少量で長く続く
    • 不正出血がある

    このようなことがあれば、もしかしたら閉経が近いのかもしれません。

    最初に上記のような前兆が現れるのは40代前半頃で、前よりも生理周期が21日程度と短くなります。その後一部の月経が無排卵月経になり、50歳頃には生理周期が2~3か月に一度と変化し、最終的に1年月経がこないと本当の閉経を迎えたという状態になります。

    ただしこれには個人差もあり、今まで順調に生理が来ていたという人でもある日突然閉経を迎えるという場合もあるため、あくまで参考程度にしておきましょう。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    遠隔操作で自由自在に操られる!さくらの恋猫 KOIKOI(こいこい)
    中&外でイク方法を教えてくれる次世代バイブ
    商品を見る
    ルビアンペルシャザクロエキスを購入する
    女性らしさやセクシーさをキープしたい!
    商品を見る
    恋愛サポートドリンク 恋のスイッチ酵素を購入する
    いつもキラキラ、笑顔で前向きでいたい人へ
    商品を見る
    トロけるようなオーガズム体験!ラブコスメ リュイール ホットを購入する
    トロけるようなオーガズム体験!
    商品を見る
    じんわり温かく…マッサージしながら溢れる快感!LCハーバルローション・ホットを購入する
    マッサージしながら溢れる快感!
    商品を見る

    閉経すると、濡れなくなるのか?性欲は?

    さて、閉経について理解したところで、「膣は濡れるのか」疑問に感じる人もいるかもしれません。果たして閉経しても、これまでと同じように膣は濡れるのでしょうか。

    閉経しても膣は濡れる

    膣は濡れにくくなる?

    答えは「○」。閉経した後でも、膣からの分泌液がなくなることはありません。そもそも膣の分泌液は、細菌が膣を通って体内に入り込むのを防ぐ役割も果たしています。これがなくなると、病気にかかりやすくなってしまうことになります。ですから、閉経したからと言っても、急に濡れなくなるわけではないのです。

    ただし、濡れにくくなる人もいる

    体の機能的にはもちろん「濡れる」のですが、若い頃に比べると「濡れにくくなった」と感じる人は多いようです。

    その原因のひとつとして、女性ホルモンの一種「エストロゲン」の減少が挙げられます。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、膣や周辺組織のハリや弾力が低下します。

    エストロゲンの減少と細胞の衰えから膣壁が薄くなり、膣の潤い自体も失われます。他にも、子育てなどでセックスレスの状態が長く続くと、その間に膣が硬くなってしまうケースもあります。

    そのため、濡れにくいと感じたら我慢して受け入れるのではなく、潤滑ジェルなどで潤いを足してあげると挿入による体の負担を減らすことができます。

    ラブスライド「更年期以降は潤いをコスメで補給」

    ラブスライド

    更年期で膣内の潤い不足を感じる方におすすめなのが、モイスチャージェル「ラブスライド」です。粘度の高い透明なジェルが、潤いと滑らかな滑りでスムーズな挿入をサポートします。
    挿入後も膣内でスルッと滑り、男女とも今までにない快感を味わえます。
    男女どちらの使用できるので挿入前に男性に優しくマッサージをするように塗るのもおすすめ。もちろんコンドームの上からでも塗ることができます。

    更年期になると性欲は減る?

    セックスに必要なものは愛液だけではありません。「性欲」もまた、重要なポイントです。年齢とともに性欲が失われていくという印象を持っている人も多いと思いますが、閉経すると性欲は無くなるのでしょうか?

    閉経してすぐ性欲が消えるというわけではない

    閉経した=突然『性欲』がなくなるというわけでもありません。閉経後の性欲については個人差があり、それまでとあまり変わらない人もいれば、多少減退する人もいますが、「閉経した!だから、もうセックスする気が起きない!」と、急激な変化があるわけではないので、ご安心下さい。

    女性の更年期と性欲の関係

    まず、女性の性欲のピークは個人差があり、エストロゲンの分泌のピークも人にもよりますが、それは30歳から40歳の間と言われています。それはホルモンバランスだけではなく、セックスでの本当の快感を知ってから、女性は性欲が急上昇すると言われているためです。

    その女性としての性欲のピークとは別に、閉経の直前や直後にも性欲が高くなることがあります。これは閉経するということを本能的に感じて、カラダがそうなっているのかもしれません。また、「妊娠する不安がなくなる」ということが、結果的に性欲を増していくということも関係がありそうです。

    女性の年代別の性欲の推移については下記の記事でも紹介しているので、是非チェックしてみてください。

    女性の性欲の推移についてについて詳しくはこちら

    閉経後(更年期)に性欲が増加する原因

    このように、閉経の直前や直後に女性の性欲が高くなることはホルモンの分泌量からも原因が推測されています。

    個人差はありますが、閉経後の女性は更年期障害による体調不良から徐々に解放されていきます。その際に今まで同様に性欲が変わらないケースと、一気に上昇するケースに大きく分かれるようです。

    性欲がつよくなったかも?

