セックス、エッチの悩み

後背位(バック)の体位のやり方!気持ちいい後ろからのセックスのコツを紹介

公開日: 2019/06/24  最終更新日: 2021/07/16

後背位の体位の気持ちいいやり方!女性が大胆になるバック・セックス
     

    「バックの体位(後背位)に興味があるのに、彼がなかなかしてくれない」というお悩みを持っている女性は少なくないようです。

    セックスの時自分からバック・スタイルになって持ちかけてみるのもひとつの手ではありますが、体位の順番がいつも何となく決まっていたり、彼に全てを任せたままだったりすると、後背位のリクエストはなかなか言えませんよね。

    私はバック(後背位)好きだけど彼は違うみたい…。女性が悩むセックスの体位
    お悩み解決バナー

    そこで今回は、後背位(バックの体位)の気持ちいいやり方やコツを紹介していきます。セックスでバックの体位を取り入れて、ラブタイムをより充実させてみてください。

    【動画解説】後背位(バックの体位)とは?その種類はたくさんある

    バックでもっと大胆なセックスを!

    俗にバックと呼ばれる「後背位」は、工夫一つで様々な感じ方や盛り上がりをプラスすることのできる、バリエーションに富んだセックス体位の一つです。

    「バック(後背位)」は相手の姿が見えない分、快感と興奮が大きくなる傾向があります。 男性がバックから挿入してピストン運動をしながら、女性のバストやクリトリスを刺激すると、正常位とは違った征服されている感覚を得られます

    ここからは、「体位48手」の中で紹介されている後背位の姿勢や種類(バリエーション)、刺激的な後背位の誘導方法、後背位のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

    後背位(バック)とはどんな体位?

    後背位とは、「女性が四つん這いになった状態で、男性が後ろから男性器を挿入する体位のこと」です。動物が交尾をする野生的なセックスの体位といってもいいかもしれません。正常位に比べると、男性器が膣の深いところまで挿入できるので刺激が強く、男女ともに人気のある体位のひとつです。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    オーナットを購入する
    バックの衝撃やわらげる『オーナット』
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブルを購入する
    もっちり泡で黒ずみを集中ケア!
    商品を見る
    デリケートゾーンのお悩みすっきり VIOケア3点セット
    デリケートゾーンのお悩みすっきりVIOケア3点セット
    商品を見る
    ジャムウ・デリケートゾーン リフレッシュムース
    後背位で気になるOゾーンケアには
    商品を見る
    LCハーバルローションを購入する
    トロリとたらすと…彼がビクン!?
    商品を見る
    LCハーバルローション・ホットを購入する
    じんわりあたたかい、とろ~り快感
    商品を見る
    ラブコスメ リュイール ホットを購入する
    トロけるようなオーガズムを彼と…
    商品を見る

    後背位のやり方がわかる!バックの体位の解説動画

    体位の動きはイラストや文章ではいまいちつかみにくいという方もいることでしょう。そんな方の為に、ラブコスメでは視覚的に感覚を掴める後背位のやり方動画を作成いたしました。まずは是非、下記の動画を見てみてください。

    後背位(バック)の体位の種類

    ひとえに後背位(バック)といっても、色々なバリエーションがあります。

    一般的な犬の交尾になぞらえた「ワンワンスタイル」や、AVやエッチな作品を観たことのある人なら知っているであろう、男女とも立った状態で行う「立ちバック(背面立位)」などがあります。

    また、二人とも寝そべりながら挿入する「寝バック(うつ伏せバック)」や人気AV男優のしみけんさんが考案して開発した「ロールスロイス(上半身起こしバック)」も後背位の体位の一つです。

    このように、後背位の種類はさまざまです。特徴とやり方については、下記記事にもまとめてあるので参考にしてみてください。バック以外のおすすめの性交体位も一覧で見られるので、セックスのプレイの幅を広げることに役立つかもしれませんよ。

