セックス、エッチの悩み

寝バックの気持ちいいやり方!動画とイラストで挿入方法や動き方を解説

公開日: 2019/06/24  最終更新日: 2021/07/16

寝バックのやり方!ポルチオ刺激で中イキできるセックス体位と挿入のコツ
     

    【イラストで解説】寝バックはどんなsex体位?

    寝バックとは、女性がうつ伏せの状態で脚を伸ばし、男性はその体勢の女性に背後から挿入する体位です。大江戸48手(厳密には裏48手)では「敷き小股」と呼ばれる体位になります。

    寝バックの体勢

    寝バックは下記のイラストのように、女性はうつ伏せ状態になり、その後ろから男性が挿入します。足を伸ばしやすくなり、お尻も締めやすいので女性の快感に繋がります。そのため、足をピーンとして力を入れやすく、下半身全体に力を入れられるため中イキしやすい体位になります。

    敷き小股

    寝バックは膣の締め付けがアップする

    また、男性側も挿入する角度によってはペニスが深く入り、ポルチオを刺激しやすくなるので、女性をイカせやすい体位とも言えるでしょう。ペニスの付け根あたりが女性のお尻にあたる感覚を楽しむこともできます。

    さらに、女性が足を伸ばしながらお尻も締めるので、膣の締まりがよい状態になり、ペニスへの締め付けが強くなるため、男性側も気持ちいい体位と言えます。

    寝バックは下付きの膣の女性におすすめ

    膣は一般的に人によって一が異なり、肛門からの距離で「上付き」「下付き」 に分類されます。下付きの女性は正常位ではGスポットを刺激しにくく快感が得にくいのですが、寝バックだと挿入しやすくGスポットが刺激しやすい と言われています。

    下付きの女性でこれまで試した体位であまりセックスの快感を得られていない場合は、是非「寝バック」の体位を試してみて下さい。

    女性の膣の上付き、下付きの判別方法や特徴の違いについてはこちら

    寝バックは女性を後ろから愛撫しやすい

    そして、寝バックは挿入感覚だけではなく、男性が女性の背中やうなじを愛撫しやすく、胸を後ろから愛撫することもできるため、女性にとっては包まれるようになり、愛されているという実感を得ることもできます。

    正しい寝バックのやり方をマスターすれば、今までにないお互いが一緒に気持ちよくなれるセックスを経験できそうです。

    寝バックが人気な理由

    寝バックがおすすめの理由は?

    寝バックがおすすめの理由は、そのパートナーとの結合部の密着度。深く挿入しやすいので、中イキもしやすく、さらに男女共に余計な力を入れなくてすみますので、セックス時間も長く保つことができます。

    また、セックス中にパートナーの顔を見ることができないため、顔を見られるのが恥ずかしい方にも嬉しい体位です。

    寝バックは、男女共に気持ちよく、2人で一緒にイキやすい体位です。このようにメリットが多い寝バックについて、もっと詳しく見ていきましょう。

    寝バックの魅力1.愛撫と挿入で同時に感じられる

    寝バックは、男性が女性の背後に覆いかぶさるように寝ながらおこなうため、正常位など他の体位よりもパートナーの体温を感じることができます。また密着しながらゆっくり動く体位であるので、愛撫をしながらピストンもできる点が魅力です。体をじっくり愛撫されながら、挿入の快感を得ることもできます。

    男性が背中に覆いかぶさっているために、女性は身動きが取りづらい面もありますが、その分密着感を楽しめます

    もともと女性の背中は皮膚が薄いので、熱や感触が伝わりやすいことから、寝バックではパートナーの体温を感じやすいでしょう。

    パートナーとの密着度を感じると、女性は精神的に安心しますので、寝バックは心身ともに気持ちのいいセックスを楽しめる体位とも言えます。

    寝バックの魅力2.中イキしやすい

    寝バックは、中イキしやすいという点でもおすすめです。バックから挿入する体勢では、男性が女性のお腹側にペニスを押し付けるようにして刺激でき、女性は自分から骨盤を動かして膣内の性感帯であるGスポット付近を刺激することもできるため、中イキしやすいのです。

