バストの悩み

ノーブラは胸が垂れるって本当? 苦しくないブラやナイトブラのつけ方・選び方

ノーブラは楽だけど胸が垂れる?ブラジャーをつけないときの注意点や快適なブラ、ナイトブラの選び方
     
    ブラジャーつけなくても大丈夫かな

    ブラジャーは女性の必須アイテムとも言えるインナーウェアですが、締め付けが苦手という人も多いかもしれません。最近ではブラジャーを付けないノーブラ女子も増えていて、肩こりに悩まされることが減ったなどメリットを感じている人もいるようです。

    しかしノーブラで過ごそうかと思いつつも、「胸が垂れてしまう?」など美容面で心配になり、ブラジャーをつけない生活に踏み出せないという女性も。

    実際のところ、「ノーブラは胸が垂れる」という話は本当なのでしょうか?また、ブラジャーとブラトップでは、バストの形に与える影響に違いがあるのでしょうか?さらに最近では夜寝る時もブラジャーを付けたほうがいいという話が出てきていて、ナイトブラの習慣も定着しつつあります。

    そこで今回は下着ライターとして活躍されている「下着の魔法使い」こと、ちーちょろすさん監修のもと、ノーブラのメリット・デメリット、ブラトップやナイトブラの機能性など、ブラジャーに関する女性の知りたいことをまとめました。

    ブラジャーで肩こりに悩んでいてノーブラにしようか迷っている、より美しいバストを保つための選択肢が知りたいという方は是非参考にしてみてください。そしてこの機会にきれいなバストの保ち方や、自分の生活スタイルに合うブラの付け方を試してみてくださいね。

    ノーブラとは

    たまにはノーブラで過ごしたいなーお悩み解決バナー

    多くの女性は普段ブラジャーをつけているのが当たり前ですが、締め付けなどが不快で、たまにはノーブラでいたいと感じることもあるかもしれません。しかしノーブラは開放的ではありながら、抵抗感や心もとなさを覚える女性も多いでしょう。

    ここではまず、ノーブラとはどんな状態なのか、世間の女性たちのノーブラに対する考え方などを紹介します。

    ノーブラとは「完全にブラをつけていない」状態のこと

    ノーブラとは「完全にブラをつけていない」ことで、バストを覆う下着系衣類なしで衣類を着た状態を指します。「ノー・ブラジャー」の略称で「ノーブラ」ですが、実は和製英語なのです。英語で正式に言うなら「braless(ブラレス)」となります。ノーブラを好んで、ブラジャーなしで過ごす女性のことを「ノーブラ女子」と呼ぶこともあります。

    ノーブラは、ブラジャーだけでなくカップ付きのキャミソールなども身につけていません。バストの大きさや衣類の種類にもよりますが、バストの形状などが衣類を通して見えやすくなります。

    家にいるときにブラジャーはつける?

    ノーブラは裸に衣類を着ただけの状態で、とてもカジュアルです。外出時に胸が透けるのは抵抗があっても、家にいるときくらいは快適なノーブラでいたいと思う方もいるでしょう。そこでラブコスメのマイエルシーアンケート「【女性100名】ブラジャーについて」では、20代から60代の女性にブラとの付き合い方を質問しました。

    「ノーブラは快適ですか?」の質問には、53%の女性が「はい」と回答。快適ではないと思う女性も多く見られました。その理由に着目すると、「擦れて痛い」「家族の目が気になる」という回答もある中、「ノーブラだと垂れないか気になってすっきりしない」「形が悪くなりそう」というバストの形に関する不安が多くを占めていました。やはり女性としては、バストの美容面への影響が気になるようです。

    また「人と会う予定がない日に、家でもブラジャーをつけますか?」には、71%が「はい」と回答。3割ほどは家ではブラなしで過ごすノーブラ女子の要ですが、家にいるときでもブラをつけている人が圧倒的に多いということが分かりました。これは「見栄えや人と会ううえでのマナー」以上に、胸の形への影響を気にしてブラジャーを使用している人が多いということの裏付けとも言えそうです。

    ノーブラのメリット

    ノーブラって健康的にもいいの?

