みんなの悩み調査

オンラインセックスは「新しいセックス様式」?恋愛とセックスはどう変わっていく?

新型コロナウイルスの流行により、男女の恋愛・コミュニケーション方法の在り方に変化
     

    アンケート調査の背景

    新型コロナウイルスの流行により、男女の恋愛・コミュニケーション方法の在り方が、大きく変わりつつあります。どのように変わったのか、そしてどのように変化していくのかを掴むべく、ラブコスメ会員1,954人を対象に、アフターコロナにおける新しい恋愛、コミュニケ―ションについての意識調査を行いました。

    アンケート結果から見えてきたのは、アフターコロナの「新しいセックス様式」

    ラブコスメ「新しいセックス様式」

    ここからは、具体的な調査の結果をご紹介していきたいと思います。

    ※LCラブコスメのお客様アンケートにて【ご回答いただいた方のみの結果】となります。

    パートナー・好きな人・気になる人と会う回数や接触は6割近く減少

    コロナ報道前後でパートナー、好きな人、気になる人と会う回数・接触は減りましたか?

    「コロナ報道前後でパートナー、好きな人、気になる人と会う回数・接触は減りましたか?」と質問したところ、59.0%が「減った」と回答しました。緊急事態宣言もあり、多くの方が自粛を行う中で、会う機会が減ったことがわかります。

    会えない間のコニュニケーション方法TOP3は「トークアプリ」「電話」「ビデオ通話」

    会えない間、どのようなツールでコミュニケーションを取っていましたか?

    続いては会えない間のコミュニケーション方法について聞いてみました。

    「会えない間、どのようなツールでコミュニケーションを取っているか」を聞いたところ、1位「LINEなどのトークアプリ」(74.3%)、2位「電話」(33.4%)、3位「TV電話 ※1」(15.3%)がTOP3となりました。

    更に、「コロナ報道後で「特に増えた」、「新しく始めた」方法を聞いたところ、「 TV電話 (14.7%)」が特に多い結果となりました。中でも注目すべきは、上記アンケートで、 「TV電話」を使っている299人のうちの9割に当たる、287人がコロナをきっかけに使い始めたと回答していました。

    ビデオ通話が増えた理由
    • 顔を見ながら話ができるので利用が増えました
    • 顔合わせられる時間が短いゆえ、オンライン○○ができるアプリを入れて使いたくなったから
    • テレビ電話には抵抗があったが、会社でオンライン会議が増え抵抗がなくなったので。実際に顔を見ながら話すほうが良いなと知りました
    • 直接会えなくても、テレビ電話の画面越しに顔を見て、会話ができて、意外に普通に会うよりも長く、ゆっくり話しをする事ができる

    など、顔を見て話したい、在宅勤務でのzoomなどの新しいツールの使用、オンライン飲みが流行する等、顔を出すことの慣れなど、意識の変化があったのかもしれません。

    コロナ報道前後で、4人に1人がパートナーとの関係が変わった!?

    コロナ報道後、パートナーとの関係は変わりましたか?

    新型コロナウィルス報道前後での「パートナーとの関係性」について聞いてみたところ、上記のグラフの結果となりました。「以前より仲が良くなった(21.4%」、「以前より仲が悪くなった(5.2%)」を合わせると、26.6%と4人に1人がパートナーとの関係が変わったという結果になりました。

    関係が変わった理由とは?

    実際になぜ関係が変わってしまったのか、それぞれご紹介していきます。

    コロナ報道後、パートナーとの関係が変わった理由
    コロナ報道後、パートナーとの関係が変わった理由

    生活の変化は、愛し合う2人の関係にも大きく影響していることがわかりました。

    コロナを受けて48.5%がパートナーとのセックス頻度減少

    パートナーとのセックスの意識に変化あり

    パートナーとのセックスの意識変化

    新型コロナウィルスの流行により、4割の方がセックスすることに対する意識の変化があったと回答しています。ここから、どのように変化があったのかを、セックス頻度や、実際に気を付けたことなどを具体的に紹介していきたいと思います。