    さらに、寝バックの体位では、女性が足を伸ばしている体勢であるため、足をピーンとしやすく、下半身に力が入りやすくなることからイキやすいと言われています

    ただ、足ピンが癖になってしまうと正常位などでイキにくくなってしまうこともあるため、Gスポット自体の感度を上げておくのがおすすめです。
    中イキ開発のコツは下記の記事を参考にしてみてくださいね。

    寝バックの魅力3.ポルチオ開発しやすい

    また、寝バックで男性が挿入すると、深くペニスを膣に入れることができます。挿入する角度によっては、男性の亀頭が膣内奥にあるポルチオ性感帯を刺激することもできるため、Gスポットによる中イキだけでなく、ポルチオでの中イキ(奥イキ)にもむいています。

    子宮口の近辺でじっくりと腰を動かすことでポルチオ性感を開発し、膣の奥の感度を高めることもできる体位なのです。

    寝バックの魅力4.長くセックスができる

    寝バックだといつもより長くできる

    寝バックでは、男性が女性の上に馬乗りになるような体勢になるため、角度によっては女性のお尻が挿入時のワンクッションとなり、ペニスの挿入が浅くなります。

    そのため、お尻をクッションとした浅い挿入では、膣の締まりがバックよりも緩く、男性にとってはイキにくい状態を作れます。このような理由から、寝バックのやり方次第では長くセックスを続けられるというメリットにもなり、長く楽しみたいというときのおすすめの体位です。

    また、激しく動く体位ではないため、体力的にも消耗が激しくないことも、長時間のセックスを続けられる理由です。

    寝バックの魅力5.男女共に余計な力を入れなくていい

    寝バックは、女性が寝ている状態で、男性もその上に乗っている体位であることから、男女共に体力面でも体勢面でもラクな体位と言えます。

    通常のバックは女性が四つん這いになり、男性は腰を落とすので、お互いにその体勢をキープさせておく必要があり、それなりに体力を使います。

    しかし、寝バックは、女性はうつ伏せに寝転がっているだけですし、男性は激しく動くのではなく、女性の後ろから覆いかぶさるように挿入していればいいので、余計な力を入れずにすみます。

    このように、男女共に余計な力をいれなくていいことから、寝バックは長時間セックスが可能になります。挿入時間を長くすることで、心身ともに一体感を作り出すことができるというメリットがあります。

    寝バックの魅力6.顔が見られない

    いくら大好きなパートナーとでも、大好きだからこそ、感じている顔、快感で乱れている顔を見られるのは恥ずかしいという人もいらっしゃるでしょう。そんな人には、この寝バックは嬉しい体位です。男性は女性の後ろに覆いかぶさっている体勢ですので、顔を見られることがありません

    ベッドタイム中の顔を見られるのが恥ずかしいと思う女性は割と多いのです。寝バックはそんな女性の強い味方の体位ですので、安心して存分に大好きな彼との行為に集中でき、思う存分イクこともでき、気持ちよさにそのまま身を委ねられる点でもおすすめの体位です。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ジャムウ・ハードバブルを購入する
    膣トレで寝バックの快感UP
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープを購入する
    頑固な黒ずみケアもたった3分?!
    商品を見る
    ジャムウ・ビューティーバブル
    たまった角質や素肌の汚れをスッキリ!
    商品を見る
    デリケートウェットを購入する
    臭いの元をさっとふき取れる!
    商品を見る
    LCハーバルローション・ホットを購入する
    じんわりあたたかい、とろ~り快感
    商品を見る
    ラブコスメ リュイール ホットを購入する
    トロけるようなオーガズムを彼と…
    商品を見る

    【動画で解説】寝バックの挿入方法や気持ちいいやり方

    では、具体的に寝バックの正しい気持ちいいやり方についてご説明します。ぜひ、お互いが気持ちよくなれる寝バックを大切なパートナーと試してみてください。そしてお互いに充実した時間を重ね、2人の愛を深めていきましょう。

    寝バックのやり方1.まずは後背位のように挿入

    まずは後背位のように挿入

    寝バックの基本的な体勢は男女が並行になることです。

    まず、女性が後背位で挿入するときのような体制となり脚を30~45度程度に開きます。次に、男性は女性の足の間に入り男性器が女性器に当たる位置に腰を定めたら、女性の足の外側に自分の足を出します

