セックス、エッチの悩み

セックスの挿入で中が気持ちよくない?気持ちいい挿入にする方法

公開日: 2019/05/30  最終更新日: 2021/07/21

セックスの挿入が気持ちよくない、中で感じない!気持ちいい挿入にする方
     
    セックスの挿入が気持ちよくない、感じないときの解決法!膣で感じる対策のための方法

    この記事では、レディース&マタニティクリニック ザ 夙川 の 産婦人科医 高田優子 先生の監修のもと 女性の気になる気持ち良くない挿入への対策についてまとめてみました。

    女性のセックスの悩み相談に乗ると、挿入についての悩みが意外と多いです。「挿入のとき、中が感じない」「前戯が感じるのに、挿入されたら気持ちよくない」「クリでは感じるのに、膣だと感じにくい」というもの。

    挿入が気持ちよくないと、セックス全体を心地よいもの、楽しいものと感じるのは難しくなってしまいます。恋人同士の愛情表現をする時間が楽しめないのは、できれば避けたいところです。今回はそんな「挿入を気持ちよく感じられない」お悩みの原因と解決策についてご紹介していきます。

    なお、愛撫そのものが感じられない場合の対処法は下記の記事でご紹介していますので参考にしてみて下さい。

    愛撫が感じられないお悩みについてはこちら

    セックスの挿入が気持ちよくない!中が感じない…

    前戯でクリトリスを愛撫されると気持ちいいのに、挿入になると急に感じなくなってしまう。そのため、挿入時には演技をしてしまうなどのお悩みもあります。

    さらに、十分に膣が濡れていないのに挿入されたりすると、膣内でペニスが擦れるのを感じてしまい、挿入自体が苦手になってしまうことも。

    そんなセックスが続くと、「挿入は気持ちよくない」と感じてしまい、そのあともそれが気になって、セックスを楽しめなくなってしまいます。

    膣内が未開発だと感じない

    挿入が気持ちよくない、感じないカップル
    お悩み解決バナー

    そもそも、膣は感じやすい性感帯ではありません。ペニスを挿入しても感じないのは、性感帯がまだ未開発の場合があります。

    「挿入が感じない」「中が気持ちよくない」という場合、セックスの経験がまだ少なかったり、1人の人とつきあう期間が短かったり、愛撫が下手な男性がパートナーだという人がパターンが多いです。

    女性の性感帯は磨けば磨くほど気持ちよくなります!膣内が感じない、挿入が気持ちよくないという理由と対策を見て行きましょう!

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    【SET】すぐ使えるGスポット開発スターターセット+開発手順動画付きを購入する
    【やり方動画付き】中で気持ちよくなる為のセット
    商品を見る
    【SET】マリンビーンズ+Gスポ・中イキのやり方動画付きを購入する
    【やり方動画付き】バイブで中の感度磨きで気持ちよく!
    商品を見る
    ジャムウ・シークレットモイスチャーを購入する
    彼には内緒…「愛液を事前に仕込む」直前ケア
    商品を見る
    ラブスライドを購入する
    ヌルっと滑って、スムーズな挿入に導く!
    商品を見る
    LCハーバルローションを購入する
    乾きやすい時に…潤って気持ちいい感覚
    商品を見る
    ラブコスメリュイールホットを購入する
    塗ってマッサージして、じんわりと感じる
    商品を見る

    セックスで挿入で気持ちよくない原因

    愛撫だと感じるのに挿入だと気持ちよくない、ひとりエッチでは感じるのにセックスだと感じない理由について見てみましょう。この原因がわかれば、もっと挿入を気持ちよくすることができます。

    挿入が感じない理由

    挿入されても膣内が感じない理由は、まだ膣内が開発されていない場合です。挿入で中で感じるための性感帯は、膣の入り口付近にあるGスポット、膣の奥の子宮口にあるポルチオと呼ばれる部分です。

    これらの性感帯がまだ開発されず、未発達の場合、「クリトリスでは感じるのに、挿入だと気持ちよくない」「ペニスが挿入されても膣内では感じない」ということになります。

    挿入で感じるためには、ひとりエッチやセックスで愛撫を重ねて開発することが必要になります。詳しいやり方は下記の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

    中イキの開発方法について詳しくはこちら

    挿入が気持ちよくない理由

    挿入自体が気持ちよくない理由は、Gスポットやポルチオなどの性感帯の未開発と同時に、前戯が充分ではない状態での挿入の場合があります。潤い不足により、すべりが悪く「入れても感じない」という状態に。