    コロナ報道後、パートナーとのセックスの頻度は減少

    コロナ報道後、パートナーとのセックスの頻度は減少
    コロナ報道後、パートナーとのセックスが減少した理由

    パートナーのいる方に、コロナ報道後で、パートナーとのセックスの頻度について聞いたところ約半分の48.5%が「減った」と回答しました。理由としては、「濃厚接触を避けたほうがいいと思ったから」、「会う機会が減ったから」、「そのような気分になれないから」という理由があげられました。また、実際にセックスをしている場合でも、これまでとは気を付けていることも多いようです。

    4人に1人がセックス時に気を付けたことが「ある」

    セックス頻度や、実際に気を付けたこと

    「コロナ報道後、セックスするときに気を付けていることはありますか?」と聞いたところ、28.6%の方が「気を付けていることがある」と回答しました。

    コロナ報道後、セックスするときに気を付けていること
    • ちゃんと手を洗っているかの確認の意識が変わった
    • しない時もあったが、必ずシャワーを浴びるようになった
    • 手や体を洗う、歯磨きをするという衛生面のエチケット
    • 何となくお互い性器の舐め合いは避けた
    • セックスしたら、シーツ類を変え、洗濯する
    • ディープキスの頻度が減り、フレンチキスがメインに
    • 接触しないように電話やビデオ通話でのエッチをする

    などの回答があげられました。特に衛生面での注意が多く上がりましたが、会わずに遠隔でのセックスをするなど、新しい対処法なども見受けられました。

    コロナの恋愛における影響は大きい!しかし半面、新しいコミュニケ―ションも!?

    これまでのアンケートの結果から、新型コロナの影響はパートナーとの関係、セックスにも影響が出ていることがわかりました。しかし、反面、世の中的に、会えないからこその「オンライン〇〇」という新しい形での、各種コミュニケーションが広がり、話題になっています。

    ラブコスメでは、会えなくても愛をはぐくむ「オンラインラブ」を推奨しています。ここからは、実際に「オンラインラブ」についての意識について聞いています。新しい恋愛やセックスのコミュニケーションの可能性をご紹介していきます。

    2人に1人が「オンラインラブ」に興味あり。中でも気になるのは「オンラインデート」「リモートセックス」

    みんなが気になる「オンラインラブ」とは?

    みんなが気になる「オンラインラブ」とは?

    ラブコスメでは、会えなくても愛をはぐくむ「オンラインラブ」を推奨しています

    「オンラインラブ」に興味はありますか?と質問したところ、2人に1がオンラインラブに興味「あり」と回答頂きました。

    みんなが気になる「オンラインラブ」とは?

    どのようなオンラインラブに興味があるかを聞いたところTOP2は下記となりました。

    興味があるオンラインラブTOP2
    • オンラインデート(30.6%)
    • リモートセックス(23.4%)
    • ※ビデオ電話と遠隔操作型のラブグッズを使ったオンラインセックス

    4人に1人がこれまでに何らかの「オンライン〇〇」を経験

    実際に経験があるものがありますか?
    実際のオンラインラブの経験についても聞いてみました。
    • 1位 テレフォンセックス(16.0%)
    • 2位 ビデオ電話を通じたオンラインセックス(4.7%)
    • 3位 オンラインデート(3.9%)

    となり、25.2%と、4人に1人が何らかのオンライン〇〇を経験していることがわかりました。未経験者がまだまだ多い結果ですが、前述のアンケ―ト結果から見るに、これから先、経験していく方が増えていくのではないかと思われます。

    45.9%が「オンラインセックス」「リモートセックス」が今後広がると回答!愛し合う2人の「新しいセックス様式」 としての可能性に期待!

    「オンラインセックス」「リモートセックス」が今後広がると思いますか?

    今後、TV電話を通じた「オンラインセックス」、「リモートセックス」はこれから広がっていくとおもいますか?と聞いたところ、半数近くの45.9%が「思う」と回答。

    新型コロナ流行により身体的接触のあるセックスがしずらい状況ではありますが、愛し合う2人にとって「セックスは大切なコミュニケーションであること」は変わりはありません。
    離れていても愛を確かめあうことが出来るセックスが「新たなセックス様式」として今後、広がっていくことを期待します。

    ラブコスメ流!「新たなセックス様式」とは?