    さらに、『鵯越え(ひよどりごえ)』『うしろやぐら(後櫓)』などの後背位の種類も知っておくといいでしょう。これらは、48手(四十八手)と呼ばれる江戸時代から続く有名な体位の一種です。

    後背位のバリュエーションを増やしたい方は、下記記事で紹介している種類を参考にしてみてください。

    「体位48手」の中の後背位(バック)

    性交の体位の種類を表した「体位48手」の中にも、多くのバックの種類が掲載されています。女性が屈んで手をついた状態で男性が後ろから挿入する「碁盤(ごばん)攻め」、変わったものではその名の通り「押し車」という、組体操でやる手押し車の態勢で男性が挿入する体位も紹介されています。

    江戸時代から伝わっている、江戸っ子の遊び心が反映されたバックの体位をぜひ楽しんでみましょう。

    なお48手については、下記記事で動画付きでやり方を解説しています。わかりやすく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

    男女で後背位(バック)が好きな割合は?

    また、男性と女性ではそれぞれ後背位の支持率はどのくらいなのでしょうか。LCラブコスメで行った「男女別好きな体位アンケート」で、男女別に一番好きな体位を選んでいただきました。結果、バックの体位が一番好きな男性は15%、女性は21%となりました。

    Q.【男性に質問】あなたの好きな体位は?
    Q.【女性に質問】あなたの好きな体位は?

    ※2015年1月マイエルシー調べ

    アンケートでは男性よりも、女性のほうがバック(後背位)が好きな方が多いという結果が出ています。「奥までしっかり気持ちいいこと」「求められている感じが嬉しいこと」が、その主な理由のようです。膣内でイキたい、奥でしっかり感じたい女性には、バック(後背位)は特に向いているといえるでしょう。

    後背位(バック)の基本のやり方!図解とイラストで解説

    これまでの彼とのセックスでバックスタイルになったことがないのなら、彼ももしかしたら後ろから挿入の手順がわからなかったり、バックスタイルで繋がったりする自信がないのかもしれません。

    バックは正常位よりも、お互いで体勢を維持することが大切で、腰使いのコツも必要です

    セックスの知識ややり方を全て彼に任せるのではなく、あなたも積極的にバックを学ぶことで、彼と一緒にバックの体位を一緒に楽しめるようになります。

    やり方1. 後背位(バック)の誘い方

    前の章でご紹介した通り、バックにもさまざまな体勢がありますが、基本的には四つん這いになった女性に男性が後ろから挿入することになります。

    まず始まりは、女性が四つん這いになるところからです。「バックでセックスがしたい」と口で伝えておくのも良いですが、さりげなくいつもと違う後背位に誘いたい場合は、前戯が終わっていざ挿入という場面になったときに、彼に背を向けてみましょう。

    彼がコンドームをつけている間などに、体勢を変えて「このまま入れて」とお願いしてみるのも男性としてはドキッとして興奮するかもしれません。

    あなたからバックの体勢になるのなら、恥ずかしいかもしれませんが、思いきってお尻を突き出して、セクシーなヒップラインを見せつけてみるのも良いでしょう。

    やり方2. 後背位(バック)の挿入方法

    バックの入れ方は?

    後ろから挿入する際は、女性がしっかり濡れていることを確認してから、ゆっくり男性器を挿入してください。

    バックスタイルの場合、正常位のときよりも膣の深くまで挿入しやすいので、膣が浅い女性の場合や男性器が大きいと痛みを感じてしまうことがあります。

    いきなり深く挿入して、奥を激しく突くのではなく、まずはゆっくり奥まで入れてもらうようにしましょう。

    やり方3. 後背位の男性の腰の動かし方

    ゆっくり男性器を挿入したら、今度はピストンです。バックスタイルのピストン運動には、「腰だけを使う方法」「お尻に力を入れて上体を反らす方法」があります。

    リズムよくピストン運動をしたい場合には前者。前後に腰を振って、たまに左右に動かしてみるのもいいでしょう。

    もっと奥まで挿入したければ、お尻に力を入れて「パン!パン!」と音を立てるようにピストンをしてみましょう。

    膣の奥のポルチオが開発されて気持ちいい場合は奥まで挿入して圧迫するような動きをしてみましょう。ただし、激しい後背位は痛みを感じる女性も多いです。我慢せず、「ゆっくりが気持ちいいな」といったように彼に伝えてくださいね。