    アンケート結果から、自宅でもノーブラで過ごす女性は少ないことがわかりましたが、ノーブラにはいくつかのメリットもあり、それほど悪いものでもなさそうです。健康的にも良い面があるので、気になる人は試してみるのも良いかもしれません。ノーブラで過ごすメリットを紹介します。

    血行が改善されるので肩こり解消になる

    ブラジャーによる締め付けから解放されることで血行が改善し、肩こりが楽になる人もいます。特に本来のバストサイズより小さいブラをつけ続けていると、ワイヤー部分の締め付けによる痛みを和らげようとして、姿勢がゆがむ原因になります。その影響で猫背になり、肩や首への痛みにつながることもあります。ノーブラになれば全ての女性の肩こりが改善するとは限りませんが、365日いつでもブラジャーを着用している人は、少し肩を休ませてあげるのも良いでしょう。

    アンダーの黒ずみ防止になる

    ブラジャーをしていると、密着している部分が擦れて、黒ずみになることがあります。特にアンダー部分はワイヤーが入っていたり、バストを支えるためにきつめに作られていたりと、黒ずみリスクは高いと言えるでしょう。ノーブラであれば、ブラジャーによる摩擦は起こらないので黒ずみのリスクを下げることができます。

    谷間のニキビが減る

    バストが大きい人は、谷間に汗が溜まってしまいやすく衛生状態も悪くなることがあります。特にブラジャーで寄せ上げていると、余計に蒸れやすいのでニキビの原因になるかもしれません。デコルテが肌荒れしていると、胸元の開いた服や恋人とのお泊りにも抵抗感が生まれてしまいそうです。ノーブラであれば谷間の風通しが良く、ニキビのリスクを抑えられます。

    ブラジャーをつけないことで解放感がある

    締め付けから解放されたい!

    ノーブラの良さには、ブラジャーの締め付けから解放された心地良さもあります。毎日のことで慣れてはいても、1日が終わってブラジャーを外したときに「楽になった」と思うこともあるでしょう。ノーブラ女子は、そんな解放感をいつでも味わえます。

    下着にかけるコストが減る

    ブラジャーをつけずに生活できれば、ブラジャー代がかからなくなります。全くブラを持たない生活は現実的ではなさそうですが、使う頻度を減らすだけでも劣化が遅くなり、長い目で見るとコストダウンに繋がるでしょう。

    バストアップするかも

    ノーブラでいると、人によってはバストが大きくなる場合もあります。バストには多くのリンパ節があり、締め付けから解放することでリンパの流れの改善につながります。老廃物が溜まりにくくなるのでバストのハリにも良い影響がある可能性があります。ただし個人差があり、バストアップにならないこともあるので注意しましょう。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    LCジャムウ・クレンジングクリームを購入する
    自然派の成分のクレンジング
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープ
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    フェロモンボディを購入する
    女性らしい柔らかい肌質に
    商品を見る
    リビドーロゼ
    彼の性衝動をONにする
    商品を見る
    LC’S HANABIRA(ハナビラ洗顔美容液)
    洗顔で『上気したような艶』
    商品を見る

    ノーブラのデメリット

    ノーブラもいいけど美容面が心配・・

    ノーブラには良いこともありますが、やや過ごしにくさを感じる場面もあります。特にノーブラの習慣があまりない日本では、見た目に関しても難点があるでしょう。バストの健康や美容についても、ノーブラによって悪影響を及ぼす可能性はゼロではありません。

    デートや外出時に周囲の目線が気になる

    見た目のデメリットとして、ブラをつけないことでバストの形がほかの人から見えやすくなる点があります。バストトップの突起が服を通してわかりやすくなり、周囲の人からの視線が気になってしまうかもしれません。また、ブラでバストを寄せ上げしていないと、ボディラインがたるんだように見えることもあります。

    ただしこれは、胸当て部分が厚くなっているキャミソールを着用するなど、ブラジャーをつける以外の方法を組み合わせることで、防ぐこともできます。

    ブラジャーをつけないことによる肩こり

    ブラジャーも肩こりの原因になりますが、特にバストのサイズが大きめの女性は反対にノーブラによって肩こりを引き起こす場合もあります。ブラをつけないとバストが不安定になり、バストの揺れや重さもストレートに体へ影響しやすいためです。そのため肩こりがひどくなったり、姿勢が悪くなったりする人もいます。

    脇肉に脂肪がつきやすくなる

    バージスライン

    ブラを使っていればバスト周りも引き締めていられますが、ノーブラでは脇からバージスライン(ブラジャーのワイヤーにあたる胸の下部)にかけてフリーになり、その結果脂肪がつきやすくなります。指輪を長期間つけていると、そこには脂肪がつきにくくなるのと同じ原理です。