    さらに、潤い不足などで一度挿入で痛みを感じてしまうと「ペニスを挿入されると痛いかも」と身構えてしまって、その後も気持ちよくなれないことも。おそらく脳と体のつながりが、本来の気持ちよさから遠ざけているのかもしれません。「挿入される…」と思うだけで、「自然と緊張して強ばってしまい、挿入での気持ちよさを感じられなくなる場合があります。

    ラブコスメが行なったアンケート『挿入で「痛い」と感じることはありますか?』によると、70.6%の女性が、挿入時に痛みを感じたことがあることがわかりました。あまり濡れていない状態で挿入は、セックス自体が気持ちよくなくなってしまうので注意したいです。

    気持ち良くない挿入の改善方法

    挿入で感じない場合、膣内の性感帯がまだ未開発の状態です。膣内の性感帯として、膣の入り口付近の「Gスポット」と、子宮口近くの奥の「ポルチオ」があります。それぞれの性感帯と、性感帯の開発方法をご紹介します。

    Gスポット

    挿入で感じるために開発する必要のあるGスポットは、膣前壁、3cm~5cmくらいのところにあります。だいたい第二間接くらいまで膣内に指を入れたあたりのザラザラしたところです。

    「Gスポット」は開発されることで、感じるようになる性感帯だと言われています。はじめは愛撫されると少し痛く感じることもあるかもしれません。尿道に近い部分なので、膀胱が刺激を受けて「おしっこしたい…」と感じる場合もあります。

    Gスポットを刺激されると、体の奥から快感が生まれ、体の内側から湧き上がるような快感があり、その後、全身にじんわりと気持ちよさが広がります。強弱を調節し、感じるように刺激をすることで、徐々に開発されていくでしょう。

    Gスポット開発をする際はラブグッズを使うのもおすすめです。下記ページで様々なグッズの紹介をしているのでぜひお気に入りのものを見つけてみてください。

    届いたその日から始められる…!『Gスポット開発スターターセット』

    すぐ使えるGスポット開発スターターセット

    「Gスポットでもっと感じて、オーガズムを体験したい!」という方にオススメの『Gスポット開発スターターセット』に、開発の手順がわかる動画が付いています。開発手順動画では、バイブの挿入方法、Gスポットの刺激方法、中イキのためのコツなどをご紹介。届いたその日に、腰が震えるほど気持ち良い快感を目指せる特別なセットです!

    Gスポット開発用ボイス付き『スカイスナップ』

    スカイスナップ

    先端の突起が、感じる部分をピンポイントで発見してくれます。角度を自由に変える事ができ、Gスポットに当たる位置を特定。スナップして使用するとテコの原理で中を的確に刺激できます。Gスポットの性感帯磨きにピッタリです。今以上に中で感じられると、セックスの満足度も増し、充実した毎日が過ごせそうです。

    女性のためのラブグッズ特集はこちらから

    ポルチオ性感帯

    深い挿入で感じるためには、ポルチオ性感帯を開発する必要があります。女性の膣の奥の子宮口のあたりにあるのが、このポルチオ性感帯です。膣口から子宮口にかけての長さは人それぞれなので、位置は人によって違います。経験をつむことで徐々に感じられる方が多いと言われています。

    実はこの「ポルチオ性感帯」は女性が最も感じる場所とも言われています。ポルチオでの感じ方の特徴は、全身に響き渡るような深い快感が、長ければ数分間持続することです。

    ポルチオ性感帯は、初めて触ったときや初めて刺激されたときは、少し鈍い痛みを感じることもあります。まずは優しくゆっくりと刺激してもらうことをこころがけてください。次第に膣内が開発されていきます。

    セックスが感じないカップル

    また、このポルチオ性感帯は出産を経験すると磨かれるとも言われています。

    妊娠出産を経験すると、子宮が柔らかくなります。セックスによる刺激で血流がよくなり、子宮が充血すると子宮は広がります。経産婦では、そうでない人に比べて、より子宮が広がりやすくなっているので大きく拡大します。

    オーガズムに達するとき、子宮がぎゅーっと収縮するので、より大きく広がった経産婦の子宮の方が、より収縮の幅が大きくなり、より強いオーガズムを感じるというわけです。

    そして、「女性のオーガズムは男性の10倍」と言われています。この女性の性の快楽は、出産を成し遂げるためのご褒美とも言われています。男性の射精は数秒で終わるのに対し、女性の頂点は1度だけでなく何度でも得られ、さらに時間も長いので、しっかり性感帯を開発して、挿入で感じられるようになりたいですね。

    先端のモーターがポルチオを刺激『スカイジェリーフィッシュ』

    触手型バイブ スカイジェリーフィッシュ

    想像できないゾクゾクする快感を手に入れる触手型バイブです。触れたことのない部位に触れるから…新しい性感帯を発見できるかも!?「触手」の気持ちよさを知り、新しい官能の扉を開いてみませんか?