    やり方4. 後背位の女性の腰の動かし方

    バックの体位の場合は、後ろから挿入している男性がピストンの主導権を握るイメージですが、女性が腰を動かすのもいいでしょう。

    足を広めに広げてお尻を突き出し、彼のリズムに合わせて前後に腰を動かします。また、気持ちいいスポットを狙って自分で角度を調節するのも大切です。冒頭の「後背位のやり方動画」でも女性が動く時のコツについて紹介していますので、是非動き方の参考にしてください。

    やり方5. 後背位で女性が痛くならないコツ

    後背位で奥まで挿入されると「痛い」と感じてしまう女性も多くいます。膣の上付き・下付きなどの位置や子宮の大きさ、また体型の関係などが影響して、バックが突かれると痛く感じてしまう場合があります。

    そのようなときは、パートナーに突き上げるのを止めてもらったり、痛くない位置に腰を下げ挿入してもらいましょう。男性のペニスのサイズが原因による深い挿入で生じる痛みには、膣の浅い位置での挿入にて回避できます。できるだけゆっくりピストンをしながら、痛くない角度や位置で挿入しましょう。

    やってみたい応用編!後背位(バック)の種類

    バックで気持ちよくなるコツは?

    後背位の基本的なやり方はつかめたでしょうか?続いては、基本の後背位で『より興奮するためのコツ』と応用編である4種類のバックスタイルの詳しいやり方をお教えします。

    こちらの応用編のコツもイラスト付きで解説します。彼ともっと発展したプレイを楽しみたい方は、興味があるものを試してみてください。

    応用1.通常の後背位と工夫

    一般的にバックの体位といっても、姿勢を少し変えるだけでお互いに伝わる刺激も大きく違ってきます。もしまだチャレンジしていない姿勢があれば、ぜひどんどんチャレンジしてお気に入りを見つけましょう。また、先の動画でも応用編の動きを紹介しているので、是非実際の動き方の参考にしてください。

    通常の後背位と工夫

    後背位(通常)

    女性が肩の下に手か肘をついて、男性が後ろから挿入する(48手の「鵯越え」)

    後背位(通常)
    通常の後背位(バック)の工夫1

    頭をベッドにつけ、おしりを突き出す姿勢で繋がる

    工夫1
    通常の後背位(バック)の工夫2

    そのままおしりに手を伸ばし、結合部を広げて見せる姿勢で繋がる

    工夫2
    通常の後背位(バック)の工夫3

    頭を床についた状態で両手首を男性が持った状態で腰を振る(女性は後ろ手に縛られているような姿勢)

    工夫3
    通常の後背位(バック)の工夫4

    女性の左腕の肘付近を男性が右腕で捕まえ、女性が振り向いているような状態で繋がる

    工夫4
    通常の後背位(バック)の工夫5

    男性が女性の両腕の肘を持ち、腰を振る

    工夫5
    通常の後背位(バック)の工夫6

    女性がぴったりと足を閉じた状態で繋がると男性への締め付けがアップする

    工夫6

    応用2.上半身を起こして行う(上半身起こしバック・ロールスロイス)

    上半身起こしバック・ロールスロイスの工夫

    上半身起こしバック

    女性が上半身を起こした状態で、腰を振る

    上半身起こしバック
    上半身起こしバックの工夫1

    挿入している状態で、男性が後ろから抱きしめる

    工夫1
    上半身起こしバックの工夫2

    挿入している状態で、一緒に乳首やクリトリスを愛撫する

    工夫2

    応用3.立った姿勢で行う(立ちバック)

    立ちバックのコツは?

