ひとりえっちの悩み

オナニーで痩せる! オナニーダイエットの影響とカロリーは?

公開日: 2019/07/03  最終更新日: 2021/07/15

オナニーでダイエット!オナニーでの消費カロリーと痩せる方法とコツ
     

    オナニーで女性は痩せる!消費カロリーは?

    オナニーで激しく動いていると痩せる?
    お悩み解決バナー

    『セックスの消費カロリー』は体位や激しさなどによって著しく変わるため、一概には言えませんが、腰を震わせ、彼の背中に爪を立て、かなり激しくHしたところで、消費カロリーにすると、たった150キロカロリー程度

    これでは、ちょっとお菓子を我慢したぐらいにしかなりませんね。あまり期待していたほど、『セックス=ダイエット』にはならないのかも…?

    これはオナニーでも一緒です。オナニーにはダイエットへの影響があります。

    特に男性は『射精』という行為があり、それが一回で21キロカロリーを消費すると言われています。男性の場合はオナニーによって、少ないのですがダイエットも期待できるかもしれません。しかし、女性の場合は射精という行為が伴わないため、男性よりも少ない消費カロリーになります

    そうなると、セックスやオナニーではダイエットが期待できない…。いえ、そんなことはありません。性欲が理由で痩せることはあります。セックスのいいところは消費カロリーではなく、脳が満足感を得られること

    オナニーで脳が満足感を得る、ということとは痩せる?

    それはもちろん「いいセックス」に限りますが、オナニーにも同じことが言えます。いいオナニーをすることで、食事を摂取する量が変わり、それによってカロリー摂取を少なくすることができるのです。

    お腹がいっぱい!というのは胃ではなく「脳」が感じることだというのは誰もが知っていることでしょう。そういえば、大好きな彼と一緒にいると、気がついたら何も食べないで半日過ごしてたってことなどよくありますよね。

    恋をすると痩せるのもよく聞く話。実は、この『恋愛=性欲』で痩せるのは、女性が多いのです。

    オナニーでダイエットできる仕組み

    『性衝動=性欲』を起こさせる性中枢は、男女である場所が違うようです。女性の場合は、性欲をコントロールする性中枢は、食欲をコントロールする満腹中枢と同じ場所にあるそうです。だから、恋愛をしたり、憧れの彼氏とセックスをする=性欲を感じると、食欲が抑えられ、ダイエットできるのかもしれません。

    しかし、これは諸刃の剣で、恋愛に破れ、ストレスを受けてしまうとダイレクトに食欲に影響が出てしまう場合があります。いわゆる「ヤケ食い」ですね。

    食べ過ぎた…とヤケ食いを後悔

    性衝動(性欲)での満足を満腹中枢に置き換えて、それをオナニーに応用してしましょう。題して『性欲想像オナニーダイエット方法』。ちょっと空しい?それでは「快楽でお腹いっぱいダイエット方法」。これは素敵ですね。

    快楽でお腹いっぱいというのは、女性はオナニーする事で、カロリー消費以上に、食欲の抑制が期待できます。

    女性はオナニーをすることで、自分の性欲を満たすことができれば、それと同時にお腹が空いたという感覚もなくなるので、食べる量が減って摂取するカロリーを抑えられるという形になります。

    食事をどのくらいコントロールできるかにもよりますが、お腹が空いたときにオナニーをすることでお菓子を食べたいという欲求などが無くなり、数百カロリーは減らせる可能性もあります。

    また、男性のように射精はしませんが、オナニーをすると体温が上がります。体温が上がれば基礎代謝が高まるので、カロリー消費しやすい体にもなれそうです。

    オナニーでダイエットする方法とコツ!

    もっと気持ちよく痩せたい…オナニーで見つける自分の性感帯

    オナニーで性欲を満足させるエクスタシーを感じるためには、実は想像力がとっても大事。もっと気持ちいいを求める意識がすごく大事です。「もっと気持ちよくなりたい」「こういう方法で刺激したらもっと気持ちよくなれるんじゃないかしら」と自分の欲望を見つめ、追求、方法を探してみてください。そんな性欲を満たし、食欲も忘れさせるようなオナニーを体験研究するのです。

    「こんなセックスしてみたい」「私はこんなところも感じてしまう」「こんなエッチなところを触られて悦んでいる私」「こんなに気持ちいいのにもっと求めてる。貪欲だわ!」…。オナニーの妄想で、性欲に身を任せた快楽の理想を頭に想い描きます

    これは実際のセックスにおいて、「こうしたら彼って気持ちいいんじゃないかな?」「こうしてあげると喜んでくれるかな?」「こんなHの方法はどうかな?」という想像力にもつながります。

    こうすれば彼ももっと喜んでくれるかも!想像することがオナニーダイエットでは大事!
    お悩み解決バナー

    想像力を働かせて、自分が心から満足のいくオナニー方法を実践!ダイエット目的も合わせてひとりえっちするなら、満腹中枢を刺激できるくらい、とことんやってみるのもいいかもしれませんね。いろいろ試してみて、汗をかいて、身体全体を温めれば、新陳代謝も活発になるので、一石二鳥の方法かも!