    新たなセックス様式

    アンケート結果からも分かるように、新型コロナの流行により、セックス時の意識も変化しています。実際に、アンケートの内容から実際に注意していることなどを「新しいセックス様式」としてまとめてみました。

    ラブコスメ「新しいセックス様式」

    引き続き、身体的接触のあるセックスがしずらい状況ではあります。しかし、愛し合う2人にとって「セックスは大切なコミュニケーション」であることには変わりはありません。これまでと全く同じというわけにはいきませんが、「新しいセックス様式」を参考に、少しでも安全なコミュニケーションを心がけていけるようにしたいですね。

    ※実際にセックスを行う際はパートナーとしっかり話し合って行いましょう。

    「オンラインラブ」「リモートセックス」の楽しみ方や注意点

    「オンラインラブ」「リモートセックス」の楽しみ方

    「オンラインラブ」「リモートセックス」の楽しみ方

    さくらの恋猫

    さくらの恋猫

    『さくらの恋猫』は、「アプリで遊ぶ」をテーマにした、スマートフォン連動型のラブグッズです。
    スマートフォンは普段から誰もが身近に持っているアイテム。これとラブグッズを連動させることで、パートナーとのあいだでもっと恥ずかしくなく、遊び感覚で手軽にラブグッズを始められるきっかけになるのではないかと思い、開発をしました。

    シンクロ

    シンクロ

    シンクロの動きは、ピストンと回転の複合式。専用のアプリがあり、スマートフォンでBlueTooth接続するとリモコンのように自在に操作できます。
    刺激の強さは無段階調整が可能。さらに12種類の振動パターンから4種類を選んで組み合わせて、オリジナルの振動モードが作れるのです。

    そして遅漏トレーニングに最も効果を発揮するのが、「ストーリーモードの動画連動の振動が精度が高い」ということ。まだVR対応はしていないですが、一つ一つ人間の手で、こだわりの振動が付けられているのでとてもリアル。「まるでセックス」のような快感を体験することができるのです。
    またシンクロにはさらに近未来的な機能も…。それは、映像で彼女とつながってオナホ―ルの操作をしてもらえるWifi操作機能。さらに女性向けのラブグッズを男性が同様に操作することも可能なので、離れた場所にいながら遠距離エッチを楽しむことができてしまいます。

    LCハーバルローション

    LCハーバルローション

    自然派アロエとハチミツで作った女性のためのラブローション『LCハーバルローション』。化粧品として開発され、肌に潤いを与えてくれます。

    オンラインラブ・リモートセックスを実際に行う時の注意点

    オンラインラブ・リモートセックスは、新しいラブの可能性を秘めていますが、やり方を間違えてしまうと、危険な側面もあります。実際にお客様が気を付けているポイントについて、抜粋してご紹介していきます。実際に行う時の参考にしてみてくださいね

    オンラインラブ・リモートセックスを実際に行う時の注意点
    ~オンラインラブ・リモートセックスを行う時の注意点~
    • 必ず信頼できる相手と行う
    • お互いに行為中の映像の録音・保存はしない
    • 相手の名前をこまめに呼ぶようにする
    • 音声だけでも、自分が特定できる情報は出さない
    • 背景に時計やカレンダーを置いておく
    • ヌードや局部の撮影、データの送り合いはしない

    実際に経験した方の体験談を紹介

    実際に「オンライン」で、恋愛やラブタイムを楽しんだ方からのコメントを紹介します。実際の体験談は楽しむヒントになりそうです!

    オンラインラブ体験談
    • 電話でまず言葉責めされて、そういう気分にさせられてます。雰囲気が良くなってきたらテレビ電話に切り替えて、私が彼の言葉や自分でして感じてる顔を映してます…たまに胸とか見せたりしてしまいます、それで彼氏がすることもあります。
    • 遠距離恋愛中に。私はラブコスメさんのバイブ、彼は自分の手でお互いを思いながら。
    • LINEのビデオ通話でお互いに身体を見せ合いながら言葉責めしたり自身はラブグッズを使用した。
    • お互いの状況を伝え合いながらしました。指示されたこと(オナニー)をやってみたり、ディルドを相手の男性の性器に見立ててフェラの音を聞かせたり、膣に挿入してみたりしました。
    離れた彼と「オンラインラブ」

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

       
      


    カテゴリー一覧