バストの悩み

胸がしぼむ、ハリがない!
バストが痩せる原因と対策

胸がしぼむ原因とは?卒乳・生理前など。バストがやせる原因とハリを取り戻す対策
     

    どうしよう!胸が…しぼんだ?

    バストが痩せて小さくなった!?お悩み解決バナー

    ある日ふと気が付くと、バストが痩せて小さくなったように感じたことはありませんか?特にダイエットで体重を落としたわけでもないのに、以前はピッタリだったブラがパカパカと浮いてしまい、ストラップが落ちやすいと感じたら、胸がしぼんだ可能性があります。

    以前に比べてバストにハリがなくなった、胸がしぼんだ気がすると感じるのであれば、今すぐ原因を調べてケアを始める必要があるかもしれません!

    ふっくらとしたハリのある美しいバストは、男性だけでなく女性にとっても憧れ。胸が痩せる原因をしっかり観察して、はやめに対策すれば、しぼむ前の美しい状態をキープできます。

    また、生理前に胸がしぼむ、卒乳後に胸がしぼむことについても伝えていきます。

    胸がしぼむ原因とは

    胸がしぼむ原因は?

    女性のライフスタイルの中で、胸がしぼむ原因はいくつか考えられます。まずはその原因をしっかり理解して、できることからマイナス要因を除いていきましょう。

    産後の授乳(母乳)

    妊娠中は女性のバストは大きくなる傾向があるので、そもそも出産・授乳を経ることでしぼむ場合があります。特に母乳で授乳を続けていると、卒乳後に「しぼんだ」と感じることが多いです。

    その原因ですが、授乳中に母乳を生成するため乳腺が発達しますが、卒乳と共に乳腺の発達が衰えるためハリが無くなり急にしぼんでしまうため

    卒乳後もハリのあるバストを保つためには、授乳中からバストケアマッサージを取り入れることがおすすめです。

    姿勢が悪い

    胸がしぼんでしまうのは、日常生活の悪い癖が原因の場合もあります。PC作業やスマホ操作など、いつも猫背の姿勢が癖となっていると肩コリや背中、首やバストの血行も悪くなり胸の発育を促進させる栄養が届かずに胸が痩せてしまいます

    また授乳中の赤ちゃんの世話で前かがみが多い姿勢も、胸のハリを保つクーパー靱帯が伸びて胸が垂れてしぼんでしまう原因になります。

    日常の何気ない姿勢に気を使うことがバストを美しくキープするポイントです。猫背に気付いた時や凝り固まった時など、バストアップエクササイズを積極的に取り入れて良い姿勢を保ち、血行不良の改善をしましょう。

    加齢によるもの

    加齢が原因で胸がしぼむ?

    年齢を重ねると肌の弾力が低下し、重力によって胸がしぼんだり垂れたりしてしまうものです。

    また、20代と40代ではバストにある乳腺と脂肪の構成比が異なります。20代のバストは乳腺の割合が多く、胸のハリを保っていますが、年齢とともに乳腺が減少し胸がしぼんでしまいます。

    加齢による肌や筋肉の衰えは避けることはできませんが、できれば彼にはしぼんだ胸を見せたくはありませんね。肌の保湿やリンパの流れを促す、バストまわりの筋肉を鍛えるなど、予防と改善は不可能ではありません。

    クーパー靭帯の損傷

    乳房は「クーパー靭帯」というコラーゲンを主体にした組織で支えられています。乳房の乳腺や脂肪はクーパー靭帯でまとめられ、女性らしい丸みのある形を保っています。

    美しいバストをキープするクーパー靭帯は、妊娠や授乳などのバストサイズの変化や激しい揺れ・運動によって損傷しやすく、のびてしまうことがあります。切れたり、伸びきってしまったクーパー靭帯は元に戻らず、バストの形が崩れてしまいます。この垂れが胸がしぼんで見える原因の1つです。

    日常の歩行や家事などの動きでは、クーパー靭帯は伸び縮みで対応できますが、胸が上下に動くような運動でも、クーパー靭帯は破損することもあります。

    授乳によって急にサイズが大きくなった場合や、激しい運動はクーパー靭帯を損傷する可能性が高く、胸が痩せたりしぼむ大きな原因といえるでしょう。

    体に合わない下着を着けている

    一度損傷すると元に戻らないクーパー靭帯を守るためには、バストをしっかりサポートする下着の着用が大切です。しかし、サイズが合わないブラでは、クーパー靭帯に負担がかかり伸びてしまうこともあります。