    立ちバックの工夫

    立ちバック

    男女とも立った状態で挿入する

    立ちバック
    立ちバックの工夫1

    女性が壁ではなく、ベッドや机など低いところに手をついて前屈して行う(48手の「うしろやぐら」や「碁盤攻め」)

    立ちバック工夫1
    立ちバックの工夫2

    そのまま片足を机の上にあげて、片足立ちのような状態で挿入する

    立ちバック工夫2
    立ちバックの工夫3

    男女で身長差が大きい場合は、女性だけが椅子やベッドの上に乗り男性が立った状態で挿入する

    立ちバック工夫3

    応用4.うつ伏せの状態で行う(寝バック)

    寝バックの工夫

    寝バック

    女性がうつ伏せになり、男性が覆いかぶさるように挿入する

    寝バック
    寝バックの工夫1

    女性の首の後や耳などを攻めると、より感度が高まる

    寝バック工夫1
    寝バックの工夫2

    女性が振り向いてキスをする

    寝バック工夫2

    工夫1. 前後だけでなく左右にも動かしてもらう

    彼が前後だけの動きをしていたら、左右にも腰を動かしてもらうのもおすすめです。前後左右に動かしてペニス全体で膣内を刺激することで、さらなる快感を得られます

    工夫2. バストを刺激してもらう

    挿入中に他の性感帯を刺激してもらうことで、快感が倍増します。バストには乳首以外にもさまざまな性感帯があり、脇の下とおっぱいの境界部分、アンダーバスト、そして乳房全体を円を描くように刺激すると焦らされるような快感が得られます。この時乳首を避けながら愛撫すると、その焦らしの効果で興奮もより高まることでしょう

    工夫3. クリトリスを刺激してもらう

    バックスタイルの良いところは、挿入中別の性感帯を無理せず手で刺激しやすいところ。挿入した体勢でもクリトリスを刺激しやすく、バック中にここを手で愛撫されるととても刺激的です。

    工夫4. 鏡の前で行う

    セックス中の顔を見られることを避けるために、バックスタイルを選択している訳ではないのなら、鏡の前でのバックプレイがおすすめ。男性からは鏡に映る彼女の感じている顔や揺れるバストが見え、そしてあなた自身も自分が感じている姿を見て興奮できます。

    工夫5. あえて服や下着を着たままずらして行う

    脱ぎかけの服で乱れた感じは、男性の興奮をそそります。ずれたブラから見える胸、足に絡まったパンツ。必要な部分だけを脱がせて愛撫をしたり、挿入するシチュエーションを楽しんでみるのもありでしょう。また、Tバックや紐で解けるタイプのパンツを履いた状態でバックの体位を楽しんでみるのもいいですね。

    後背位(バック)がセックスでおすすめな理由

    バックがおすすめの理由は?
    お悩み解決バナー

    ここでは、男女ともに気持ちいい体位であるバック(後背位)がおすすめな理由を紹介します。彼とのセックスでバックを取り入れるべきかどうか検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

    理由1. 彼氏を興奮させることができる

    Sっ気のある彼氏は特に、バックスタイルのセックスで興奮するはずです。後ろから挿入する態勢は、男性が優位に立っていると思いやすく征服感を持たせることができます。またお尻を叩くと、ピストンのパンパンという音が聴覚的にも興奮を掻き立てられます。

    理由2. 男性は深く挿入することができる

    前述にもある通り、バックスタイルは正常位よりも膣の奥深くにまで挿入することができます。Gスポットの奥にあるポルチオという性感帯も刺激できるので、女性も存分に気持ちよくなることができます。

    理由3. エッチをしているときの顔を見られなくて済む

    セックス中に感じている顔を見られるのが恥ずかしいなら、バックスタイルはとってもおすすめ。自分の表情を気にすることなくセックスができるので、恥ずかしさを捨てて思う存分快感を得るのに集中することができます。

    後背位(バック)の注意点と解決方法

    バックのデメリットを解決するには?

