妊娠・出産・産後の悩み

産後はいつからバイブを使っても平気?
デリケートな産後のバイブの始め方について

出産後 オナニー
     

    「いつから始めてよい?」「感覚が違う」など、産後は様々なお悩みが…

    出産後、毎日寝不足や忙しさでイライラがたまってしまい、なんとかすっきりしたい…自分磨きはそんな時にもおすすめです。

    しかしそんな中、出産前と同じようにバイブやローターを使って自分磨きを始めてみようとすると、「あれ?感覚が前と変わっている?」なんていうことも。

    産後は様々なお悩みお悩み解決バナー

    出産は女性の体にとても大きな影響を与える行為です。もちろんそれを経る前と後では、感じ方や気持ちにも色々と変化があります。

    そして何よりも女性の体は、出産という大仕事によって少なからずダメージを受けています。バイブなどラブグッズを使った自分磨きも、デリケートな状態の体をいたわりながらする必要があります。

    今回は安全に快適に自分磨きを楽しんでいただくために、産後のバイブの使い方について特集していきます。

    産後のひとりエッチはいつから大丈夫?

    産後といっても、ひとりエッチをしたくなることはあります。眠りたいけれどなんだか疲れすぎて眠れない…といったときにも自分磨きはおすすめです。

    また、「緩んでしまったのではないか」との心配から、自分磨きにいそしみたくなる方もいるでしょう。

    ですが、産後から1ヶ月程度はバイブの挿入は控えるようにしましょう。産後の女性の体は大きなダメージを受けているので、優しく扱ってあげることが大事です。

    産後のひとりエッチはいつから大丈夫?

    産後に使用するラブグッズとしては、内側に挿入するタイプのバイブよりも、外側から刺激するタイプのローターのほうが適しています。どうしても我慢できない場合はローターなどで外側から刺激するようにしましょう。

    そして産後から1ヶ月以上がたち、自分でもダメージからの回復を実感できているときは、バイブでの自分磨きを再開しましょう。

    このときもいきなりサイズの大きなものを使用するのではなく、小型のものをローションでたっぷりと潤して使うことをおすすめします。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    中で感じてGスポットの感度を磨き上げたい方におすすめのマリンビーンズを購入する
    彼とのラブタイム、もっと中で感じたい!
    商品を見る
    おすすめキレイを磨くLCオリジナルバイブスカイビーンズを購入する
    自分自身が気持ちいいと感じるスポット開発に
    商品を見る
    刺激的に攻められたい時におすすめのICピンクローター(高機能・3種類の振動)を購入する
    直接の刺激で官能的に乱れたいとき…
    商品を見る
    おすすめ防水ローターのプチドロップを購入する
    初心者でも安心!使いやすさとパワーが魅力
    商品を見る
    今以上の『気持ちいい』を、もっと磨きたい方におすすめのピンクポイントを購入する
    もっと敏感な体作りをしたい!
    商品を見る

    産後にひとりエッチが気持ちよくなくなってしまった

    それまで好きだったひとりエッチが、産後には気持ちよくなくなってしまったという意見があります。

    出産は女性の体に大きな影響を与えますので、出産によって体の状態や感じ方が変わったりすることもないとはいえません。また、出産で膣が一時的に広がったことによる影響も考えられます。

    産後にオナニーが気持ちよくなくなってしまった

    対策としてはバイブなどラブグッズを使ってみるほか、膣圧トレーニングを試してみるのもお勧めです。

    さくらの恋猫は、膣圧のトレーニングだけではなく、通常のバイブ同様に使うこともできるタイプもありますので、産後のマンネリ防止にも一役買ってくれるかもしれません。

    先端の突起の部分が内部を絶妙に刺激し、膣内の快感を呼び覚ましてくれそうです。

    膣の締りは気になるけれど、もう少しサイズの小さいものからはじめたい!という方は、バイブでなく『インナーボール』での膣トレからはじめられることをおすすめします。

    さくらの恋猫 NUKUNUKU

    LCジャムウ・デリケートパック

    膣トレは数年前から、TVやインターネットで注目をあび、専門の書籍も出るほど。今や、女性のボディケアの一環として、膣トレは話題となってきました。「さくらの恋猫 NUKUNUKU(ぬくぬく)」は、インナーボールタイプのラブグッズ。 全身を丸めてあなたの帰りを待っている可愛い猫がモチーフです。「さくらの恋猫」シリーズの中で唯一の2wayタイプで、ローターでありながら、インナーボールとしても使えるアイテムで、膣トレと快感の両方を磨くことができます。

    LCインナーボール&LCジャムウ・デリケートパック

    膣トレセット

    目指せモテ膣!膣ケアでキュっと肌を引き締め、パックで臭いの元を洗浄♪そんなLCラブコスメオススメの『LCインナーボール』&『LCジャムウ・デリケートパック』のお得なセットが登場!女性の美しさを内側から磨いて、パートナーも離れられない魅惑のボディを目指しませんか?

    産後に膣内に何かを入れることが怖く感じる

    体が一時的に変化したことで心も変わり、膣内に何か入れることを怖く感じるようになることがあります。言葉では表しにくい不安感に苛まれ、なんとなくパートナーのお誘いに身構えてしまう方も多いようです。

    そんな時は無理をしないようにしながら、自分でローターやバイブで少しずつ「リハビリ」をしていったほうが恐怖心を抑えられるかもしれません。

    産後に膣内に何かを入れることが怖く感じる

    ローターをローションや潤滑ジェルでよく濡らした後、入り口に押し当てるようにして軽く刺激を与えるところからはじめましょう。ローション・潤滑ジェルは温感タイプが、ローターは小型や細めのものがおすすめです。

    振動に慣れてきたら、もう少し強く押し当てて軽く入り口が広がるようにしていきます。この刺激で入り口への快感が得られるようになったら、細身のバイブを試してみてください。もちろん、清潔のためにコンドームをかぶせ、膣内への刺激を抑える為にたっぷりとローションを使用されることをおすすめします。

    こうやって段階を踏んで、膣への刺激は痛みではなく快感なのだということを思い出していくことで、少しずつ恐怖が和らいでいく方も多いようです。

    産後のひとりエッチについて

    いずれにしても、産後のオナニーは「自分の体が大きなダメージから回復過程にあること」を忘れずに、あせらずゆっくりと慣らしていくようにしましょう。女性の体は自分自身が思っている以上にデリケートにできています。

    とはいえ、オナニーでの自分磨きは「母だから」「妻だから」と身構えてがんばりすぎてしまう生活に、程よいリフレッシュとしておすすめです。

    産後のオナニーについて

    程よく息抜きのできている生活で日常に笑顔が増えれば、周りを取り巻く空気も自然と柔らかくなることが多いです。

    身も心も疲弊しがちな産後だからこそ、時にはリフレッシュを取り入れてみるのも大切かもしれません。

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    読み物コンテンツでよく検索されるワード<今人気のタグ>

       
      


    カテゴリー一覧