セックス、エッチの悩み

セックスで『子宮口が降りる感覚』って?バルーン現象の意味や子宮責めの方法

公開日: 2020/10/15  最終更新日: 2021/07/15

子宮イキって?子宮口セックスのやり方とポルチオを手マンで刺激するコツ
     
    お悩み解決バナー

    セックスで子宮が降りてくるという話を聞いたことはあるでしょうか?セックスでオーガズムを感じたとき、子宮が降りる感覚が女性にはあると言われています。内臓である子宮が動くというのは不思議な話ですし、子宮が下がることでリスクはないか気になる方もいるでしょう。

    実際には子宮が動くことはあり、セックスでも降りてくる感覚を覚えることがあるようです。ただし、どちらかと言うとそれを感じやすいのは女性ではなくセックスのパートナーである男性。女性本人は、子宮が降りる感覚を実感しにくいと言われています。

    しかし、子宮が降りてくる現象は女性のオーガズムに深く関わっており、子宮が降りたときに特別な刺激を与えると、さらに気持ち良いセックスができることもあります

    この記事では六本木ヒルズクリニックの産婦人科医・一倉絵莉子先生の監修のもと、子宮が降りてくる理由や仕組み、降りてきたときのセックスの楽しみ方などを紹介します。子宮が降りてきたときには、子宮口のそばにあるPスポットを活かした子宮責めセックスがおすすめです。バルーン現象という変化によって、男性も特別な感覚を味わえるかもしれません。

    ただし、女性が子宮の降りている感覚に自覚がある場合、医療機関の受診が必要な状況になっている可能性もあります。安全なラブタイムを楽しむために、子宮が降りる感覚のさまざまなケースについても知っておきましょう。

    子宮が降りてくるとは?子宮は動くの?

    子宮が降りてくる…?

    子宮が降りてくる状態というのは女性にはなかなか想像が難しいかもしれませんが、実際に子宮は位置やその大きさを変えることがあると言われています。ただし、子宮が降りるという表現には2種類の意味があります。ひとつは、セックスの快感によって降りてくるという状態です。子宮は実際に動く場合がある臓器で、セックスのときに動く可能性も考えられます。もうひとつは、女性の加齢などの影響で位置が変化するという話です。

    この二つの動き方、降り方には決定的な違いがあり、場合によっては放置してはいけないこともあります。子宮が降りてくる感覚についての実態と根本的な原因、リスクについてチェックしてみましょう。

    セックスの快感で「子宮が降りてくる」?

    快感で子宮が降りてくるの…?

    子宮が降りてくる可能性がある「セックスの快感」をきっかけとするケースでは、厳密にいえば子宮自体が降りてくるのではありません。正しくはセックスで快感を覚えたときに「子宮口が下がってきて膣口からの位置が近くなる」状況を指しています。このとき子宮が降りてくる感覚を味わうのは男性側です。子宮口が近くなり、まるで子宮が降りてきたように感じるのでしょう。

    前戯で女性がイッたあとに挿入するほか、挿入後オーガズムに達しそうな場面で起こりやすくなりますが、女性側に子宮が降りてくる感覚はありません。彼から「降りてきている」と言われてはじめて認識することはありそうです。また、セックス後半で最初よりも彼のものが奥まで届きやすくなったと感じる女性もいるかもしれません。

    本当に子宮が降りてくるというよりは、子宮口が下がったことで「降りてきたように感じる」と言ったほうが正確なようです。一方、このケースとは別で実際に子宮が下がるケースもあり、その場合リスクを伴うこともあります。以下で見てみましょう。

    「子宮が降りてくる感覚」は子宮脱(膀胱脱)のサインかも

    病気の可能性もあるから注意しよう

    子宮が降りてくる感覚は、病気のサインの可能性もあります。セックスでは女性自身が子宮が降りているかどうかは知覚できませんが、「子宮脱」という病気の場合、女性も子宮が降りてくると感じることがあるのです。

    子宮脱とは子宮の位置が下がってくることです。子宮を支えている組織が緩むことが原因で、加齢や出産、肥満などによって起こりやすくなります。同時に膀胱瘤や腟脱、直腸瘤を併発することもあります。

    その自覚症状のひとつが「子宮が降りてくる感覚」と形容される下腹部の違和感です。 セックス最中だけというわけではなく普段から降りてくる感覚があるのが特徴で、特に中高年の女性に多く見られます。

    症状を放置しておくと悪化して痛みや出血に繋がりかねないため、早めに病院へ行きましょう。症状や時期によってさまざまな治療方法があります。

    子宮が移動すること自体はよくある

    子宮は日常生活でも動くもの!