    ブラジャーは、バストラインを作るだけでなく、美しいバストを守る役目も担っています。バストをしっかりホールドできないようなゆとりのあり過ぎるブラは、クーパー靭帯に負担をかける原因になります。

    また、反対に胸を圧迫するようなきつい下着は、クーパー靭帯を傷つけてしまうこともあります。きれいな胸をキープするためにはサイズのピッタリ合ったブラの着用が必須です

    不規則な生活によるホルモンの乱れ

    人間の体には、女性ホルモンというホルモンが分泌されています。女性ホルモンの働きには、髪にツヤを与えたりヒップやバストに丸みを与えたりと、女性の体を女性らしくたもつということがあげられます。そのため女性ホルモンの分泌が乱れると、胸のハリがなくなり、しぼむ原因になります。

    夜更かしや偏った食生活などの不規則な生活は、自律神経のバランスが乱れ、ホルモン分泌の不調を招いてしまいます。ハリのあるバストを保つためには、健康体であることがとても大切です。

    ホルモンバランスが乱れる原因は、寝不足や運動不足、ストレスなども影響します。バランスの取れた食事と、規則正しい生活を送ることが、美しいバストラインのキープにつながると心がけてくださいね。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    いままでと触り心地が全然違う?!
    商品を見る
    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェルを購入する
    お風呂上りに彼が一言「美乳だよね。」
    商品を見る
    ジャムウ・ハードバブルを購入する
    形より、乳首の色が気になる!
    商品を見る
    股の黒ずみケアにおすすめのジャムウ・ハーバルソープを購入する
    頑固な黒ずみケアも、お風呂のたった3分?!
    商品を見る
    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)を購入する
    お風呂上りの3分以内に塗るだけ!
    商品を見る

    しぼんでしまった胸の改善に効果的な方法

    しぼんだ胸を改善する方法は?お悩み解決バナー

    成長期を過ぎた後でも、しぼんでしまったバストのサイズアップや上向きのきれいなバストにすることは可能です。バストを痩せさせない効果的な方法を知って、しっかりバストのハリをケアしていきましょう。

    しぼむ食生活の見直し

    胸がしぼんでしまうのは、筋肉や皮膚にハリがなくなっていたり、上半身の筋力そのものが不足していることが原因となる場合もあります。体の組織は取り入れた栄養から構成されるため、ハリのある美しい胸を保つための食材を積極的に摂取することが重要です。バストアップに効果が期待できる食材を紹介します。

    ~タンパク質~
    • ハリのある肌や筋肉、そして女性ホルモンの分泌に欠かせない栄養素がタンパク質です。
      鶏肉の中でもコラーゲンが豊富な手羽先は、きれいなバストのための美肌効果も期待できます。タンパク質の摂取量は、体重の数字と同じ程度のグラム数(体重50Kgの人は1日50g)を食事で取り入れるようにしましょう。
    ~大豆製品~
    • 豆腐や納豆、豆乳などに含まれる有名な大豆イソフラボンは、乳腺の発達を促すエストロゲンと構造が似ているため女性ホルモンとよく似た働きをします。ただし、エストロゲンが不足している人には効果的な食材ですが、過剰摂取はエストロゲンの分泌に影響を与えるため、注意が必要です。
    ~ビタミン類~
    • コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCにはストレスを軽減するホルモンの生成を促す働きがあります。バストアップやハリのある肌のためにも積極的に取り入れましょう。ビタミンCは、ピーマンやブロッコリー、パセリなどの野菜、果物では柑橘類に含まれています。ニンジンやホウレンソウに含まれるビタミンAは新陳代謝を促進し、レバーやチーズに含まれるビタミンB2は、肌の引き締めに効果があるとされています。代謝促進や肌の引き締め効果で、バストのハリを取り戻すことができます。
    ~ハーブやスパイス~
    • バストアップに有効な食材を積極的に取り入れたくても、難しい場合はハーブやスパイスをうまく活用しましょう。
      エストロゲン様作用のあるレッドクローバーや、女性ホルモンを活発化させるフェンネル、必須アミノ酸を多く含むマカ、毛細血管の保護や修復効果から老化防止が期待できるシナモンがおすすめです。
      また、効率よく栄養素を摂取するには、サプリメントを取り入れるのもよいでしょう。

    胸のエクササイズでしぼませない!

