アソコがゆるい?締まりのいい膣の作り方!気持ちよくなる膣の動かし方とは

デリケートゾーンの悩み

「あそこがゆるい」と言わせない!膣の締まりを良くする方法

「あそこがゆるい?」締まりのいい膣とは

この記事では、「レディース&マタニティクリニックザ夙川」の産婦人科医高田優子先生の監修のもと『膣の締まり』についてまとめてみました。

あなたは自身の性器(アソコ)を見たことありますか?個人個人の顔が違うように、女性のアソコも色や形、大きさなど人それぞれです。いわゆる「上付き」「下付き」という言葉があるように、膣の入り口の位置も違えば、長さや深さも様々です。

それと同じように、セックスのときの膣の締まり具合(ゆるい、狭い)や、挿入時に感じる膣内の圧力にも違いがあります。その膣の締まり具合を示す言葉として「膣圧」が使われ、膣圧を鍛えるための「インナーボール」などのグッズが充実してきています。

女性器の膣は、男性のペニスを受け入れるだけではなく、妊娠出産時には赤ちゃんが出てくる産道にもなるので、長さや大きさなどが自在に変わる非常に柔軟な構造をしています。そのため、筋肉に覆われいて、膣内の長さ・広さ・深さ・締め付ける力である膣圧も個人差があるのです。そして、男性はその膣の感触の違いを挿入時に感じとります。

名器については、下記記事で具体的な種類や条件を詳しくまとめています。後天的に名器を作るトレーニング方法も紹介しているので、参考にしてみてください。

膣がゆるくなる原因

「もしかして膣がゆるいのかも?」「アソコを締め付ける力が弱い?」と悩み始めるきっかけの一つに、彼とセックス中に「もっと締めて」という一言があります。これを言われたからといって、一概にあなたの膣が「ゆるい」わけではありません。

膣をギュッと締めて持ち上げられれば、あそこがゆるいということはないでしょう。運動不足や出産・加齢などが原因で、骨盤底筋の筋力が落ちたりすると、膣圧も低くなることもありますが、膣圧はその時の濡れ具合や体調などによっても左右されます。

それでも引き締めたいという場合は、膣自体は筋肉でできているので、インナーマッスルを鍛えることで、膣圧を調整することが可能です。膣の締め方次第では、名器と呼ばれるようになることも可能です。

この記事では膣圧アップのための体操やストレッチなどもご紹介します。

膣を締める方法!アソコが締まるコツ

女性の膣や子宮は筋肉の塊といって差し支えないほどの臓器です。膣や子宮には血管が多数集まり、いつもあたたかい場所。一般的には、出産を経験すると「ゆるくなる」と言われますが、それは産道が伸びてしまったからでなく、伸びてしまった筋肉がまだきちんと収縮してないからです。

腹筋が産後に弱ると言われるのも、同じ理由です。そのように伸びてしまった場合、筋力トレーニングで腹筋を鍛えるように、膣も内側の筋肉を鍛えれば戻ります。

そして、膣圧で注意したいのが胃下垂の女性。細くてスタイルは良いかもしれませんが、筋肉が薄く、弱くなっているから胃下垂になってしまいます。そのような女性の中には尿もれをしたり、膣圧が弱く「膣がゆるい」など言われたりする悩みも抱えている方もいます。

締まりのいい膣とは?

ラブコスメが行った『膣圧に自信がありますか?』というアンケートでは、「いいえ」と答えた人の数の割合が60.7%と、締まり具合に自信のない人が、膣圧に自信がある人を上回る結果となりました。

また、逆に男性にとって気持ちいい膣とは、どのような膣なのかも気になりますね。そのキーワードは「イソギンチャク」そして「巾着」です。イソギンチャクも巾着も、男性にとって気持ちいい「名器」を指す造語として使われています。

