夫と産後レスの原因と対策 セックスレスは夫婦にとって離婚の危機【婦人科医監修】

妊娠・出産・産後のセックスレスやマンネリの原因と夫婦生活を充実させるための解消法

妊娠・出産・産後の悩み

産後にセックスの頻度が減る夫婦の割合は8割!出産後のセックスレスを夫と回避する方法

出産後に、「育児で疲れて夫婦の時間を持てない」「夫としたいと思わなくなった」「妊娠してから旦那を男性として見れない」など、産後の夫婦生活についての悩みをひとりで抱えていませんか?

また、「夫が妊娠してから誘って来なくなった」「夫に疲れてるからできないと言われる」「立ち合い出産後に、母親にしか見れなくなった」などの男性側が原因の場合もあります。

ラブコスメにはそのような出産後のセックスレスについてのお悩みがたくさん寄せられています。

今回は、産後のセックスレスの原因と出産後にセックスを再開するきっかけづくりなどについてご紹介していきます。

産後のセックスレスに悩んでいませんか?

出産後は、女性も男性もそれぞれ生活環境が変わります。では産後の結婚生活の中でのセックスについて男性と女性はそれぞれどのようにとらえているのでしょうか。

育児で忙しく疲れてしまったり、お互いを家族と思ってしまいドキドキ感が薄れるため、出産後にセックスレスになってしまうケースも多いというのは本当なのでしょうか。ラブコスメ会員のアンケートを元にひも解いていってみましょう。

【女性アンケート】出産後のセックス頻度について

まずは以前、ラブコスメで行った「産後のセックス」についてのアンケートの女性の意見をご紹介します。

産後のセックスの回数は妊娠前と比べ変わりましたか?

産後のセックスが減った55.9%

産後は全くなくなった:22.1%

妊娠前と変わらない:14.7%

妊娠前より、出産後が増えた:7.4%

産後のセックスが減ったと答えた方の回答

出産から1~2年は夜中の授乳など睡眠が不規則になったり、疲れたりで、旦那も気を遣っていてしませんでした。

出産で何となく怖くなったことと子育てで疲れ果て、その後、子供が大きくなってきてチャンスを失い…今では年に数回になってしまいました。

夫は元気でHしたくて近寄ってきても、私は子育てで疲れてそんな気分にはならないから。

主人が8つ年上なのもあるかもしれませんが、元々淡白だし、疲れているようです。母親モードが強い私のせいで「やる気」もなくなるのかも…。

子供が夜なかなか寝てくれず、寝かしつけていたら旦那さんのほうが先に寝てしまう。

なんと、8割近くの方が出産後にセックスの頻度が「減った」「全くなくなった」と回答しています。

実際に出産して1~2年は子育てが忙しいので出来ないという方も多いようです。する気分にならず、そのままセックスレスになるケースも…。

やはり、出産を終えると様々な変化から夫婦の営みも今までと変わってくることが多いようです。

【男性アンケート】パートナーとのセックスは必要?

次に男性会員向けに、男性が結婚後どのくらいパートナーとのセックスを必要と感じているかについてアンケートをとってみました。

その結果、約66%の男性が結婚後も「パートナーとのセックスは必要」と考えていました。そして「いつまでセックスをしていたいか」については「ずっとしていたい」という回答が最多で約57%を占めました。

【男性に質問】パートナーとのセックスは無くても平気ですか?(2021年7月マイエルシーアンケート/【【既婚男性100名】結婚後のセックスについて)※回答数74

【男性に質問】何歳くらいまでパートナーとセックスをしていたいですか?(2021年7月マイエルシーアンケート/【【既婚男性100名】結婚後のセックスについて)※回答数74

パートナーとのセックスが必要と感じている理由については、下記のようなものがありました。

~結婚後もずっとセックスしていたい!男性の声~

自分に性欲があって、相手は妻だけだと思っているし、妻が拒まなければ できる限りSEXしたいと思うから。

精神安定剤みたいなとこがある。よく精神安定剤みたいなとこがある。よく眠れるし未だに可愛いから。眠れるし未だに可愛いから。

パートナーの事が好きだから。

寂しい

心身ともに愛情を感じあえる、お互いが満たされる行為だと思うから。

つまり間に出産を挟んだとしても、結婚生活にはセックスというスキンシップがとても大切だと捉えている人は多いということになります。

産後のセックスレスの原因は、性的意欲が低下するから?