    胸をしぼませない、エクササイズの手順

    ステップ1
    手順1

    両肩に手を添え、肘で大きく円を描くように肩を回します。肩甲骨がしっかり動くように大きく後ろに10回、前に10回まわします。

    ステップ1
    手順2

    両手を後ろで組みます。手を組んだ状態で肘を伸ばし、胸を開くようなイメージで腕を下へ伸ばします。腕を伸ばす、元に戻すを5回繰り返します。

    バスト周辺のコリをほぐし、血流を改善する2種類のストレッチです。

    肩から肩甲骨、胸のまわりが、長時間のデスクワークや猫背などの生活習慣でこわばっていませんか。また、姿勢が悪いと、バストが垂れたり形が崩れてしまいます。

    バストアップのためには、コリをほぐして血流をよくしてあげましょう。ストレッチで柔軟性を高めると姿勢も整い、バストアップ効果が期待できます。

    バストのほとんどは脂肪でできていますが、 大胸筋や小胸筋などの筋肉を鍛えることでバストアップを目指せます。

    睡眠を十分にとる

    美しく豊かなバストは女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンも大切です。バストや筋肉を育てるためには成長ホルモンが大きく影響します。成長ホルモンは睡眠時に分泌されるため、十分に睡眠を取ることがとても大事です。

    成長ホルモンをしっかり分泌させるためには、眠りについたら熟睡することがポイントです。毎日同じ時刻に就寝し、すぐに熟睡できる質のよい睡眠が大切です。

    バストのマッサージでしぼませない!

    胸をしぼませない、マッサージの手順

    ステップ1
    手順1

    鎖骨を中指と人差し指ではさみ、外側に向かって指でさすりリンパマッサージをします。

    ステップ1
    手順2

    背中やおなか、脇のぜい肉を集めるようなイメージでバストに向けてマッサージします。

    ステップ1
    手順3

    左右の手で交互に下からバストをすくい上げるように持ち上げます。

    ステップ1
    手順4

    バストの中央から脇に向かい円を描いて流すようにマッサージします。

    バストをマッサージすることでリンパや血行の流れを改善します。老廃物が滞っていると乳腺の発達が悪くなってしまいます。また女性ホルモンの分泌は、年齢を重ねると徐々に減っていきますが、バストマッサージを行うことで分泌を促すことができます。

    クリームやオイルなどを使用して、乳腺を傷めないためにやさしくなでるように行ってください。女性ホルモンの分泌と、リンパや血行を促すことで、サイズとハリの両方に働きかけることができます。

    今つけている下着を見直す!

    自分のサイズにぴったりと合う下着を着けるだけで、胸の形をきれいに整えることができます。下着メーカーの調査では、71%の女性が間違ったサイズのブラを選んでいること、その中でも54%の人が本来より小さいサイズのブラを付けていることがわかっています。

    正しいサイズのブラジャーを着用すると胸にかかる負担を減らすことができるので、胸がしぼむのを予防できます。ブラがパカパカしているなどしていたら、今使っている下着を一度見直してみることも大切です。

    また、昼用のブラを就寝時にも使用する人がいますが、就寝中と日中の行動時では、バストにかかる重力の方向が異なります。就寝時にブラを付けたい人は、きれいなバストをキープするためにナイトブラを着用することをおすすめします。

    参考:サイズの測り方(WACOAL)

    バストをしぼませない、効果的なエクササイズ

    胸をしぼませないエクササイズ!