    運動時にクーパー靭帯が伸びて、胸が垂れやすくなる恐れがある

    胸の重さを支えるのは、クーパー靭帯と首からバストまでの皮膚、乳腺などです。ブラジャーの支えがないと、この3つが重力の影響を直接的に受け、バストが垂れることもあるでしょう。ブラは伸びたら簡単に交換できますが、一度伸びてしまった胸の組織はもとに戻りません。

    特にノーブラの状態で激しい運動などをすると、クーパー靭帯が伸びてバストがたるむ可能性があります。普段の動きや動かないときでも重力の負荷はかかりますが、運動時にはさらに揺さぶられます。バストの大きさや運動量、激しさによって差はあるものの、少なくとも形が崩れる原因の一つです。また、胸の揺れによって体を動かしにくいと感じることもあります。普段あまり激しい運動をしない人の方が、ノーブラ女子に向いています。

    ノーブラをオススメしない理由

    バストの形が気になる・・

    ノーブラのメリットとデメリットを紹介しました。ノーブラで過ごさない理由にあった「胸が垂れそう」「胸の形が悪くなりそう」というのは間違いではないようです。バストの形を気にする方は、ノーブラで過ごすのはあまりおすすめできません。

    ここで一旦、ブラジャーの持つ役割とノーブラのリスクをチェックして、ブラの必要性を再確認してみましょう。

    ブラジャーの役割

    ブラジャーは、バストの保護や下垂の予防、ボディラインを美しく整えることなどの役割を持っています。また快適に動けるよう体をサポートする効果も期待できる、女性にとって大切なアイテムです。 苦しく感じやすいワイヤーも、脇や背中に流れやすいバストの肉を囲って形を整えてくれる役割を持っています。

    また、ワイヤーが苦しいのはサイズや形状が体に合っていないのかもしれません。正しいサイズや形を選び、正しく取り扱えば、むしろつけたほうが心地良くなることもあります。「ブラジャーが苦しいから胸の形が悪くなりそうでもノーブラでいたい」という方は、正しい選び方をして繰しくないブラジャーを見つけるという解決策もありそうです。

    20代でも胸の垂れに繋がることも

    一般的にバストが下垂し始めるのは30代後半からと言われますが、ノーブラが習慣化していると、20代のうちからバストが垂れてしまう恐れがあるでしょう。バストは支えるものがないと、重力によってどんどん下がっていきます。

    それが続くと、胸を支えるクーパー靭帯も引き延ばされ、ちょっとした運動でも伸びを加速させてしまうかもしれません。伸びたクーパー靭帯は元に戻すことが困難なので、日頃からブラをつける習慣によって伸ばさないことが大切です。

    バストを保護するものがないと、痛みを伴うことがある

    ブラジャーは胸を寄せて引き上げているだけでなく、柔らかなバストを守る役割も持っています。体のなかでも皮膚が薄い部位なので、外部からの刺激に影響を受けやすいのです。ノーブラだと、外部からの刺激や揺れによる痛みから無防備になってしまいます。成長期のうちから、きちんとブラジャーで守ってあげましょう。

    ちーちょろすさんが教える!ノーブラがおすすめできない理由

    ノーブラにはメリットデメリットがありますが、バストを美しく保ちたい、動きやすい方がお好きな方には寝る時以外におすすめできません

    確かにノーブラの方が健康的には良いのですが、揺れることで痛みを感じたりトップ(乳首)が目立ってしまったりしてしまいます。昼間はある程度体に圧をかけて補正や保護をして、お家に帰った後にノーブラ状態で過ごすのがおすすめです。

    ノーブラが好き!ノーブラ女子におすすめの改善策

    ノーブラの心地よさは捨てがたい・・

    ブラジャーはバストの見た目や健康のために大切ですが、ノーブラの心地良さも捨てがたいというノーブラ女子もいるはずです。そんな人のために、リスクを抑えてノーブラを楽しむ改善策を紹介します。快適さと機能を両立させるためには、アイテム選びがポイントです。