    とても気持ちいいバックですが、デメリットがある場合もあります。それぞれの解決方法と一緒に見ていきましょう。

    注意点1. 人によっては痛みを生じる

    実は、全ての人がバックでのセックスが気持ちいいと感じる訳ではなく、中には「激痛でできない!」という人もいるようです。

    その原因は膣の位置。アナル寄りに膣が付いている人(膣が下付きの人)は、バックに向いている角度なのですが、お腹寄りに膣が付いている人(膣が上付きの人)は、痛みを感じてしまうことがあります。上付きの女性に対しては、よりソフトにピストンしてあげるといいでしょう。挿入してからすぐにガンガンと突くなどは控えましょう。ゆっくりと動かすようにしてください。

    バックの衝撃やわらぐ2人のクッション『オーナット』
    オーナット

    バックでは、時には深い挿入となり人によっては痛みを感じてしまうこともあります。そんな深い挿入で痛みを感じたときは、オーナットを装着!ズンズンと思い切り腰を振っても奥の痛みを感じにくいので、バックを心行くまで楽しめます♪いろんな種類のバックがありますので、今まで痛みを感じてできなかった体位にもチャレンジしてみませんか?

    注意点2. 安心感が得られない

    バックの体位は、お互いの顔を見ながらできる正常位や騎乗位と違い、また密着感もないので、不安に感じる人もいます。もし、安心感をアップさせたいなら「片腕取りツイストバック」をして見ましょう。バックの状態で、男性が女性の片腕を持って上体をひねらせることでこの体勢になります。

    注意点3. 身長差があると難しい

    彼との身長差があると腰の位置が合わないので、ピストンがうまく行かず気持ちよさが減退してしまうこともあります。そんな時は、女性がベッドの上で四つん這いになり、男性がベッドサイドに立った状態で挿入するのがおすすめです。あなたが足を広げる角度によって、無理のない体勢に調整することができます。

    注意点4. 体勢が不安定になる

    バックスタイルでは、女性が手や肘で体を支えることになるので、体勢が不安定になりやすく、さらにピストン運動で負担がかかってしまいます。手の負担が大きい場合は、四つん這いではなく、お互いが立った状態で行う「立ちバック」や、お互いが寝た状態で行う「寝バック」に挑戦して見ましょう。

    番外編:彼がバックの体位(後背位)をしたくなさそうな理由

    彼が後背位をやりたくないという場合、その原因はデメリット以外にあるかもしれません。たとえば、単純にバック(後背位)が好きかどうかという問題も考えられます。ここでは、「彼が後背位をしたがらない理由」としてあり得るものを紹介していきます。

    ~彼がバック(後背位)をしない理由は?~
    • 男性側はあまり気持ちよくない?
    • 女性のお尻に今ひとつ魅力を感じない
    • 女性が恥ずかしがるために雰囲気が盛り上がらない
    • 女性が感じている顔が見えない
    • バック(後背位)のときの女性の反応があまり好きではない
    彼はバック(後背位)が嫌いなの?好きな体位にこだわる前に彼が誘惑したくなるボディケアが必要!

    上記のような原因は、女性側の工夫で解決できることもあります。たとえばツルツルでピカピカで、「見たくなる」「触れたくなる」お尻をキープするなどです。

    そのようなお尻を見れば、男性もおのずと「バックの体位(後背位)がしたい!」という気持ちが沸き上がるのではないでしょうか。後背位のための具体的なお尻ケアについても、後に解説していきます。

    後背位(バック)のための美尻づくり!セックス前にしっかりとケアしよう!

    バックのときのためのボディケアは?

    いつもは隠せていても、バックスタイルのときに露わになってしまうのがお尻です。バックの体位では、お尻が丸見えになるのでOゾーンのケアを忘れてはいけません。今まで全くお手入れしてなかったという人は、彼に幻滅されないように、事前にしっかりケアを行っていきましょう。

    ここからは、彼から「バックしたい!」と言われるほどの美尻を作る方法を紹介していきます。

    「バック(後背位)したい!」と思われるお尻づくり方法

    彼をセックスでメロメロにさせる方法はお尻をツルツルにケア!二人で後背位で快楽になりたい!