「イソギンチャク」は、奥深い部分が締まる膣です。男性にとっては、亀頭に強い快感が得られます。

「巾着」は、入り口部分が締まる膣です。男性にとっては、ペニスの根元に強い快感が得られます。

『名器』と言われる両者の膣に共通するのは、「締まる」ということ。多くの男性にとって、締まりのいい膣が、やはり気持ちいい膣とも言えます。

あそこを締めるコツ

男性を気持ちよくさせるために、セックスで挿入時には膣の締め付けをするといいでしょう。

この膣の締め付け方法ですが、腰を動かすのではなく、膣を動かすように意識するといいです。

はじめはこの感覚を掴むために、膣を動かすことに集中するためにも、腰は動かさないでおきましょう。膣に意識を集中させ、男性器に吸い付くように、キュッキュッと締めます。慣れてきたら、締め付けた男性器を押し出す感覚で、力を緩めてください。そして再び締めます。この繰り返しをすることで、男性の気持ちよさは増していきます。実は、この締めて緩めるという繰り返しが重要です。

なぜなら、男性のペニスは女性の膣が締まっているのかをどうやって感じ取っているかに関わってきます。それは『締まっている』というよりも、締まったり緩んだりして『動いている』という状態を感じ取って取っているのです。ただ単純に力を入れて膣を締めるよりも、男性のペニスにフィットするように吸い付くように膣を柔軟に動かす方が、男性にとっては『締まって』気持ちがいいと感じるのです。

また、挿入した時に膣の中が動かないと、それによって中が硬いと感じることもあります。男性が柔らかくて気持ちいいと感じる、挿入したら包み込まれたような感覚は、膣を動かすことで相手に名器だと印象付けることができます。

【SET】初めての膣トレ スターターセット

理想の締りを目指す「膣トレセット」!

商品を見る
さくらの恋猫 NUKUNUKU

実はローターとしても…次世代の膣トレグッズ

商品を見る
ジャムウ・ハーバルソープ

デリケートゾーンを清潔に保つ!

商品を見る
LCインナーボール

キュっと引き締め…膣トレで反応が変わる!

商品を見る
LCジャムウ・デリケートパック

デリケートゾーンパックで、あそこをキュ♪

商品を見る
ピュアウォーターph12

使った後の膣トレアイテムは清潔にケア!

商品を見る

膣の締まりが良くなる方法!

吸い付くような膣、締まりのいい膣は、鍛え方次第でいくらでもつくることができます。まず膣の締まり向上のために、1番簡単かつ重要なのが、正しい姿勢を保つこと。お腹とお尻に力をいれて、背骨をまっすぐ伸ばします。

意外と正しい姿勢が出来てない人が多いです。膣のゆるみにお悩みの方は、まずは普段の姿勢から見直してみましょう。座るときも、きちんと座る。お尻がだら~んと広がらないように、きゅっとすぼめたスタイルで座る。そして、腹筋に力をいれて、猫背にならないように気をつけて。これだけで、筋肉の弱い方は違うはずです。

次に実際の引き締めるトレーニング方法をご紹介します。

STEP1

お尻の穴に力を入れる、弱める、入れる…を繰り返す。
膣圧アップの方法として、まずは肛門に力を入れて、弱めて、入れて、弱めて、を繰り返します。

STEP2

尿をするとき、している途中で止める。これを1日1回してみる。
STEP1の刺激に慣れてきたら、尿をする時に途中で止める訓練をします。尿どめ訓練は、やりすぎると膀胱炎になってしまうこともあるので、一日一回を目安に行いましょう。

STEP3

下腹部を鍛える訓練をします。
寝そべって、脚をまっすぐにして、床から15cm上げて、そのまま15~30秒ストップ。これを一日5セット。どうしても難しい場合は、1日1セットからスタートしてください。

膣を動かす感覚が掴めてくると、「膣の締め付けにさらなる磨きをかけたい!」と、向上心が湧いてきます。その向上心のお供に最適なのが、LCラブコスメの『インナーボール』です。形状は、ヒョウタンのように2つのボールが連なっています。見た目は可愛く見えますが、その素材は医療用器具にも使用されているエラストマーという柔らかいシリコンですから、どうかご安心くださいね。

まずは1個、慣れてきたら2個…そのへんは個人のペースでご自由に。インナーボールを挿入した状態で、先に挙げた「お尻の穴に力を入れるイメージで、膣をキュッキュッと締める」動作を10分ほど続けてください。1日たったの10分で、名器と言われるような相手が気持ちいい膣を手に入れることができます。