    バストのほとんどは脂肪で構成されていますが、胸部にある大胸筋でバスト全体を支えています。また、大胸筋の下にある小胸筋はバストを引き上げる役目があります。

    バストをしぼませず、美しいバストをキープする土台の大胸筋と小胸筋を鍛えて、上向きのきれいなバストを目指しましょう。

    手のひらを合わせて行うバストアップのポーズ

    手順

    ステップ1
    手順1

    胸の前で両手のひらを合わせます。10秒間息を吐きながら、左右の手を均等の力で押し合います。

    ステップ1
    手順2

    胸の前で手を組み、組んだ手を外側に引っ張ります。手順1と手順2を20回繰り返しが1セットです。1日に2セットを目標に行ってください。

    どこでもすぐにできるバストアップの簡単なエクササイズです。肩の力を抜いて胸を張り、背中が丸まらないように注意しましょう。親指に力を入れるイメージで、大胸筋を意識して行いましょう。

    引っ張るエクササイズは、肩甲骨を寄せるイメージで。組む手の上下を途中で逆にすると力の入る偏りが防げます。

    自宅で簡単にできるプッシュアップ

    バストをしぼませないためのエクササイズの手順

    ステップ1
    手順1

    ヒザを付いた状態で腕立て伏せをします。手は肩幅よりも少し広めに付きましょう。

    ステップ1
    手順2

    おなかに力を入れながら、ヒジをゆっくり曲げて体を上下します。頭からヒザまでのラインが一直線になるようにしましょう。

    わざわざジムに通わなくても腕立て伏せで、胸の筋肉を鍛えることができます。体を上下する時は反動を使わずゆっくり行い、バストを支える大胸筋や小胸筋を意識して行いましょう。

    ポイントは手の付く位置は肩幅よりも少し広めにすることと、お尻が付き出ないように一直線のラインをキープすることです。壁を使ったプッシュアップも有効です。

    バストをしぼませないおすすめなグッズの紹介

    バストケアにおすすめのグッズは?

    しぼんでしまった胸を復活させるバストケア法をご紹介しましたが、バストケアはコツコツ継続することが大切です。長続きするコツは、楽しく気分よく行うこと。バストケアにおすすめのグッズをご紹介しましょう。

    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル
    プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル

    バストに自信がない人や、ハリのある美しいバストを手に入れたいと思っている人におすすめのボディジェルです。肌にハリを与える「プエラリアミリフィカ根エキス」を高配合し、保湿やより実感をえられるように開発されました。
    肌荒れを予防し保湿効果が期待できる「オウゴン根エキス」や、クリアな肌にサポートする「ヒオウギエキス」など自然植物エキスを配合した、肌にやさしい処方になっています。(無香料・無着色・ノンパラベン)
    ぷるぷるのテクスチャーで肌なじみのよいジェルは、簡単にマッサージするだけで、理想のバストに近づけ憧れの質感に。ハリのあるツルツルした手触りのバストに導きます。

    体験談

    『日を増すごとにプルプル』(テカさん/ 21歳 / 大学生)

    体験談イラスト1

    バストサイズはFなので、十分なサイズなのですが、20歳にして垂れぎみで、左右が離れていて谷間もない。寝たらペチャンコなので他人からは「B~Cカップに見える」と。

    「プエラリア・エクストラ・ハーバルジェル」を購入し、お風呂上がりにバストマッサージをしました。数回目から実感があったのは感触です。日を増すごとにプルプルになり、数カ月でバストが丸くなったように感じ、ブラを取っても崩れません。

    バストケアをすればハリのあるバストを取り戻せる

    バストケアでハリのあるバストに!お悩み解決バナー

    胸が痩せてしぼんだり、形が崩れたように感じたら、すぐにケアを始めましょう。すぐにバストケアを行えば、ハリのある美しいバストを取り戻すことは可能です。

    また、規則正しい生活やバランスのとれた食事など普段の生活を見直すことも大事です。美しいバストをキープするためには、健康的な体が不可欠です。

    バストを支えるエクササイズや血行をよくするマッサージは、続けることが何より大切です。すぐにしぼんだ胸がボリュームアップするような即効性はありませんが、努力は結果につながります。

    長続きのコツは、楽しみながらケアすること。上質なマッサージオイルなどを使用すると、手触りの違いは早く効果を実感できるので、やる気アップにつながります。

    忙しい日々だとバストのケアはつい後回しにしてしまいがちですが、自分の体を大切にいたわることは、数年後に大きな違いが出ることにもなりとても重要です。自分の胸に自信が持てれば、おしゃれを楽しんだり、彼との時間もより親密になるでしょう。