    『気持ちいい挿入』の具体的なやり方とコツ

    挿入で動きを欲しがるカップル

    『気持ちいい挿入』をするためには、しっかりと前戯で濡らしてもらい、焦らしながらゆっくり挿入をしてもらいましょう。ここを突かれると痛いというところは避けて、ゆっくりと焦らしながら、ペニスを膣内に慣らすように挿入をしていくことがポイントです。

    男性は挿入について勘違いしていることが多いです。「太くて、長い」がペニスの理想像だからかもしれませんが、激しく、深く、スピード感溢れるピストンをしたがる人多いです。しかし。膣内や奥は神経があまり発達していないので、ポイントはクリトリスへの愛撫をプラスした全体的な気持ちよさの感覚です。

    挿入時に試してほしいのが、激しいピストンではなく、まずは、「入れるだけ」。ただ入れているだけだと、お互いむずむずしてきて、どうしても動かしたくなってくはず。そうなったら初めて動かす。

    それもゆっくり、ゆっくり、浅めに、丁寧に。亀頭が入ったり出たりするくらいの浅さです。Gスポットを意識して、ペニスが膣の前3分の1から2分の1ぐらいを集中的に刺激して開発していきましょう。

    そのあとゆっくり膣の奥に奥に入れて、小刻みに震わす感じで弱い刺激を。激しく動かしたくなるけど、じっと我慢。イキそうになったら、動きをストップしてください。

    ぐっとぐっとじらす挿入に長時間かけてみましょう。最低でも15分は続けてみてください!

    単調なようですが、じっくりと時間をかけた刺激が『気持ちいい挿入』には重要です。しばらく弱い挿入を続けていると、強い欲求と、こうしたら気持ちいいだろうなという期待が頭に描かれるはず。こういう状態になってはじめて、強い刺激が必要となってくるのです。より気持ちいいと感じたいときほど、弱い刺激。遠回りなようですが、一度、試してみてください!

    びっくりするほど、セックスを積極的に求めている自分を発見できるはずです。

    挿入で奥が痛い場合の対処法

    挿入が痛いと病気の可能性もある

    挿入で奥を強く突くことがセックスと考える男性も多く、それが女性が気持ちいいと信じている男性もいます。奥にある子宮入口(ポルチオ性感帯)は女性が最も感じる場所とも言われているためです。

    しかし、このポルチオ性感帯ですが、妊娠・出産の経験のない人は子宮口あたりが固めの方が多いです。固めの方は最初は奥を突かれると痛いと思うこともあるようです。ポルチオ性感帯は、経験をつむことで徐々に感じられる方が多いので、経験が少ない人は、挿入で奥が痛いということがあります。

    深い挿入が原因で生じる痛みには、挿入の深さを調節できるオーナットがオススメです。

    挿入がどうしても痛い時にサポート『オーナット』

    オーナット

    ドーナッツ状のリングが全部で4個入っていて、これらのリングを連結させて装着するだけ。リングが柔らかなクッションとなって女性器を保護。使用されるときは、男性の根元にリングを装着します。コンドームを付けた上からでもリングは装着可能です。深い挿入が原因で生じる痛みも我慢しないで、彼に相談してみませんか?

    それ以外で、挿入時に膣の奥の方や下腹部に痛みを感じる場合、何かの病気(子宮内膜症、卵巣腫瘍、クラミジア感染症)が潜んでいる可能性があります。

    挿入してきた時、腰が引けてしまうくらい膣の奥に痛みを感じることがあり、生理と次の生理の間くらいの時期にお腹が痛くなることがあるなどある場合は、特に子宮内膜症かもしれません。ただ生理痛が重いだけだと思っていたら子宮内膜症だった……ということにならないためにも、痛みは我慢せずに病院で診察してもらいましょう

    挿入に限らず性行為で違和感がある場合は、その場でちゃんとパートナーと話し合いたいです。

    挿入を気持ちよくするなら、潤滑ゼリーやローションの力も借りよう

    モイスチャージェル『ラブスライド』

    挿入が気持ちよくないとき、愛液不足の場合があります。前戯が不十分で濡れていないこともありますが、その時の体調や気分などで、女性の濡れやすさは大きく変わってきます。