    では、そんな魅力的なお尻はどうすれば入手できるのでしょうか?

    まず大事なことは、生活習慣を整え、毎日のエクササイズに力を入れることです。具体的には、下記の方法を実践していきましょう。

    バック(後背位)したい!と思われるお尻作り方法

    バック(後背位)で彼を誘いたいなら姿勢を正してお尻に負担をかけないことからはじめてみて!
    その1:姿勢対策

    座りっぱなし、立ちっぱなしなどはお尻の筋肉が凝り固まってしまうため、柔らかい質感のお尻から遠のいてしまいます。デスクワークや接客業をしている方は、できれば1時間おきなど時間を決めて簡単なストレッチをしましょう。

    座っている人は立って脚上げをしてみる、立っている人は屈伸などして、お尻や脚を伸ばしてみてください。

    気を付けて!毎日の食生活が体をつくる!魅力的なお尻にするには内側からのケアが大切よ!
    その2:食生活改善

    キレイな見た目を作るには内側からのケアも重要です。食生活はダイレクトに肌にあらわれるので、さわり心地にも影響します。
    野菜、魚などを中心にいろんな食材をバランスよく食べましょう。どうしても栄養がかたよりそうなときはサプリメントで補給してください。

    ジャムウ・ハードバブルの泡パックでお尻の黒ずみや汚れをしっかりケア!透明感溢れるヒップで彼を虜に
    その3:コスメでケア!(プラスアルファのケア)

    体の全体的な「黒ずみ」や「どんより感」が気になる方は先に『ジャムウ・ハードバブル』で泡パックをしてケアしましょう。
    パパイア果実エキス配合の石鹸なので、古い角質による黒ずみや汚れの元を洗い流すことができます。

    【SET】デリケートゾーンのお悩みすっきり VIOケア3点セット

    【SET】デリケートゾーンのお悩みすっきり VIOケア3点セット

    アンダーヘアもデリケートゾーンも、このセットでまとめてケア!デリケートな部分のお悩みをすっきり解消できる3点セットが登場です。ジャムウハーバルソープで臭い、黒ずみの元を洗い流して、Vライントリマー&Iラインシェーバーで理想のアンダーヘアを目指しませんか?

    ジャムウ・シークレットモイスチャー

    ジャムウ・シークレットモイスチャー

    彼に内緒でラブタイム直前の潤い、ニオイ、引き締めを準備しませんか?ベッドに入る前に彼に内緒で塗り込んでおきます。直前のニオイの元をカバーし、自然な感じで潤いもケア。さらに肌の引き締めもサポートしますので、その後の彼の反応も変わってきそうです。

    バック(後背位)のために美尻づくりすると?体験談からわかる実態!

    彼も夢中!ヒップスクラブ「プリリーナ」でお尻を簡単ケア!バック(後背位)で彼の反応も最高潮!

    バック(後背位)のために美尻づくりすることには、本当に効果があるのでしょうか?

    実際に『プリリーナ マスカットピーチプレミアム』や『プリリーナ プレミアムコーティングジェル マスカットピーチ』を使った方からは、下記のような感想をいただきました。

    お尻への愛撫増量!?ドキドキ体験談
    彼から新しい体位をせがまれた!プリリーナのマスカットピーチの香りもジェル状の質感にも満足!

    『お尻の触りごこちも香りも彼の反応も文句なし』

    彼とのデート当日、ホテルで一緒にお風呂に入っていたとき、いつも以上にお尻に触れてきたのに気付きました。ベッドに入ったときも、真っ先に後ろからしたいとせがまれました。お尻の触りごこちも香りも彼の反応も文句なしなので、リピ買い決定です!…続きを読む

    敏感肌でも影響なし!ジューシーそうで美味しそうな香りのプリリーナでお尻はすべすべつるつるん!