    ノンワイヤーブラジャーを「家ブラ」にする

    家にいる間はバストの揺れによるクーパー靭帯等への影響を最低限抑えられれば良いという人は、必ずしも外出時と同じものにする必要はありません。ノンワイヤーやカップ付きキャミ、スポブラなどはワイヤー付きブラと比べたら補整力は劣るものの、代用品としては十分です。ワイヤーブラとの併用で垂れを防ぎつつ快適さを味わえるでしょう。

    ただし、脇の脂肪がつくのはノンワイヤーブラジャーでは基本的に防げませんし、ブラの種類によって補正力に差もあります。しかし、ノンワイヤーでもワイヤーループがついていて補正力の高いサードウェーブブラや合成樹脂、ソフトワイヤーのものにすると形を整える効果が期待できます。

    一方、三角ブラのようなつけ心地が楽な「セカンドウェーブ・ブラ」に補正力はほぼありませんので、注意が必要です。

    ブラトップやスポーツブラを着用する

    ブラトップやスポーツブラも、ノーブラに準ずる楽さがあります。通常のワイヤーブラジャーが苦しい場合は、こういったものに変えるという選択肢もあります。

    ただしスポーツブラを使うなら、種類によって締め付け具合が変わるので注意が必要です。ランニング用は締め付けがきつく、揺れは防げるもののバストが押しつぶされて苦しく感じることもあるため長時間の着用はおすすめできません。家である程度長い時間つけていることを考えてスポーツブラを選ぶなら、ヨガ用ブラのほうが締め付けが強すぎず良いでしょう。

    サイズの合っているブラジャーをつける

    ブラジャーの窮屈感は、サイズが合っていないだけという可能性もあります。自分のサイズがわからない、または最近体型が変わったという方は、正しいサイズを知ったうえで下着を選んでみてください。以下の項目に当てはまる人は、ブラの見直しが必要です。

    下着姿の女性

    ~ブラジャーのサイズがあっているかチェック!~

    • ブラを外すとすごく楽に感じる
    • 着用中は背中の肉が段になっている
    • ブラの跡があざになるくらい跡がくっきり残っている
    • ストラップがよく落ちる
    • 浮きブラしてしまう
    • アンダーがずり上がる

    ブラジャーはある程度締め付けて補正をするものですし、感じ方にも個人差があります。そのため、サイズが合っていても外すと楽に感じることもありますし、跡になることもあるでしょう。

    ただし「あざになるくらい跡がつく」場合には要注意。ブラが小さいか、体に対して生地のパワーが強すぎる可能性があります。アンダーがずり上がる場合は、アンダーサイズが大きいか、カップが小さい可能性があります。カップが小さい場合は、バストの前側が押し下げられて、後ろが釣り上がるような形になっているためチェックが必要です。

    一年以上サイズを測っていない・新しいものを買い直していない場合も、体型の変化やブラジャーの崩れがあるかもしれません。サイズの測り直しや買い直しを検討してみましょう。

    ブラジャーを選ぶときは必ず試着する

    ブラジャーは、正しくサイズを測ってもらったうえで、気に入った商品は試着してから購入するのが安心です。同じサイズであってもメーカーやシリーズによって装着感は異なり、サイズを見ただけで買うと体に合わないことがあります。

    前述した通り、合わないブラを付けるとバストの揺れや肩こり、形の崩れ、肌への色素沈着、バストの下垂などが起こるので店員さんと一緒に正しいサイズを選びましょう。きちんとフィッティングして買ったブラは、適切な圧力でバストを守ってくれて、つけ心地も快適です。ノーブラで過ごすよりも、バストの形も守れて肩への負担も減らせる可能性があります。

    夜もブラジャーは必要?

    寝る時くらいノーブラでいたいなーお悩み解決バナー

    家にいるときでもブラジャーをする人は多いようですが、就寝時くらいは開放感が欲しくてノーブラでいたいという意見もあります。そもそも、あまり動かず寝るだけの夜にも、ブラジャーは必要なのでしょうか?就寝中のブラジャーの役割や夜用ブラであるナイトブラの特徴を紹介します。

    就寝中のブラジャーの役割

    「寝るだけならブラジャーは必要ない」と考える女性は少なくありません。確かにノーブラの方が寝心地が良いのであればノーブラでも問題ありませんが、「少しでもバストの形を崩したくない!」という方には左右上下にバストが流れようとするのを防いでくれるナイトブラがオススメです。

    仰向けに寝れば脇のほうへ、左側を向いて寝れば左下へとバストは重力で傾きます。また、寝返りを打つたびにバストも揺れるでしょう。そんな就寝中の動きからバストを守るのが、夜のブラの役割です。寝るときは締め付け感のないノーブラか、安定させながら睡眠をサポートしてくれるナイトブラを着用するといいでしょう。

    ナイトブラとは?