    子宮は、骨盤内で靭帯に支えられていますが、完全に固定されているわけではなく、数ある臓器のなかでも可動範囲が広い臓器です。

    ちょっとした日常の動きや体勢を変えるだけでも移動するとされており、膀胱や腸管の動きにも影響をうけます。セックス中に筋肉が動くことで移動する可能性もあり得るでしょう。特に、快感によって筋肉が収縮することで動きやすくなるかもしれません。そのため、パートナーから指摘を受けても過度に不安になる必要はないでしょう。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    LCハーバルローション・ホット
    女性のためのラブローション
    商品を見る
    リビドーロゼ
    彼の性衝動をONにする
    商品を見る
    ラブコスメ リュイール ディープ
    もっと深いところで感じ合いたい!
    商品を見る
    ラブザウルス
    快感の波を体験できるコンテスト受賞バイブ
    商品を見る
    ブルースカイフィッシュ
    上下振動で快感に没頭できる
    商品を見る
    ラブスライド
    ヌルッと『滑る』ような快感とスムーズさ
    商品を見る

    子宮(子宮口)が降りてくる理由は?

    子宮が降りてくる理由は何?

    子宮が降りてくる状態は、実際に子宮口が降りてくることによって男性が知覚できる可能性があるとわかりました。しかし、実は子宮口が降りてくる理由は、明確に解明されているわけではありません。主な原因としては、以下の二つが考えられています。

    生理前などは子宮口が降りやすい?

    生理前は子宮が降りやすくなると言われています

    一つ目の理由は子宮には排卵期に精子を受け入れ、妊娠成立しなかった場合は子宮内膜を排出する機能がありますが、その機能を発揮しやすくなるからです。

    つまり排卵期から生理前にかけては特に子宮口が降りやすくなる傾向にありますが、それは排卵期には受精しやすくするためであり、月経では子宮内膜を排出しやすくするためでもあるのです。また、生理が終わると子宮口の位置は再び高くなっていきます。

    しかし、こうした子宮の動きと理由は医学的に解明されているわけではありません。有力な説として上記のようなことが考えられると言われています。

    セックスで妊娠しやすくするため

    妊娠しやすくするためでもあるんだ

    二つ目の理由は、セックスで妊娠しやすくするためではないかとも考えられています。セックスはそもそも妊娠するための行為であり、性的な興奮によって膣内では愛液の分泌など、精子を受け入れるためのさまざまな準備が始まります。その一環として、子宮口も下がってきて、精子を受け入れやすくなるという説です。

    オーガズムで子宮口が降りてくるのは「バルーン現象」かも

    バルーン現象

    上記の理由の他にセックスでオーガズムに達した際に子宮が下がるように感じるのは、バルーン現象というものが関わっていると言われています。バルーン現象とは、膣の入り口が締まって、膣奥の子宮の手前の部分には少し空間ができた状態です。

    その様子がまるで風船が膨らんだようなので、バルーン現象と呼ばれます。膣の奥に空間ができるのは、精子を子宮に届けやすくするためと考えられています。ここでも女性の体は妊娠しやすい状態になるよう動いているようです。

    バルーン現象が起こると子宮の手前に少し空間ができますが、快感が高まると子宮口の位置が最初より下がるため、奥まで挿入すると子宮口に当たりやすくなります。この現象が男女ともに「子宮が降りてきた」と感じさせる要因になっているのかもしれません。

    プラットフォーム現象

    また女性の膣はオーガズムを感じると「プラットフォーム現象」という事象が起き、ペニスを挟み込むように収縮します。バルーン現象やプラットフォーム現象のイクときの女性の身体の変化について詳しく知りたい方は、是非下記記事も参考にしてみてください。

    子宮が降りてきたら「子宮責めセックス」を!

    子宮口セックス、子宮責めしてみようかな?

    セックスでは、女性がはっきりわからなくても、男性側が子宮が降りてきたと感じることがあります。そのタイミングはまさに女性が感じているときであり、オーガズムを味わえる絶好のチャンスです。このため子宮が降りてきたと感じたときには、子宮責めセックスで新しい快感を味わってみましょう。中イキのチャンスでもあるので、これまで外イキ(クリトリスで達する)経験しかなかった人も中イキが期待できます。

    子宮責めセックスと子宮口セックスの違い

    子宮責めセックスは、一般的にウテルスセックスと呼ばれる「子宮に挿入するセックス」とは異なります。男性向けの漫画などではたまにある表現ですが、そもそも子宮はペニスを挿入することが不可能な器官です。子宮口は普段ピタリと口を閉じたようになっており、細いものですら入る余地はありません。出産のときですら、何時間もかけて数センチずつ開くのが精一杯です。