    『スリスリ頬ずりされてその後いっぱい…』

    これは凄いわ…と、スリスリ頬ずりされてその後いっぱい愛撫もされていつもより彼も私も燃えちゃいました…続きを読む

    バック(後背位)で私のお尻に彼が反応「凄いもちもち!こんなだったっけ?」触り心地に嬉しくなった!

    『なにこれ!凄いもちもち!こんなだったっけ?』

    ずっと触り心地を堪能していました。今までにスキンケアを頑張ってみても何の反応も見られなかった彼が喜んでくれて、くすぐったかったけれど、しばらく触ってくれて私も嬉しくなりました…続きを読む

    プリリーナのコーティングジェルでケアしたお尻!彼にいつもより長めにお尻を攻められちゃいました!

    『いつもより格段にお尻が目立つような体勢が多かった気がします』

    いつもより格段に多く撫でてもらえました!!
    そのあとのラブタイムもとても盛り上がり、ラブタイム中にもお尻を撫でてもらえました。触り心地もよいと言ってもらえ、さらにはたくさん撫でてもらうことができ本当にうれしかったです!!…続きを読む

    モチモチのお尻についつい手が伸び、そこから火がついてしまう男性が少なくない様子。

    そもそも柔らかくスベスベなお肌は女性の武器。特にお尻は女性らしさが出やすい部位です。女性らしさをアピールすることで男性らしさを引き出せるというのは、不思議ではないのかもしれませんね。

    『バック(後背位)してくれない』『バック(後背位)してほしい』と思ったら、まずはお尻磨きを取り入れてみることが、先決のようです。

    Oゾーンが気になったら『ジャムウ・デリケートゾーン リフレッシュムース』

    ジャムウ・デリケートゾーン リフレッシュムース

    バックスタイルでのラブタイムで忘れてはいけないのが、お尻のケア!Oゾーンが露になるのでしっかりケアしておかないと、不安な気持ちでいっぱいに…。事前にしっかりケアしておくことで、彼に幻滅されないキレイなお尻へ♪Oゾーン周りの清潔感をケアして、ラブタイムを存分に楽しみましょう。

    お互いに気持ちいいセックスのための後背位(バック)!

    バックって気持ちいい!

    どんなに大好きな彼とのセックスでも、毎回同じ体位で変化のないセックスでは物足りなさを感じるのは当たり前です。

    正常位よりも膣の奥まで男性器を挿入できる後背位は、きっとマンネリを打破してくれる解決策になります。

    また、後背位の準備としてヒップケアやOゾーンのケアアイテムを取り入れて、彼が興奮するお尻づくりにも磨きをかけましょう

    後背位のコツを押さえて、「彼に激しく後ろから突かれて気持ちいい…!」を体験してみてくださいね。

    ラブコスメ公式Twitter
    ラブコスメ公式Twitter

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ公式Twitter

    SNSでチェック!後背位が気持ちよくなるコツ

    Twitterで話題『後背位が気持ちよくなるコツ』

    後背位(バック)のやり方について動画でチェック

    漫画で分かる!2人で気持ちイイ!バックでする時のコツ 今回のエピソードは彼のバックが微妙で悩んでいる女性のエピソードでした。大切なのはちょっとしたコツを意識する事。それだけで劇的に変わる事もあるから悩んでいる方は試してみて下さいね! 漫画で分かる!2人で気持ちイイ!バックでする時のコツ
    【セックス 体位】セクシャルヘルスケア講座(3話)/LCラブコスメ 「みんなが好きなセックスの体位って」「いつもマンネリになる…」人気の体位ランキングからわかる、セックスをもっと楽しめるコツをご紹介。初めての方でも楽しく活用できるコツが満載です。 【セックス 体位】セクシャルヘルスケア講座(3話)/LCラブコスメ

    今、人気・注目のタグ<よく検索されるワード集>

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!