    もし「いきなり想像力をつけられない」「どのように体験研究すればいいかわからない」という方は、想像を漫画や動画でサポートしてくれるラブグッズ、さくらの恋猫もおすすめです。

    さくらの恋猫NUKUNUKU

    性欲は人として普通の欲求であって、『性欲=セックス』は人間が生まれてから絶えることなく続いてきた文化です。一度、自分の体と性欲に素直になって、それらの方法を追求してみませんか?

    HOWTOボイスでイク方法を教えてくれる『さくらの恋猫 NUKUNUKU』

    さくらの恋猫 NUKUNUKU

    動画・ボイス・漫画のストーリーの内容と連動して自動で動くラブグッズ!膣トレ&感度磨きの2WEY対応!さらに、官能的なHowToボイスコンテンツと連動して使うことで、「まるで彼にされているような」快感を楽しみながら中でイク方法を学ぶことができます。イクタイミングを掴んで気持ちいいひとりエッチを体感してみませんか?

    膣トレはダイエットオナニー!

    ダイエット目的と合わせて、オナニーを楽しむなら膣トレも一緒に行うことをおすすめします。女性用のオナニーのアイテムの中には、「膣圧」を向上させて、締まりのいい膣を作るトレーニングが出来ると言われているものがあります。それがスカイワラビーです。

    スカイワラビー

    つまり、オナニーをする際に、膣を鍛えるスカイワラビーを使うことで、気持ちいいだけではなく、膣の締まりの良さも手に入れることができます。膣は「筋肉の塊」といっても過言ではない臓器。そこをスカイワラビーを使ったオナニーで鍛えることで、ダイエットにも繋がっていきます

    膣口を締める膣括約筋は肛門括約筋とつながっています。この肛門の部分の筋肉を鍛えることによって、同時に膣トレになっていきます。これをうまく肛門を引き締める意識をもつことによって、バイブを振動させてその気持ちよさで肛門が締まるということを繰り返すことで自然に膣トレにもなります。

    自分の感覚だけだと、オナニーでちゃんと引き締まっているか不安だという方は、スカイワラビーのような膣トレ&オナニーのグッズを使ってみるのもひとつの手。なんとなく力を入れらり緩めたりするよりも、気持ちよさと同時にトレーニングの成果が実感できるはずです。気持ちよく鍛えた後のパートナーの反応も楽しみになります。

    スカイワラビー

    スカイワラビー

    『スカイワラビー』はクリトリスなど外側で気持ちよくなりたい方にピッタリ!オナニーダイエットを取り入れる際にはぜひ膣トレも意識してみましょう。挿入しながら下腹部を意識してキュっと引き締め。ダイエットにも繋がって、感度も上がり、引き締まったあなたに彼は気持ちよすぎてびっくりしてしまうかも…!?

    オナニーで痩せるための食事

    ムクナスイッチ

    オナニーでのダイエット方法を食事の面からさらに見てみますと、亜鉛が重要になってきます。亜鉛の欠乏はレプチンの減少につながる可能性があると言われています。レプチンは肥満にかかわる重要なホルモンであることが最近の研究で明らかにされ、特に、研究者はレプチンが体に満腹感を与える性質に注目しています。

    レプチンは脂肪細胞で作られるホルモンで、私たちがいつ食べて、いつやめるかタイミングをコントロールします。亜鉛不足ですと、食欲を抑えるのに必要なレプチンを体が生産していないということになります。

    そこでおすすめするのが、ムクナスイッチ。セックスミネラルとも言われる亜鉛を含み、さらに「やる気と愛情を高める素材」ムクナをブレンド。満足のいくオナニー・性欲ダイエット方法を試みるなら、ムクナスイッチをおすすめします。

    LCラブサプリ ムクナスイッチ

    LCラブサプリ ムクナスイッチ

    亜鉛が不足してくると、食欲が増えてしまう可能性が…!ダイエット中には、なるべく食欲は抑えたいですよね。LCラブサプリのムクナスイッチは、亜鉛の他、ムクナ、マカ、オタネニンジンなどが配合された、やる気と愛情を応援する成分が豊富なサプリメントです。1つのサプリで一気に摂れることも魅力の一つ!また、パートナーへの愛情サポートにも喜ばれています。食欲も抑え、やる気と愛情を深めてみませんか?

    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

    SNSでチェック!セックスで消費するカロリー

    Twitterで話題『セックスで消費するカロリー』

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!