    この違いは、エストロゲンの一種である「エストラジオール」の変化によって起こります。一般的に閉経後の女性は「エストラジオール」の量が20(単位、pg/ml)以下に減少します。しかし、閉経後も20~30 pg/ml台を維持することがあり、この場合は相対的に男性ホルモンの作用が強くなり性欲が上昇するのです。

    また閉経前後に性欲が増していく要因として、女性ホルモンが減ると相対的に男性ホルモンが増えることがあります(男性ホルモンは女性にも分泌されています)。人間の性欲をつかさどっているのは、この男性ホルモンの方です。閉経に向かって女性ホルモンが減ってくると、相対的には男性ホルモンが高くなり、その影響で性欲は強くなっていくと言われています。

    閉経すると男性ホルモンが強くなる?
    お悩み解決バナー

    しかし、閉経前後に性欲が上がるということについて、はっきりとした理由は解明されていません。

    閉経後(更年期)に性欲が減少する原因

    そして、閉経してから時間が経過すると、だんだんと性欲が低下していくこともあります。それが、夫やパートナーからカラダを触れられるのも嫌という悩みになっていくパターンも多いです。しかし、一概にそうならないこともありますので、これにも個人差があります。

    閉経後に性欲が弱まる人は、女性ホルモンが減少することで、膣が濡れなくなり、さらに膣が萎縮したりして、セックス時に痛みを感じ、痛いからセックスしたくなくなり、そのうち性欲もなくなることがあります。痛くてできない、入らないという悩みが、そのままセックスを遠ざけてしまう場合もあるので、そのような潤い不足を感じたときは、ラブスライドなどの潤滑ゼリーを活用しましょう。

    潤滑ゼリーを使いましょう

    この女性ホルモン不足の影響による膣の潤い不足や膣の萎縮は、40代・50代でコンスタントにセックスをしていても起こります。潤い不足などで痛みを感じるようになったら、無理せずに挿入時に膣内に潤滑ゼリーなどを塗って、うるおいを補給しましょう。

    閉経してもセックスはできます!

    これらの状況を見ますと、閉経してもセックスはできる!これが結論です。そして、性欲もすぐには無くならない、と言えます。

    閉経後も性欲があり、セックスしたいと思うことは、普通のことです。そして、閉経後に夫婦で性行為をすることも普通のことです。

    ただし、人によっては潤いが少なくなることもあるようです。これは、ホルモン分泌の減少が影響しているので、致し方ないところ。産後まもなく、潤いが少なくなる人もいますが、それと同じような状態と言えます。

    濡れにくいと感じるならば、カバーすればいいのです。ラブコスメの『LCハーバルローション』や『ラブスライド』のように、今は潤いをプラスするアイテムをインターネットで手軽に入手することができる時代。しかもかわいいパッケージのものがたくさんあります。

    潤滑ゼリーを使いましょう
    ラブスライド

    そうしたアイテムの力を借りて気持ちよくなることは、決しておかしなことではありません。性欲は人間の三大欲求のひとつです。我慢し過ぎず、セックスをずっと長く楽しんでください。

    閉経後、避妊はいつまで必要?

    自分では閉経したと思っていても、実は単純に生理不順が起こっていただけでまだ閉経していなかったということも十分あり得ます。

    あまり早合点していきなり避妊を辞めてしまうと、その後排卵が起きることも全くないことではないのです。きちんと閉経しているかどうかを確かめるには、クリニックで診断してもらうという方法もあります。避妊の判断に迷った時「たぶん閉経したから大丈夫だろう」と自己診断をしないよう注意しましょう。

    またピルについては、50代以降の女性の場合血栓症リスクを高めてしまうため使用が出来ません。閉経前後の避妊では、膣の潤いケアもできるコンドームを使うのがおすすめです。

    ラブミルフィーユ ホットタイム

    ラブミルフィーユ ホットタイム

    まるでスイーツみたいに可愛いマカロン風コンドーム!ドレッサーやベッドサイドに置いても可愛く、装着する前や使う瞬間も2人の時間が甘くハッピーになれるデザインのコンドームです。ホットゼリー付きなので、あたたかさを感じることでリラックスしたラブタイムを体験できます。

    生セックスのリスクと中出しされた時の対処法はこちら

    閉経しても性欲はなくならない!セックスもできる

    「閉経すると、もうセックスできない」「閉経すると性欲が無くなる」といった噂が立つのは、本当のことが正しく知られていないからです。正しいことがわからないと、人はそれにまつわる心配や不安を口にします。すると、口にした不安や心配がひとり歩きをし、噂となって駆け巡るのです。

    女性として輝いていたい

    性にまつわる噂は、大体がそうしたものなのかもしれません。(もちろん、なかには、ズバリ当たっているものもありますが)。しかし、真偽の定かではない噂について語るのは楽しい面もありますが、誤った知識を広めて、無意識に人を傷つけてしまうこともあります。

    たとえ閉経しても、女性であることに変わりはありませんし、これまで通りセックスを謳歌することもできます。噂に惑わされず、どうか正しい知識を持つようにしてくださいね。

    閉経の手前、更年期障害の時のセックスの楽しみ方や、50代のセックスについて知りたい方は是非下記についてもチェックしてみてください。

    ラブコスメリュイールホット

    ラブコスメリュイールホット

    お互い気持ちよく感じられるラブコスメ。 なめらかで美容液のような触り心地で、女性の肌に合わせた植物素材にこだわって作っています。「潤いが少し足りない…」「セックス中の不快感が気になる…」そんな時は、女性の敏感な部分にゆっくりなじませてマッサージ…。 自然な潤いを感じ、気持ちを開放してくれる魅力を持っています。いつもよりよく濡れてる…そんなあなたにパートナーはあのころのようにドキドキが止まらなくなる!?

    監修:山下真理子(医師)
    監修:山下真理子(医師)

    医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。
    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!