    夜にブラジャーをつける人でも、日中と同じブラジャーをつけるという人と夜寝る時用に作られた「ナイトブラ」をつける人の2種類に分かれます。ナイトブラとは、文字通り夜用のブラジャーのこと。睡眠時の心地良さと、就寝中のバストを守るサポート力に特化しています。一般的な昼用ブラジャーは、上から下への重力に特化して作られていますが、ナイトブラは仰向けや横向きなど、寝ている状態に合わせて作られたインナーウェアです。

    ナイトブラで得られる効果

    ナイトブラって効果あるの?

    ナイトブラは昼用のブラとは違い、ワイヤーがなく伸縮性の高い生地をたっぷり使ったものがほとんどです。生地によって優しくバスト全体を保護し、左右に流れるのを防ぐ効果が期待できます。ワイヤーがないため、つけて寝ても違和感が少ないです。ナイトブラはバストケアだけでなく、寝心地にも配慮されたブラと言えます。

    夜に昼用ブラジャーをつけているのはよくない?

    昼用のワイヤー入りのブラジャーは補正力が強く、夜寝る時には窮屈に感じる人も多いようです。夜寝る時に昼用ブラジャーをつけることに慣れている人でも、意外と夜専用のナイトブラをつけて寝てみたら、もっと快眠できるという可能性があります。

    昼用のブラジャーを夜につけて寝ることは、上記のように睡眠の質が低下するだけでなく、血行不良やリンパの流れが悪くなるというデメリットもあります。

    他にも、ほぼ24時間締め付けている状態になってしまうので、色素沈着や跡が残りやすくなってしまうということも。

    健康面からも美容面からも、夜に昼用のブラジャーをつけて寝るのは避けましょう。

    また寝ている時は意外と汗をかきます。夜寝ている時につけていたブラジャーを昼間もそのままつけているのは衛生面でもお勧めできません。できれば汗をかきやすい季節は、朝起きた時に新しいブラジャーに付け替えるようにしましょう。

    また、ナイトブラは汗を吸いやすい生地でできているものが多く、昼用のブラジャーの素材はあまり汗を吸い取りやすくない素材のものが多いという違いもあります。

    ナイトブラを使用している人はどれくらい?

    冒頭のアンケートではナイトブラについても回答を求めており、ナイトブラを使ったことがある人は全体の45%と半数以下という結果になっています。また、「以前使っていたがやめた」と回答した人も14%いました。

    やめた人の意見としては「つけてみて効果が感じられなかった」「つけ心地が悪かった」などがあります。とはいえ、効果の実感やつけ心地は感じ方に個人差があるもの。快適な眠りを妨げないためには、生地や補正力などを比べて慎重に選ぶ必要がありそうです。

    ナイトブラの選び方

    ナイトブラを選ぶなら、昼用ブラと同じくサイズをしっかり合わせて選ぶことが大切です。普通のブラほど細かくカップやアンダーサイズを選べませんが、もっとも自分の体型に合うものを探してみましょう。また、素材やつけ心地も重要なポイントです。日中生活している時のブラジャーと比べて、寝る時は特に「リラックスして寝られるかどうか」が大切になってきます。レースがふんだんにあしらわれているものは見た目こそ可愛らしくて惹かれますが、人によっては摩擦やチクチク感が気になることもあります。

    生地の素材については、
    通気性が良いか
    肌ざわりが優しいか
    ③洗濯しても縮んだり型崩れしにくい
    という3点をポイントに選んでいきましょう。

    ナイトブラも試着できるのが一番ですが、通販などで購入する際に試すのは難しいため、入念に口コミをチェックしてみてください。

    それでもノーブラは楽!ブラなしでいたいときの対処法

    ノーブラの解放感を味わいたい!