そんな中、出産を境に夫婦の営みの形が変わってしまうことがあるのはなぜなのでしょうか。その理由を、横浜元町女性医療クリニック・LUNAの理事長であり医学博士の関口由紀先生に聞いてみました。

乳汁分泌ホルモンの影響で性的意欲が低下

基本的には出産後に性欲が低下しても、あまり問題はありませんが、出産直後でしかも授乳中は、乳汁分泌ホルモンが沢山出ている影響で女性側の性的意欲は、とても低下します

あのセックスの盛んな米国でさえ、出産直後は回数が減るのが当然なのです。

膣の湿潤度低下で性交痛が出現しやすい

さらに膣の湿潤度も低下して、性交痛も出現しやすくなります。

生理中のセックスでも書きましたが、性的意欲がわかない場合や、痛みを感じるときに無理にセックスをすると授乳期間が終わってもできない性的意欲障害性交疼痛症などの女性性機能障害という病気になってしまうことがあります。無理は禁物です。

女性の睡眠不足解消

産後の性的意欲低下は、赤ちゃんが夜中にしっかり眠ってくれるようになって女性の睡眠不足が解消し、赤ちゃんが離乳して乳汁分泌ホルモンが低下すると自然に治りますので、それまでは焦らないことが肝心です。

ラブスライド

魅惑のスムーズ感で安心して楽しめる

商品を見る
LCハーバルローション

ラブタイムの違和感はもう気にならない

商品を見る
LCハーバルローション・ホット

彼とあなたを温かく包みこむ

商品を見る
ナデテ ベリーロゼ

“友達”から”気になる女性”に変わる

商品を見る
プエラリア・ハーバル・ジェル

男性が離さない肌を手に入れよう

商品を見る

産後にセックスを再開する方法

産後にセックスレス夫婦になるパターンは、妊娠中、あるいは産後の妻が拒否することが多いです。さらに、産後は育児に振り回され、復活タイミングがわからないままうやむやになって2年経過など。子育て夫婦にはありがちなセックスレスタイプです。

1ヶ月検診で問題なければセックスの再開の許可を出されますが、1ヶ月ではまだ痛みを感じる人がほとんどです。濡れ方も正常値まで戻りません。そのため、そこでの無理は禁物です。

しかし、それ以降も女性は子育てで大変。男性も仕事が忙しい場合、ついついおざなりなマンネリになってしまうことがあります。

仕事などで忙しくて、疲れていて、する気が起きないという男性は特に注意が必要です。

日本の男女は、子供が2-3歳になっても24時間お父さんとお母さんから脱皮できないカップルがたくさんいます。

子供が2-3歳になったら、2人きりの時間を少しでもいいから作る努力をし、その時は男性と女性になって性を楽しむ習慣を持つことが、出産後の性生活を豊かにする秘訣です。

エッチな気分になるローション風呂にいっしょに入ったり、男女ともちょっとエッチな下着を着けてみたり、いつもの寝室ではないところでしてみたりなど、バリエーションは沢山あります。

パートナーとの良好な関係を、長期間続けたいと望むならば、月曜日から木曜日までは残業をがんばっても、金曜日は早く帰り、土日は充分に休養をとって、夫婦でセックスをするなど、2人の時間を大切にすることが重要です。

出産後のセックスレスを防ぐには?