    対策としては、じっくり前戯を行うことです。愛撫が不十分なせいで濡れにくくなっているのであれば、丁寧に愛撫してもらいましょう。しかし、前戯だけではなかなか改善しない場合は、ローションを使ってみるのも一つです。

    「挿入=気持ちよくない」と思い込み過ぎてしまって、前戯中は濡れているのだけれどいざ挿入になると…という人も少なくありません。そういう場合は、ローションを膣の入り口付近に少量使って、挿入しやすくしてみてください。「あ、滑って気持ちいい」と思ったら、悩みを克服できるかもしれません。

    挿入が気持ちよくないときにおすすめなのが、ラブコスメの『ラブスライド』です。挿入時に重なり合った際のスムーズな質感をサポートする、モイスチャージェル『ラブスライド』。清潔な手や指にとり、彼自身へ…。

    ネットリとした透明なジェルがなじみ、スルスルーッとなめらかな感覚に導きます。中でもスルッと滑るので、今まで感じたことのなかった挿入での快感を手に入れることができます。

    また、男性も独特な滑らかな滑りを感じることができますので、挿入が今まで以上に一緒に感じ合える、大切な時間になりそうです。保湿や潤いをサポートする褐藻エキスや、やる気のためのハーブ、とも言われるダミアナ葉エキスなどを配合。こだわりの『滑る』挿入の感覚をお楽しみください♪

    するんっと違和感を感じさせない『ラブスライド』

    ラブスライド

    なめらかでねっとりとした透明なジェルを、挿入前にパートナーに塗り込んで使用する、新しいラブコスメです。パートナーと重なり合う時に、よりスムーズに感じるよう、みずみずしく心地良い使用感で仕上げました。中が気持ちよくない…そんな時はいつもと違うスムーズ感を感じてラブタイムを楽しんでみてください!

    トロけるようなオーガズムを彼と迎える『ラブコスメ リュイール ホット』

    ラブコスメ リュイール ホット
    『塗ったところがじんわり暖かくなって、なんだか感じてくる…』お互い気持ちよく感じられるラブコスメ。
    なめらかで美容液のような触り心地で、女性の肌に優しい植物素材で出来ているので安心してご使用いただけます。

    ピックアップ体験談

    ラブコスメ リュイール ホット体験談
    初めてオーガズムに達することもできました(reicoさん/28歳/事務職)
    今では彼が愛撫の途中でラブコスメ リュイールを塗ってくれます。セックスがとても好きになりました。週1~2回、彼と充実したセックスを楽しんでいます。…続きを読む

    まるでエッチしているような感覚に『ラブタイムホール フタリホワイト』

    ラブタイムホール フタリホワイト

    挿入しなくても彼に気持ちよく感じてほしい。愛撫上手になりたい。そんな方にお勧めなのがラブタイムホール『フタリホワイト』です。彼の性器にはめてスイッチを入れるだけで、自分も彼も楽しく感じ合うことができます。痛みを感じて長く挿入ができなかったり、生理や妊娠中でラブタイムを楽しめないときにも活躍!フタリホワイトを使って前向きで愛情に満ち溢れた日々を過ごしてみませんか?

    監修:医師 高田優子先生
    医師 高田優子先生お写真

    産婦人科専門医。東京女子医科大学卒業。東京女子医科大学病院で初期研修した後、東京女子医科大学産婦人科教室に入局し、現在は「サンタクルス ザ シュクガワ」にて産婦人科診療を行う。

    ⇒サンタクルス ザ シュクガワ公式ホームページはこちら

    ※本記事の医師監修に関して学術部分のみの監修となり、医師が商品を推奨している訳ではございません

    著者:ラブコスメ(LC)編集部
    ラブコスメ

    会員数175万人の『ラブコスメ』を企画編集。2003年に日本ではじめて『セクシャルヘルスケア』を提唱し、恋愛やカラダのことで友人にも聞けない性に関する悩み解決の専門家として発信。SNSにて『夜の保健室』を展開し、小説や漫画など書籍も多数。記事・動画・アプリで「愛し合うこと応援する」ために幅広く活動している。

    企画協力:夜の保健室出張版 Twitter
    『ラブコスメ』のひとりエッチに関する企画編集。SNSにて『夜の保健室~出張版~』を展開し、ひとりエッチにまつわるラブハックや、女性の性に関する漫画やコラムを専門的に発信。女性がもっと気持ちよくなることを応援している。

    SNSでチェック!挿入が気持ちよくない

    Twitterで話題「膣で感じる方法」

    Twitterで話題「いれるだけ15分」

    セックスのお悩み関連記事

    読み物コンテンツでよく検索されるワード<今人気のタグ>

        ラブグッズセール2021

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!