    そしてそのまま挿入をしましょう。

    寝バックのやり方2.女性がうつぶせになり、男性も前傾に

    女性がうつぶせになり、男性も前傾に

    そこから女性が体を布団の上におろし、うつぶせの姿勢をとります。この時男性が女性の腰を持っていてあげると、女性の負担が少なくうつぶせの姿勢になることができます。

    そして女性が足を延ばしたら、男性も女性の腰の横に手をつき前傾姿勢になります。これが寝バックの基本姿勢となります。

    寝バックのやり方3.挿入角度は下30~45度!ゆっくりピストン運動

    ゆっくりピストン運動して寝バックをする様子

    挿入して寝バックの基本姿勢が取れたら、次はゆっくりとピストン運動を行います。男性が激しく動かしますと、女性の中には痛みを感じる人もいますので、最初はゆっくりとしたピストン運動をおこないましょう。そうすることによって、女性への痛みを配慮できます。

    また、行為では理想の男性の挿入角度は下30度~45度程度ですが、これも、男性のペニスと女性の膣の場所の向きが上向きか下向きかによります。また、人によって好みの角度も変わってきます。二人にとって最適な挿入角度を探して見ることが一番です。

    寝バックのやり方4.背中や首筋を愛撫しながらピストン

    背中や首筋を愛撫しながらピストン

    男性はピストン中にただ腰を振るだけでなく、女性の性感帯の一つである首筋や背中にキスをして愛撫することがおススメです。ゆっくりとした動きだからこそ、首筋と膣の両方の快感を感じやすいです。

    女性はうつ伏せのリラックスした体勢のため、男性の動きを感じ取ればよいだけですが、挿入が浅いため、抜けやすいことを念頭においておきましょう。また、女性は、無理のない程度におしりをプリッと上向きにしたり、パートナーの動きに合わせて同時に腰を動かすのもよいでしょう。

    男性は、女性の背後に覆いかぶさっているだけでなく、腕立てした状態で動かしたり、回したり、グッと挿入したりなどして刺激してみるのもよいでしょう。

    背中や首筋を愛撫しながらピストン

    このように寝バックは体位のなかでも、特に男性が気持ちよくなれる体位ですが、他にも気持ちいい体位は存在します。Hでおすすめのセックス体位や48手のやり方について詳しく知りたい方は、下記記事も参考にしてみてください。

    おすすめのセックス体位(性交体位)の種類についてもっと詳しく知りたい方はこちら

    ペニスが抜けにくくなる!寝バックの変形バリエーション体位

    寝バックの基本姿勢のやり方についてご紹介しました。しかし実は寝バックの弱点でもある「ペニスが抜けやすい」を解決することができる変形バリエーションがあります。その体位のやり方についてご紹介します。

    変形寝バックのやり方1.女性が足を外に出して曲げる

    女性が足を外に出して曲げる

    変形体位の一つ目は、女性が足を男性の外側に出し折り曲げるバージョンです。女性が足を男性のお尻付近に絡めることでペニスが抜けにくくなります。

    変形寝バックのやり方2.男性が足を伸ばす

    男性が足を伸ばす

    さらにこの後男性は足を後ろに伸ばします。基本的な寝バックの体勢のように男女が平行になるのではなく、この方法は、男性が上体を起こす体勢です。こちらの体位を寝バックとして一般的なイメージを持っている方も多いかもしれません。

    この方法での寝バックは、男女が共に平行になる寝バックの体勢に比べて、ペニスがぐっと奥まで挿入されお尻の柔らかさも味わえます。男性にとっては、征服欲が満たされる体位でもあります。

    女性にとっては、ペニスの長さや膣の角度にもよりますが、膣の奥の子宮の入り口にあるポルチオ性感帯がペニスで刺激されるため、奥の快感を味わえる体位として魅力があります。

    変形寝バックの注意点.挿入位置と重みに注意

    この体勢の場合、注意しなければいけないことは、あまり勢いよく行ってしまうと、ペニスが膣から逸脱し、もう一度そのまま腰を動かした際にアナルに挿入してしまう可能性です。アナル未経験の女性にとっては、激痛以外何者でもありませんので注意が必要です。

    また足を伸ばして体重がかかる分、女性が重さを感じ過ぎないよう男性はしっかり腕で体を支えましょう。

    クッションが活躍?!寝バックをより気持ちよくするコツ

    寝バックをより気持ちよくするコツ!