    ブラジャーは胸を守るという大きな役割を果たしますが、やはりノーブラは楽で魅力的なもの。どうしてもノーブラ女子でいたい、いつでも解放感を味わいたい人に、シチュエーションに応じた対処法を紹介します。最低限スポーツをするときはブラをつける必要があっても、普段家でくつろいでいるときや、ちょっとそこまで用事があるときなどは、工夫次第でノーブラでも過ごせそうです。

    カップや胸当てがついたキャミソールを着る

    ちょっとした外出や家でのリラックスタイムには、カップ・胸当てつきのキャミソールが便利です。補正力はブラジャーに劣りますが、透けなどの見た目への安心感はあります。締め付け感が少なく、肩紐の痛みなどもありません。

    ブラトップはアンダーの部分にゴムが入っているタイプが一般的です。さらにゴム部分の締め付けもなくしたいという方には、マタニティ用のカップ付き授乳キャミソールを着用するという方法があります。乳首の透けや擦れなどはカップが守ってくれて締め付けも最大限減らしてくれるアイテムです。

    形をきれいにみせるにはヌーブラ!

    ヌーブラは、バスト部分に貼り付けるタイプのブラジャーです。寄せて谷間は作れますが、脇から背中へのバックベルトも肩紐もないので、とにかく締め付け感がありません。ただし揺れは防げず、通常のブラジャーのようなクーパー靭帯や皮膚への影響を低減する力はありません。

    人と会うときはニップレスをつける

    見た目を最低限ケアできれば良い、とにかく楽でいたいという場合は、ニップレスという方法もあります。ニップレスは、バストトップの突起を隠すだけのアイテムです。ノーブラ好みの人だけでなく、薄い生地や露出の多いトップスを着るときなどにも役立ちます。ただし、寄せて上げる効果やバストを支える働きはありません。

    ノーブラでも垂れを防ぐには?

    ノーブラ女子が極力バストの垂れを防ぐには、以下のことに注意してみましょう。

    ・姿勢に気を付ける
    普段から姿勢を良くして胸を張ることで、バストの揺れを多少防ぐ効果が見込めます。また、正しい姿勢によって血流が良くなれば、バストにも栄養がいきわたりやすくなりそうです。

    ・バストケアを普段から行う
    きれいなバストのための土台作りとして、胸筋を鍛える、バストケア用のジェルを使ってみるのも良いでしょう。たとえばラブコスメの「プエラリア・ハーバル・ジェル」は、お風呂上がりに使うだけでバストの肌を保湿して全体にハリを与えてくれます。毎日しっかり保湿するほど柔らかい肌触りの美しいバストにつながっていくので、お風呂上がりのボディケアの時間が楽しくなりそうです。

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    プエラリア・ハーバル・ジェル

    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェル。肌触りだけなく、女性らしいボディラインを目指すマッサージや、抱き心地のケア、チクチク対策などを1つですべてをカバーします♪お風呂上りの体が濡れた状態の時に塗り込み、マッサージをすることが実感しやすいです。

    ノーブラについて迷っている方へ、ちーちょろすさんからアドバイス

    ちーちょろすさんのアドバイス

    「下着は苦しいもの」という印象は根強く、開放感を求める方にノーブラや緩めのブラジャーは魅力的です。

    したがって私はバストが垂れても良い・ヴァージスラインが曖昧になっても良いという方にブラジャーの着用を勧めることはいたしません。

    しかし、サイズを間違えている女性は約7割と言われており、更にその5割が実際のサイズより小さいブラジャーをつけていると言われています。その結果、バストが押しつぶされて窮屈に感じてしまう場合もあります。

    自己判断で「バストが小さい」と決めつけ、苦しい思いをしているケースもあり、正しいサイズをつけることで「ノーブラよりも楽になった!」というお声があるのも事実です。

    本来ブラジャーは身体を締め付けるものではなく、女性が過ごしやすく、身体に自信を持って生活するためのアイテムです。

    自分に合うブラジャーを見つけた後、ブラジャーをつける快適さと開放感あるノーブラの快適さを比較してみるのもおすすめです。

    TPOに合わせて快適なノーブラ生活を

    苦しいならブラの選び方を見直そう!