    プエラリア・ハーバル・ジェル
    プエラリア・ハーバル・ジェル

    肌にハリを与える『プエラリアミリフィカ根エキス』を独自配合したLCオリジナルのボディジェルで、肌触りだけなく、女性らしいボディラインを目指すマッサージや、抱き心地のケア、チクチク対策などを1つですべてをカバーします♪

    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)
    プエラリア・ハーバルジェル・1リットル(アルミ)

    ムダ毛とバストケアの定番として、LCで大人気の『プエラリア・ハーバル・ジェル』の大容量1リットルタイプがアルミパックで登場です。女性らしいボディラインを目指すマッサージや、抱き心地のケア、チクチク対策などを1つですべてをカバーします。そのため、全身くまなくケアするには大容量の1リットルがぴったり♪

    LCラブサプリ パッションスイッチ
    LCラブサプリ パッションスイッチ

    バラの花びらやザクロ、レッドクローバーなど女性に嬉しいハーブを配合したラブサプリ。大切なパートナーを、ベッドでセクシーに女性らしく魅了させたい!という方にオススメです。飲み続けていると、彼からセクシーだ…と言われてしまうかも!?

    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)
    ラブコスメ編集部 ライター・編集者:古賀咲楽(こが さくら)

    女性の体や恋愛、セクシャルなお悩み解決をサポートするラブコスメの編集部。商品だけでなく、情報の面からも、女性の笑顔溢れる毎日を応援します。

    ⇒ラブコスメ編集部Twitterはこちら

    ラブコスメ内でよく検索されるワード<今人気のタグ>

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!

       
      

    バストの悩み 記事一覧

    簡単なバストアップの方法や確実にバストアップ効果のあった成功体験談をご紹介!
    バストアップの方法

    胸を大きくするメソッド

    きれいなバストの形について。バストの種類や重さで、きれいな胸に近づく作り方
    バストをきれいな形に

    バストの形の種類・重さなど

    バストアップマッサージで効果的なバストアップと育乳のやり方、美胸の作り方!
    バストマッサージ

    回数と正しいやり方

    女性のためのバストアップの筋トレ方法、垂れ対策
    バストアップのための筋トレ

    大胸筋の鍛え方

    バストのための運動…続いてますか?簡単な胸を大きくするエクササイズをご紹介します!
    簡単バストアップ運動

    簡単なエクササイズをご紹介

    バストアップのツボを押す女性。胸のツボ押しの効果で女性ホルモンを増やして胸を大きくする!
    バストのツボ

    バストアップのツボ5つ!

    胸を落さずダイエッ!バストアップの共通点とは?バストアップしながら、痩せても残して小さくならない方法
    胸を落とさずダイエット

    胸を残すバストアップ

    マシュマロおっぱいになるために。胸をふわふわと柔らかくする方法
    マシュマロバスト

    ふわふわの胸にする方法

    胸のリンパマッサージでバストアップできる?バ胸のマッサージの方法
    胸のリンパマッサージ

    リンパでバストアップ

    2人で始めるバストアップマッサージ
    彼氏とバストアップ

    彼氏の大きくなる揉み方

    胸は揉まれると大きくなるのか?
    胸を揉むと大きくなる?

    セックスで胸を大きくする

    胸が張ると大きくなる?胸の成長痛の原因と発育を促すマッサージ方法
    胸が張ると大きくなる?

    痛みの原因は成長痛…?!

    胸を揺らす
    胸を揺らすと大きくなる?

    小さくなる?大きくなる?

    胸を柔らかくする方法。男性が好きな女性の柔らかいおっぱい(乳)や肌になる!
    柔らかい胸

    おっぱいも肌も柔らかく

    胸の成長はいつまで?バストアップは何歳までできるの?
    胸の成長はいつまで?

    何歳までバストは成長するの

    「バストアップのための食事」のレシピと栄養素、女性ホルモンを増やすおすすめのやり方
    バストアップと食事

    おすすめの食事や栄養は?

    お風呂でバストアップ!胸を大きくする入浴方法とは?
    お風呂でバストアップ

    入浴中が効果的…?!