※膣圧トレーニングを行うことによって膣の締りが良くなることはもちろん、自分や彼の感度があがるなど、それ以外にも多くのメリットがあります。詳しく知りたい方は『膣トレ(膣圧トレーニング)のメリットとは?』をご覧ください。

股関節のストレッチ。これは股関節が伸びるのならばどんな形でもOK。自分が伸びてちょっと痛いけど気持ちいいというところを見つけてください。気持ちいいところが縮んでしまった筋肉です。股関節が固いと肩も凝りやすいそう。股関節のストレッチは肩こり改善にも役立つので、こり性の人はぜひ、毎日行いましょう。

『「…キツい。やばいかも…」と余裕なさそうに…』

空いた時間に意識して締める膣トレもしました。特に何も感じないまま、次のお誘いがきました。正直不安で不安で仕方なかったのですが、まさかの展開でした!彼が入ってきた時です。前にした時にはなかった圧迫感というか、すごくキツくてキツくて。彼もそれに気づいたようで

『私は心の中でガッツポーズでした!』

そして、今日は彼から求められそうかもと思った日にちょっとドキドキしながら、お風呂でパックをしてベッドイン…いつも通り優しく愛撫され挿入したとき、彼が初めて「ごめん、今日すぐいきそうかも、スゴイ気持ちイイ…」って言ったんです!!その後も彼は

『「hiroのあそこ気持ちいい。」と久々に言われ…』

お風呂から上がる頃には旦那は既に寝ているだろうと思ったら、起きていたので先に寝ようかな?とお布団に入った時、背後から抱きつかれ「どうしたの?」と聞いたら「お風呂に持って行く姿見たから、使ったんでしょ?実感を確かめたくて。」と言われて

もっと手軽にキュっと肌を引き締めて、臭いを気にせず彼に喜んでもらえる膣を目指したい!

LCインナーボール&LCジャムウ・デリケートパック

目指せモテ膣!膣ケアでキュっと肌を引き締め、パックで臭いの元を洗浄♪そんなLCラブコスメオススメの『LCインナーボール』&『LCジャムウ・デリケートパック』のお得なセットが登場!女性の美しさを内側から磨いて、パートナーも離れられない魅惑のボディを目指しませんか?

上級者向け!さらに膣の締りを磨きたい方に

インナースティック

細いサイズだからこそ締める力が磨かれる!中と奥の膣圧をケアする、膣トレアイテム。

LCジャムウ・モイストガード

明るい色の下着をもっとキレイに着こなす「Yゾーン・Mゾーンケア」

商品を見る
プエラリア・ふわふわフェイスミルク

「ほっぺふわふわ!可愛い!」接近戦にも自信

商品を見る
LCラボ アイラッシュセラム インパクト

まつ毛を健やかに、インパクトある印象を目指す美容液

商品を見る
ゼロキョリ パフューム

直前にシュッ!メイクを維持して香らせるキス前フィックスミスト

商品を見る
バストプランパー KYOKUSENBI

マッサージしてふっくらハリ感!憧れの曲線美を!

商品を見る
ナデテ ブラックローズ

凛とした色気を演出。彼に「かまいたい」と思わせる香りのナデテ

商品を見る
LCラボ クリアクリームプラスA

ビタミンC、A誘導体配合。見た目の第一印象、みずみずしさに感動

商品を見る
ネムリオウジョ

肌のハリ、艶を感じ嬉しくなる!夜用濃厚コラーゲンパック

商品を見る
デリケートゾーンケアアイテム特集
著者:ラブコスメ(LC)夜の保健室 編集部

会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

ラブコスメ公式HP / Twitter / Instagram / note / アプリ / LINE / Youtube

年に一度のお祭り!

これ何?話題のラブコスメ シルエットクイズ!

ラブコスメクイズ「スプラッチュ」

【初めてのラブコスメならコレ】あなたにぴったりのアイテムは?

コラム特集

姉妹サイトでよく検索される関連ワード