    ノーブラでいるのは確かに楽ですし、メリットもあります。一方で見た目はニップレスやカップ付きキャミソールなどで対策できますが、胸の垂れを防ぐことができないというデメリットも大きいです。

    胸の垂れは防ぎたいけれど、ブラジャーをつけて過ごすのは苦しいという人は、ブラジャーの選び方を見直すという方法があります。そもそもブラジャーはしっかりと体に合ったサイズであれば苦しさはなく、胸を支えて肩への負担を減らしてくれるという機能もあります。また、通常のワイヤーブラに比べて補正力は劣るものの着け心地がいい「サードウェーブ・ブラ」を試してみてもいいかもしれません。

    就寝時にブラジャーを付けるかどうかについては、バストを守りつつノーブラに近い快適性を保てるナイトブラという第三の選択肢もあります。

    もちろんノーブラ女子を継続して、バストの形のケアはマッサージで行うという方法もいいでしょう。いろいろなアイテムを利用して過ごしやすく、かつ自分の理想に近い美しいバストを目指していきましょう。

    ジャムウ・ハードバブル

    ジャムウ・ハードバブル

    黒ずみ集中ケアバージョンのジャムウ石鹸。
    「パパイア果実エキス」と「オリーブオイル」を加えたことで更にもっちりとした泡が実現し、洗い上がりもしっとりとなります。特に気になる部分には、もっちり濃厚な泡を乗せて3分間パックを。思わず見入ってしまうような透明感を実感してください。

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    LCラブコスメから販売されている商品で、肌にハリを与える成分として、プエラリアミリフィカ根エキスを配合しています。肌触りの良いふっくらとしたバストに導く商品です。バストはもちろん、全身に使用することができます。また、敏感肌の方にも嬉しい、無香料、無着色でパラベンなどは使用していません。

    ちーちょろす(下着の魔法使い)さん
    ちーちょろす(下着の魔法使い)さん

    下着で女の子の「もっと自分を好きになる!」と応援するライフスタイリスト。約5年の下着販売員経験を活かしSNSで下着の情報を発信中。 Twitterのフォロワー数は1年半で3万人を超え、様々な世代の下着の悩みに答えている。

    下着の試着代行プロジェクト「magic your body」主催。

    公式サイト:https://chiicho.com
    Twitter:https://twitter.com/lingerie1108
    magic your body:https://www.instagram.com/magic_your_body/?hl=ja

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    読み物コンテンツでよく検索されるワード<今人気のタグ>

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      

    バストの悩み 記事一覧

    簡単なバストアップの方法や確実にバストアップ効果のあった成功体験談をご紹介!
    バストアップの方法

    胸を大きくするメソッド

    きれいなバストの形について。バストの種類や重さで、きれいな胸に近づく作り方
    バストをきれいな形に

    バストの形の種類・重さなど

    バストアップマッサージで効果的なバストアップと育乳のやり方、美胸の作り方!
    バストマッサージ

    回数と正しいやり方

    女性のためのバストアップの筋トレ方法、垂れ対策
    バストアップのための筋トレ

    大胸筋の鍛え方

    バストのための運動…続いてますか?簡単な胸を大きくするエクササイズをご紹介します!
    簡単バストアップ運動

    簡単なエクササイズをご紹介

    バストアップのツボを押す女性。胸のツボ押しの効果で女性ホルモンを増やして胸を大きくする!
    バストのツボ

    バストアップのツボ5つ!

    胸を落さずダイエッ!バストアップの共通点とは?バストアップしながら、痩せても残して小さくならない方法
    胸を落とさずダイエット

    胸を残すバストアップ

    マシュマロおっぱいになるために。胸をふわふわと柔らかくする方法
    マシュマロバスト

    ふわふわの胸にする方法

    胸のリンパマッサージでバストアップできる?バ胸のマッサージの方法
    胸のリンパマッサージ

    リンパでバストアップ

    2人で始めるバストアップマッサージ
    彼氏とバストアップ

    彼氏の大きくなる揉み方

    胸は揉まれると大きくなるのか?
    胸を揉むと大きくなる?

    セックスで胸を大きくする

    胸が張ると大きくなる?胸の成長痛の原因と発育を促すマッサージ方法
    胸が張ると大きくなる?

    痛みの原因は成長痛…?!

    胸を揺らす
    胸を揺らすと大きくなる?

    小さくなる?大きくなる?

    胸を柔らかくする方法。男性が好きな女性の柔らかいおっぱい(乳)や肌になる!
    柔らかい胸

    おっぱいも肌も柔らかく

    胸の成長はいつまで?バストアップは何歳までできるの?
    胸の成長はいつまで?

    何歳までバストは成長するの

    「バストアップのための食事」のレシピと栄養素、女性ホルモンを増やすおすすめのやり方
    バストアップと食事

    おすすめの食事や栄養は?