    しかし、子宮口を優しく刺激することならば可能となります。性的な興奮によって子宮口が降りてきたときに、子宮口をじっくり優しく刺激するのが「子宮責めセックス」です。女性も強い快感が得られて、いわゆる中イキが体験できるかもしれません。

    子宮責めセックスの条件:Pスポット開発

    Pスポット開発
    お悩み解決バナー

    子宮責めセックスでは、Pスポットの開発が欠かせません。Pスポットとは「ポルチオ性感帯」のことで、子宮口のあたりにあると言われています。ポルチオ性感帯は医学的に解明されてはいませんが、Gスポットとともに中イキのための性感帯として知られる場所です。

    Pスポットの開発は、どちらかというと出産経験のある女性や膣奥の開発が進んでいる女性に向いています。一方、経験の浅い女性にとって子宮責めセックスは痛くて、なかなか気持ち良く感じにくいでしょう。Pスポットへの刺激は、経験の少ない女性には快感として受け取りにくいのです。

    このため子宮責めセックスで気持ち良くなるためには、まず性感帯であるPスポット(ポルチオ性感帯)を開発する必要があります。ポルチオ開発の方法を詳しく知りたい方は下記もご覧ください。

    子宮責めセックスのタイミング:子宮が降りてきたとき

    子宮責めセックスで注意したいのは、始めるタイミングです。子宮が降りてきているときでないと、なかなか感じにくくなる可能性があります。ちょうど良いタイミングは、男性側に計ってもらうと良いでしょう。

    指入れやピストンのときに「普段より子宮が降りてきている」と感じたら、子宮責めセックスの始め時です。女性側に「子宮が降りてくる」感覚はありませんが、普段よりもピストンの刺激が強いと感じたら、子宮が降りている可能性もあります。

    子宮責めセックスのピストン:押し付けるように

    女性側もコントロールできるよ!

    子宮は繊細なので、子宮責めセックスではピストンの仕方にも注意しましょう。大きなストロークで出し入れするピストンは「子宮責めセックス」にはあまり向いていません。子宮口にぴったりと男性器をくっつけた状態で、押し付けて揺さぶるように腰を押し出すようにピストンすると、女性が感じやすくなります。

    また、女性側が男性の動きをコントロールすることも大切です。ピストンで子宮口が痛くないように、自分の気持ち良いように男性の動きを制限しましょう。腕や足を男性の腰に巻き付けて、膣を押し付けるようにすると揺さぶるようなピストンを促しやすくなります。

    子宮イキするためのテクニック

    子宮イキのテクニック知りたいな

    前述した通り、子宮口が降りるためには前戯や挿入で十分に女性が感じている必要があります。子宮が降りていないと、ピストンしても子宮責めにはなりません。子宮責めセックスはそれだけで気持ち良いものですが、さらにイケる状態にするためにはテクニックも必要です。子宮イキできるように、子宮責めセックスを気持ち良くするポイントを紹介します。

    最初から奥を突いたりしない

    子宮のPスポットは膣の奥のほうにあり、ペニスの挿入も深くする必要があります。しかし、まだ十分に濡れていなかったり感じていなかったりする段階で奥まで入れると痛みのほうが強くなり、気持ち良さを感じられません。また、最初から強く責めすぎると膣内が摩擦で傷つく恐れがあります。

    デリケートな部分なので、時間をかけて愛撫をし、十分に濡れて柔らかくリラックスした状態にすることが大切です。また、女性自身がバイブや指で触れるときも優しくゆっくり押し込むようにしてみましょう。

    クリトリスを愛撫しながら下腹部を押す

    子宮でイケるようになるためには、「子宮への刺激=気持ち良い」と脳に感じさせることもポイントです。そのためには、クリトリスの愛撫による気持ち良さを感じながら子宮への刺激をすると良いでしょう。クリトリスを愛撫しつつ、下腹部に刺激を与えると脳が気持ち良さと下腹部への刺激を関連付けるようになると言われています。

    なかには、外側から下腹部や骨盤をマッサージャーなどで刺激するだけでイケるようになる人もいるようです。時間はかかる方法ですが、気長に快感を楽しみながら続けてみましょう。上級者向けのセックスはまだ不安がある方は、まずはPスポットで感じられるようになってから、下腹部への刺激へと移行させてみるのがおすすめです。クリトリスと子宮口付近へのマッサージを同時に行い、クリトリスの気持ち良さと子宮口の気持ち良さを関連付けて脳にインプットします。

    ほかの場所を愛撫している最中も下腹部を押し込むように揺らす

    Pスポットを開発して子宮イキできるようになるためには、クリトリス以外の愛撫の最中も下腹部に刺激を与えてみましょう。バストや背中、耳などの性感帯を愛撫しながら下腹部に刺激を与えることで、脳が快感を下腹部の刺激によるものと関連付けます。下腹部を刺激するときには、押し込むように揺らすのがポイントです。左右に揺らしながら押すことで、奥まで刺激を与えます。

    Pスポットでイケるようになるには、何度もその部分に刺激を感じ、気持ち良さを体験することが必要です。そのため、いろいろなタイミングでPスポットを感じさせて、快感体験を増やす必要があります。

    挿入の際は奥まで入る体位で

    松葉崩しがおすすめ!