    胸を大きくしたい!育乳のための、食事、エクササイズ、ストレッチ、マッサージ方法など。
    育乳で胸を大きくする!

    育乳のマッサージや食事

    育乳ブラでバストアップする方法。おすすめ育乳アイテムや補正ブラの選び方や付け方
    育乳ブラ

    育乳ブラの選び方・付け方

    「胸をおおきくしたい」おっぱい体操で大きくするやり方とその効果と注意点
    おっぱい体操でバストアップ

    ふわふわおっぱいを目指す

    産後のバストアップの方法、卒乳後の胸がしぼむ原因と胸を大きくする方法
    産後のバストアップ

    卒乳後でも胸を保つ

    バスト地図
    バストの平均は?

    全国地図でみるバストサイズ

    バストアップの効果あり?成功したマッサージ効果や食材や豆乳について
    バストアップ効果あり?

    噂のうち、効果があるのは?

    胸の大きさは遺伝?バストアップは親で決まる?
    胸の大きさは遺伝?

    習慣、食事、ストレスの関係

    胸の谷間、私にはできないの?綺麗な谷間の作り方と谷間セクシーになる方法!
    綺麗な谷間の作り方

    胸元やデコルテのケア

    胸の位置、ブラの場所、バストの高さで見た目年齢の印象が変わる!ブラトップが垂れる?
    胸の位置

    バストの位置が低い

    垂れ乳の改善方法!おっぱいは垂れるの原因と垂れた胸の張りを戻す方法
    垂れた胸を改善する方法

    垂れ乳や垂れたおっぱいケア

    胸が流れる原因と対処。脇肉やハミ肉をブラでバストに戻す脇肉キャッチャーの方法
    脇肉がはみ出る

    脇肉や贅肉、ハミ肉の対処

    理想の胸のサイズとは?大きさ、形、柔らかさはどんなもの?理想の乳首とは?
    理想の胸にする方法

    彼が胸に触れない!

    そげ胸、そげ乳になってバストが老けた胸の印象に!ふっくらバストに戻す方法
    そげ胸、胸が痩せた

    ふっくらバストへ戻し方

    離れ乳(離れ胸)の原因を改善して、魅力的なバストへ
    離れ乳(離れ胸)

    その原因と改善方法

    左右の胸、同じ大きさにしたい!胸の大きさが違う場合のマッサージ方法
    左右非対称の胸

    きれいなバストの磨き方

    胸が小さい 悩み、おっぱいが小さい貧乳コンプレックスの対策や理想のバストの作り方
    胸が小さい

    バストが小さい原因と対策

    女の子の悩みを解決!冬の乳首の乾燥、かゆい、カサカサを保湿ジェルでマッサージ
    乳首が乾燥する原因

    透明感の肌を取り戻す対策

    乳首の形の種類をキレイな乳首にする方法!乳首の形が変?長い、大きい、大きくなっている?
    乳首の形

    綺麗な乳首へのケア方法

    乳首が黒い原因は人それぞれ。乳首の色をピンクにする方法と、色素沈着の改善
    乳首の色が気になる

    ピンクの乳首に憧れる

    乳輪の色が黒い、濃い原因。ピンク色にケアする方法
    乳輪の色

    ピンクに保つ方法

    乳輪の黒ずみ、どうにかしたい…3分間の泡パックでバストの黒ずみケア
    乳輪の黒ずみ

    泡パック簡単バストケア!

    乳輪のぶつぶつ何でできたの?乳首にあるモントゴメリー腺とは
    乳輪ぶつぶつ

    モントゴメリー腺の役割

    乳輪の大きさの平均サイズや理想の形。原因と小さくする方法
    乳輪が大きい?

    平均サイズと理想

    乳首が大きい・長いときの対処法。乳首の平均サイズと、乳首肥大が起こる要因について。
    乳首が肥大化

    乳首が平均より大きい?

    胸が大きいから?バストアップしたら肩こりになる?胸と肩こりの話
    胸と肩こり

    胸が大きいと肩がこる?

    ノーブラは楽だけど胸が垂れる?ブラジャーをつけないときの注意点や快適なブラ、ナイトブラの選び方
    ノーブラ

    ノーブラ女子は胸が垂れる?



    カテゴリー一覧