産後の夫婦生活では、自分の気持ちを我慢するのではなく思っていること・感じていることを旦那さんに伝えてみてください。例えば、「傷が痛みそうで、まだ怖いの。」「今日は疲れているからまた今後ね。」「久しぶりだからやさしくしてね。」など。相手に自分の気持ちを理解してもらうのも1つです。

また、セックスだけではなくギュッと抱きしめたり触れ合うのもお互い心が安らぎますよ。もし、その後性欲が出て誘われたら、手で触ってあげたり、口で舐めてあげたり夫を喜ばせてあげるのもセックスレスの予防になります。

また、下記の記事では久々のセックスをより楽しく気持ちいいものにしてくれるアイテムを紹介しています。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね。

産後のセックスレスは夫婦生活に影響する?

産後のセックスレスは、産後クライシスを起こす原因へつながることがあります。最終的に、浮気や離婚の一歩手前になることも。

「いつもありがとう。」「好きだよ。」というような夫への言葉も大切にしていきましょう。育児に協力的ではない夫だとしてもそれは同じこと。夫を常に立てることが夫婦円満の秘訣です。それはセックスレスの予防にも繋がりますから、夫への感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

子供をもつ夫婦のセックスレス問題については、下記の記事で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

痛み対策のグッズを使用してみましょう

出産直後はホルモンの分泌量が少ないため、普段よりも膣が潤い不足に陥ります。出産後のエッチで「痛かった。」「出血してしまった。」という声があるのはそのため。

そこで、前戯には十分に時間をかけ、彼女が十分潤うのを確認しましょう。そして、挿入の際はあまり激しくせず、ゼリーを使用することもおすすめします

潤い不足やラブタイム時の不快感などのお悩み対策に

LCハーバルローション

お客様からのご要望が多かった、肌に優しいラブローションを、ラブコスメが自然植物を使って開発しました。2人のベットタイムをさらになめらかに包まれるように、うるおいを与えるアロエを配合。肌に優しい自然派ローションとして仕上げました。

産後のセックスの充実は、長い夫婦生活を豊かに…

商品おすすめ度価格ポイント商品ページ黒ずみ臭い保湿・乾燥ピーリング不快感のケア
LC’Sジャムウ・ハードバブル
(5 / 5.0)
¥2,833デリケートゾーン・乳首の黒ずみを気にせず、前向きに! 詳細を見る
デリホワイト Mild Care Wash
(5 / 5.0)
¥2,166【\Amazonランキング 第1位!/】弱酸性でやさしい泡立ちのデリケートゾーンソープ ※PR商品 詳細を見る
LC’Sジャムウ・ハーバルソープ
(4.5 / 5.0)
¥2,355臭いを気にせず、堂々と彼と愛し合いたいときに! 詳細を見る
ICHII(いちい) デリケートゾーンソープ
(4.5 / 5.0)
¥2,232 デリケートゾーンのPH値に合わせて弱酸性成分で配合。 においの元をしっかり洗い上げ、 優しい泡パックで黒ずみをケアします。※PR商品 詳細を見る
LC’Sジャムウ・デリケートパック
(4 / 5.0)
¥3,750おりもの・臭いの元となる汚れをすっきり洗う!
デリケートゾーン用集中パック
詳細を見る
LC’Sジャムウ・ビューティーバブル
(3 / 5.0)
¥2,833メイクノリに差が出る!古い角質や汚れを落とす自然派ピーリング石けん 詳細を見る
※商品情報は2024年4月1日現在のものを使用

セックスレス夫婦に出産後ならないためには、2人の日頃からのスキンシップやコミュニケーションが大事です。面倒に思わず、性欲が湧かないときでも、ふれあいの機会は増やすといいでしょう。

そうは言っても、その気が起きないという人はサプリメントなどを試してみるといいでしょう。 育児でヘトヘトになり、夫婦の時間を面倒に感じてしまう時に試してみるのも良いかもしれません。