    挿入のときも、子宮でイケるようになるには工夫を凝らしてみましょう。体位に関しても、膣の奥まで入るようなものを選びます。深く挿入できる体位としておすすめなのは、松葉崩しや屈曲位などです。中イキ、子宮イキをしたいときには、女性はできるだけ快感に集中するのが望ましいため、ピストンで女性が動く必要のある体位は不向きかもしれません。

    松葉崩しなどの体位をしながら、彼に子宮口の場所を撫でてもらったり、軽く押してもらったりするのも良いでしょう。挿入したペニスを中でグリグリと動かし、気になるポイントを探り当ててもらうこともできます。Sっ気のある彼なら、少し恥ずかしい体位とともに「ここが気持ち良いの?」などと言葉責めも楽しんでやってくれそうです。

    詳しいポルチオ開発や体位のやり方はこちらをご覧ください。

    子宮が降りてくる感覚を活かすセックス

    子宮イキを一緒に開発してみようよ

    セックスをしていると、子宮が降りてくると言われることがあります。これは実際に子宮自体が移動しているのではなく、子宮口の位置が下がっている状態です。また、子宮が降りる感覚はたくさん気持ち良さを感じている証拠であり、中イキしやすくなったという良いサインです。

    もしラブタイム中に子宮が降りてきたと彼氏から伝えられたら、子宮イキを目指して子宮責めセックスを試してみるのも良いでしょう。自分でもPスポットの開発を楽しみつつ、彼とのラブタイムでも焦らずじっくりと回数を重ねていくことが大切です。外イキしか経験のなかった女性も、この機会に中でもたくさん感じられるように体位や愛撫の仕方などを試してみてください。

    ラブザウルス

    ラブザウルス

    ラブグッズコンテスト受賞作のバイブレーター『ラブザウルス』。「快感の波に思いっきり浸かりたい」「身体を徹底的に磨いて、もっと感じやすい身体を目指したい」と思っている方にオススメなバイブです。先端部分を使用した際、Gスポットに当たる設計になっています。内側のポイント、中をしっかり開発したい時や、寝る前5分スピーディーに気持ち良くなりたい時に!のけぞるような快感がせまってくるはず。

    ブルースカイフィッシュ

    ブルースカイフィッシュ

    心を解放させて、ほぐすような動きで気持ちよくなれるストレートバイブ。上下に動くから、リアルな快感に没頭できます。ソフトな触り心地と、まるでドルフィンキックのような上下運動。本体が曲がるので、気持ちいい部分にしっかり当てて中の感度をサポートします。ストレートの形と上下ピストン振動で、内側をほぐすような動きを実現。7段階で刺激を与えられるのでお好みの強さに調節ができます。

    ラブコスメ リュイール ディープ

    ラブコスメ リュイール ディープ

    女性の敏感な部分にゆっくりなじませてマッサージするベッド専用のコスメ。「塗ったところをマッサージすると、奥でしっかり感じられるような…」深く気持ちよく感じられます。重なり合ったとき、より深いところでの気持ち良さを体験でき、じっくりと快感に集中できるラブタイムを楽しめます。「馬の力を得ることができる」と言われているアシュワガンダのエキスを配合。女性らしさを対策するワイルドヤムも使用しています。

    性感帯開発サック アンダースーツ

    性感帯開発サック アンダースーツ

    「気持ちいい!」は、まだ見つかる!挿入前に装着して使用すると新しい快感が見つかる性感帯開発サック。挿入前に男性が付けると、男性自身をほどよく締め付けられ、パワーもアップします。そのまま使用して、お互いの感度を研ぎ澄まし、新たな性感帯開発にも!「挿入でもっと感じたい」「パートナーを中でイカせてみたい」そんなときにオススメです。

    監修:医師 一倉絵莉子先生
    医師 一倉絵莉子先生お写真

    日本産科婦人科学会専門医、一般社団法人日本女性医学学会会員。日本大学医学部卒業。川口市立医療センター、北里大学メディカルセンター産婦人科等に勤務。現在は六本木ヒルズクリニックにて診療を行っている。

    ⇒六本木ヒルズクリニック公式ホームページはこちら

    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!