    寝バックの具体的な気持ちのいい基本的なやり方をご説明しましたが、さらにより気持ちよくする寝バックのコツを伝授しますので、パートナーとのセックスをより充実したものにしましょう。

    いくつかの方法がありますので、自分たちに合った方法で楽しんでくださいね。

    寝バックの工夫1.クッションを使って腰高にする

    クッションを使って腰高にする

    他に身体の負担を軽減しながら気持ちいい寝バックをする方法があります。クッションを女性のお腹の下あたりに置いて、女性の腰が浮く高さに調節してみましょう。この体勢は、無理をせずお尻が高く上がるため、女性の身体の負担が軽減されます。

    この腰高の体勢では、骨盤が安定しますので、ペニスの長さ次第では、膣内奥の子宮入り口付近のポルチオ性感帯への刺激を深く味わえます

    正しい方法で行えば男女共に気持ちがいいのですが、男性がいきなり後ろからガンガン攻めてしまうと女性によっては痛みがありますので、最初はポルチオのある子宮口をトントンと軽くノックするように軽い振動を与えるつもりで様子をみるとよいでしょう。慣れてきたり、大丈夫そうであれば、男性は腰を奥に突き入れてみてもよいでしょう。

    寝バックの工夫2.女性が腰を持ち上げる

    女性が腰を持ち上げる

    寝バックのより気持ちいい体勢としては他に、女性が腰を持ち上げる体勢があります。女性は胸をベッドに押し付けて膝をついて腰を上げる体位です。

    この体勢は、男女平行で行う寝バック・男性が上体起こす寝バックに比べて、さらに深くペニスが挿入しやすい体位です。ペニスの長さにもよりますが、ポルチオが気持ちいい、ポルチオを突いてほしいという女性に最適な体位です。

    しかし、強く動かしたり、あまり激しく動かして奥をつきすぎてしまうと、女性によっては性交痛が起きてしまうことがあります。相手を思いやりの気持ちを持って、様子を見ながら無理のない範囲で楽しみましょう

    寝バックの工夫3.膣を意識して締める

    膣を締める

    寝バックの体位では、膣が通常の体位より締まります。また、女性が意識して締めることで、より快感を味わうことができるのです。そのためには、普段から「膣トレ」をしておくのが効果的です。締まった膣作りは、女性の普段からのエクササイズでできます。内側から引き締めを鍛えることが大切です。

    その締まった膣作りの「膣トレ」グッズとして、ラブコスメから出ている「LCインナーボール」でトレーニングしてみるといいでしょう。

    寝バックの感度を磨く!『LCインナーボール』

    LCインナーボール

    寝バック時の感度を磨く引き締めトレーニング!「LCインナーボール」は、ピンポン玉くらいの大きさが連結したかたちで、内側からの引き締めを鍛えることができるアイテム。1日たった10分の簡単トレーニングで膣の締まりが良くなるおすすめ商品です。

    寝バックの注意点と痛い時の対策

    多くの女性にとって気持ちいい寝バックですが、痛みを感じることもあります。ここからは寝バックが痛かったり気持ちよく感じられなかったりするときの工夫と、注意点 について紹介していきます。

    寝バックの注意(1)痛い時の対処法

    寝バックは「上付き」の女性の場合、刺激が強すぎたり膣口が引っ張られるような違和感があったりして痛く感じることがあります。それぞれ下記の方法で痛みを軽減 することができます。

    刺激が強すぎる場合

    膣への衝撃を和らげる「オーナット」というアイテムがあります。これは男性器の根本に装着して使用するクッションで、挿入が深くなりすぎるのを防いでくれます。寝バックの時奥への痛みを感じるようであればオーナットを試してみるといいでしょう。

    オーナット
    オーナット

    ラブタイムでお悩みの方をサポートする新しい発想のアイテム。誰でもすぐに使える、ラブタイムの悩みを軽減することを目的とした商品です。ドーナッツ状のリングが全部で4個入っていて、これらのリングを連結させて装着するだけ。リングが柔らかなクッションとなって女性器を保護。使用されるときは、男性の根元にリングを装着します。コンドームを付けた上からでもリングは装着可能です。

    引っ張られるような痛みの場合

    男性の挿入角度が急すぎる可能性があります。先ほども紹介した通り、理想的な挿入角度は下30~45°です。もしそれでも痛い場合は女性が足を開いて、男性がもう少し腰を落として、挿入角度が女性の体と少し平行になるように工夫してみましょう。