    お風呂でバストアップ!胸を大きくする入浴方法とは?
    お風呂でバストアップ

    入浴中が効果的…?!

    胸を大きくしたい!育乳のための、食事、エクササイズ、ストレッチ、マッサージ方法など。
    育乳で胸を大きくする!

    育乳のマッサージや食事

    育乳ブラでバストアップする方法。おすすめ育乳アイテムや補正ブラの選び方や付け方
    育乳ブラ

    育乳ブラの選び方・付け方

    「胸をおおきくしたい」おっぱい体操で大きくするやり方とその効果と注意点
    おっぱい体操でバストアップ

    ふわふわおっぱいを目指す

    産後のバストアップの方法、卒乳後の胸がしぼむ原因と胸を大きくする方法
    産後のバストアップ

    卒乳後でも胸を保つ

    バスト地図
    バストの平均は?

    全国地図でみるバストサイズ

    バストアップの効果あり?成功したマッサージ効果や食材や豆乳について
    バストアップ効果あり?

    噂のうち、効果があるのは?

    胸の大きさは遺伝?バストアップは親で決まる?
    胸の大きさは遺伝?

    習慣、食事、ストレスの関係

    胸の谷間、私にはできないの?綺麗な谷間の作り方と谷間セクシーになる方法!
    綺麗な谷間の作り方

    胸元やデコルテのケア

    胸の位置、ブラの場所、バストの高さで見た目年齢の印象が変わる!ブラトップが垂れる?
    胸の位置

    バストの位置が低い

    垂れ乳の改善方法!おっぱいは垂れるの原因と垂れた胸の張りを戻す方法
    垂れた胸を改善する方法

    垂れ乳や垂れたおっぱいケア

    胸が流れる原因と対処。脇肉やハミ肉をブラでバストに戻す脇肉キャッチャーの方法
    脇肉がはみ出る

    脇肉や贅肉、ハミ肉の対処

    理想の胸のサイズとは?大きさ、形、柔らかさはどんなもの?理想の乳首とは?
    理想の胸にする方法

    彼が胸に触れない!

    そげ胸、そげ乳になってバストが老けた胸の印象に!ふっくらバストに戻す方法
    そげ胸、胸が痩せた

    ふっくらバストへ戻し方

    離れ乳(離れ胸)の原因を改善して、魅力的なバストへ
    離れ乳(離れ胸)

    その原因と改善方法

    左右の胸、同じ大きさにしたい!胸の大きさが違う場合のマッサージ方法
    左右非対称の胸

    きれいなバストの磨き方

    胸が小さい 悩み、おっぱいが小さい貧乳コンプレックスの対策や理想のバストの作り方
    胸が小さい

    バストが小さい原因と対策

    胸がしぼむ原因とは?卒乳・生理前など。バストがやせる原因とハリを取り戻す対策
    胸がしぼむ

    胸のハリやブラの隙間を対策

    女の子の悩みを解決!冬の乳首の乾燥、かゆい、カサカサを保湿ジェルでマッサージ
    乳首が乾燥する原因

    透明感の肌を取り戻す対策

    乳首の形の種類をキレイな乳首にする方法!乳首の形が変?長い、大きい、大きくなっている?
    乳首の形

    綺麗な乳首へのケア方法

    乳首が黒い原因は人それぞれ。乳首の色をピンクにする方法と、色素沈着の改善
    乳首の色が気になる

    ピンクの乳首に憧れる

    乳輪の色が黒い、濃い原因。ピンク色にケアする方法
    乳輪の色

    ピンクに保つ方法

    乳輪の黒ずみ、どうにかしたい…3分間の泡パックでバストの黒ずみケア
    乳輪の黒ずみ

    泡パック簡単バストケア!

    乳輪のぶつぶつ何でできたの?乳首にあるモントゴメリー腺とは
    乳輪ぶつぶつ

    モントゴメリー腺の役割

    乳輪の大きさの平均サイズや理想の形。原因と小さくする方法
    乳輪が大きい?

    平均サイズと理想

    乳首が大きい・長いときの対処法。乳首の平均サイズと、乳首肥大が起こる要因について。
    乳首が肥大化

    乳首が平均より大きい?

    胸が大きいから?バストアップしたら肩こりになる?胸と肩こりの話
    胸と肩こり

    胸が大きいと肩がこる?



    カテゴリー一覧