子供は社会の宝です。自分一人で子育てをかかえこまず、たまには他の人に助けてもらう道を探すことも大切です。

また女性は、出産すると自分の体が変わったと感じる人が多いのです。膣は少し緩みぎみなるので、膣をしめる運動を、1日10回から30回行うことを習慣にしましょう。

しかし出産後には、妊娠時にはできなかったちょっとハードなプレイも可能になります。

ちょっと香りのあるラブローションやラブコスメを使用するのも良いです。時々、ラブグッズなども思い切って試して、マンネリを打破しましょう。

夫婦の時間をゆっくり楽しめるようになると、これから長い夫婦生活がもっと豊かになります。

【ラブコスメ リュイール ホット体験談】初めてのオーガズム

このページを見た人はこちらの商品も購入しています

●トロけるようなオーガズムを彼と迎える『ラブコスメ リュイール ホット』
『塗ったところがじんわり暖かくなって、なんだか感じてくる…』お互い気持ちよく感じられるラブコスメ。
なめらかで美容液のような触り心地で、女性の肌に優しい植物素材で出来ているので安心してご使用いただけます。

ピックアップ体験談

●初めてオーガズムに達することもできました(reicoさん/28歳/事務職)
今では彼が愛撫の途中でラブコスメ リュイールを塗ってくれます。セックスがとても好きになりました。週1~2回、彼と充実したセックスを楽しんでいます。

ヌルッと滑るようにスムーズな挿入をサポートする、ベッド専用コスメ

ラブスライド

ヌルッと滑るようなスムーズな感覚をサポートするラブコスメ。潤い不足による摩擦での不快感をサポートし、濡れにくい、感じにくいお悩みをケアします。セクシャルなハーブ、ダミアナを配合。より健康的な時間を応援、海藻由来成分(褐藻エキス)が皮膚にうるおいを与えます。

毎日のバストマッサージ&全身すべすべケアに恋を叶える

プエラリア・ハーバル・ジェル

つるすべ肌で男性が『離したくない』印象を演出できて、パートナーも喜ぶ質感にラブタイムのスキンシップが増えるかも。バストケアの全身ケアもお任せの1本です。オウゴン根エキスが水分保持能力の高い肌に整えます。一緒に配合するエキスも自然派の植物成分にこだわっています。

肌フェロモン スリーピングマスク オレンジラベンダー

寝ている間にフェロモン肌に!朝まで吸い付くような質感!

商品を見る
ストッキング用香水 イケナイアシクビ 透明な花園(キャンペーン価格)

色気は足首から香り立つ!?彼を惑わすストッキング用香水

商品を見る
ラブサプリメント マカ不酒議

ディナーデート後も2人一緒に楽しめる!?ウコン抽出物を配合!

商品を見る
プリリーナ プレミアムコーティングジェル チェリー

お尻に塗って、ピカピカ&ツヤツヤをキープ!

商品を見る
マシュマロピーチパイ スクラブ

バストを磨いてピカピカに導くスクラブ

商品を見る
トロケアウ 雨

雨の中、激しく抱き合っているような情熱的なラブ浴を

商品を見る
ラブグッズ買い替え応援
監修:医師 関口由紀先生

女性医療クリニックLUNAグループ理事長であり、日本泌尿器科学会専門医、日本性機能学会専門医等も務める。2007年、横浜市立大学大学院医学部泌尿器病態学修了。横浜市立大学客員教授。 2005年横浜元町女性医療クリニック・LUNAを開設。現在は女性医療クリニックLUNAグループの総帥として、横浜・大阪に3つの女性医療専門クリニックを展開。

●著書:
『温かくてしなやかな「ちつと骨盤」が体と心を幸せにする。:女性が一番大切にしたい膣と骨盤ケア読本』(日本文芸社刊)
『頻尿・尿もれを自分で治す方法』(平原社)
『「女の不調」解消BOOK ココロとカラダを左右する女性ホルモンの秘密 』(PHP文庫)
『いま、からだの中から変わる!女性ホルモンの力でキレイを作る本』(朝日新聞出版刊)など多数。

※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

著者:ラブコスメ(LC)夜の保健室 編集部

会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

ラブコスメ公式HP / Twitter / Instagram / note / アプリ / LINE / Youtube

これ何?話題のラブコスメ シルエットクイズ!

ラブコスメクイズ「スプラッチュ」

【初めてのラブコスメならコレ】あなたにぴったりのアイテムは?

コラム特集