    寝バックの注意(2)抜けやすい

    寝バックの注意点として、ペニスが抜けやすい という注意点があります。何度もペニスが抜けてしまうと雰囲気が途切れてしまうことがあります。その場合、先ほどの女性の下にクッションを入れて角度をつける方法と、もう一つは男性が腰を激しく動かし過ぎないという工夫ができます。

    ぎりぎりまで引き抜いて勢いよく奥を突くピストンは抜けやすいだけでなく女性もあまり快感を得られない可能性があります。ペニスを奥まで入れた後は、腰を押し込んで膣の奥を優しくマッサージするようなイメージでピストンしましょう。「抜くピストン」ではなく「押すピストン」 をするのが、ペニスが抜けて寝バックの雰囲気が途切れないようにするポイントです。

    寝バックの注意(3)膣口の場所が分かりにくい

    脚を広げて場所を確認しやすい正常位に比べ、寝バックは「どこに膣口の穴があるのかわからない」 と感じる男性もいるようです。お尻の間から「穴」を探してアナルに入れようとして女性から指摘を受ける場合も。

    暗闇の中で場所が分かりにくい場合はお尻の割れ目の部分に親指を這わせて、アナルよりも下にある2つ目の穴を探すようにするといいでしょう。

    寝バックのsex体位で同時の中イキ経験を!

    寝バックは彼と一緒にイキやすい!
    お悩み解決バナー

    大人気の寝バックには、男女共に多くのメリットがあります。彼氏との密着度も高い体勢なため、お互いの親密度も愛着度も増すでしょう。また、中イキもしやすいほど気持ちよく、1回のセックスの時間も長くでき、自分もパートナーも余計は力を入れずにラクに楽しくベッドタイムを過ごせます。

    さらに、顔を見られずにすむため、ベッドタイムの快感を余計なことを考えずに思いっきり味わえます

    また、大好きな彼との気持ちいいベッドタイムをもっとよくするためには、膣トレをするという方法もあります。日々の努力で彼とのベッドタイムはもっと気持ちよく、楽しくなるはずです。自分磨きを楽しみながら、二人でもっともっと気持ちいいひと時を作っていきましょう。

    HOWTOボイスでイク方法を教えてくれる『さくらの恋猫 NUKUNUKU』

    さくらの恋猫 NUKUNUKU

    動画・ボイス・漫画のストーリーの内容と連動して自動で動くラブグッズで膣トレ&感度磨き!さらに官能的なHowToボイスコンテンツと連動して「まるで彼にされているような」快感を楽しみながら中でイク方法を学ぶことができます。イクタイミングを掴んで気持ちいいひとりエッチを体感してみませんか?

    寝バック前の潤い引き締め対策に『ジャムウ・シークレットモイスチャー』

    ジャムウ・シークレットモイスチャー

    寝バックは陰部が露わになりやすい体位なので、ニオイや潤い不足を気づかれてしまうことも。そうなる前に、彼に内緒でラブタイム直前の潤い、ニオイ、引き締めを準備しませんか?ベッドに入る前に彼に内緒で塗り込んでおきます。直前のニオイの元をカバーし、自然な感じで潤いもケア。さらに肌の引き締めもサポートしますので、その後の彼の反応も変わってきそうです。

    寝バックで密着する肌にもすべ感を『プエラリア・ハーバル・ジェル』

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    寝バック時は自分のお尻や背中と、彼の肌が密着しやすい体位です。ガサガサ乾燥肌が気になるときは、肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェルで、すべすべ感をチャージ♪全身に使えるので女性らしいボディラインを目指すマッサージや、抱き心地のケア、チクチク対策などを1つですべてをカバーします♪愛撫の時、つるつるで触りたくなるような肌を目指しましょう!

    【セックス 体位】セクシャルヘルスケア講座(3話)/LCラブコスメ 人気の体位ランキングからわかる、セックスをもっと楽しめるコツをご紹介。初めての方でも楽しく活用できるコツが満載です。 【セックス 体位】セクシャルヘルスケア講座(3話)/LCラブコスメ
    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

    SNSでチェック!寝バック

    Twitterで話題「寝バックは中イキしやすい!?」

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!